ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3Dプリンタ」最新記事一覧

米MrSpeakersの第2弾は密閉型のポータブルヘッドフォン――「AEON FLOW」登場
(2017/4/27)

3Dプリンタニュース:
技術統合により、設計から3Dプリンティングのプロセスを30%以上短縮
独SiemensとベルギーのMaterialiseは、設計から3Dプリンティングまでの包括的なソリューションを提供すると発表した。Materialiseの3Dプリンティング技術をSiemensのNXに統合することで、プロセスを30%以上短縮する。(2017/4/27)

Over the AI ―― AIの向こう側に(10):
外交する人工知能 〜 理想的な国境を、超空間の中に作る
今回取り上げる人工知能技術は、「サポートベクターマシン(SVM)」です。サポートベクターマシンがどんな技術なのかは、国境問題を使って考えると実に分かりやすくなります。そこで、「江端がお隣の半島に亡命した場合、“北”と“南”のどちらの国民になるのか」という想定の下、サポートベクターマシンを解説してみます。(2017/4/27)

3Dプリンタニュース:
5倍のスピードで造形できる光造形3Dプリンタ向けの高速造形用樹脂
武藤工業は、DLP方式光造形3Dプリンタ「ML-48」向けの「高速造形用樹脂」を2017年5月中旬に発売する。同樹脂は硬化速度が速まるよう成分を配合し、他の樹脂の5倍のスピードで、高精細な3D造形が可能になる。(2017/4/26)

XYZプリンティング、より微細な造形が可能な光造形方式3Dプリンタ「ノーベル1.0A」
XYZプリンティングジャパンは、光造形方式3Dプリンタ新モデル「ノーベル1.0A」の発表を行った。(2017/4/25)

産業社会におけるデジタル化の価値(2):
製造現場はどう変わる? デジタル技術がもたらすインパクト
「デジタル化」とは何か――。デジタル化が産業社会にもたらす変化と価値について、全4回で解説する。第2回では生産技術、生産現場に近い部分において、最新のデジタル技術がどのような革新をもたらすのか? モノづくりの在り方がどのように変わるのか? 具体例を交えながら詳しく解説する。(2017/4/24)

PTCジャパン Creo 4.0:
IoT、3Dプリンタ、ARを設計業務で手軽に活用できる「Creo」がもたらす未来
フィジカルとデジタルの融合をテーマに、「Creo 4.0」で実装済みの機能および間もなく提供される新機能について、米PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏が説明。さらに3Dプリンタ連携機能の一環として着手し始めている「トポロジー最適化」についても言及した。(2017/4/21)

3Dプリンタニュース:
図研、多層プリント基板用3DプリンタメーカーNano Dimensionと協業
図研は、多層プリント基板の試作納期を改善する取り組みなどのため、イスラエルのNano Dimensionと協業する。3Dプリントによる多層基板の設計から製造まで、シームレスな環境の提供を目指す。(2017/4/19)

3Dプリンタニュース:
大型3Dプリンタの次世代機種と高機能造形材料3種を発表
ストラタシス・ジャパンは、3Dプリンタ「Fortus 900mc」の次世代機種と3タイプの新しい高機能造形材料を発表した。より強靭で信頼性の高い製造工具や機能プロトタイプを作製できる。(2017/4/18)

PTCジャパン主催 CAD勉強会:
PTCが3D CADの歴史を振り返る――「Creo」の前身「Pro/ENGINEER」が生まれ、今に至るまで
3D CAD発展の歴史と、PTCの3次元設計ソフトウェア「Creo」の注目機能について、PTCジャパン 製品事業部 CADセグメントディレクターの芸林盾氏がやさしく解説する。(2017/4/18)

名古屋ものづくりワールド 2017:
カーボンファイバーを織り込める3Dプリンタ、自由な造形で剛性も確保
ファソテックは「第2回 名古屋ものづくりワールド」においてトヨタケーラムブースに出展し、樹脂にカーボンファイバーを織り込んで造形できる米国Markforged製のコンポジット造形3Dプリンタを紹介した。(2017/4/14)

CADニュース:
IoT時代の設計へ、実機データと3D CADをつなぐ「Creo Product Insight」を発表
PTCは3D設計ツール新製品「Creo 4.0」の最新アップデートとして、「コネクティビティ設計」ツール、3Dプリント連携システムに関する追加情報、ARデータ出力ツールについて明かした。(2017/4/14)

名古屋ものづくりワールド 2017:
卓上工場を推進するローランドDG、テクスチャ対応プリンタでリアルな試作
ローランドDGは「第2回 名古屋ものづくりワールド」に出展し、卓上の3Dプリンタや切削加工機、UV-LEDプリンタなどをアピール。デジタルデータを基盤としたリアルな試作やワーキングモデル製作によりモノづくりの品質を高めることを訴えた。(2017/4/13)

3Dプリンタニュース:
「日本での3Dプリントサービスは周到かつ慎重に」プロトラブズCEOのホルト氏
プロトラブズ日本法人の3Dプリントサービスの本格稼働は2018年以降になる見込みであるとプロトラブズ CEO ヴィクトリア・M・ホルト氏が明かした。(2017/4/13)

ストラタシス・ジャパン Productionシリーズ:
「Fortus 900mc」の次世代型機種と新しい高機能造形材料を発表
ストラタシス・ジャパンは、FDM方式のハイエンド3Dプリンタ「Fortus 900mc」の次世代型機種および、3種類の新しいマテリアルについて発表した。(2017/4/13)

1機当たり200万〜300万ドルのコスト削減:
ボーイング、787旅客機に金属3Dプリンター部品を採用
ボーイング(Boeing)は、ノルウェーのノシュク・チタニウムが3Dプリンターを使い生産するチタン製部品を、最新旅客機「787ドリームライナー」に採用する。(2017/4/11)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(7):
3D CAD導入による「効果」を実感できるのはいつか?
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第7回では、「プロジェクト計画書」を作成する上で必要となるやるべき作業の洗い出しと、3D CAD導入による投資対効果について解説する。(2017/4/11)

3Dプリンタニュース:
造形時間と材料を30%削減する、3Dプリンタ「MakerBot 」向けソフトの新機能
ストラタシス・ジャパンは、3Dプリンタ向けMakerBot Printソフトウェアの新機能「MinFill」を発表した。造形モデル内部の構造体を必要な部分のみに使用することで、造形にかかる時間と材料を最大30%削減する。(2017/4/10)

ナノ光・ナノフィン構造を形成:
NICT、深紫外LEDで実用域の光出力を達成
情報通信研究機構(NICT)は、発光波長265nm帯で光出力が150mWを上回る「深紫外LED」の開発に成功した。産業用途で十分に利用可能な出力レベルだという。(2017/4/6)

オートデスク Fusionファミリー:
モノづくり環境の変化を受け「Fusion 360」の商用展開を強化――無償ライセンス提供も継続
オートデスクは、クラウド利用に対応した製品設計開発プラットフォーム「Autodesk Fusion 360」とその関連製品の販売体制を強化していく。個人での利用および年間売り上げが10万米ドル未満の企業は、従来通り無償で利用できる。(2017/4/6)

上海問屋、手描きで立体アートを作れるペン型3Dプリンタ
ドスパラは、お絵描き感覚で立体物を造形できるペン型3Dプリンタ「DN-914726」を発売した。(2017/4/5)

産業用VRカレイドスコープ(2):
3D CAD用のVRシステムは「事前変換方式」と「変換不要方式」どちらが良いのか?
本連載では産業全体のVRの動向や将来展望について深堀りして解説していきます。今回は、3D CAD用のVRシステムにおける、「事前変換方式」と「変換不要方式」について説明します。併せて、前回記事公開後の、産業VR関連の動向についても紹介します。(2017/4/5)

ホワイトペーパー:
3Dプリンタ製品導入戦略ガイド
3Dプリンティング技術が成熟期を迎えている。本稿ではエンタープライズから中堅・中小企業に至るまで、3Dプリンタが業界をどうかき乱すかを予想し、次はどう展開するのか、CIOはどうすればイノベーションの波を活用してビジネスを成功に導く存在になれるのかを検証する。(2017/4/3)

e-Xstream engineering Digimat 2017.1:
3Dプリンタによる造形シミュレーションに対応した材料特性予測ツール
e-Xstream engineeringは、複合材料のマルチスケール解析プラットフォーム「Digimat 2017.1」を発表した。(2017/4/3)

3Dプリンタを活用した変形するスマホケース「GRIPL」、4月11日発売
CGコミュニケーションズは、3Dプリンター「Robox」を使用した変形するスマートフォンケース「GRIPL プロトタイプモデル」を発売。ワンプッシュで背面が飛び出し、片手持ちでも操作しやすい形状に変化する。(2017/3/31)

「鍵の盗み見にご注意!」――鍵番号から合鍵を作製、女子大生宅に侵入 福岡県警が注意喚起
過去には、SNSなどに投稿した写真から合鍵を作製できるという報告もあった。(2017/3/31)

組み込み開発ニュース:
坂村健氏が東洋大の情報連携学部で実践する「IoS」時代の教育
東洋大学は2017年4月に開校する情報連携学部のプレス内覧会を開催。赤羽台キャンパスに新設した「INIAD Hub1」を公開した。同学部の学部長に就任する坂村健氏は「INIAD Hub1は、世界最先端のIoTビルであり、学生とともに成長していく」と語った。(2017/3/31)

正座して見上げるように鑑賞したい スカートをたくし上げた「俺妹」新垣あやせ等身大フィギュアが予約受付開始
限定20体なので、予約はお早めに。(2017/3/30)

3D設計推進者の眼(19):
「トポロジー最適化」「メッシュレスCAE」とは何か――最新のCAD・CAE動向
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回はCAEの最新技術について紹介する。(2017/3/31)

Regenova 神経再生技術:
バイオ3Dプリンタを用いた神経再生技術、京都大学で開発
京都大学はサイフューズと共同で、バイオ3Dプリンタを用いた末梢神経損傷に対する神経再生技術の開発に成功したと発表した。バイオ3Dプリンタで、細胞のみから成るバイオ3次元神経再生導管を作製した。(2017/3/30)

ママさん設計者とやさしく学ぶ「機械材料の基本と試作」(1):
ヒトと同じで個性それぞれ、材料だって適材適所!
ママさん設計者と一緒に、設計実務でよく用いられる機械材料の基本と、試作の際に押さえておきたい選定ポイントと注意点を学んでいきましょう。今回は「試作とは何か」から話を始めつつ、いろいろな機械材料があることを紹介していきます。(2017/3/29)

技術の無駄遣いが得意なフレンズが「ジャパリカレー」を作ったよ! 料理動画かと思いきやまさかの3Dプリンタ登場
おいしそー!(2017/3/28)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
コスト削減に関する記事&連載4選
コスト削減のヒントが得られる記事をいくつか選んで紹介します。(2017/3/28)

CeBIT 2017:
「TensorFlow」でから揚げ配膳ときゅうりの仕分けを自動化、Googleがアピール
Googleは、「CeBIT 2017」において、機械学習ライブラリ「TensorFlow」の国内採用事例となる、「から揚げ配膳ロボット」「きゅうり仕分けロボット」「ドローンで撮影した写真の解析」を展示した。(2017/3/28)

組み込みイベントレポート:
現実世界をブラウザ越しに制御、IoTハッカソンを開催
ハードウェアの制御をブラウザ技術だけでコントロールする作品をテーマに「Web × IoT メイカーズハッカソン」が開催された。最優秀賞は「天気」をモチーフにさまざまな事象を可視化する「HeartWeather」が受賞した。(2017/3/28)

アルテック Massivit 1800:
サポートなしで大型造形可能な3Dプリンタ、最大造形サイズは1170×1500×1800mm
アルテックは、イスラエルのMassivit 3D Printing Technologiesが開発した3Dプリンタ「Massivit 1800」の国内販売を開始した。専用材料を使用することで、大型造形時のサポート構造が不要となる。(2017/3/23)

CAEニュース:
3Dプリンタで製作する複合材のマルチスケール解析が可能に
e-Xstream engineeringは複合材料のマルチスケール解析プラットフォーム「Digimat 2017.1」で、3Dプリンタの積層による部品変形を予測できるモジュールを追加したと発表した。(2017/3/21)

なぜ作った Joy-Conをメリケンサックに変えるSwitch用アクセサリー登場
ちょっと言ってる意味がよく分からないですね……。(2017/3/18)

特選ブックレットガイド:
3Dプリンタ/3Dプリント材料の世界市場動向
矢野経済研究所が2016年12月、2017年1月に発表した3Dプリンタおよび3Dプリント材料の世界市場に関する調査レポート概要を基に、今後の市場動向を紹介する。(2017/3/17)

ミマキエンジニアリング 「3DUJ-P」(仮):
1000万色フルカラー3Dプリンタ、「色」にこだわり市場投入
ミマキエンジニアリングが、開発中であった「1000万色フルカラー3Dプリンタ」の2017年販売を発表。高精細はもちろん、Japan colorを約90%カバーするなど色の再現性や彩度に注力し、写真的な表現も可能な3Dプリンタとして訴求する。(2017/3/17)

浜野製作所、「ガレージスミダ」の機能拡張 ものづくりベンチャー支援の場
3Dプリンターなど最新のものづくり設備を整備し、長年培った金属加工の技術を生かして、アイデアはあるものの、ものづくり技術を持たないベンチャー企業を支援する。(2017/3/16)

3Dプリンタニュース:
「3Dプリンティングサービスでも圧倒的な品質を確保」、プロトラブズが準備着々
プロトラブズが2017年中の立ち上げをめどとする3Dプリンティングサービスの準備を進めている。「これまで提供してきた射出成型/切削加工の受託製造で約2300社の顧客から支持されてきた品質を、3Dプリンティングサービスでも圧倒的な形で確保する」(プロトラブズ社長のトーマス・パン氏)という。(2017/3/16)

医療機器ニュース:
バイオ3Dプリンタを用いた末梢神経損傷に対する神経再生技術
京都大学はサイフューズと共同で、バイオ3Dプリンタを用いた末梢神経損傷に対する神経再生技術の開発に成功したと発表した。バイオ3Dプリンタで、細胞のみから成るバイオ3次元神経再生導管を作製した。(2017/3/16)

人工知能が作った創作物、現行の法律ではどうなる?
「AIがすごいすごいと言っていると、いつの間にか人間のクリエイター全員が飢え死にしていた、という状況は冗談ではなく生じうるわけです」──AIと著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2017/3/16)

JBサービス/AGCセラミックス Brightorb:
人工砂を原料とするマテリアルで鋳型を3Dプリント、高温溶融金属の鋳造が可能
JBサービスはAGCセラミックスと業務提携し、鋳型材料「Brightorb」を用いて造形できる3Dプリンタの販売およびメンテナンス業務を行うと発表した。(2017/3/16)

ロシア企業が3Dプリンタを使った住宅建築に成功 38平米の家がわずか24時間で完成
住宅も“出力”する時代が来そう。(2017/3/11)

DGSHAPE DWP-80S/DWX-52DC:
ローランドDGの新設子会社が歯科用3Dプリンタとミリングマシンを同時発表
ローランド ディー.ジー.の新設子会社DGSHAPE(ディージーシェイプ)は、第1弾製品として、新開発の歯科用3Dプリンタ「DWP-80S」と、歯科用ミリングマシン「DWX-52DC」を同時発表した。(2017/3/10)

現地レポート:
3D設計推進者が見た「SOLIDWORKS World 2017」
3D CAD推進プロジェクトの取り組みを紹介する連載「設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用」の番外編として、今回は「SOLIDWORKS World 2017」の現地レポートを“3D設計推進者の視点”でお届けします。(2017/3/9)

3Dプリンタニュース:
1000万色フルカラー3Dプリンタがついに発売へ、印刷業界で培った色表現に優位性
ミマキエンジニアリングがUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-P(仮)」を2017年内に発売する。広告や看板などに用いられる2Dの産業用プリンタで培った技術を基に、3Dプリンタでありながら1000万色以上のフルカラー造形を実現した。本体価格は1500万〜2000万円を想定している。(2017/3/8)

デジタルモノづくり:
重要なのは3Dプリンタよりシミュレーション、アシックスが語るデジタルモノづくり
2017年2月15〜16日に開催された「Manufacturing Japan Summit」では、アシックス 執行役員 スポーツ工学研究 所長・フェローの西脇剛史氏が登壇。「人に優しいものづくり・ことづくりを目指して」をテーマに講演した。(2017/3/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。