ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロボットハンド」最新記事一覧

“AIバブル”はまだ開発だけ?! オールジャパン体制でのぞむAIの活用に課題は
AI開発をめぐって国内の研究機関や企業がしのぎを削っているが、開発面では“バブル”の様相も。一方で、コスト面などから企業がAI技術の活用に二の足を踏むケースも少なくない。(2016/9/28)

協働ロボット:
“人とロボットが一緒に働く” 3つのポイントで壁低く
規制緩和により人と共に働く協働ロボット(協調ロボット)が注目度を増している。生産ラインの柔軟性を大きく高められる可能性があるからだ。人間協調型の産業用ロボットベンチャーである、ユニバーサルロボットは日本向けの技術発表会を開催。普及を後押しする3つのポイントについて紹介した。(2016/9/9)

zenmono通信:
イノベーションと幸福の条件には共通点がある?
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、ロボット工学や脳科学の視点から幸福の“因子”を探し続ける幸福学の第一人者である慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 前野隆司教授にお話をお伺いした。(2016/7/25)

オープンソース筋電義手開発プロジェクト「HACKberry」に開発キット
exiiiがオープンソース化した筋電義手開発プロジェクト「HACKberry」の開発キットを、数量限定にて販売開始した。(2016/5/30)

ハノーバーメッセ2016:
かわいさ見せといて恐怖! カメレオンの舌を持つ飛行物体は実はロボットハンド
ドイツのFestoは、ハノーバーメッセ2016において、空飛ぶ球体にカメレオンの舌を持たせた不思議な「空中ハンド」を紹介した。(2016/4/29)

「“CMOSセンサーはカメラ用”は古い」高速CMOSセンサーが実現する新知能システム
「“CMOSセンサーはカメラ用”は古い」「DRAMの二の舞は避けねばならない」――高速CMOSセンサーを用いた画像処理の用途拡大を目指す「WINDSネットワーク」の副会長を務める石川教授は「日本の強み」を発揮することで世界をリードすると意気込む。(2016/2/25)

三菱電機 MELSERVO-J4:
セーラー万年筆、「MELSERVO-J4」を採用してタクトタイムを10%以上短縮
セーラー万年筆は自社開発した自動取出機「RZ-ΣIII」に、三菱電機のサーボモータ「MELSERVO-J4」を採用。タクトタイムを10%以上短縮したという。(2016/2/18)

FAニュース:
振動を自動抑制するサーボモータを採用、タクトタイムを10%以上短縮
三菱電機は、セーラー万年筆が、同社のサーボモータ「MELSERVO-J4」を採用したと発表した。セーラー万年筆が開発した自動取出機「RZ-ΣIII」に搭載したことで、タクトタイムを10%以上短縮したという。(2016/2/18)

「攻殻機動隊の世界」を実現する、夢と英知の現在地
産学一体で“攻殻機動隊の世界の実現”を目指すプロジェクト「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」が、各地で開催してきたコンテストの最優秀賞を選出した。2029年のテクノロジーはどこまで“リアル”となったのか。(2016/2/12)

2015国際ロボット展:
トヨタの生活支援ロボット「HSR」、完成度高まる
トヨタの開発する、家庭内での自立生活をアシストする生活支援ロボット「HSR」が間もなく大学などでの研究用に用いられる。ベースを提供することで、生活支援ロボットの開発を加速させる狙いだ。(2015/12/3)

ET2105:
IoTデバイス化を狙うFlashAir、開発ボードも充実
ET2015の東芝ブースでは、無線LAN機能を搭載したメモリカード「FlashAir」をIoTデバイスとして活用する際に必要となる開発ボードの紹介と、各種のデモが行われている。(2015/11/20)

ET2015 開催直前情報:
東芝が新マイコン「TXZ」を解説、FlashAirのIoT活用も
ET2015にて、東芝 セミコンダクター&ストレージ社は2016年5月リリース予定の新マイコン「TXZファミリ」の開発状況と、FlashAirのIoT活用について訴求する。(2015/10/23)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
コンピュータ・アーキテクトのためのモーター制御
「モーターを制御する」。一見すると簡単な課題に思えますが、その原理や課題、現状を再確認すると、リアルタイムシステムアーキテクチャの今後の方向性を示していることが分かります。(2015/10/9)

「インダストリー4.0に不可欠な技術」:
ポテチを微妙な力加減で挟める力触覚通信
慶應義塾大学ハプティクス研究センターは、2015年10月10日まで開催されている展示会「CEATEC JAPAN 2015」で、ネットワークなどを通じ遠隔に力触覚情報を伝達できる力触覚通信のデモを公開している。(2015/10/8)

3Dモデラボ通信(27):
今すぐ使える製品3Dデータに注目集まる!
3Dモデルデータ共有サービス「3Dモデラボ」事務局です。お盆休み真っただ中ですが、恒例の人気クリエータ&作品ランキングをお届けします! (集計期間:2015年7月30日〜8月13日)(2015/8/14)

産業用ロボット:
製造現場で働くロボット倍増へ、生産ラインの“穴”を埋める支援開始
NEDOは、ロボットの活用・普及の促進に向けて、ユーザーニーズと市場化出口を明確にしたロボット活用技術の開発を行う。ロボット新戦略で掲げた「製造現場での産業用ロボットの導入2倍」とした目標に向け用途を明確化した支援を進めていく。(2015/8/14)

3Dモデラボ通信(26):
夏休みの自由研究にもピッタリ!? 銭湯・お風呂グッズを3Dモデリングしよう!
3Dモデルデータ共有サービス「3Dモデラボ」事務局です。「銭湯・お風呂」をテーマにした夏の3Dモデリングコンテストの豪華副賞がついに決定しました。夏休み期間を利用してぜひチャレンジしてみてください!! それでは恒例の人気クリエータ&作品ランキングをお届けします! (集計期間:2015年7月16〜29日)(2015/7/30)

産業用カメラ:
キヤノンがマシンビジョンを拡充――小型部品対応で電機・精密への普及拡大へ
キヤノンは、3Dマシンビジョンシステムの新製品として、小型部品の3次元認識が可能な2機種を発売した。(2015/7/17)

3Dモデラボ通信(25):
「妖精」「モンスター」「お姉さん」など、キャラもの3Dデータが上位に!!
3Dモデルデータ共有サービス「3Dモデラボ」事務局です。「銭湯・お風呂」をテーマにした夏の3Dモデリングコンテストと、「あッ3Dプリンター屋だッ!!」と共同開催している「3D Texture Tile CONTEST!!」が展開される中、どのようなクリエータさんの作品が人気だったのでしょうか? (集計期間:2015年6月22日〜7月15日)(2015/7/17)

FAニュース:
自動化システムを可能にする力覚応用アプリケーションパッケージ
三菱電機は、産業用ロボット・力覚センサーなどと専用プログラミングツールをパッケージ化した「MELFA 力覚応用アプリケーションパッケージ」を発売した。同社独自の力覚センサーにより、ロボットハンドにかかる微小な力を検知できる。(2015/6/23)

FA メルマガ 編集後記:
自律型ロボットの到達点は「生き物」になるのか!?
未来の工場の姿は“動物園”なのか?(2015/5/1)

ハノーバーメッセ2015:
なんだコイツら、動くぞ! 生物型ロボット最前線
ハノーバーメッセ2015では工場の未来像の一端として、生物の動きを模した最先端ロボットの出展が数多く行われた。最先端ロボットの動向を取り上げる。(2015/4/26)

ハノーバーメッセ2015:
気持ち悪いけどすごい! “カメレオンの舌”でつかむロボットハンド
ドイツのFestoは、ハノーバーメッセ2015において「カメレオンの舌」をモチーフとしたロボットハンドを紹介した。形状の異なるものや柔らかいものを1つのハンドでつかめるのが特徴。(2015/4/14)

産業用画像技術:
キヤノンが狙う“産業の目”、カメラや事務機で培った技術力を製造ラインへ
キヤノンは2014年4月に参入した3Dマシンビジョンシステムの動向について記者説明会を開催した。2017年までに年間300台の販売台数を目指す。(2014/11/6)

絶対に勝てない「勝率100%のじゃんけんロボット」がすごい
勝ちたい……。(2014/10/23)

オムロンの卓球ロボットがハイテク 人間が打ちやすいよう瞬時に計算、ラリーを継続
ロボットハンドをウィンウィン動かし、軽々と両面打ちを披露。(2014/10/10)

FAニュース:
コグネックス、毎秒200回の画像取り込みが可能な超高速用画像処理システム発表
「In-sight Micro」シリーズの最高速モデルで、毎秒200回の高性能画像取り込み機能と、パルス幅わずか1ミリ秒の超高速出力機能を搭載している。(2014/9/9)

FAニュース:
安川電機、機能を絞った低価格ACサーボドライブを発売
安川電機が発売した「Σ-S」シリーズは、空圧機器の代替として使うのに必要な性能・機能だけに絞り込むことで、低価格で提供できるようにした。(2014/4/21)

MEDTEC Japan 2014:
FPCベースのフレキシブル触覚センサー、触覚グローブに応用
日本メクトロンは、「フレキシブル触覚センサー」や「ストレッチャブルFPC」、「3D成形FPC」など、FPC(フレキシブルプリンテッドサーキット)ベースの新技術を参考出展した。特に、薄型のセンサー構造体をFPCに内蔵したフレキシブル触覚センサーや、このセンサーを用いて試作した触覚グローブが、来場者の注目を集めた。(2014/4/11)

本物の「しんかい6500」が「ニコニコ超会議3」にやってくる コックピットツアーも
「ニコニコ超会議3」に、JAMSTECの全面協力で「超深海ブース」が現れる。(2014/4/9)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(2):
画像処理でできること
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第2回のテーマは「画像処理でできること」です。画像処理の利用が最も盛んな工場での製造工程を例に、「GIGI」というキーワードに沿って解説していきます。(2013/8/23)

フォトギャラリー「ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展」:
研究者しか買えない「ルンバ」や忍者ロボットが大集合――実に面白いロボット技術
2013年7月3〜5日の3日間、東京ビッグサイトで開催されたロボット技術の国際見本市「ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展」では、数多くのロボット関連技術を見ることができた。多数の写真でその模様をお届けしよう。(2013/7/9)

FAニュース/ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展:
何でもつかめるロボットハンドから寝たまま本が読める自動ページめくり機まで、ダブル技研
ダブル技研は、東京ビッグサイトで開催された「ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展」に出展し、ロボットハンド「D-Hand」や、自動ページめくり機「りーだぶる3」の展示デモを披露した。(2013/7/8)

D89クリップ(60):
人とコンピュータの未来 インタラクション2013レポート
さまざまな分野の研究者が、人と人、人と機械との間のインタラクションを研究しあうために集まる学会「インタラクション」をレポートする。(2013/3/19)

製造ITニュース:
コグネックス、三菱電機FA製品と連携する高精度OCR付き工業用カメラを発表
コグネックスは、三菱電機製シーケンサに対応した工業用カメラおよび画像認識ソフトウェアの新製品を発表した。海外も視野に、三菱電機と共同でFAソリューション販売を展開する。(2012/4/24)

NEWS:
コグネックス、三菱電機FA製品と連携する高精度OCR付き工業用カメラを発表
コグネックスは、三菱電機製シーケンサに対応した工業用カメラおよび画像認識ソフトウェアの新製品を発表した。海外も視野に、三菱電機と共同でFAソリューション販売を展開する。(2012/4/24)

「人の手のぬくもり」も伝える、リアルすぎる「遠隔握手用ロボットハンド」
もしも遠隔地の人と、声や映像だけでなく「人のぬくもり」まで伝えることができたら――。このロボットハンドがあれば、遠隔地の人をもっと身近に感じられる?(2012/3/19)

微細加工の現場(1):
微細切削加工による世にも奇妙なアートたち
設計者が通常、直接見る機会を得づらいだろう加工の現場を取材していく。自分の設計した部品が、いったいどのような方法で具現化されているのか、実感するためのヒント提供はもちろん、モノづくりの純粋な楽しさも伝えられれば幸いだ。(編集部)(2009/12/18)

人とロボットの秘密:
第6章-1 人とロボットの歩行は何が違うのか
人間をロボットで模倣するには――早大の高西教授は、異分野の研究者と協力し、人間のふるまいを工学で再現しようとしている。(2009/6/3)

愛・地球博に行ってきました:
コッソリこんな凄いロボット作ってました――トヨタグループ館
トヨタ博…もとい、愛知万博の見所は、なんといってもトヨタグループ館。2足歩行型/2輪走行型のヒューマノイドや、人を乗せて歩ける搭乗歩行型など自動車メーカーらしい発想のロボットが華麗なパフォーマンスを繰り広げている。(2005/3/18)

「SL8500」に続くStorageTekのモジュラー型テープライブラリ
米StorageTekの年次カンファレンス「FORUM 2004」の会場では、昨年発表した超大型のテープライブラリ「SL8500」のミッドレンジ製品「SL500」が展示されていた。(2004/10/14)

トヨタ初のロボットを発表 2足歩行型や搭乗型も
ちょうど1年後に迫った「愛・地球博」に出展するロボットをトヨタが公開。「人工唇」を備えたヒューマノイドや、人が乗って操作できる搭乗歩行型も。(2004/3/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。