ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SLS(粉末焼結積層造形法)」最新記事一覧

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/30
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月30日)(2016/7/1)

TechFactory 人気記事TOP10【2016年5月版】:
HPが3Dプリント事業に本格参入! 10倍速く、低コスト造形が可能な「Jet Fusion 3D」シリーズ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回はインクジェット技術を応用した造形方式「Multi Jet Fusion technology」を採用する、HPの業務用3Dプリンタに関するニュース記事「米HP、10倍速く低コストな造形が行える高品質業務用3Dプリンタを発表」が第1位でした!(2016/6/2)

3Dプリンタニュース:
10倍速い――米HPが新しい業務用3Dプリンティングシステムを発表
米HPは独自のサーマル・インクジェット式造形技術「HP Multi Jet Fusion」を採用した3Dプリンティングシステムを発表。高品質なモデルが高速かつ低コストで造形できるという。オープンプラットフォームの採用により、多様な素材やソフトウェアを提供する。(2016/5/20)

HP Jet Fusion 3D Printing Solution:
米HP、10倍速く低コストな造形が行える高品質業務用3Dプリンタを発表
米HPは、3Dプリンタソリューション「HP Jet Fusion 3D Printing Solution」を発表。長年培ってきたインクジェット技術を応用した「HP Multi Jet Fusion technology」を採用する業務用3Dプリンタ「HP Jet Fusion 3D 3200/4200 Printer」を発売する。(2016/5/18)

「ミニ四駆」ボディーを3Dプリンタで作ろう(3):
チタンの3Dプリントも! DMM.makeで「ミニ四駆ボディー」をとことん仕上げてみた
連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介。第3回では「DMM.make 3Dプリント」を利用した高品質/高精度な造形に挑戦。また、造形後の後加工についても紹介する。(2016/5/10)

「ミニ四駆」ボディーを3Dプリンタで作ろう(2):
3Dプリンタによる造形と物理的な仕上げ
連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介。第2回ではFDM方式の3Dプリント出力を例に、3Dプリンタによる造形と物理的な仕上げについて解説する。(2016/3/11)

メイドインジャパンの現場力(5):
3Dプリンタの“脱・試作”は日本式モノづくりでこそ生きる――GE 刈羽工場
“夢の製造装置”として期待を集める3Dプリンタ。しかし、描いた夢とは裏腹に、いまだに20年前から定着する試作品用装置の域を抜け出せずにいる。こうした中でいち早く金属3Dプリンタでの最終製品製造に取り組む工場がある。新潟県刈羽郡刈羽村のGEオイル&ガス 刈羽事業所だ。(2016/3/3)

「ミニ四駆」ボディーを3Dプリンタで作ろう(1):
3Dプリンタの種類と3Dデータのファイル形式
連載「『ミニ四駆』ボディーを3Dプリンタで作ろう」では、前回シリーズで作成したミニ四駆ボディーの3Dモデルデータを使って、実際に3Dプリントするまでの流れを紹介。第1回は、3Dプリンタの種類と3Dデータのファイル形式について解説する。(2016/2/24)

CES 2016:
パーソナル3DプリンタのXYZprintingが、ついに業務用3Dプリンタ事業に参入!?
XYZprintingは「2016 International CES」で、パーソナル向け/プロフェッショナル向け3Dプリンタの新製品や、同社初となる業務用3Dプリンタなどを発表した。(2016/1/7)

電子ブックレット(メカ設計):
アナリストが予測する「3Dプリンタ」が最も活躍する分野
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「『3Dプリンティング技術に関するハイプサイクル2015年版』のここがポイント」をお届けします。(2015/11/24)

電子ブックレット(メカ設計):
今、求められる3Dプリンタの真価と進化
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「『単なる試作機器や製造設備で終わらせないためには?』――今、求められる3Dプリンタの真価と進化」をお届けします。(2015/11/9)

Canon EXPO 2015 Tokyo:
キヤノン独自の出力方式を採用した3Dプリンタ、3年以内に製品化を目指す
キヤノンは「Canon EXPO 2015 Tokyo」において、自社開発したハイエンド3Dプリンタのコンセプトモデルに関する展示を行った。汎用樹脂素材とサポート材からなる「材料シート」の生成工程と、材料シートを溶着し積層していく工程を同時に行うことで、精度と強度の確保、造形速度の向上を実現しているという。(2015/11/4)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
国内企業ブランドの3Dプリンタは2016年以降が勝負!?
インクジェット方式が主戦場に?(2015/11/4)

電子ブックレット(メカ設計):
3Dプリンタ発展の歴史と今後の課題
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「3Dプリンタは臨界点を突破したのか」をお届けします。(2015/11/2)

3Dプリンタニュース:
リコー初の自社ブランド3Dプリンタ「RICOH AM S5500P」発表
リコーは自社ブランド製品として初となる3Dプリンタ「RICOH AM S5500P」を発表した。販売価格(税別)は7500万円。2015年10月30日から日本国内での受注を開始する。(2015/10/28)

高校生も選出、日本の未来を担う7人の“スーパークリエイター”
ITでイノベーションを生み出す若い人材を発掘する「未踏事業」。同事業を主催するIPAが、2014年度に優れた成果を上げた「未踏スーパークリエータ」7人を選出した。彼らが生み出した“未踏”のサービスとは?(2015/7/27)

DMS2015リポート【3Dプリンタ編】:
レーザー、電子ビーム、インクジェットなど各方式の金属3Dプリンタが大集結!
「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」では、各方式の金属3Dプリンタが注目を集めていた。「最終製品への活用」をキーワードに各社の金属3Dプリンタおよび関連サービス、位相最適化ツールなどをリポートする。(2015/7/8)

DMS2015:
デンマーク発の選択的加熱焼結方式を採用した3Dプリンタ「blueprinter」
テクノソリューションズは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日)に出展し、デンマークのベンチャー企業blueprinterが開発した新方式の3Dプリンタ「blueprinter」の展示を行った。(2015/6/24)

DMS2015開催直前! ブース出展情報:
金属造形で良品を作るには? 品質重視の技術サービスを提供するNDES
NTTデータエンジニアリングシステムズは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」において、同社が取り扱う独EOS社製の粉末積層造形方式3Dプリンタの訴求だけでなく、良品を造形するために必要な造形プロセスの安定性と造形物の品質管理、そして関連するサービスに焦点を当てた展示を行う。(2015/5/25)

3Dプリンタニュース:
世界初「1000万色フルカラー3Dプリンタ」を活用した造形出力サービス
ミマキエンジニアリングは、3Dプリンタ事業への参入を発表。事業第1弾として、子会社のグラフィッククリエーションが、ミマキエンジニアリング製のフルカラーUVインクジェットタイプ3Dプリンタを使用した、造形出力サービスを開始する。(2015/5/21)

3Dプリンタニュース:
新たな価値を生み出す、3D金属積層造形ソリューション
愛知産業は、「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日/場所:東京ビッグサイト)に出展し、3D金属積層造形ソリューション「アームス(AAMS)」の展示およびプレゼンテーションを行うと発表した。(2015/5/14)

3Dプリンタニュース:
東京理科大学「トライボロジーセンター」に金属3Dプリンタ導入
キヤノンマーケティングジャパンは、米3D Systems製の金属粉末焼結方式3Dプリンタ「ProX 300」を、東京理科大学の「トライボロジーセンター」に納入したことを発表した。(2015/4/28)

ママさん設計者がやさしく教える「CNCフライス超入門」(1):
3DプリンタとCNCフライスの違いって何?
ファブレスメーカーのママさん設計者がCNCフライスの特長や魅力、使い方を分かりやすく解説する連載。第1回は3DプリンタとCNCフライスの違いについて説明する。(2015/4/28)

3Dプリンタの可能性を探る(7):
25年間培ってきた3Dプリンティング技術を個人にも――造形品質と仕上げで差別化
3Dプリンティング技術を軸にビジネスを展開してきたベルギーのMaterialise(マテリアライズ)。創業25周年の節目に、同社 日本法人であるマテリアライズジャパン 代表取締役社長 ヨウ・アンセウ(Jo Anseeuw)氏に、同社の取り組みと3Dプリントサービス事業「i.materialise」の特長、他サービスとの違いについて伺った。(2015/4/7)

3Dモデリングコンテスト:
ブロッコリー祭りは無事に回避!? 「第2回 3Dモデリングコンテスト」結果発表!
「勝手にご当地キャラ」「キッチン」「メガネデザイン」の3部門で展開してきた「第2回 3Dモデリングコンテスト」の結果を審査員からの評価コメントを添えて発表します。平野レミさんが審査員ということで、当初、ブロッコリー作品ばかり集まる展開で事務局を悩ませましたが、最終的には素晴らしいアイデアやコンセプトの詰まった作品がずらり! ぜひご覧ください!!(2015/4/3)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンティング技術の活用で、生産用治工具の製造時間を94%短縮
ストラタシス・ジャパンは、Volvo Trucksのエンジン生産工場がStratasysの3Dプリンティング技術を採用し、生産用治工具の製造時間を94%以上短縮させたと発表した。(2015/3/25)

SOLIDWORKS World 2015:
公差解析やコンフィグツールに注目 ――CADユーザーが見た最新3D設計ツール
CADユーザーグループにも属するメカ設計者・3次元ツール推進者がSOLIDWORKS World 2015のパートナーパビリオンで見た最新3Dツールを紹介する。(2015/3/12)

FAニュース:
金属3Dプリンタでバルブ部品の「製造」を開始――GEオイル&ガス
GEオイル&ガスは、新潟県刈羽村の刈羽事業所に金属光造形複合加工機(3Dプリンタ)を導入し、エネルギー産業用プラントにおける特殊仕様のコントロールバルブ部品の「製造」を開始した。(2015/2/27)

3Dプリンタニュース:
スマホケースの3Dデータを簡単作成し、3Dプリントしてお届け
KDDI/沖縄セルラーによる「3D PRINT LAB.」は、Webページ上で自分がデザインしたスマホケースの3次元データを3Dプリンタで造形し、指定の住所へ届けてくれるサービス。「DMM.make 3Dプリントサービス連携・API」を利用している。(2015/1/27)

KDDI、自分だけのオリジナルスマホケース製作サービス「3D PRINT LAB.」提供開始
KDDIは、Web上で自分のデザインしたスマートフォン向けケースを、高性能な3Dプリンタで出力し届けてくれるサービス「3D PRINT LAB.」の提供を開始した。(2015/1/26)

Autodesk University 2014:
オートデスクの3Dプリンタは“永遠の未完品”を目指す
オートデスクは、3Dプリンタの受注と3Dプリンタ向けのオープンソースソフトウェア基盤の事業展開について発表したが、その背景にはどういう狙いがあるのだろうか。同分野を担当するビジネスディベロップメント+オペレーションズ シニアディレクターのオーブリー・カテル氏に話を聞いた。(2014/12/8)

3Dプリンタニュース:
世界初、田中貴金属工業が3Dプリンタ向け白金基金属ガラスの粉末開発と造形に成功
田中貴金属工業は、3Dプリンタ向け白金基金属ガラスの粉末開発と造形に「世界で初めて」(同社)成功したことを発表した。(2014/11/18)

市場調査/予測:
世界の3Dプリンタ市場、2017年に32万台へと拡大――国内市場も2万2000台へ
矢野経済研究所は、3Dプリンタ世界市場に関する調査を実施し、その結果の概略を発表した。世界の3Dプリンタ市場は2013年の7万台から、2017年には32万台へと拡大するという見通しを示した。(2014/11/17)

3Dプリンタニュース:
武藤工業、3D Systems製プロダクション3Dプリンタの受注を開始
MUTOHホールディングス傘下の武藤工業は、米3D Systems製のプロフェッショナル向けプロダクション3Dプリンタ「ProX 200」と「ProX 500」の受注開始を発表した。(2014/11/4)

3Dプリンタでデジタルモノづくりをはじめよう(1):
【第1話】「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」との出会い
「自分でも3Dプリンタを使えるようになりたい!」と願うY君と、中野ブロードウェイにある「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」のN店長との交流を通じ、パーソナル3Dプリンタを使いこなすためのハウツーを解説する連載。Y君とN店長の出会いから物語はスタートします。(2014/9/30)

3Dプリンタの活用も:
ダイソンの革新的製品は失敗の集大成から生まれた――「DC74」「AM09」を発表
ダイソンは、新型コードレス掃除機「ダイソン Fluffy コードレスクリーナー DC74 モーターヘッド」と、暖房と送風機能を搭載した「ダイソン Hot+Cool ファンヒーター AM09」を発表。開発責任者が、製品デザインや新製品開発における3Dプリンタ活用についても明かした。(2014/9/25)

DMS2014リポート【3Dプリンタ編】:
ローエンドの国産「3Dプリンタ」が登場! ハイエンドは最終製品への活用広がる
「第25回 設計・製造ソリューション展(DMS2014)」では、産業向けのハイエンド機から個人をターゲットとしたローエンド機まで多彩な3Dプリンタが出展された。本稿では、3Dプリンタの新製品や強化機能を紹介するとともに、会場で見られた3Dプリンタの出力品、活用例を紹介する。(2014/7/17)

フォトギャラリー 「ナノ・マイクロ ビジネス展」:
エンジン製作から簡単モデリングまで! 最先端3Dプリンタ技術が勢ぞろい
微細加工技術やナノテク技術関連の国際見本市「ナノ・マイクロ ビジネス展」では、大型の3次元造型機から家庭向けの小型で安価な装置まで、最先端の3Dプリンタ関連技術が多数展示された。その模様を写真でお届けする。(2014/4/30)

知財コンサルタントが教える業界事情(16):
新市場をつかめ! 勝負を分ける3Dプリンタ特許〔中編〕特許で見える3Dプリンタの将来像
3Dプリンタの普及のカギを握る「特許」の存在を、知財と企業戦略の専門家が読み解く本連載。2回目となる今回は、具体的な特許情報に触れながら、普及のポイントについて解説する。(2013/11/15)

3Dプリンタ製金属銃で発砲成功 「精巧な部品の製造能力を証明」
3Dプリンタで製造する部品の信頼性を証明する目的で、部品メーカーのSolid Conceptsが45口径の自動拳銃を製造した。(2013/11/11)

知財コンサルタントが教える業界事情(15):
新市場をつかめ! 勝負を分ける3Dプリンタ特許〔前編〕3Dプリンタの歴史をひもとく
モノづくりを大きく変革すると期待を集める「3Dプリンタ」。20年以上前から普及している技術だが、現在急に脚光を浴び始めたのには「特許」の存在があった。知財と企業戦略の専門家が知財面から3Dプリンタを読み解く。(2013/10/25)

3Dプリンタニュース:
金属が造形可能な3Dプリンタもラインアップに加わった3D Systems、ショールームを初披露
スリーディー・システムズ・ジャパンは、本社移転とともに、3D Systems製品を展示するショールームを開設。同社が2013年6月に買収した仏Phenix Systemsの金属粉末焼結積層の技術についても紹介した。(2013/8/9)

DMS2013取材雑感:
3Dプリンタ狂騒曲奏でるDMS2013――というか「3Dプリンタ」の定義は
案の定、大盛況のDMS2013の「ラピッドプロトタイピング・3Dプリンタ(RP)ゾーン」。外資メーカーの「3Dプリンタ」の他にも、日本メーカーの「3次元積層造形機」のブースにも注目してみよう。(2013/6/19)

パーソナル3次元プリンタ入門(1):
レプリケーターと3次元プリンタのいろいろな方式
パーソナル3次元プリンタの使い方に入る前に、さまざまな造形方式について説明する。(2013/4/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。