ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

ScanSnap に関する記事 ScanSnap に関する質問

「ScanSnap」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ScanSnap Park:誠 Biz.ID

PFU、モバイルスキャナ「ScanSnap iX100」に新色“スノーホワイト”を追加
PFUは、同社製モバイルスキャナ「ScanSnap iX100」のラインアップに新色“スノーホワイト”モデルを追加した。(2014/10/17)

Biz.Hacks:
スキャナーの第3勢力「オーバーヘッド型」3機種を徹底比較――スキャン手順編
キングジムの「デスクショット」、PFUの「SnapLite」「ScanSnap SV600」を徹底比較する短期連載。今回はセットアップとスキャンの手順について比較する。(2014/7/28)

“どこでもスキャン”を実現:
完全ケーブルレスの魅力――iX世代のコンパクトスキャナ「ScanSnap iX100」を試す
4年ぶりに発表されたScanSnapシリーズのコンパクトモデル「ScanSnap iX100」。内蔵バッテリーとWi-Fi対応でケーブルレスを実現した本機は、前モデル「S1100」のインパクトをしのぐのか。使用感をお伝えしよう。(2014/6/10)

PFU、Wi-Fi接続対応の小型軽量モバイルスキャナ「ScanSnap iX100」
PFUは、本体重量400グラムの小型筐体を採用するWi-Fi対応ドキュメントスキャナ「ScanSnap iX100」を発表した。(2014/6/10)

仕事耕具:
動画で見るScanSnap iX100――モバイルスキャナ「世界最速」は本当か?
6月20日発売のドキュメントスキャナ「ScanSnap iX100」は折り畳み傘ほどのサイズにバッテリー・Wi-Fiを内蔵している。小さいだけではないiX100の実力を確かめてほしい。(2014/6/10)

名刺や書類を出先で即スキャン:
Wi-Fi+内蔵バッテリーで持ち運びやすい! 重さ400グラムのScanSnap「iX100」
PFUのドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズに、PCレスで使える新モデル「iX100」が登場。400グラムの軽量ボディ、そして充電式バッテリーとWi-Fi接続を備えたモバイル向きの製品だ。(2014/6/10)

照明+iPhone=スキャナ:
PFU、iPhoneを高性能スキャナにするデスクライト「SnapLite」を発表
ドキュメントスキャナ「ScanSnap」でおなじみのPFUからユニークな照明が登場。iPhoneユーザーは必見。(2014/5/21)

リス専用スキャナ……?:
「SNAPLITE」――PFUが新製品の投入を予告
ScanSnapでおなじみのPFUが新製品の投入を告知するティーザーサイトを公開した。(2014/5/15)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年1月13日〜1月19日):
ドキュメントスキャナの人気モデルは? PFU「ScanSnap S1100」が急浮上(2014年1月第3週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2014年1月3週版】販売ランキングを掲載。(2014/2/6)

今が買い:
ScanSnap、BCN AWARD受賞でAdobe Acrobat同梱モデル販売へ
自炊ユーザー御用達のドキュメントスキャナ「ScanSnap」。販売するPFUが「BCN AWARD 2014」を4年連続で受賞し、それを記念してScanSnap2機種にAdobe Acrobat XI Standardを同梱したモデルを限定販売する。(2014/1/20)

PFU、ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1300i/S1100」にAdobe Acrobat付属の特別モデル
PFUは、同社製ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1300i Deluxe」「同 S1100 Deluxe」にAdobe Acrobat XI Standardを付属した特別モデルを発売する。(2014/1/17)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年10月28日〜11月3日):
“非破壊型”スキャナ「ScanSnap SV600」が人気、2位に浮上(2013年10月第5週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年10月5週版】販売ランキングを掲載。(2013/11/14)

小型化+クラウド連携強化:
「ScanSnap“一強”の状態を崩し、シェア20%狙う」――エプソン、A4ドキュメントスキャナ3製品を発表
エプソン販売がA4ドキュメントスキャナのラインアップを刷新。コンパクトボディとアプリの新機能で使い勝手が向上しており、ライバルのScanSnapシリーズへの対抗意識を強めている。(2013/11/1)

PFU、ドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」に企業向け機能を追加するドライバソフトを公開
PFUは、同社製ドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」用のドライバソフトを公開。PC/Macからの無線通信に対応、IEEE802.1X環境での接続もサポートする。(2013/10/31)

「ScanSnap iX500」にオフィスのWi-Fi環境で複数人で使える新機能
PFUは、ドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」のソフトウェアをバージョンアップ。企業向けに利用されているネットワーク接続認証方式「IEEE802.1X」環境下で、iX500を共有して使えるようにした。(2013/10/31)

Macユーザーに朗報:
非破壊ドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」のMac OS用ソフトウェア登場
PFUは、パーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」のMac OS用ソフトウェアを無償提供開始した。(2013/10/25)

Mavericksに対応:
PFU、“非破壊”ドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」のMac用ソフトを無償公開
新聞サイズの原稿も切らずにそのまま読み取れる「ScanSnap SV600」のMac用ドライバ「ScanSnap Manager(Mac OS)」が公開された。(2013/10/24)

Evernoteに最適化「ScanSnap Evernote Edition」発売 PFUと共同開発
EvernoteとPFUは共同で、Evernote連携に最適化したソフトウェアを搭載したドキュメントスキャナ「ScanSnap Evernote Edition」を発表した。(2013/9/27)

手間をかけずに紙をデジタル化:
資料、名刺、写真のスキャンデータを自動仕分け、Evernoteにアップ――Evernote専用ScanSnapが登場
トレーに紙の資料、名刺、写真、レシートを放り込んでボタンを押すと、デジタル化されたデータが自動で仕分けられてEvernoteの各ノートにアップロードされる――。こんなEvernote専用ScanSnapが登場した。(2013/9/27)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年8月5日〜8月11日):
安定した人気、非破壊型スキャナ「ScanSnap SV600」が2カ月連続ランクイン(2013年8月第1週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年8月1週版】販売ランキングを掲載。(2013/8/22)

ScanSnap SV600レビュー【番外編】:
非破壊型スキャナ「ScanSnap SV600」とEightを使った名刺管理を試してみた
今回は番外編として、ScanSnap SV600が持つ機能の1つである名刺の複数枚同時読み込み機能を中心にレビューしよう。(2013/7/23)

ScanSnapで大量の名刺を一挙にEightに登録できる「Eight Scan」はどの程度使えるか?
Sansanが提供する名刺管理サービス「Eight」はOCRの精度が高く便利な一方、大量の名刺を1枚1枚撮影するのが手間だ。「Eight Scan」を使えばそれをスキャナで解決できる。β版ソフトだが、どの程度使えるのか試してみた。(2013/7/19)

それゆけガジェット調査隊:
シリーズ待望! PFUの非破壊ドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」を試す
PFUから登場した“裁断せずに”スキャンできるドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」。注目を集めるこの製品を試した。(2013/7/17)

ScanSnap SV600レビュー:
非破壊型「切らずにスキャン」ScanSnap SV600は本当に「自炊」に使えるか?【後編】
今回はScanSnap SV600の弱点をカバーし、よりパワフルに使いこなすための筆者なりの工夫と、ささやかながら得られた成果を紹介する。(2013/7/17)

PC USER 週間ベスト10:
“8型クラス”でWindows 8タブレットの逆襲始まる?(2013年7月8日〜7月14日)
先週のアクセスランキングでは、Iconia W3-810、ScanSnap SV600、OUYA、Surface Pro、VAIO Duo 13、EveryPadなど、話題の新製品がトップ10に集まりました。(2013/7/15)

ScanSnap SV600レビュー:
非破壊型「切らずにスキャン」ScanSnap SV600は本当に「自炊」に使えるか?【前編】
PFUから書籍や雑誌を裁断しなくても読み取れる、新しいタイプのスキャナScanSnap SV600が7月12日に発売する。発売前からお借りして使ってみた。(2013/7/12)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年6月24日〜6月30日):
まだ発売前、非破壊型スキャナ「ScanSnap SV600」の人気は続く(2013年6月第4週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年6月4週版】販売ランキングを掲載。(2013/7/11)

“非破壊自炊”は脅威となるのか:
裁断せずに自炊したい!! 「ScanSnap SV600」を試してみた
自炊で裁断する必要がなくなったら、図書館やコミックレンタルで借りてきた書籍も自炊できてしまう……? はたして「非破壊自炊」は自炊の常識を覆すのか。iX500との画質比較も。(2013/7/11)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年6月17日〜6月23日):
非破壊型スキャナ「ScanSnap SV600」がランキング初登場(2013年6月第3週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年6月3週版】販売ランキングを掲載。今週は、PFUの非接触・非破壊型スキャナ「ScanSnap SV600」が発売前にも関わらずランキングに登場しました。(2013/7/4)

Biz.ID Weekly Top10:
約350枚の名刺をScanSnapでスキャンした
人生で初めて、名刺管理をし始めました。ここ2年内でもらった名刺は全てScanSnapでスキャンし、直近で連絡を取りそうな方の名刺はEightで管理する予定です。(2013/6/24)

動画で紹介:
話題の非破壊型スキャナ、ScanSnap SV600に触れた
6月13日に発表されたPFUの非接触型・非破壊型スキャナ「ScanSnap SV600」。東大生協第一購買部にデモ展示されていた同製品に触れてみた。その出来を動画で紹介。(2013/6/14)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年5月27日〜6月2日):
変わらぬ人気のScanSnap、自炊用途に最適(2013年5月第5週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年5月第5週版】販売ランキングを掲載。(2013/6/13)

裁断不要で本をスキャン PFU、書画カメラ風ドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」
「ScanSnap SV600」は、ヘッド部に内蔵したCCDカメラで、卓上に置いたA3サイズまでの書籍や新聞などを裁断せずにスキャンできる。(2013/6/13)

PFUが非破壊型スキャナ「ScanSnap SV600」を発表――蔵書電子化がさらに盛り上がる?
非接触・非破壊型のドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」が7月に登場する。書籍なども裁断せずにスキャンできることが注目を集めそうだ。(2013/6/13)

PFU、新聞サイズの原稿を切らずにスキャンできる「ScanSnap SV600」
A3サイズの原稿をそのままスキャンできる非接触タイプのドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」が登場した。(2013/6/13)

仕事耕具:
ScanSnapにスタンドタイプ型「SV600」、非接触方式で本を切らずスキャン
PFUは、スタンドタイプ型のドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」を7月12日に発売する。読み込み装置が直接紙面に触れないため、紙に負荷をかけることなくスキャンできるのが特徴。(2013/6/13)

タブレットが当たる「自炊応援キャンペーン」も実施:
PFU、「ScanSnap iX500」にPCとのWi-Fi接続機能を追加する無償アップデート
PFUは、ドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」向けに、Wi-Fi接続でPCからのスキャンを可能にするアップデートプログラムの配信を開始した。(2013/5/31)

仕事耕具:
「ScanSnap iX500」がアップデート、PCとのWi-Fi接続が可能に
PFUは2012年11月に発売した「ScanSnap iX500」のファームフェアをアップデートした。ユーザーから要望が多かったPCとのWi-Fi接続機能を追加した。(2013/5/31)

ScanSnap仕事便利帳:
Evernoteにアップロードしたら元ファイルはすぐ削除する技
ScanSnapで読み取ったファイルをEvernoteに自動でアップロードした後、もしHDD上に残ったデータを使う可能性が全くなければ、自動的にゴミ箱に入るようにしておくと、知らず知らずのうちにローカルにデータが貯まることを防ぎ、素早く削除できるようになる。(2013/3/13)

ScanSnap仕事便利帳:
何百枚でも一瞬で完了! 年賀状の当選番号がすぐ分かる技
年賀状のお年玉番号が当選しているかまとめてチェックしたい場合、ScanSnapのDeluxeモデルに添付の「楽2ライブラリ」を使えば、当選番号を自動照合できるので便利だ。(2013/3/6)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2013年2月11日〜2月17日):
PFUのドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」が再び首位に(2013年2月第2週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2013年2月第2週版】販売ランキングを掲載。(2013/2/28)

ScanSnap仕事便利帳:
ScanSnapの設定を他のPCに移行する裏技
公式にサポートされている方法ではないが、ScanSnapの設定を保存したフォルダの中身をコピーすれば、再インストールしたPCでもそのまま利用できる場合がある。(2013/2/27)

ScanSnap仕事便利帳:
キャリアシート非対応のScanSnapでA3の原稿をスキャンする技
ScanSnapでは通常、A4サイズまでの原稿を読み取れるが、キャリアシートが利用できる場合は、A3サイズまでの原稿も簡単にスキャンが可能だ。ただ、キャリアシートを使わずに、A3原稿をデータ化する技はある。(2013/2/20)

ScanSnap仕事便利帳:
英文はScanSnapでスマホに取り込み、タッチ操作で単語を一発検索
英文の書類を読んでいて、単語の意味を調べるのが煩わしく感じるようであれば、ScanSnapでテキスト認識を有効にして取り込み、スマートフォンやタブレット端末のPDF閲覧アプリで意味を調べてみるといいだろう。(2013/2/13)

ScanSnap仕事便利帳:
ScanSnapとネット環境があれば、もらった書類をFAXで送れる
出張先からFAXを送りたいが、送信できるコンビニがなく途方に暮れる……。そんなときにお勧めしたいのが、FAXをインターネット経由で送れるサービスとScanSnapの合わせ技だ。(2013/2/6)

ScanSnap仕事便利帳:
紙の資料をスキャンして、WordやExcelで再利用する
会議でもらった資料を再利用したいが、原本がなかった。そうした場合に、ScanSnapで読み取ってOfficeソフトで編集可能な各形式に変換できる方法がある。(2013/1/30)

ScanSnap仕事便利帳:
巻き物のように長いパンフもScanSnapの「長尺」モードで一発データ化
A4よりちょっと大きいサイズの書類を通常モードでスキャンすると、端が切れた状態で読み取られてしまうなどの難点がある。それはScanSnapの「長尺」モードを使うことで解決できる。(2013/1/23)

ScanSnap仕事便利帳:
プレゼン資料のアイデアラフを「下描き」として使う
手描きしたラフをScanSnapで取り込み、画面に表示しながら資料を作成すると、より正確にレイアウトを再現できる。(2013/1/16)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2012年11月26日〜12月2日):
PFUのドキュメントスキャナ「ScanSnap iX500」が大人気(2012年11月第4週版)
液晶ディスプレイ、プリンタ・インクジェット複合機、スキャナ製品の【2012年11月第4週版】販売ランキングを掲載。今週のスキャナランキングは「ScanSnap」シリーズの最新モデル「ScanSnap iX500」が首位となりました。(2012/12/13)

仕事耕具:
Wi-Fi対応の「ScanSnap iX500」、スマートデバイスからのワイヤレススキャン機能を試してみた(後編)
PFUのドキュメントスキャナ最新モデル「ScanSnap iX500」のレビュー後編。最大の特徴であるスマートデバイスとの連係。後編では、スマホアプリ「ScanSnap Connect Application」によるワイヤレススキャン機能の使い勝手を検証した。(2012/11/30)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。