ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から」最新記事一覧

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
できる人は指示をせずになぜを語る――WhatよりもWhyを
近年行動経済学が注目されているが、例えばものを購入すると際、合理性ではなく感情が絡むことが多々ある。「何か分からないけれど、なんとなく引かれる」そう感じるとき人は行動に移すのではないだろうか。(2012/6/21)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
シンプルにロジカルに、ストーリーを語る
何を考え期待しているのか、目指すべきゴールはどこか。これらを、常に明確に示すことがリーダーとしての必須要件だ。(2012/5/30)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
返事は24時間以内に、信頼関係は時間をかけて――コミュニケーションとスピード
「2週間後に100%のものよりも1週間後に80%のものがいい。」刻々と変化する今、早く実行に移す方法が求められている。残りの20%は一緒に議論しながら埋めていく。(2012/5/14)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
闘いに勝つにはまず勢い――雰囲気作り
孔子は「善く戦う者はこれを勢に求めて人に求めず」という言葉を残している。組織に勢いがあれば勝つことができる。(2012/5/1)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
情報は与えた人のところに集まる──キュレーション
情報が氾濫する中、必要な情報を拾い上げ、分類し、的確に伝達する能力が求められている。(2012/4/13)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
まわりを味方に付けた人が成功する――共に学び、共に創る
成功している人は、多くの仲間を巻き込み、思いやり、仲間が活躍できる場を提供している。自分1人で成功しているわけではない。(2012/3/30)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
続けた人しか成功しない――対話を継続する
価値ある情報を発信し、対話をする企業や人を応援したいと思い、その企業の商品やサービスを利用したいと考えるようになる。継続は力なり。(2012/3/16)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
不快感を持たれずに自分の意見を通す――アサーティブ
日本人は言わないでも相手が分かるというがそれはまったく通用しない。黙っていると無能だと判断される。絶えずアピールし、価値観の違う人たちと闘うためには。(2012/2/29)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
正論では人は動かない――ソフトとハード
ハードパワーを行使すれば命令通り行動しその場は収まるかもしれないが同じことの繰り返しになる。本人が気付き行動が改善するには何が必要か。(2012/2/15)

グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
聴いて価値観を認める――Listen, Listen, Listen
さまざまなバックグラウンドの人と渡り合う時いかに効果的に話し、説得させられるかと考えがちだが、相手が考えていることを知らずして説得はできない。信頼関係は相手の話を聴くことから始まる。(2012/2/1)

【新連載】グローバル時代のスマートリーダー術――100人の経営層から:
グローバル時代に求められるコミュニケーション
ビジネスを伸ばすためには世界を1つのマーケットとして捉え、展開する必要がある。そこで求められるのは人として尊重し合えること。(2012/1/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。