ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NHK時計」最新記事一覧

関連キーワード

ぷちBYOD計画:
自分スマホ、もったいないので“セカンドディスプレイ”にしてみた
スマホは毎日持ち歩いているけど、業務時間内はポケットかバッグの中。PCにつないで充電しているだけ……という人も多いのでは。もしスマホやタブレットを持ち歩いているなら、仕事で活用してみませんか。(2014/6/30)

NHKラボブログが終了 「NHK時計」公開以来、6年半の歴史に幕
「NHK時計」などブログパーツやアプリを提供してきた「NHKオンラインLabブログ」が3月31日で終了する。(2013/3/29)

広田稔のMacでいくなら(5):
新しいiPadと一緒に使いたい! 定番アプリ30選(前編)
今回は「新しいiPadと一緒に使いたいアプリ30本」を紹介。前編では、ビジネス、マルチメディア、ライフスタイルの3カテゴリから15本を取り上げる。あなたのオススメは?(2012/4/25)

Citrix iForum 2011イベントリポート
安いストレージは失敗のもと、ベンダーが語るデスクトップ仮想化のリアルな動向
Citrix iForum 2011のパネルディスカッション「デスクトップ仮想化の期待と現実」をリポートする。デスクトップ仮想化の主要ベンダーが、ユーザー企業のリアルな動向、導入“失敗”事例などを赤裸々に語った。(2011/10/18)

Windows Phoneでも「NHK時計」
懐かしさのある楕円型の時計、「NHK時計」がWindows Phoneアプリとなって登場。Windows Phone IS12Tなどで表示できる。(2011/8/30)

Silverlightベースで作るWP7アプリ開発入門(2):
Windows Phoneの色使いとTileをアプリに生かせ!
(2011/7/27)

ねとらぼ:
「NHK時計」にiPad版 大きくなって壁掛けにも?
「NHK時計」のiPadアプリが登場。iPadに合わせて高解像度化した「HD」版だ。(2010/4/5)

NHK初のiPhoneアプリは「NHK時計」 時報音も再現
NHK初のiPhoneアプリは懐かしの「NHK時計」。あの時報の音も再現する。(2009/4/30)

NHK、番組プロモ動画を再生するVista用ガジェット公開
NHKは、番組のプロモーション動画などを再生するWindows Vista用ガジェットを公開した。(2008/10/6)

ヤッターマン、好きですか
先週は、ヤッターマンの新主題歌に関連する記事にアクセスが集中した。(2008/1/21)

「NHK時計」が壁掛け時計に
ブログパーツなどで人気の「NHK時計」が壁掛け時計になった。実物と同じセイコークロックが製造。水色と木目調の2種類ある。(2008/1/11)

「NHKニュース」をWiiでも
(2007/11/21)

低コスト・CGMで世界に発信──ユニクロのWeb戦略
YouTubeで動画を公開したり、ブログパーツを配布したり――ユニクロが昨年から、CGMを活用したWebプロモーションに力を入れている。Webなら国内・海外で同時展開できる上、マス広告などと比べてプロモーションコストも抑えられる。(2007/11/6)

NHK時計をiPod touch、iPhoneでも
(2007/9/27)

NHK時計にYahoo!ウィジェット版
(2007/4/19)

NHK時計にMac OS X版
(2007/3/23)

NHK時計がVistaガジェットに
(2007/2/15)

NHK時計ブログツールに、なつかしの“木目調”
NHK時計のブログツールの第2弾が公開された。(2006/10/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。