ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モバイルアプリケーション」最新記事一覧

ディスプレイ広告とネイティブ広告配信を拡大:
SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」とRTB接続を顔いししたと発表した。(2017/8/17)

「Googleアシスタント」入りメッセージングアプリ「Allo」がデスクトップ対応に
GoogleのAIアシスタント「Googleアシスタント」とチャットできるモバイルアプリ「Allo」をデスクトップのWebブラウザでも使えるようになった。(2017/8/16)

Amazon.com、オンライン購入品をロッカーで受け取れる「Instant Pickup」
Amazon.comは、モバイルアプリで発注した商品をAmazon店舗のロッカーでピックアップするプライム会員向けサービス「Instant Pickup」をまずは米国でスタートした。(2017/8/16)

Facebook、単体の「グループ」アプリ終了へ
Facebookが、2014年に立ち上げた単体モバイルアプリ「Facebookグループ」を8月26日に終了する。Facebookは新ミッションの下、グループに力を入れており、今後はメインアプリのグループ機能強化に集中する。(2017/8/10)

マストドンつまみ食い日記:
サードパーティー製モバイルアプリ、「インスタンス推奨」の動き始まる
iPhoneアプリのTootdonが、julika、THINKERS.ACという企業運営インスタンスの推奨アプリとなった。(2017/8/4)

機密性とセキュリティも改善
臨床医も満足、看護師主導で開発されたモバイルアプリ
英国の医療機関では、看護師が開発を主導したモバイルアプリが成果を挙げている。病棟全体の状態を簡単に確認できるようになり、臨床医の診察にも活用されているという。(2017/7/25)

スマホアプリへ高度なARエンジンを実装:
グレープシティ、ARアプリ開発用SDKの新バージョン「Wikitude SDK 7」をリリース
グレープシティは、iOS・Android用ARアプリの開発者向けSDK「Wikitude SDK 7」をリリース。新たに物体認識とトラッキング機能を追加し、JavaScript、HTML、CSSで既存のモバイルアプリへさまざまなAR機能を組み込めるようにする。(2017/7/18)

マストドンつまみ食い日記:
地域丼もモバイルアプリ? 十日町に続き大阪も
インスタンスの特徴を強く打ち出している地域インスタンスでは、モバイルアプリも独自のものを必要とするのかもしれない。(2017/7/15)

Twitchアプリ、iOS/Android端末のカメラからの実況が可能に
Amazon.com傘下のTwitchがモバイルアプリをアップデートし、端末からの実況やダークモードなどの新機能を追加した。(2017/6/29)

セキュリティを考慮したリスクアセスメント
危険なアプリと安全なアプリ、ビジネスで使う際はどう見極めるべき?
モバイルアプリのリスクアセスメントを実施すると、業務上利用しても問題ないかどうかが判断でき、セキュリティ向上につながる。専門家がモバイルアプリのリスクアセスメント方法を解説する。(2017/6/22)

必要なデータだけをパートナーネットワークと共有可能に:
モバイルアプリ計測ツール「Adjust」にオーディエンス作成ツールを提供
adjustは、モバイルアプリ計測ツール「Adjust」のユーザーに向けて「オーディエンスビルダー」の提供を開始した。2017年9月30日までは無料で使用できる。 (2017/6/21)

ID、アクセス管理にも効果あり
PC、スマホへのアプリインストールが変わる 企業内「アプリストア」とは
モバイルアプリをユーザーに届ける手段は多数ある。しかし、効率的な配信やリリース告知のためには、アプリストアが最適な手段かもしれない。(2017/6/21)

Twitterアプリ、シンプルで分かりやすいデザイン変更
TwitterのモバイルアプリおよびWebアプリのデザインが変更された(ローリングアウト中)。アカウント切り替えが手軽になり、返信アイコンがフキダシになるなど、細いが使いやすさにつながる改善が施された。(2017/6/16)

「いつでもどこでもつながる」を支える技術
モバイルアプリの実力を“100%”引き出すインフラの必要条件とは?
ネットワークが高速になり、モバイルアプリの拡大が続く中で、モバイルインフラはどのように進化していくべきか。メール、リモートアクセス、コラボレーションなどのインフラに欠かせない条件を見直してみよう。(2017/6/13)

セキュリティ上のリスクが増大
「Appleのホットパッチング禁止は間違っていない」と擁護できる理由
Appleは、モバイルアプリ開発者によるホットパッチングの利用を禁止した。この技術は、審査済みのアプリの挙動を変更できるからだ。(2017/6/2)

Computer Weekly製品導入ガイド
モバイルアプリの実装方法と開発&テストツール選び
モバイルユーザーの期待は高い。だが万能的な方法は存在しない。それがモバイルアプリ開発に及ぼす影響について解説する。(2017/5/31)

ITライフch:
Androidスマホで迫力のサラウンド動画を!U-NEXTがドルビーオーディオ対応コンテンツを配信開始
U-NEXTは、「ドルビーオーディオ Androidモバイルアプリケーション」を採用。同社が提供する動画サービス「U-NEXT」で、ドルビーオーディオ対応コンテンツを100作品以上視聴できるようなる。(2017/5/26)

Computer Weekly製品導入ガイド
変化するモバイルアプリ開発
組織がモバイルアプリの革新に追い付くために必要なアジャイルは、どうすれば実現できるのか。(2017/5/19)

「Google Earth」刷新 まずはChromeブラウザで
「Google Earth」がアップデートされ、1クリックで3D表示にできるボタンや、BBCなどが提供するコンテンツを表示できる「Voyager」機能などが追加された。Chromeブラウザで既に使え、他のブラウザやモバイルアプリ版も段階的に更新される見込み。(2017/4/19)

Dropboxのチーム向け文書作成アプリ「Paper」がオフライン対応
Dropboxの共同編集可能な文書作成サービス「Dropbox Paper」のモバイルアプリがアップデートされ、オフライン機能と20カ国語への対応が追加された。また、Android版DropboxにiOS版と同様のスキャン機能が追加された。(2017/4/12)

「Windows Server 2016」2つのコンテナ
「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Serverコンテナ」の違いは?
コンテナは、クラウドとモバイルアプリの設計に革命をもたらす。Microsoftの「Hyper-Vコンテナ」と「Windows Server 2016コンテナ」の非常に重要な相違点を技術専門家が解説する。(2017/4/11)

アプリ市場は2021年に1391億ドルへ:
2017年にAndroidがストア収益でiOSを逆転、App Annieがアプリ市場予測を発表
App Annieは、2016年から2021年までの5年間の世界のアプリ市場に関する市場予測をまとめた「モバイルアプリ市場予測レポート」を発表した。(2017/3/30)

開発規模をアジャイルサイズにコンパクト化:
CTC、企業向けモバイルアプリ“スピード開発”ソリューション「CTC MeUX Backend」の提供を開始
伊藤忠テクノソリューションズは、モバイルアプリ開発を支援するソリューション「CTC MeUX Backend」の提供を開始した。モバイルアプリの開発に必要となる機能をあらかじめ備え、アプリごとに構築していたサーバを1つに集約できる。(2017/3/15)

“動画ファースト”のFacebook、動画の音声を初期設定でオンに(無効化可能)
Facebookが、モバイルアプリでのニュースフィード上の動画再生で、初期設定で音声をオンにし、縦型動画は全画面表示にするなどの変更を行った他、「Apple TV」など向けの専用動画アプリを公開した。(2017/2/15)

何が最善か見極めるのは困難
モバイルアプリ開発と配信、多数の選択肢から選べない人に薦める5つのアプローチ
モバイルアプリ開発と配信の選択肢は豊富にある。本稿では5つのアプローチについて検討し、ユーザーのニーズにどう応えられるかを検証する。(2017/2/8)

アドイノベーションと連携:
イスラエル発モバイルアプリDSPのTapticaが日本市場に参入
イスラエルのモバイル広告プラットフォームTapticaは、モバイルマーケティングのアドイノベーションとの提携を発表した。(2017/2/2)

IoTシステム連携とアプリ管理全体をPaaSとして提供:
インフォテリア、ノンプログラミング運用を可能とするIoTモバイルアプリ開発基盤「Platio」をリリース
インフォテリアは、IoT活用を推進するモバイルクラウド基盤「Platio」をリリース。サーバ側プログラムの開発、アプリの開発と配布、システム全体の運用まで、プログラミングの知識なしに展開できるPaaSとして提供する。(2017/2/2)

シチズンデベロッパーを支援
「RMAD」ツールが“モバイルアプリ開発に専門家はいらない”論を加速する
基本業務にモバイルアプリを使いたくても、IT部門や開発者に開発を依頼するとコストと時間がかかってしまう。そこで、「RMAD」ツールを使ってモバイルアプリを自作しようと考える人たちが増えている。(2017/2/1)

MADPとBaaSで構築
「iPhone、Androidアプリ」で仕事が4倍速くなった会社は何をしたのか?
モバイルアプリの導入で勤怠関連の業務を効率化した通信会社のTelstra。その開発のいきさつや具体的な効果を紹介する。(2017/1/30)

Facebook、デスクトップのメッセンジャーUIをモバイルアプリ的に変更へ
Facebookが、PCのWebアプリ版Facebookで開くFacebook Messengerのユーザーインタフェースを、モバイルアプリに似たものに変更中だ。(2017/1/20)

ハイブリッドクラウド環境にも対応:
HPE、SaaS型アプリテストツール群「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplace上で提供
HPEがクラウド型アプリケーションパフォーマンステストツール「HPE StormRunner Load」をAWS Marketplaceで提供。AWS上で、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションのパフォーマンステストと負荷テストが行える。(2017/1/20)

YouTubeアプリにグループチャット機能追加(まずカナダから)
YouTubeのモバイルアプリに、気に入った動画について友達とグループチャットする機能が、まずはカナダで追加された。(2017/1/19)

PR:効果的な「働き方改革」実現には適材適所でのICT活用
働き方改革におけるICTの役割は大きい。富士通では、働き方改革のビジョンとして「ワークルネサンス」を推進。VDIとモバイルアプリのハイブリッド活用により、いつでも、どこでも、安全に仕事ができる環境の構築を提案している。(2017/1/17)

米国の就職情報サービス会社が調査
“モバイルアプリ開発者”が重宝される理由、年収はクラウド技術者よりも上?
IT関連職業の平均年収を調査したところ、モバイルアプリ開発スキル保持者が上位にランクインした。その理由を紹介する。(2016/12/23)

ドスパラ、モバイル会員向けの特典を拡充
ドスパラは、同社提供のモバイルアプリ「ドスパラアプリ」にキャンペーン配信メール確認機能を追加、あわせて会員向け特典の拡充を行った。(2016/12/21)

機能は「毎月アップデート」で追加:
アドビ、UXデザインツール「Adobe XD」のWindows 10/UWP版を公開
アドビシステムズが、UXデザインツール「Adobe Experience Design」のWindows 10対応版を公開。クロスプラットフォーム対応のモバイルアプリやWebサイトのユーザーインタフェースをデザインできる。「毎月アップデート」で機能を追加していく予定という。(2016/12/16)

Twitter、モバイルアプリでのライブ放送を可能に(Periscopeは存続)
Twitterが、モバイルアプリから直接ライブ放送を配信できるようにした。Periscopeの技術を使っているが、別途Periscopeをインストールする必要はない。(2016/12/15)

製造ITニュース:
現場のプロを助けるICTへ、JALとIBMが航空機整備士向け業務支援ソフトを開発
JALと日本IBMは、航空業界における整備士の業務負担を軽減するモバイルアプリを共同開発した。開発の基盤となったのはIBMとアップルの提携による「IBM MobileFirst for iOS」である。(2016/12/15)

Twitterのモバイルアプリ、会話を“リプライ数が多い順”表示に
TwitterのiOS/Android公式アプリで、会話(ツイートとその返信)の表示がWebアプリと同様に、返信数やオリジナルツイート投稿者が返信しているかどうかで表示の優先度を変える方式になった。(2016/11/30)

最短15分でオムニチャネル対応のシステムを構築:
「Apple Pay」対応のモバイルアプリを自動生成、クラスメソッドがツールを提供
クラスメソッドは、モバイルアプリ自動生成プラットフォームの提供を開始した。「Apple Pay」を用いたクレジットカード決済に対応する。(2016/11/25)

民泊のAirbnb、総合旅行サービス「Trip」で東京など12都市で体験ツアー提供開始
米民泊仲介大手のAirbnbがモバイルアプリをアップデートし、宿泊場所だけでなく、現地での体験ツアーも予約できるようにした。東京での金継ぎ体験やマリブでのクラシックカー運転など、12都市での約500の体験が楽しめる。(2016/11/18)

Microsoft、企業向けモバイルアプリ開発ツール「PowerApps」を正式公開
Microsoftが4月にプレビュー公開した企業向けアプリ開発ツール「Microsoft PowerApps」を公式版として公開した。「Office 365」および「Dynamics 365」利用企業は無料で利用できる。それ以外のユーザーは1人当たり月額760円で利用できる。月額4350円の上位プランもある。(2016/11/1)

【連載】脱CPI至上主義のモバイルアプリ広告入門 第2回:
「広告効果」と「獲得」のバランスをどうする?――モバイルアプリ広告配信におけるマーケターの役割
現在の広告パフォーマンスがどのような状態なのかを測る指標が、ROAS(Return on Ad Spend)です。今回は、この指標を使って広告効果を最大・最適化するにはどうすればいいかを紹介します。(2016/10/25)

基本機能をまとめた
今まさに来ているSNS「Snapchat」の“消えない魅力”と使い方
Snapの「Snapchat」は、“消滅する”写真と動画を送受信できるモバイルアプリだ。このアプリで撮影された写真や動画は「スナップ」と呼ばれる。(2016/10/16)

Facebook、フリマ機能「Marketplace」を米国などで開始
Facebookがまずは米英など4カ国でフリーマーケット機能「Marketplace」を立ち上げた。公式モバイルアプリにあった「メッセージ」タブの代わりに「ショップ」タブが追加され、ここからユーザー同士が物品を売買できる。(2016/10/4)

IBM、Microsoft、Oracle、SAPがモバイルアプリ開発に熱視線
Microsoftが「iOS」「Android」アプリ開発者を支援する“したたかな狙い”
IBM、Microsoft、Oracle、SAPの4大ベンダーが、モバイルアプリケーション開発市場でしのぎを削り始めた。各社の戦略を見ていこう。(2016/9/28)

スマートデバイス固有の機能を活用する
“1つ上”のモバイルアプリ開発でわが社も「Uber」のようになれる?
高度なビジネスアプリを構築するため、IT部門は位置データ、統合されたコミュニケーション、特殊なセンサーなど、スマートバイスの最新機能を取り入れる必要がある。(2016/9/21)

正式リリースされたばかりのAngular 2に合わせ:
アシアル、AngularJSやAngular 2、React、Vue.js、Meteorに対応するHTML5モバイルアプリ用UIフレームワーク「Onsen UI 2」を公開
アシアルは、HTML5モバイルアプリ用UIフレームワークのメジャーバージョンアップ版「Onsen UI 2」を公開した。稼働するOSに合わせて、UIを自動的に切り替える機能を備える。(2016/9/20)

広告ブロックのAdBlock Plus、広告プラットフォームを立ち上げ
Webサイト上の広告を非表示にするWebブラウザ向け拡張機能やモバイルアプリ「AdBlock Plus」を提供する独EyeOが、“許容できる広告”のみを扱う広告プラットフォーム「Acceptable Ads Platform」のβ版を立ち上げた。(2016/9/15)

モバイルアプリでのデジタルメディア消費時間、全体の50%に──米comScore調べ
comScoreの調査によると、米国人が7月にデジタルで過ごした時間全体の50%をモバイルアプリが占めた。1年前より9ポイント増加した。モバイルWebアプリも合わせると57%で、PCは32%、タブレットは11%だった。(2016/9/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。