ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から」に関する情報が集まったページです。

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
できる人は指示をせずになぜを語る――WhatよりもWhyを
近年行動経済学が注目されているが、例えばものを購入すると際、合理性ではなく感情が絡むことが多々ある。「何か分からないけれど、なんとなく引かれる」そう感じるとき人は行動に移すのではないだろうか。(2012/6/21)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
シンプルにロジカルに、ストーリーを語る
何を考え期待しているのか、目指すべきゴールはどこか。これらを、常に明確に示すことがリーダーとしての必須要件だ。(2012/5/30)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
返事は24時間以内に、信頼関係は時間をかけて――コミュニケーションとスピード
「2週間後に100%のものよりも1週間後に80%のものがいい。」刻々と変化する今、早く実行に移す方法が求められている。残りの20%は一緒に議論しながら埋めていく。(2012/5/14)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
闘いに勝つにはまず勢い――雰囲気作り
孔子は「善く戦う者はこれを勢に求めて人に求めず」という言葉を残している。組織に勢いがあれば勝つことができる。(2012/5/1)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
情報は与えた人のところに集まる──キュレーション
情報が氾濫する中、必要な情報を拾い上げ、分類し、的確に伝達する能力が求められている。(2012/4/13)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
まわりを味方に付けた人が成功する――共に学び、共に創る
成功している人は、多くの仲間を巻き込み、思いやり、仲間が活躍できる場を提供している。自分1人で成功しているわけではない。(2012/3/30)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
続けた人しか成功しない――対話を継続する
価値ある情報を発信し、対話をする企業や人を応援したいと思い、その企業の商品やサービスを利用したいと考えるようになる。継続は力なり。(2012/3/16)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
不快感を持たれずに自分の意見を通す――アサーティブ
日本人は言わないでも相手が分かるというがそれはまったく通用しない。黙っていると無能だと判断される。絶えずアピールし、価値観の違う人たちと闘うためには。(2012/2/29)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
正論では人は動かない――ソフトとハード
ハードパワーを行使すれば命令通り行動しその場は収まるかもしれないが同じことの繰り返しになる。本人が気付き行動が改善するには何が必要か。(2012/2/15)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
聴いて価値観を認める――Listen, Listen, Listen
さまざまなバックグラウンドの人と渡り合う時いかに効果的に話し、説得させられるかと考えがちだが、相手が考えていることを知らずして説得はできない。信頼関係は相手の話を聴くことから始まる。(2012/2/1)

【新連載】グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
グローバル時代に求められるコミュニケーション
ビジネスを伸ばすためには世界を1つのマーケットとして捉え、展開する必要がある。そこで求められるのは人として尊重し合えること。(2012/1/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。