ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキャナ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ScanSnap Park:誠 Biz.ID
質問!プリンター&スキャナー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプリンター&スキャナー関連の質問をチェック

地下鉄でボディースキャナー運用試験 テロ対策のため米国LAで
微弱電波を用いて銃器や爆発物を発見できるが、不具合も発生した。(2017/8/17)

キヤノンMJ、60枚/分の高速スキャンを実現したビジネス向けA4ドキュメントスキャナー「DR-M260」
キヤノンマーケティングジャパンは、同社製ドキュメントスキャナー「imageFORMULA」シリーズの新モデル2機種など計3製品の発表を行った。(2017/7/25)

自然エネルギー:
風力発電の開発を低コスト化、ドローンで伐採せずに地表計測
テラドローンと大林組は、風力発電所の開発における地表面の計測にドローンを導入した。レーザースキャナーを利用し、樹木を伐採せずに地表面の形状を高精度に計測することに成功したという。(2017/7/24)

CADニュース:
STLが直接ソリッドのCADで使える、3Dプリンタ/スキャナーの活用増加を見据えて――Solid Edge
シーメンスPLMソフトウェアが発表したSolid Edge ST10は、STLなどファセットデータが、ソリッドCADの環境で直接行える。併せてトポロジー最適化の機能も実装した。同製品は2017年夏季の出荷を予定する。(2017/6/23)

ペン型スキャナー辞書「ナゾル」に和英モデル追加
国語モデルと英和モデルに次いで。(2017/6/15)

3Dスキャナーニュース:
測定品質をフィードバックする光学式3Dスキャナー、精度を40%向上
クレアフォームは、大型対象物測定に対応し精度を40%向上した光学式3Dスキャナーの新製品を発表した。(2017/6/15)

なぞって調べるペン型辞書「ナゾル」に和英モデル シャープが発売
ペン型スキャナー辞書「ナゾル」に、和英辞書モデルが登場。グランドコンサイス和英辞典(約21万項目)を収録している。(2017/6/14)

日本HP、3Dスキャナ/タッチマットなども標準装備した“没入型”PC「Sprout Pro by HP G2」
日本HPは、 デジタルと現実とのシームレスな統合を目指した3Dスキャナ/タッチマットなども標準装備したイマーシブ(没入型)PC「Sprout Pro by HP G2」を発表した。(2017/6/12)

スマホが文書スキャナーに 撮るとPDF化する「Adobe Scan」登場
スマホなどのカメラで撮った文書をPDF化できるアプリ「Adobe Scan」が登場。人工知能「Adobe Sensei」を活用し、切り抜き、ゆがみ補正などを自動で行う。(2017/6/9)

情報化施工:
4万個のブロック計測を一晩で、3Dスキャンで精度も50倍
JR東海は河川内橋脚の傾斜を防ぐ「根固めブロック」の位置情報を、3Dレーザースキャナーを活用して高精度に計測できるシステムを開発した。従来1週間程度かかっていた計測期間を、約1日に短縮できるという。(2017/6/6)

東芝スキャナ TSX-401R:
世界初の全身用320列面検出器型の立位/座位CTを開発
東芝メディカルシステムズは、全身用320列面検出器型の立位/座位CT「東芝スキャナ TSX-401R」を発表した。慶應義塾大学 医学部との産学連携により開発したもので、従来の装置では困難だった全身での撮影や軟部組織の評価ができる。(2017/6/1)

KTN光スキャナー:
硬性内視鏡による生体組織の3次元イメージング
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、NTTアドバンステクノロジ、大阪大学と共同で、KTN結晶を用いた光スキャナーにより、硬性内視鏡による生体組織の3次元イメージングに成功した。(2017/5/22)

エプソン、カラータッチパネル搭載A4ドキュメントスキャナ「DS-780N」
エプソン初となるカラータッチパネル搭載のA4ドキュメントスキャナ「DS-780N」が登場。(2017/5/16)

製造マネジメントニュース:
九州発、IoTを活用したデジタルサービス創出の場を開設
富士通九州システムサービスは、社員による共創実践の場「Qube」を開設した。3Dスキャナーや3Dプリンタなどを設置し、社員自身が実際にものづくりに触れながら顧客と「共創」し、IoTなどを活用した新たなサービス創出を目指す。(2017/5/15)

医療機器ニュース:
硬性内視鏡による生体組織の3次元イメージングに成功
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、NTTアドバンステクノロジ、大阪大学と共同で、KTN結晶を用いた光スキャナーにより、硬性内視鏡による生体組織の3次元イメージングに成功した。(2017/5/9)

虹色の粒子が洞窟の暗闇を解き明かす LIDARスキャナーを手がかりに探険するゲーム「Scanner Sombre」がきれい
スキャナーでレーザーを照射すると、洞窟の構造が虹色の粒子として浮かび上がります。(2017/4/25)

PFU、スキャン速度も向上したA3対応高速イメージスキャナ
PFUは、業務用イメージスキャナ「fi」シリーズのラインアップにA3対応高速モデル計3機種を追加した。(2017/4/20)

IDEC WB2F形:
最大読み取り距離150mm、CMOSセンサー搭載の固定式2次元コードスキャナー
IDECは、最大150mmの距離から読み取り可能な固定式2次元コードスキャナー「WB2F形」を発売した。(2017/3/22)

FAニュース:
最大150mmの距離から読み取り可能な固定式2次元コードスキャナー
IDECは、最大150mmの距離から読み取り可能な固定式2次元コードスキャナー「WB2F形」を発売した。分解能に優れ、小型コードの読み取りに対応する他、本体に高画素CMOSセンサーを搭載し、小型装置への組み込みに適している。(2017/3/8)

SPIE Advanced Lithography 2017:
ASML、EUVリソグラフィ開発を加速
半導体リソグラフィ技術に関する国際会議「SPIE Advanced Lithography 2017」において、ASMLがEUV(極端紫外線)スキャナーを発表した。(2017/3/3)

トラブルも自分で簡単に解決:
PR:その無駄は省ける! いますぐ見直したい複合機コスト
私たちのオフィスに複合機は欠かせない。コピー、プリンター、スキャナーなどを利用している人は多いと思うが、メンテナンスなどで必要以上のコストを支払っているケースがあることをご存じだろうか。こうした課題解決に真っ向から挑んでいるのがプリンター・複合機メーカーのOKIデータである。複合機のコストダウンが可能だというが、どのような特長を持っているのだろうか。また年度末に向けてキャンペーンを展開しているが、どのような内容なのだろうか。(2017/1/30)

PR:出荷400万台突破!! 開発者が語る「ScanSnapが支持される理由」
オフィスのペーパーレス化やデジタルデバイスの普及により、幅広いシーンで使われるようになったドキュメントスキャナ。なかでもBCN 6年連続No.1を獲得しているPFUの「ScanSnap」シリーズは、多くのユーザから支持される、ドキュメントスキャナのトップブランドだ。そんなScanSnapがユーザーに支持される理由は何だろうか。同社執行役員イメージビジネス担当の宮内康範氏と、商品企画部長の大窪伸幸氏に、その秘密を聞いた。(2016/11/30)

キヤノンMJ、PCレスでスキャン/送信も行える10.1型タッチパネル搭載ネットワークスキャナ「ScanFront 400」
キヤノンマーケティングジャパンは、PCレス動作に対応したネットワークスキャナ「ScanFront」シリーズの最新モデル「ScanFront 400」を発表した。(2016/11/28)

検査オートメーション:
PR:逆転の発想で生まれた3Dスキャナー、スマート工場実現のカギとなるか
インダストリー4.0などIoTを活用したスマート工場を実現する土台の1つが品質検査など検査工程の自動化である。その検査自動化の中心技術の1つとして3次元測定技術があるが、革新的な3次元測定技術によりこの検査自動化領域で注目を集めている企業がある。(2016/11/14)

なぞって調べるペン型スキャナー辞書「ナゾル」 シャープが発売
分からない言葉をなぞると意味を調べてくれるペン型のスキャナー辞書「ナゾル」を、シャープが12月に発売する。(2016/11/9)

矢野経済研究所 国内CAD/CAM/CAEシステム市場調査:
成熟化した国内CAD/CAM/CAE市場の救世主は3Dスキャナー?
矢野経済研究所は「国内のCAD/CAM/CAEシステム市場」に関する調査結果を発表した。(2016/11/9)

FAニュース:
石油パイプラインなどの検査用ソフトウェアをバージョンアップ
クレアフォームは、石油輸送などに用いられるパイプラインの3Dスキャナーによるスキャン結果から、腐食、くぼみ、削れといった欠陥の自動検査、検出、特性評価などを現場で行えるパイプライン検査用ソフトウェア「Pipecheck」の最新バージョンをリリースする。(2016/11/9)

XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0A:
ボディースキャンも可能になった低価格ハンディ3Dスキャナー
XYZプリンティングジャパンは、ハンディタイプの3Dスキャナー「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」に、ボディースキャン機能を追加した新バージョン(1.0A)を発表した。(2016/11/4)

エスプロス ToF式CCDセンサー:
3D距離計測スキャナーの開発が容易に、リンクスからToF式CCDセンサー
技術商社のリンクスは、ToF(Time of Flight)式CCDセンサーの開発製造を手掛けるスイスのEspros Photonics(エスプロス)と日本国内における総代理店契約を締結。2016年11月15日から国内販売を始める。市場の急拡大が見込まれる3次元距離計測スキャナーを容易に開発できるという。(2016/11/2)

ポンタ研究所 RabbitScanner:
一般用途向け3Dスキャナーの性能を業務用レベルに引き上げるソフトウェア
ポンタ研究所は、一般用の3Dスキャナーと組み合わせて利用することで、業務用3Dスキャナーと同等の機能・性能を実現するソフトウェア「RabbitScanner」を発表した。(2016/10/26)

3Dプリンタニュース:
ボディスキャン機能を搭載したハンディタイプの3Dスキャナを発売
XYZプリンティングジャパンは、ボディスキャン機能を追加したハンディタイプの3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0A」を発表した。全身スキャンにも対応できる。(2016/10/25)

さらなる微細化の実現へ:
EUV光源で「世界最高水準」の発光効率5%を実現
ギガフォトンは、開発中の極端紫外線(EUV)スキャナー用レーザー生成プラズマ(LPP)光源における、半導体量産ラインでの稼働を想定したパイロット光源が完成し、出力105Wの安全運転と、発光効率5%を実現した。最先端半導体製造ラインの実現に向けて大きく前進したという。(2016/10/24)

3Dプリンタニュース:
一般用3Dスキャナを業務用と同等性能に高めるソフトウェアを発表
ポンタ研究所は、一般用の3Dスキャナと組み合わせて利用することで、業務用3Dスキャナと同等の機能・性能を実現するソフトウェア「RabbitScanner」を発表した。2016年中に発売を予定している。(2016/10/13)

組み込み開発ニュース:
3次元距離計測スキャナーの開発が容易に、リンクスがToF式CCDセンサーを発売
技術商社のリンクスは、ToF(Time of Flight)式CCDセンサーの開発製造を手掛けるスイスのEspros Photonics(エスプロス)と日本国内における総代理店契約を締結。2016年11月15日から国内販売を始める。市場の急拡大が見込まれる3次元距離計測スキャナーを容易に開発できるという。(2016/10/7)

アルバムスキャナ「Omoidori」のiPhone 7対応モデル登場 有償アップグレードも
PFUは、iPhone 7に対応したアルバムスキャナ「Omoidori」の受注を開始。また、現行モデル購入済みのユーザーに向けた有償アップグレードも行う。(2016/10/4)

iPhone用スキャナー「Omoidori」が“7”に対応 現行モデルの有償アップグレードも
アルバムの写真をiPhoneのカメラでデジタル化できるガジェット「Omoidori」がiPhone 7に対応した。カメラ部分の形状を変更している。(2016/10/3)

3Dプリンタニュース:
リーズナブルな3Dスキャナを業務用並みの高精度にするソフトを発売
ポンタ研究所は、市販の廉価な3Dスキャナと組み合わせて使うことで、業務用の3Dスキャナに匹敵する高精度の3Dデータが得られるソフトウェア「ポンタスキャナ」を開発。クラウドファンディングサイトを通じて発売した。(2016/9/16)

計測・検査:
3Dスキャナーに風が吹く、インダストリー4.0と製品検査自動化の動き
米国AMETEKグループのCreaformは携帯型3Dスキャナーで市場に独自のポジションを形成。従来の製品開発用途だけでなく、品質検査領域などへの対象領域を拡大し、日本市場においても今後5年間で2倍の売上高を目指すという。(2016/9/13)

福田昭のデバイス通信(86):
「SEMICON West 2016」、7nm世代以降のリソグラフィ技術(ニコン編)
90nm世代から商業化が始まったArF液浸スキャナーだが、3xnm世代に入ると、解像力は限界に達する。そこで、コスト増というデメリットは伴うものの、マルチパターニングによって解像力の向上が図られてきた。加えて、7nm世代向けのArF液浸スキャナーでは新しいリソグラフィ技術の導入も必要だとされている。この場合、コスト面ではダブルパターニングと電子ビーム直接描画の組み合わせが有利なようだ。(2016/9/6)

福田昭のデバイス通信(85):
「SEMICON West 2016」、半導体露光技術の進化を振り返る(完結編その2)
KrFスキャナーの次に登場したのがArFスキャナーである。ArFスキャナーは90nm世代の量産から使われ始めた。さらに、ArFスキャナーの製品化と並行して「ポストArF」の開発が活発化する。ポストArFとして、F2エキシマレーザーあるいは軟X線を光源とする露光技術の開発が進んだが、そこに、もう1つの候補として急浮上したのがArF「液浸」スキャナーである。(2016/8/30)

福田昭のデバイス通信(84):
「SEMICON West 2016」、半導体露光技術の進化を振り返る(完結編その1)
今回は、半導体露光技術の歴史の完結編(その1)をお届けする。1996年ごろに本格的に導入され始めたKrFステッパーだが、既に2つの課題が浮上していた。光学系の開口数(N.A.)の向上の限界と、シリコンダイが大きくなり過ぎていたことだ。これらを解決する手段として登場したのが「スキャナー」である。(2016/8/23)

中小企業も帳票の電子化が始めやすくなる
徹底解説: 2017年1月から領収書のスマホ撮影をスタートするために準備すること
スキャナー保存制度の要件がさらに緩和され、2016年9月30日以降の申請分からは領収書のスマホ撮影が可能になる。この他、法律の改正点と実務運用で気を付けるべきポイントを解説する。(2016/8/23)

上空からレーザースキャナーで測量、オルソ画像の作成も
エンルートらがレーザースキャナー搭載ドローンによる測量サービスを開始した。写真撮影も同時に行うため、オルソ画像の作成や点群データへの色づけも可能だ。(2016/7/20)

表現力を高めてきやがった……! FDD64台、HDD8台、スキャナ2台の複数機器でスター・ウォーズを演奏
ハードディスクドライブはそう使うのか……!(2016/7/11)

引き出しに収納できるサイズで毎分25枚の高速読み取りが可能なドキュメントスキャナ
エプソンがスキャナの新製品6モデルを発表。(2016/7/7)

最低130Wの出力で119時間の連続運転に成功:
EUV光源、発光効率4.0%で出力250Wを達成
ギガフォトンは、開発中の極端紫外線(EUV)スキャナー用レーザー生成プラズマ(LPP)光源のプロトタイプ機で発光効率4.0%、発光出力250wを達成した。(2016/7/7)

スペースビジョン SCUVE G4:
0.5秒で3D撮影が可能な新型ボディースキャナー、体形データを活用できるAPIも
スペースビジョンは、新型3Dボディースキャナー「SCUVE G4」を発表した。従来機種の利点をそのままに、撮影時間を大幅に短縮。ブレのない高精度な計測が可能になったという。(2016/7/6)

台湾Plustek、“Office 365専用”のネットワードキュメントスキャナを発表
台湾Plustekは、Microsoft Office 365との連携機能をうたったネットワークスキャナ「Plustek eScan」を発表した。(2016/6/28)

DMS2016:
“光モノ”も読める3Dスキャナー、持ち運び可能で高精度
米国AMETEKグループのCreaformは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、2015年5月に発売した携帯型3Dスキャナー新製品を出展。通常は読み取りにくい光沢のあるワークから3Dデータを読み取るデモなどを行った。(2016/6/27)

電子帳簿保存法の規制緩和で領収書のスキャナー保存が可能に
「会計業務のペーパーレス」、何から準備を始めればいい?
「電子帳簿保存法」が改正され、契約書や領収書のスキャナー保存の規制が緩和された。経理現場のペーパーレス化で保管コストなど経費削減が期待できる。運用開始前に必要な準備とは?(2016/6/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。