ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「産業用ロボット」最新記事一覧

IEEE プレスセミナー:
ディープラーニングが「意図をくみ取る」ロボットを実現する
「ロボットの頭脳に人工知能」と書くと据わりは良いが、両者の出自を考えるとその相性は決して良いものとはいえなかった。“意図をくみ取る”ロボットの実現に一役買いそうなのがディープラーニングを用いた「行動学習」だ。(2016/11/25)

Autodesk University 2016:
産業用ロボットが3Dプリンタに、オートデスクがデモを披露
Autodesk(オートデスク)は、ユーザーイベント「Autodesk University 2016」の展示会場で、さまざまな3Dプリンタ技術を披露した。ひときわ目を引いたのが、多軸の産業用ロボットアームを用いたデモンストレーションだろう。(2016/11/22)

JIMTOF2016:
ファナックがIoT基盤の壮大な実演、JIMTOFで80社250台の工作機械を見える化
ファナックは「JIMTOF2016」において、同社が展開する工場用IoT基盤「FIELD system」の壮大な実演を行った。同システムによりJIMTOFに出展した機械メーカー80社、250台の工作機械をつなぎ、稼働状況の見える化を実現した。(2016/11/21)

ET2016会場レポート:
この深い味わいをロボットが!? 隠し味はクラウドにあり
デンソーウェーブは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)の日本マイクロソフトブースに出展。同社の産業用ロボットと、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」の組み合わせによる「コーヒーバリスタロボット」をデモし、注目を集めた。(2016/11/17)

ロボットは東大に入れるか:
AIの答案を「代筆」する「東ロボ手くん」誕生
デンソーウェーブとデンソーが、試験の答えをAIに代わって書いてくれるロボットアーム「東ロボ手くん」を開発。(2016/11/15)

「ロボットは東大に入れるか」成果報告会(2):
「将棋の時とは違う」――東大を目指したAIの腕は“人間的なアプローチ”
人工知能(AI)の「腕」を担うのは、電王戦でおなじみのデンソーウェーブ。ところが、アプローチの仕方が「将棋」とは違うらしい。(2016/11/15)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
止まぬ電機業界再編、「CC-Link IE Field Network Basic」対応製品が登場
これを読めばここ1カ月のエレクトロニクス/組み込み業界の動きが分かる新連載。注目すべき市場動向と注目すべき製品を取り上げます。(2016/11/14)

安川電機:
スロベニアに産業用ロボットの生産拠点を新設し、需要拡大に対応
安川電機は、スロベニアにロボット生産子会社「YASKAWA Europe Robotics d.o.o.(仮称)」を設立すると発表した。(2016/11/14)

工場ニュース:
産業用ロボットの新たな生産拠点をスロベニアに設立
安川電機は、産業用ロボットの新たな生産拠点として、スロベニアにロボット生産子会社「YASKAWA Europe Robotics d.o.o.(仮称)」を設立する。新会社では、制御装置を含む産業用ロボットの開発と製造を行う。(2016/11/8)

「ロボティクス+AI」セミナー:
PR:インダストリー4.0の中核地で進む日独協力、モノづくりDNAの結び付きが革新を生む
製造業においてドイツのインダストリー4.0への取り組みは注目を集めているが、その先端地域の1つがNRW州である。その地で日独の連携が加速している。ドイツNRW州が東京工業大学、アーヘン工科大学と共同で開催したセミナー「ロボティクス+AI―生産現場とサプライチェーンマネジメントでの現状と可能性―日本とドイツ・NRW州の研究と応用」では、ロボットや人工知能技術におけるさまざまな切り口で、産学におけるNRW州と日本の強い結び付きとそこから生まれる新たな産業の可能性が紹介された。(2016/11/7)

FAニュース:
組み込み機器上で動作可能な高速学習アルゴリズム
三菱電機は、車載機器や産業用ロボットなどの組み込み機器上で動作可能な「ディープラーニングの高速学習アルゴリズム」を開発した。事前学習時間とメモリ量の短縮・削減により、組み込み機器上での学習が可能になった。(2016/11/4)

FAニュース:
機械学習で設備異常や予兆を監視する新ソリューションを開発
横河ソリューションサービスは、エッジコンピューティングによる「設備異常予兆監視ソリューション」を開発した。機械学習により設備異常や予兆を監視することで、設備の安定稼働と保全コストの削減が可能になる。(2016/11/3)

FAニュース:
生産性と加工位置精度をより高めた、基板穴あけ用レーザー加工機
三菱電機は、新しい基板穴あけ用レーザー加工機「GTW5」シリーズを発売した。同社独自の「Synchrom(シンクローム)テクノロジー」と、新しいガルバノスキャナーにより、従来機よりも生産性と加工位置精度を高めたものになっている。(2016/11/2)

FAニュース:
IoT対応産業用コントローラーにC言語対応モデルなど3種を追加
日立産機システムら3社は、IoT対応の産業用コントローラー「HF-W/IoT」シリーズに3つのモデルを追加する。ファンレス化や小型化に加え、耐環境性を向上させたことで、産業機械・設備へ容易に組み込むことができる。(2016/11/1)

製造業IoT:
先駆者が語るIoT、「日本は強い製造業で世界と勝負すべき」
IoT推進コンソーシアムは、2016年10月に開催された「CEATEC JAPAN 2016」会場において、IoT推進コンソーシアム総会を実施。その中で、IoTに関する先駆者たちを集めたパネルディスカッションを開催した。(2016/11/1)

エネルギー列島2016年版(28)兵庫:
再生可能エネルギーを100万kW創出、ため池や水道管でも発電
兵庫県の再生可能エネルギーの導入量が順調に拡大中だ。わずか2年半で100万kWを超える発電設備が運転を開始した。ため池の水上やダムの壁面でメガソーラーが相次いで稼働する一方、下水処理場にはバイオガス発電が広がる。水道管を流れるエネルギーを利用した小水力発電も始まった。(2016/11/1)

工場ニュース:
ポーランド工場でハイブリッド用トランスアクスルとガソリンエンジンを生産
トヨタ自動車は、ポーランドの生産工場で、2018年からハイブリッド用トランスアクスルの生産を開始する。現在、欧州生産のハイブリッドには日本製が使われているが、生産移管後は同工場製を搭載していく。(2016/10/31)

工場ニュース:
需要拡大に備え、航空機器事業のアクチュエーター工場を新設
ナブテスコは、岐阜工場敷地内に航空機器事業のアクチュエーター工場を新設すると発表した。将来の需要拡大に備え、材料から完成品までの一貫生産体制を構築し、品質・生産性の向上を目指す。(2016/10/28)

FAニュース:
長寿命化し耐荷重性を向上させた高負荷駆動用ボールねじ
日本精工は、従来品より寿命を延ばし、耐荷重性を高めたNSK高負荷駆動用ボールねじ「S-HTF」シリーズを発表した。性能を高めることで、電動射出成形機やサーボプレス機などのハイサイクル化や推力アップのニーズに対応した。(2016/10/27)

FAニュース:
世界各国の電波認証を取得した無線LANユニットを発売
コンテックは、世界各国の電波認証を取得した無線LANユニット「FLEXLAN FX3000」シリーズを発売した。同シリーズを採用することで、これまで輸出先によって検討していた無線LANユニットの選定が不要になる。(2016/10/26)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(1):
IIoTが実現する製造業の未来とそのメリット
IoT、インダストリー4.0がこれほどまでに盛り上がり続けるのは、その将来像への賛同だけではなく「現時点で材料となる技術はそろっていて、決して夢物語ではない」と多くの人が感じているためである。日本のモノづくりは改善を重ねることで着実に世界をリードしてきたが、第4次産業革命で求められる非線形なモノづくりの進化をリードしていくためには、「製造現場のガラパゴス化」を解消することが急務だ。本連載では、日本のみならず世界的に盛り上がりを見せるIIoTの技術で製造業はどう変化していくのか、日本の製造業がその変化に追従していくためのボトルネックとなる国内製造業のガラパゴス化について解説する。(2016/10/26)

FAニュース:
最短10秒のデータ更新が可能なISA100 Wireless準拠のフィールド無線用振動計
横河電機は、フィールド無線規格のISA100 Wirelessに準拠したフィールド無線用振動計を発売した。プラントで使用する設備の振動を測定し、ISA100 Wirelessの無線通信で測定データを発信する。(2016/10/25)

FAニュース:
演算処理速度が向上した高精度CNCチャッカー機を発売へ
シチズンマシナリーは、高精度CNCチャッカー機「Miyano GN3200」シリーズをモデルチェンジし、2017年4月から販売を開始する。主軸の回転角度制御ができるC軸を標準搭載している。(2016/10/24)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「自動化から自律化への進化」
人工知能の進化などでITは「自動化」から「自律化」へ向かっているといわれています。今後の変化を見据えるこの2つのキーワードについて、違いと進化のプロセスを整理しておきましょう。(2016/10/24)

FAメルマガ 編集後記:
「工場内の自律移動」がインダストリー4.0実現のカギ
“ミズスマシ”を超える価値を機械で生み出せるのか。(2016/10/21)

FAニュース:
最小検出段差0.08mmの2出力型高精度レーザーセンサーを発売
オプテックス・エフエーは、距離設定型2出力タイプの高精度CMOSレーザーセンサー「BGS-HDL」シリーズを発表した。最小検出段差0.08mmで、物体の有無検出に加え、高さによる良否判別、物体位置の距離判別と、2段階出力などの用途にも向く。(2016/10/21)

FAニュース:
クラウドを使ってインバータの管理や保守作業を効率化
安川電機は自社製インバータ向けのクラウドサービス「YASKAWA Drive Cloud」を提供開始した。該当製品のパラメータやトラブルシュート情報にアクセスできるほか、パラメータの調整結果やメンテナンス情報などをバックアップする用途を見込む。(2016/10/20)

FAニュース:
2室構造で耐環境性を向上させた温度伝送器の中位機種を発売
横河電機は、2室構造を採用した温度伝送器「YTA610」を発表した。上位機種と同じく、端子台と電子回路を隔壁で仕切る2室構造にすることで、耐環境性を向上させた。(2016/10/19)

ディープラーニング:
組み込み機器側に学習機能を搭載、高精度に推論
三菱電機は、組み込み機器に実装できる「ディープラーニングの高速学習アルゴリズム」を開発した。「コンパクトな人工知能」と組み合わせることで、車載機器や産業用ロボット側に学習機能を搭載することができ、より高精度の推論を行うことが可能となる。(2016/10/19)

FAニュース:
エントリーモデルのマシンオートメーションコントローラーを発売
オムロンは、「Sysmacオートメーションプラットフォーム」のラインアップを拡充し、エントリーモデルのマシンオートメーションコントローラー「NX1P」を発売した。EtherCATポートを内蔵し、最大8軸のサーボシステムを制御できる。(2016/10/18)

産業用ロボット:
生産ラインのロボットを一括コントロール、競合他社製品も制御可能
ヤマハ発動機は自動化生産ラインを低コスト、短期間で構築可能とし、インダストリー4.0などのIoT活用への対応力を高めた統合制御型ロボットシステムを開発。2016年12月1日から販売を開始する。(2016/10/18)

FAニュース:
プッシュインPlus端子台を採用したFA機器製品の第2弾を発売
オムロンは、共通の設計コンセプトで仕様を統一したFA機器の第2弾として、7カテゴリー1万5583形式を発売した。独自の配線方式「プッシュインPlus端子台」を採用した押しボタンスイッチなどをリリースした。(2016/10/17)

産業用ロボット:
ロボット大賞、ティーチレスでばら積みピッキングできるコントローラーが受賞
経済産業省と日本機械工業連合会が主催する「第7回ロボット大賞」の結果が発表。経済産業大臣賞は、MUJINの「完全ティーチレス/ばら積みピッキングMUJINコントローラー『PickWorker』」が受賞した。(2016/10/17)

CEATEC 2016:
ウェアラブル機器の電源供給に最適な「ロボ電」、伸縮自在のHDMIケーブルも実現
旭化成は、「CEATEC JAPAN 2016」において、伸び縮みが可能な電線「ROBODEN(ロボ電)」のウェアラブル機器をはじめとする情報機器向けの適用イメージを披露した。(2016/10/14)

FAニュース:
振動を約50%低減し寿命10倍以上に改善の小型スピンドル用玉軸受
NTNは、小型スピンドルに用いる軸受「ULTAGEシリーズ 工作機械主軸用小径高速アンギュラ玉軸受」を開発した。グリスの保持性を改善して高寿命化したほか、軸受軌道面の精度を高めて振動を低減した。(2016/10/14)

工場ニュース:
インドネシアに自動車用防振ゴム新工場を開所
ブリヂストンは、同社のインドネシア子会社BSAIが、新工場の開所式を実施したと発表した。BSAIはブリヂストングループにおける自動車用防振ゴムの6カ国目の生産拠点となる。(2016/10/13)

協働ロボット:
“はんこを押すだけ”の上司はもう不要、人とロボットが共に働く意味
デンソーウェーブは、「CEATEC JAPAN 2016」において、人と協調して働く小型産業用ロボット「COBOTTA」を出展し、人と協調してロボットが働く価値を訴求した。(2016/10/13)

産業用ロボット:
工場内を産業用ロボットが自律的に走り回る時代に、日立が走行装置を開発
日立製作所と日立プラントメカニクスは、産業用ロボットを自律的に走行させられる自律走行装置を開発した。(2016/10/12)

FAニュース:
プラントの機能安全管理を支援する、安全計装システムの機能を強化
横河電機は、安全計装システム「ProSafe-RS」の機能を強化した「ProSafe-RS R4.02.00」を発表した。機能安全管理(FSM)を支援するため、ProSafe-RSのエンジニアリング環境「ADスイート」の機能を拡張したものだ。(2016/10/12)

ファナック、ロボット生産能力を強化 需要急増に対応
ファナックは産業用ロボットの生産能力を増強すると発表。(2016/10/11)

FAニュース:
銅と窒化アルミニウムセラミックスを接合する新技術を開発
三菱マテリアルは、銀(Ag)を接合材として使用せずに、銅(Cu)と窒化アルミニウム(AlN)セラミックスを接合する新技術を開発した。同時に、AlNセラミックス基板の両面にCuを接合した「AgフリーDBC基板」の試作対応を開始した。(2016/10/11)

FAニュース:
従来比1.3倍の高速回転に対応した深溝玉軸受を開発
ジェイテクトは、樹脂保持器の形状を工夫することで、従来比1.3倍の高速回転対応を可能にした深溝玉軸受を開発した。軸受の保持器を従来の片持ちタイプから両持ちタイプに変更し、遠心力による変形を抑えた。(2016/10/10)

工場ニュース:
自動車用自動変速機向け製品のメキシコ新工場設立を決定
日本精工は、同社の持分法適用会社NSKワーナーがメキシコで自動車用自動変速機向け製品の新工場を設立すると発表した。新工場設立により需要拡大への対応、現地生産化によるコスト競争力の追求と納期短縮を目指す。(2016/10/7)

FAニュース:
アンマネージドスイッチギガビット対応の産業用スイッチングハブ
デジタルは、過酷な環境でも使用できる産業用スイッチングハブ「SPIDERIII」を発表した。スイッチング機能やTP/TXインタフェース機能を備え、各種海外安全規格にも対応。信頼性の高いネットワーク構築を可能にする。(2016/10/6)

シーテック開幕 繊維、旅行……新たな企業連携も
今年のシーテックで目立つのが、電機業界以外からの参加だ。繊維や旅行といった異業種組が数多く参加しているほか、ベンチャー企業の出展は昨年の2.5倍となる139社に増加。(2016/10/5)

FAニュース:
ロボット用システムソフトウェアをPLCopenが認証
KUKAは、ロボット用のシステムソフトウェア「KUKA.PLC mxAutomation」の最新バージョン(2.1)がPLCopenの認証を受けたことを発表した。(2016/10/5)

FAニュース:
利便性と駆動性を備えた一般産業用高機能インバータを発売
日立産機システムは、現行の産業用インバータ「SJ700」シリーズの後継機として、一般産業用高機能インバータ「SJシリーズ TypeP1」計41機種を開発した。機能安全規格IEC61508/EN61800 5-2 SIL3 STOに標準で対応している。(2016/10/4)

産業用ロボット:
人工知能で走る搬送用ロボ、目指すのは生産ラインの「超柔軟性」
オムロンは人とロボットが協調するモノづくり現場実現に向け米国子会社オムロンアデプトテクノロジーズが開発した無人搬送用ロボットを世界33カ国で発売する。(2016/10/4)

FAニュース:
厚み29mmの組み込み用コンピュータを発売、各種海外安全規格に対応
コンテックは、放熱スリット/CPUファンをなくした組み込み用コンピュータ「ボックスコンピュータ BX-956S」を発売した。VCCI/FCC/CE/ULの安全規格に対応し、プラットフォームにインテル Atomプロセッサ E3845を採用した。(2016/10/3)

FAニュース:
最大40台のユニットを実装できる片面形モータコントロールセンタ
三菱電機は、モーターの開閉制御などを集中管理するモーターコントロールセンター向けに、片面形の「三菱低圧モータコントロールセンタD」を発売した。電源送りユニットやモータスタータユニットを小型化し、最大40台のユニットを実装できる。(2016/9/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。