ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グローバル最適地生産」最新記事一覧

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(4):
SCMプロを証明する“免許証”「CPIM」とは
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。3回目は、SCMに関するグローバルスタンダードとなるAPICS資格制度の「CPIM」について解説する。(2016/1/29)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(3):
「SCORモデル」を使ってサプライチェーンを考える
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。3回目は、SCMに関するグローバルスタンダードのプロセス参照モデル「SCORモデル」について紹介する。(2015/12/25)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(2):
商習慣の違いを乗り越え、サプライチェーンを最適化する“ものさし”
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。2回目はAPICSの「CSCP資格」について紹介する。(2015/10/23)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(1):
「グローバル最適地生産」実現に不可欠な“標準化”と“共通言語”
生産の「グローバル化」が叫ばれてから久しいが、工場進出はできても多くの企業が成果を出すのに苦労している。苦労の要因の1つにコミュニケーションの問題があるが、実は、工場を運営しサプライチェーンを管理する“世界共通言語”が存在する。「APICS」だ。本稿ではAPICSとは何か、またどう活用できるのかということを専門家が解説していく。(2015/9/15)

工場ニュース:
ラオスで「かつら」を一貫生産する新工場を稼働――ベースから毛植え、仕上げまで
アデランスは、ラオスに新工場を建設し、稼働を開始したことを発表した。従来は「毛植え」工程のみの委託生産だったが、自社工場による一貫生産を実現する。(2015/7/28)

製造マネジメント インタビュー:
EMS大手の新金宝グループは、なぜ3Dプリンタを自社ブランドで展開するのか
「生産拠点としての中国」を取り巻く環境が変化する中、台湾系EMS企業を取り巻く環境も変化が進んでいる。その中でいち早くグローバル生産体制を構築し製造業の「グローバル最適地生産」の支援を進めているのが新金宝グループだ。同グループはEMSでありながら、3Dプリンタや植物工場などで独自ブランド製品を展開するなど先進的な取り組みを見せる。同グループCEOの沈軾栄氏に話を聞いた。(2015/3/26)

工場ニュース:
三菱自動車のフィリピン新工場が稼働、年間5万台の生産能力保有
三菱自動車はフィリピン新工場での生産を開始した。年間5万台の生産能力を持ち「アドベンチャー」と「L300」の生産を行う(2015/1/30)

工場ニュース:
“Made in India”に貢献! インドで年間25万台の自動車を生産
スズキは、インド・グジャラート州に新しく設立した四輪車生産子会社「スズキ・モーター・グジャラート社」の新工場定礎式を実施した。(2015/1/29)

工場ニュース:
米国テネシー州のガソリン直噴用製品の生産拠点を約1.5倍に拡張
デンソーは米国テネシー州にある生産拠点を拡張。ガソリン直噴製品を2016年7月から生産する予定だという。(2015/1/29)

RPGで理解する生産管理(1):
RPGをクリアするまでのプロセスと生産管理
“モノを生産する”製造業にとって、生産を上手に管理し運営していく「生産管理」の手法は、非常に重要です。しかしさまざまな要素や考え方が含まれる「生産管理」は、慣れない人々にとっては理解するのが難しいものでもあります。そこで本連載では、RPG(ロールプレイングゲーム)になぞらえて生産管理を分かりやすく解説していきます。(2015/1/23)

工場ニュース:
インドの文房具事業強化に向け、大規模エコ工場を建設
コクヨS&Tはインドにおける文房具事業強化に向け2016年稼働予定の新工場を建設する。(2015/1/19)

工場ニュース:
ナイジェリアにアフリカ初の生産拠点を“あらためて”設立
ヤマハ発動機は、ナイジェリアにアフリカ1つ目の生産拠点を設立することを発表した。2015年夏の工場稼働と営業開始を計画する。(2014/12/17)

製造マネジメントニュース:
“普通の会社”パナソニックが3年ぶりに黒字転換――円安で国内生産も増強
パナソニックは2013年度の決算を発表。構造改革の成果により、最終損益が前年度の7543億円の赤字から黒字転換した他、2018年度の売上高10兆円の目標に対し順調に推移していることを示した。また業績改善に対する設備投資の方針なども明らかにし、一部製品では円安の状況に対し国内生産を増やす方針を明らかにした。(2014/4/28)

ものづくり白書を読み解く(前編):
海外流出は是か非か、進む日本のモノづくり空洞化
製造業の復活は日本経済の復活に不可欠な要素である。経済成長をもたらしGDPを押し上げる効果が高い他、雇用の増加も期待できるからだ。アベノミクスの勢いに乗り、製造業が真の復活を遂げるには、どのような課題をクリアしていくべきか。「2013年版ものづくり白書」から、日本の製造業が抱える課題を明らかにする。(2013/9/27)

製造ITニュース:
ISIDとアミック、生産・原価管理クラウドサービスを開始――グローバル化を支援
ISIDとアミックは、共同で生産・原価管理クラウドサービス「AMMIC on CLOUDiS」の提供を開始する。AWS上に構築し製造業のグローバル化に対応する。(2013/8/21)

製造ITニュース:
日本企業のグローバル最適地生産を支援――アプリソ、NECとMES導入サービスで協業
アプリソ・ジャパンは、製造オペレーション管理ソフト「FlexNet」についてNECとパートナー契約を結び、共同で拡販活動を進める。日本企業の生産のグローバル最適化へのニーズに応えていく。(2013/6/17)

製造マネジメントニュース アフリカン・フェア2013:
製造業も熱視線、最後のフロンティア「アフリカ」をどう攻める?
最後のフロンティアとされる「アフリカ」にどう向き合うか――。アフリカ開発会議に合わせて開催されたアフリカン・フェアには日本企業73社が出展。アフリカでの取り組みやアフリカ向けの商品などをアピールした。出展企業にアフリカへの取り組み、期待感について聞いた。(2013/6/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。