ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オリンパス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

本格参入相次ぎ:
オリンパスが業績予想を下方修正 ミラーレス市場激化響く
オリンパスが19年3月期通期の連結業績予想を下方修正。(2018/11/6)

ついに1億画素も登場 ミラーレスカメラ 高級化でさらに競争激化 ニコン、キヤノンも参入
デジタルカメラ市場が低迷する中、好調なミラーレス一眼カメラで各社が高価格帯へシフトしている。ソニー、パナソニック、オリンパスに加えて、この分野で出遅れていた業界2強のニコン、キヤノンが近く参入する。(2018/10/15)

高価格帯に勝算:
ついに1億画素も登場 ミラーレスカメラ 高級化でさらに競争激化 ニコン、キヤノンも参入
デジタルカメラ市場が低迷する中、好調なミラーレス一眼カメラで各社が高価格帯へシフトしている。ソニー、パナソニック、オリンパスに加えて、この分野で出遅れていた業界2強のニコン、キヤノンが近く参入する。ミラーレスは反射鏡がないため、一眼レフに比べて小型で軽量。技術の進歩で弱点も解消されつつあることから、一眼レフカメラから切り替えるプロカメラマンも増えており、高価格帯にも勝算を見いだしているようだ。(2018/10/15)

医療機器ニュース:
3次元細胞解析技術を搭載したソフトウェアを発売、創薬プロセスの効率化に期待
オリンパスは、科学事業の新技術として開発した3次元細胞解析技術を搭載したソフトウェア「NoviSight」の導入、発売を米国で開始した。開発リスクの低減や創薬プロセスの効率化が期待できる。(2018/9/26)

医療機器ニュース:
胃生検材料を用いたAI病理診断支援ソフトウェアを共同研究
オリンパスは、呉医療センター・中国がんセンターと共同で、「胃生検材料を用いたAI病理診断支援ソフトウェア」の研究を実施した。陽性症例の見落とし防止などが見込まれ、病理医の負担低減が期待できる。(2018/9/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月16日〜7月22日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」8連勝
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は8週連続のトップ。キヤノン、ニコン、オリンパス、それぞれ3機種ずつがトップ10入り。(2018/8/2)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月2日〜7月8日):
オリンパス好調、デジタル一眼ランキングに3機種ランクイン
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で6週連続。トップ3のキヤノン勢独占は3週で崩れ3位にニコン「D5600 ダブルズームキット」。(2018/7/24)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月25日〜7月1日):
デジタル一眼ランキング、「EOS Kiss M ダブルズームキット」が5週連続トップ
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が5連勝。オリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」が上位に入ってきた。(2018/7/17)

医療機器ニュース:
4方向アングル操作に対応した鼻咽喉ビデオスコープ
オリンパスは、上下左右4方向アングル操作を可能にした鼻咽喉ビデオスコープ「ENF-VT3」を2018年5月下旬より日本国内で発売する。(2018/6/5)

オリンパス、中国でのデジカメ生産を停止 スマホ普及で市場縮小
オリンパスが、デジタルカメラ関連製品を製造している中国子会社の操業を停止。ベトナムの拠点に生産を集約し、効率化を図る。(2018/5/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月12日〜3月18日):
デジタル一眼ランキング、オリンパスの新鋭「PEN E-PL9」が早くも登場
トップはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」、8位に発売されたばかりのオリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」がランクイン。(2018/3/27)

検査・維持管理:
ステレオカメラで配筋検査、事前準備無しで瞬時に鉄筋径や本数が分かる
鹿島建設は、NEC、オリンパスと共同で、自動配筋検査システムを開発した。配筋した検査対象をステレオカメラで撮影するだけで瞬時に自動計測が可能となり、また検査前の準備作業も不要にした。(2018/3/13)

自分撮りも楽しい定番ミラーレス、オリンパス「PEN E-PL9」
エントリー向けミラーレス一眼の代名詞ともなってるPen Liteの新作「E-PL9」。中身がすっかり新しくなり、レスポンスが良くなって撮影や再生が快適だし、Bluetoothを搭載してスマートフォンとの連携も良くなってるし、なんと内蔵フラッシュも復活しているのであった。(2018/3/5)

CP+2018:
オリンパス、「ハンドメイドで作れる」スチームパンクなPENシリーズなど展示
オリンパスは、パシフィコ横浜で開催している「CP+2018」で、デザイナーがハンドメイドでカスタマイズしたミラーレス一眼カメラの「PEN」シリーズや「OM-D」シリーズを展示している。(2018/3/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月22日〜1月28日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」が1位に
3連覇のオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」を抑えて、ソニー「α6000 ダブルズームキット」がおよそ2カ月ぶりのトップ。(2018/2/6)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月15日〜1月21日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」3週連続トップ
オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が3連覇。2位キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」。(2018/1/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月8日〜1月14日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」連勝
オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が2週連続のトップ。2位はソニー「α6000 ダブルズームキット」。(2018/1/23)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月1日〜1月7日):
2018年初売りのデジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が制す
オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が2週ぶりにトップになった。10位のキヤノン「EOS M100 ダブルレンズキット」は初のトップ10入り。(2018/1/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月25日〜12月31日):
2017年最後のデジタル一眼ランキング、オリンパス「OM-D E-M10 Mark III」が初登場
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が3週ぶりのトップ。10位タイが3機種という混戦の中、オリンパス「OM-D E-M10 Mark III EZ ダブルズームキット」が初ランクイン。(2018/1/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月18日〜12月24日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」連勝
前回初トップのオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が連覇。キヤノン「EOS M100 EF-M15-45 IS STMレンズキット」が初ランクイン。(2018/1/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月11日〜12月17日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が初のトップ
何度も2位に甘んじてきたオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が初めての1位に。オリンパス勢として約1年4カ月ぶり。(2017/12/25)

医療機器ニュース:
先端湾曲機能を搭載した3Dビデオスコープの新製品を発表
オリンパスは、外科手術用3D内視鏡「ENDOEYE FLEX 3D先端湾曲ビデオスコープ」の新製品「LTF-S300-10-3D」を2017年12月下旬より発売する。同社の外科手術用内視鏡システム「VISERA ELITE II」に対応している。(2017/12/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月4日〜12月10日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」3連覇
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が3週連続1位。2位と3位は入れ替わり、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が5週ぶりにトップ3入り。(2017/12/21)

オリンパス SpinSR10:
分解能120nmの超解像顕微鏡、細胞内小器官の微細な変化を観察可能に
オリンパスは、スピニングディスク型共焦点超解像顕微鏡「SpinSR10」を発表した。分解能120nmの光学性能で、細胞内小器官の微細な変化、細胞内部の構造や信号伝達などの動きをライブ観察できる。(2017/12/5)

医療機器ニュース:
分解能120nmの超解像顕微鏡を発表、細胞内小器官の微細な変化を観察可能に
オリンパスは、スピニングディスク型共焦点超解像顕微鏡「SpinSR10」を発表した。分解能120nmの光学性能で、細胞内小器官の微細な変化、細胞内部の構造や信号伝達などの動きをライブ観察できる。(2017/11/24)

医療機器ニュース:
最大520倍の光学拡大機能で細胞レベルまで観察できる超拡大内視鏡
オリンパスは、超拡大内視鏡「Endocyto」の上部消化管用、大腸用の2機種を2018年2月に日本国内で発売する。最大520倍の光学拡大機能により、細胞レベルまでリアルタイムに観察できる。(2017/10/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月9日〜10月15日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」が3位浮上
ソニー「α6000 ダブルズームキット」は4連勝。オリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」は4週ぶりにトップに3復帰。(2017/10/25)

初めての人にもオススメの本格派エントリー、オリンパス「E-M10 Mark III」
OM-Dのエントリーモデルに3代目「E-M10 Mark III」が登場した。しっかりファインダーをのぞいて撮れる往年の一眼レフ風ミラーレスだ。パパ、ママのみならず、初めてレンズ交換式カメラを使う人にもオススメ。(2017/10/14)

医療機器ニュース:
4K 3Dビデオ技術搭載の手術用顕微鏡システム
ソニー・オリンパスメディカルソリューションズは、4K 3Dビデオ技術を搭載した手術用顕微鏡システムを発表した。高精細かつ立体的なデジタル画像によって緻密な手術をサポートする。(2017/10/3)

シャッター速度約4段分の手ブレ補正、オリンパス「OM-D E-M10 Mark III」発売
オリンパスが5軸手ブレ補正機能を搭載したミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10 Mark III」を発表した。ブラックとシルバーの2色を9月15日に発売する。(2017/9/1)

オリンパス ENDOEYE 3D 硬性ビデオスコープ:
外科手術用3D内視鏡、2D製品と変わらぬ使用感で奥行きを把握
オリンパスは、迅速で正確な内視鏡外科手術をサポートする外科手術用3D内視鏡「ENDOEYE 3D 硬性ビデオスコープ」を日本で販売開始した。2D製品と同様の使用感で3D映像を観察でき、容易に奥行き感を把握できる。(2017/7/31)

医療機器ニュース:
2D製品と同様の使用感で3D映像を観察できる外科手術用3D内視鏡
オリンパスは、迅速で正確な内視鏡外科手術をサポートする外科手術用3D内視鏡「ENDOEYE 3D 硬性ビデオスコープ」を日本で販売開始した。2D製品と同様の使用感で3D映像を観察でき、容易に奥行き感を把握できる。(2017/7/19)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月26日〜7月2日):
ソニーとオリンパスの激しい3位争い続く、今回はソニー「α6000 ダブルズームキット」
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が2連勝。このところ毎週のように入れ替わる3位はソニー「α6000 ダブルズームキット」に。(2017/7/10)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月17日〜4月23日):
デジタル一眼ランキング、好調のキヤノンにオリンパスが迫る
「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」と「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が3週連続で1位2位を守った。(2017/4/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月6日〜3月12日):
キヤノン「EOS Kiss X7」連勝、オリンパス「PEN E-PL8」が6週ぶりトップ10入り
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が2連覇。オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」は約1カ月半ぶりのトップ10入り。(2017/3/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月20日〜2月26日):
ニコン「D5500 ダブルズームキット」7連覇、キヤノンとオリンパスの2位争い激化
デジタル一眼ランキングはニコン「D5500 ダブルズームキット」が7週連続トップ。3週ぶりにキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が2位。(2017/3/6)

特選ブックレットガイド:
「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
製品開発は複雑化する一方であり、これまでの手法では限界を迎えつつある。オリンパスは医療機器開発において「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したが、どのようにしてその変革は成功したのか。「Zuken Innovation World 2016」での講演を紹介する。(2017/2/14)

手持ちでスローシャッターが切れるオリンパス「E-M1 MarkII」は“化け物”である
控えめにいっても、「OM-D E-M1 MarkII」は化け物である。特に手ブレ補正、AF、連写の3つがすごい。そしてプロ向けのフラッグシップモデルとしていろいろ進化した。(2017/1/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月2日〜1月8日):
デジタル一眼ランキングにオリンパスのミラーレス「PEN E-PL8」が初登場
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」が2連覇。10位には2016年11月発売のオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が初ランクインした。(2017/1/16)

最強の“自撮り”ミラーレス!? カッコ良く進化したオリンパス 「PEN E-PL8」
手頃な価格でカジュアルに使えるオリンパス「PEN」のPLシリーズ。その8代目となる「E-PL8」はクラシック調のカメラっぽいテイストに変わった。ホワイト、ブラック、ブラウン。どれもシックで大人っぽい感じだ。(2017/1/16)

Zuken Innovation World 2016:
「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したオリンパスの取り組み
製品開発は法令順守や機器の高度化などで複雑化する一方であり、これまでの手法では限界を迎えつつある。オリンパスは医療機器開発において「基板」単位ではなく「機能」単位による製品開発を実現したが、どのようにしてその変革は成功したのか。(2017/1/5)

PR:標準レンズ+1本でこんなに変わる!――オリンパス「PEN E-PL8」と一緒に男旅
「PL」シリーズの型番を持つ「PEN」っていうと女子向きカメラってイメージが強かったのだけど、実はそんなことない。質感がいい伝統的なカメラスタイルでカッコいいし、どこへも連れて行けて必要な時さっと撮れる機動力も魅力。小型でもレンズを交換できるミラーレス一眼ならではのひと味違う写真を撮ってしまおう。(2016/12/20)

FAニュース:
16種類の工業規格に対応するコンタミネーション解析システムを発売
オリンパスは、工業部品の洗浄油や洗浄液内の異物を検出するコンタミネーション解析システム「CIX100」を発売した。簡単な操作で、工業規格に沿った顕微鏡検査や結果のレポート出力が行える。(2016/11/30)

オリンパス 食道用バルーンダイレータ EZDilate:
食道狭窄の内視鏡治療に用いる食道拡張用バルーンを発売
オリンパスは、食道狭窄を治療するための処置具製品である食道拡張用バルーンとインフレーターを発売した。適用部位や狭窄の度合いに合わせ、6種類のバルーン径をそろえた。(2016/11/30)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月10日〜10月16日):
ニコン「D5500 ダブルズームキット」が1週で3位に返り咲き
デジタル一眼ランキングは、ニコン「D5500 ダブルズームキット」が、前回オリンパスに奪われた3位の座をすぐに取り返した。1位2位はキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」と「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」で変わらず。(2016/10/24)

オリンパスが「OM-D E-M1 MarkII」の開発を発表
オリンパスが、Photokina 2016に次期フラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」を参考出品した。発売時期など詳細は未定だが、「OM-D E-M1」から約3年ぶりのモデルチェンジとなる。(2016/9/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月29日〜9月4日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が4カ月ぶり1位
デジタル一眼ランキングは、オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」の7連覇はならず。キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が5月以来の1位に。(2016/9/12)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月22日〜8月28日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が6連覇
デジタル一眼ランキングは、5位まで先週と同じでオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が6週連続1位。ニコン「D3300 ダブルズームキット2」が8週ぶりにトップ10に帰ってきた。(2016/9/5)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月15日〜8月21日):
デジタル一眼ランキングにキヤノン「EOS M10 ダブルズームキット」が初登場
デジタル一眼ランキングはオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が5連覇。キヤノン「EOS M10 ダブルズームキット」が10位に初ランクインした。(2016/8/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月8日〜8月14日):
オリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が総合ランキング4連覇
デジタル一眼ランキングはオリンパス「PEN Lite E-PL7 EZダブルズームキット」が強い。ソニーの「α5000 ダブルズームキット」と「α6000 ダブルズームキット」が共にトップ10入り。(2016/8/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。