ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「産業用ロボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「産業用ロボット」に関する情報が集まったページです。

シリーズ「モノづくりの現場から」(オムロン 綾部工場):
現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1〜10m」の取り組み
IoT、AI、ロボティクス技術などを活用した“工場のスマート化”への関心が高まる中、国内製造業の現場ではどのような取り組みが行われているのだろうか。製造業のモノづくり現場を革新するコンセプト“i-Automation!”を掲げるオムロンの綾部工場(京都府綾部市)を取材した。(2018/9/21)

PALTEK/イノフィス:
装着型作業支援ロボット「マッスルスーツ」の廉価・軽量な新モデル「Edge」
PALTEKは、東京理科大学発ベンチャーのイノフィスが開発した装着型作業支援ロボット「腰補助用 マッスルスーツ」シリーズの廉価・軽量モデル「マッスルスーツ Edge」の販売を2018年9月から開始すると発表した。(2018/9/20)

特選ブックレットガイド:
【導入事例】AIロボットによる物流倉庫業務の大変革で歩行作業時間を80%削減
アッカ・インターナショナルの物流倉庫では、30台のAI搭載ロボット「EVE」(ギークプラス製)がピッキング作業を支援し、大幅な作業効率化を実現。本稿では、実際に現場で稼働する「物流ロボットシステム」の取り組みを詳しく紹介する。(2018/9/20)

動作速度が最大18%向上:
安川電機、アーク溶接ロボットの新製品「MOTOMAN-AR1440E」を発売
安川電機は、アーク溶接ロボット「AR」シリーズの新製品として、可搬質量6kg、最大リーチ1440mmの7軸アーク溶接ロボット「MOTOMAN-AR1440E」を発売した。(2018/9/20)

産業用ロボット:
ロボットのシステムインテグレーターは魅力ある仕事か「もうかるとはいえない」
立命館大学は、東京都内でプレスセミナーを開催し、「ロボットシステムインテグレーターの現状と課題」について産学の両面から解説した。(2018/9/19)

導入事例:
トヨタ自動車がギークプラスのSLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」を導入
ギークプラス(Geek+)は、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場に導入したことを発表した。(2018/9/19)

FAニュース:
マシンコントローラーから産業用ロボットを一括制御するロボットモジュール
安川電機は、マシンコントローラーから産業用ロボットを制御できるロボットモジュール「RM100」を発売した。マシンコントローラーを使用する産業機械の一部として、多関節の産業用ロボットを構成できる。(2018/9/18)

これからのAIの話をしよう(日本編):
なぜ日本は人工知能研究で世界に勝てないか 東大・松尾豊さんが語る“根本的な原因”
なぜ日本はAI(人工知能)の研究開発で米国や中国に勝てないのか。ディープラーニング研究の第一人者、東京大学の松尾豊特任准教授が日本の問題点を解説する。(2018/9/18)

数千億円規模の事業を目指す:
ヤマハ発動機、無人農業用車両をはじめとしたロボティクス事業でNVIDIAのチップ、ソフトウェアを採用
ヤマハ発動機は2018年09月13日、同社の戦略的事業分野であるロボティクス技術への取り組みに、NVIDIAのロボティクス/エッジコンピューティング向けコンピューティングモジュール「NVIDIA Jetson AGX Xavier」、およびロボティクスのシミュレーション/トレーニングを自動化する「NVIDIA ISAACロボティクスソフトウェア」を採用すると発表した。(2018/9/13)

人工知能ニュース:
ヤマハ発動機が「万能型の知能化プラットフォーム」を構築へ、NVIDIAと協業
ヤマハ発動機は、研究開発中の製品群の自動化や知能化に向けてNVIDIAと協業する。今後は、NVIDIAの組み込み機器向けGPUコンピューティングシステム「Jetson AGX Xavier」などを用いて、あらゆる製品に展開可能な「万能型の知能化プラットフォーム」を構築する方針だ。(2018/9/13)

計17形番を展開:
タンガロイ、焼入れ鋼仕上げ切削用「HP」チップブレーカー付きCBNを発売
タンガロイは、焼入れ鋼仕上げ切削用「HP」チップブレーカー付きCBNを発売した。計17形番を展開し、価格は6700〜1万1200円(税別)。(2018/9/13)

記者も着用、重量物の持ち上げも:
産業向け「パワードスーツ」の黒船、ドイツから到来
ドイツのロボティクス企業であるGBS German Bionic Systems(以下、GBS)は2018年9月11日、同社の産業向けパワードスーツ「Cray X」を日本で販売開始すると発表した。多くの有力企業がひしめく激しい競争下にある日本市場で、GBSはどのような戦略を取るのか。(2018/9/12)

産業用ロボット:
横浜から石川県にあるロボットアームを遠隔操作、力触覚伝達で正確な作業を実現
大成建設は、ベッコフオートメーションのユーザーイベント「Beckhoff Technology Days 2018」で「力触覚伝達型遠隔操作システム」のデモを披露。会場の横浜から石川県の産業用ロボットを遠隔操作できることを示した。(2018/9/12)

GL4i-SWITCH:
ジェイテクト、ストレート研削とアンギュラ研削の切り替えが可能なCNC円筒研削盤
ジェイテクトは、ストレート研削とアンギュラ研削が切り替えられるCNC円筒研削盤「GL4i-SWITCH」を発売した。(2018/9/4)

マシニングセンタの生産能力30%増強:
オークマ、多品種少量生産ながら量産並みの生産効率を実現するスマート工場新設
オークマは、多品種少量生産を実現するスマートファクトリーを構築するため、「可児新工場 K6(可児第6工場)」および「可児素材センター」を建設すると発表した。(2018/8/30)

EXSEV軸受シリーズ:
ジェイテクト、高耐食のセラミック軸受シリーズに新ラインアップを追加
ジェイテクトは、特殊環境用「EXSEV(エクゼブ)軸受シリーズ」のセラミック軸受に、耐食性に優れた新ラインアップを追加した。(2018/8/30)

企業戦略:
DMG森精機「5軸加工研究会」を発足、遅れが指摘される国内製造業の5軸化を推進
DMG森精機は全国70社の顧客企業とともに「5軸加工研究会」を発足。5軸加工機のスタンダード機である「DMU 50 3rd Generation」70機を貸し出す他、知見を持つDMG森精機のエンジニアを毎月2回派遣し、プライベートレッスンを行う。(2018/8/29)

2019年8月に稼働開始予定:
三菱電機、自動車機器事業拡大に向けて姫路製作所に新実験棟を建設
三菱電機は、自動車機器事業の主要生産拠点である姫路製作所に新実験棟を建設すると発表した。(2018/8/29)

「ロボット vs. 人間」という戦争は起こらない
ロボットの業務利用は避けられないのに、ロボット導入を物理的に阻害する3つの理由
「ロボットは仕事を奪う」という恐ろしげなニュースの見出しは無視しよう。実際に起こり得る展開とは、人間とロボットが相互成長することだ。だが、ロボットが普及するには3つの物理的制限がある。(2018/8/28)

矢野経済研究所:
着実な成長を続ける国内介護ロボット市場、2021年度の市場規模は37億6500万円に
矢野経済研究所は、2018年度の国内介護ロボット市場に関する調査結果の概要を発表した。(2018/8/28)

経済財政白書2018を読み解く(後編):
日本がSociety 5.0を実現するために解決すべき課題とは何か
内閣府はこのほど平成30年度年次経済財政報告(経済財政白書)を公表した。この経済財政白書の第3章「Society5.0に向けた行動変化」を2回に分けてまとめた。後編ではSociety 5.0により必要になる日本企業の取り組みについて紹介する。(2018/8/27)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年7月版】:
工場の“全体最適化”を追求する日立製作所 大みか事業所
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、2000年代前半から工場の見える化に取り組み、スマート工場の実現に深い知見と経験を持つ日立製作所 大みか事業所の取材記事が第1位に! その他、日本発の空飛ぶクルマ「SkyDrive」の講演レポートや、AI搭載ロボットを活用した次世代型物流倉庫の取り組みを紹介した記事に注目が集まりました。(2018/8/27)

企業戦略:
三菱電機、ASTES4の買収により板金レーザー加工の自動化システムの提案が可能に
三菱電機は、スイスASTES4の全株式を取得し完全子会社した。今回の買収により、三菱電機は以前から保有する素材の自動搬入、搬出システムに加え、自動仕分け装置をラインアップに追加することとなる。(2018/8/27)

FHシリーズ:
オムロン、外観検査工程の自動化を促進する画像処理システム
オムロンは、外観検査工程の自動化を促進する画像処理システム「FHシリーズ」の販売を開始した。(2018/8/24)

大容量データに対応:
ハーティング、モジュラー型産業用コンピュータの処理能力向上モデル「MICA 2」
ハーティングは、モジュラー型産業用コンピュータ「MICA」シリーズの処理能力向上モデル「MICA 2」を発売した。(2018/8/23)

経済財政白書2018を読み解く(前編):
Society 5.0がもたらす産業の変革とは何か
内閣府はこのほど平成30年度年次経済財政報告(経済財政白書)を公表した。この経済財政白書の第3章「Society 5.0に向けた行動変化」を2回に分けてまとめた。前編はSociety 5.0により可能となる産業や社会生活について紹介する。(2018/8/22)

マクニカネットワークス/日本ヒューレット・パッカード:
IoT活用の簡単トライアルを可能にする「FogHorn スタート支援パッケージ」
マクニカネットワークスと日本ヒューレット・パッカードは、米FogHorn Systemsのフォグコンピューティングソリューション「FogHorn Lightning」を用いたIoT活用の簡単トライアルパッケージの提供を開始した。(2018/8/22)

FAニュース:
産業用安全ネットワーク2種に対応した安全システム用コントローラー
オムロンは、安全通信規格「CIP Safety」「FSoE(Safety over EtherCAT)」に対応した安全システム用コントローラー「NXシリーズ セーフティネットワークコントローラー」を発売した。(2018/8/21)

STマイクロ IIS2MDC、ISM303DA:
10年間製造保証の地磁気センサーと電子コンパス
STマイクロエレクトロニクスは、±50ガウスの検出範囲を持つAMR地磁気センサーを内蔵し、高分解能と低消費電力を可能にした産業機器向け地磁気センサー「IIS2MDC」と、電子コンパス「ISM303DA」を発表した。(2018/8/21)

オリックス/オリックス・レンテック:
物流ロボットの6カ月間無償レンタルの対象機器に自動搬送ロボット「EVE」を追加
オリックスとオリックス・レンテックは、棚入れやピッキング作業の一部自動化を実現する、AI搭載の自動搬送ロボット「EVE」のレンタルサービスを開始した。(2018/8/21)

サーボモーターなどの需要拡大を見据え:
安川電機、「見える化」をコンセプトに掲げる中国の第3工場の操業を開始
安川電機は、中国の安川電機(瀋陽)において第3工場の操業を開始したと発表した。サーボモーターなどの需要拡大と中国での現地生産に対応する。(2018/8/17)

山の遭難、ドローンで救え 暗闇の山中で初のロボコン開催
山岳遭難が増える中、遭難者を救助するロボットの競技大会が今年で3年目を迎える。今年は捜索が難しい夜間に初めて開催され、無人航空機ドローンの活躍が注目されそうだ。(2018/8/14)

産業用ロボット:
期待されるロボット市場の成長、安川電機は何を思うか
産業用ロボットでトップレベルのシェアを握る安川電機。労働人口減少による人手不足や政府の掲げる「ロボット新戦略」などロボットの活躍の場がさらに増えると見られている中、何を考え、どのような技術開発を進めているのだろうか。ロボット事業部 事業企画部 部長の富田也寸史氏に話を聞いた。(2018/8/10)

カシオ計算機:
山形カシオで“チープカシオ”の自動組み立てラインが稼働、生産効率が約3倍に
カシオ計算機は、国内生産拠点である山形カシオにおいて、普及価格帯のデジタル腕時計を自動で組み立てる生産ラインが2018年8月下旬から稼働開始すると発表した。(2018/8/10)

オムロン:
ナノメートル単位のモーション制御を実現するコントローラー「CK3Mシリーズ」
オムロンは、ナノメートル単位のモーション制御を実現するプログラマブル多軸モーションコントローラー「CK3Mシリーズ」の販売を2018年8月1日から開始する。(2018/8/10)

人工知能ニュース:
国内AIベンチャーに有望株、パスタ盛り付けや再生医療細胞の品質管理などを支援
NEDOは2018年8月8日、政府の「人工知能技術戦略」に基づくAIベンチャー支援事業の一環として、全国30件の応募からコンテスト形式で選定した6件の研究テーマを採択したと発表した。採択が決定した各委託予定先のベンチャー企業は、2018〜2019年度まで最大2年間の研究開発を実施する。(2018/8/9)

企業買収:
アマダHDが切削機械メーカーの米Marvelを買収、北米でバンドソー売上高トップに
アマダホールディングスは、米国の切削機械メーカーであるMarvel Manufacturing(マーベル)の全株式を取得し、2018年7月30日付(米国時間)で完全子会社化した。(2018/8/9)

キヤノン 35MMFHDXSCA:
産業用途で求められるアスペクト比に対応、35mmフルサイズ超高感度CMOSセンサー
キヤノンは、35mmフルサイズの超高感度CMOSセンサーの新製品「35MMFHDXSCA」を発売する。(2018/8/9)

FAニュース:
中国で自動車生産向け産業用ロボットの販売を強化、中国企業と資本提携
安川電機の中国子会社である安川電機(中国)は、中国の奇瑞汽車グループの瑞鵠汽車模具の完全子会社である安徽瑞祥工業と、2018年7月18日に資本提携したと発表した。自動車の自動化生産設備の製造や販売を共同で行う方針だという。(2018/8/7)

World Robot Summit徹底解剖(1):
ロボット五輪あらためロボットサミットが始まる、2018年プレ大会は賞金1億円超
東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年、新しいロボットイベント「World Robot Summit(WRS)」が開催される。本連載では、このWRSについて、関係者へのインタビューなどを通し、全体像を明らかにしていく。第1回はWRSの概要や狙いについて説明する。(2018/8/7)

パナソニック DA-PU100シリーズ:
HD-PLC通信に対応した産業用機器組み込み型PLCデバイスの開発製造受託を開始
パナソニックは、高速電力線通信方式「HD-PLC」に対応した産業用機器組み込み型PLC(Power Line Communication)デバイスの開発製造受託を開始すると発表した。(2018/8/7)

FAニュース:
外観検査自動化を促進する画像処理システム、光の角度や色を調整する照明を採用
オムロンは、外観検査工程の自動化を促進する画像処理システム「FHシリーズ」の販売を2018年8月1日に開始した。(2018/8/6)

工場ニュース:
中国の第3工場が操業開始、サーボモーターなどの需要拡大に対応
安川電機は、中国の安川電機(瀋陽)において第3工場の操業を開始した。サーボモーターやサーボアンプなどの需要拡大に対応するため、最新の生産管理システムを導入し、生産状況をリアルタイムで管理する。(2018/8/3)

ウイングアーク1st MotionBoard:
パナソニック アプライアンス社、25項目の工場指標をBIダッシュボードで見える化
ウイングアーク1stは、パナソニック アプライアンス社が家庭用燃料電池「エネファーム」を製造する草津工場(滋賀県草津市)で、BIダッシュボード「MotionBoard」を導入したことを発表した。(2018/8/3)

Ricoh Manufacturing(China):
リコー、成長戦略を担う旗艦工場を中国に――IoT、ロボット、自動化設備を導入
リコーは、グローバル生産体制強化の一環として、中国広東省東莞市にオフィスプリンティング機器の生産会社「Ricoh Manufacturing(China)」を設立すると発表した。(2018/8/2)

FG3015TL:
村田機械、ファイバーレーザー加工機専用のレーザーソーティングローダーを発売
村田機械は、ファイバーレーザー加工機専用のレーザーソーティングローダー「FG3015TL」を発売した。(2018/8/2)

シリーズ「モノづくりの現場から」(アイリスオーヤマ つくば工場):
“1ライン1人体制”を実現する、アイリスオーヤマ「つくば工場」の自動化ライン
スマート工場の実現に関心が集まる中、国内製造業の現場ではどのような取り組みが行われているのだろうか。産業用ロボットやAGV(無人搬送車)を活用し、LED照明の製造ラインを自動化したアイリスオーヤマ つくば工場(茨城県稲敷郡阿見町)を取材した。(2018/8/1)

製造マネジメントニュース:
産業自動化推進のため、産業用ドライブシステム事業会社を子会社化
安川電機は、シーメンスとの合弁会社である安川シーメンス オートメーション・ドライブのシーメンス保有株を譲り受け、完全子会社化する。新会社名は「安川オートメーション・ドライブ」となる。(2018/7/31)

協働ロボット:
安川電機が考える人協働ロボットの課題と可能性
安川電機の人協働ロボット「MOTOMAN-HC10」は市場投入後1年を経過した。その手応えを開発担当者に聞いた。(2018/7/30)

コンテック CONPROSYS:
遠隔監視に必要な機能を標準搭載した「CONPROSYS テレメータシリーズ」発売
コンテックは、産業IoTの総合ブランド「CONPROSYS」に遠隔監視およびデータロギング用途に特化した新シリーズを追加、「CONPROSYS テレメータシリーズ」として販売を開始する。(2018/7/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。