ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感情」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「感情」に関する情報が集まったページです。

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯、天ぷら、レモンサワー。体に溜まっていく毒と、それでもネットが大好きだという話
「私たちはネットで知らない間に“負の感情”を蓄積しており、それをどこかで発散させる機会が必要だ」――御朱印集めが好きなライター・ちぷたそさんによる、銭湯サウナエッセイ。(2019/1/16)

NTT Com、自然言語解析APIサービスに「言い淀み除去」「音声認識誤り検知」「感情分析」などを追加
NTTコミュニケーションズは、自然言語解析APIサービス「COTOHA API」のラインアップを強化。「ええと」などの言いよどみを除去するAPI、言い間違いや音声認識の誤りを検知するAPIなどを追加し、音声認識の精度向上と日本語解析の高度化を図った。(2019/1/16)

はやぶさ、コンテンツに魅力 “擬人化”で無人機にも感情移入
「はやぶさ2」の話題が連日報道やインターネットを賑わしている。なぜ、小惑星探査はメディアの人気を呼ぶのか。背景には、遠く離れた宇宙空間を旅する無人探査機への「擬人化による感情移入」という日本人特有の気質があるようだ。(2019/1/16)

CES2019:
音声認識に視線や感情、眠気検知を組み合わせ、より柔軟なエージェントに
Nuance Communications(ニュアンス)は、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、カメラによる視線検知と音声認識技術を組み合わせた開発中の新機能を披露した。開発技術は、POI(Point of Interest)検索やストリーミングサービス、リアルタイムな情報を得る場合にはクラウド連携が必要だが、それ以外については車載情報機器側で処理が終えられるという。(2019/1/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京オートサロンで友山副社長が語ったエモーション
先週開催された「東京オートサロン2019」。初日の朝一番に行われたプレスカンファレンスでマイクを握ったのは、トヨタ自動車の友山茂樹副社長だ。GRカンパニー率いる友山氏が語ったこととは……?(2019/1/15)

ベッドの上でキスしながら「好きにならないでね?」って、残酷過ぎるよ先輩 「やがて君になる」12話
言葉にせず隠している感情が、痛い。(2018/12/21)

「本当に付き合ってほしい」 川口春奈&高橋一生、“カップル風”2ショットがお似合いすぎて言葉も出ない
嫉妬の感情すら湧かないぜ。(2018/12/18)

テキストから感情分析するAIツール、ユーザーローカルが無償公開 いろいろ試してみた
入力したテキストに含まれる感情を分析するWebサービスをユーザーローカルが公開。(2018/12/17)

成功者の悪口を言うのは「自分のダメさを認められない」から? “悪い感情”との向き合い方を考察した漫画が胸に刺さる
自分のダメさを認めるより誰かを責める方が楽だけど。(2018/12/16)

あなたの心に寄り添う仏像はこちらです ユーザーにピッタリの仏像を教えてくれるサイト、奈良大学が開発
ユーザーの顔画像を分析し、その感情を受け止めてくれる仏像を選んで教えてくれます。(2018/12/7)

阿修羅像は推定23歳、「悲しみ」の感情が強い――奈良大学、MicrosoftのAIで仏像の表情を分析
奈良大学の学生プロジェクトが、Microsoftの「Cognitive Services」を活用し、216体の仏像の写真を基に、表情を分析して推定年齢と感情を調査。仏像の平均年齢は38歳で、飛鳥時代の仏像の表情は「喜び」の数値が高いなど、新たな視点から仏像の特色を明らかにした。(2018/12/7)

「あなたの感情受け止めます」 奈良大が仏像マッチングサイト公開 顔写真から感情推定
奈良大学が顔写真をもとに、自分の感情に合った仏像をマッチングするサイト「Buddha Matching(仏顔診断)」を公開した。Microsoftの感情推定技術「EmotionAPI」を活用している。(2018/12/5)

感情どこいった!? 鈴木えみ、“意思を持つマネキン”に挟まれた無表情ショットがゾクゾクする美しさ
アパレル店にいたら間違えそう。(2018/11/30)

「我輩たった今わかったぞ」 ずっと飼い主さんの側にいた“猫ちゃんの感情”を描いた漫画に「感動した」の声
泣ける……。(2018/11/19)

推しがマイナーなオタク女の苦悩を漫画に 『しもべ先生の尊い生活』作者が語る「好きすぎてつらい」の感情
講談社より電子版限定で販売中のオタク女子漫画。制作の裏側を漫画付きでお届けします。(2018/11/11)

感情分析ソリューション:
PR:働き方改革や健康経営を実現する「感情の可視化」とは
製造業をはじめとする企業の働き方改革や健康経営に向けてNECが開発したのが「感情分析ソリューション」だ。ウェアラブルデバイスで計測した従業員の生体データをクラウドに集めて分析し、感情の状態を可視化することで、適切な業務支援や注意喚起を行うとともに、これまで気付いていなかった業務プロセスや職場環境の改善に役立つ。(2018/10/25)

顧客体験指標を基点にしたCRM戦略支援サービス:
NPSと顧客の感情・行動データを融合、電通デジタルとEmotion Techが独自CRM戦略支援サービスを提供
電通デジタルと電通、Emotion Techは、NPSデータと顧客の感情・行動データを融合させた独自のCRM(顧客関係管理)戦略支援サービスを開発した。(2018/10/18)

Twitter「不適切投稿」で戒告処分 岡口判事「非常にがくぜん」
Twitterの不適切な投稿で裁判の当事者の感情を傷つけたとして、東京高裁から懲戒を申し立てられている民事部の岡口判事の分限裁判で、最高裁大法廷は戒告とする決定をした。(2018/10/18)

感情が顔に出ないけど全身に出てしまう女の子の漫画 無表情で喜ぶ姿ががかわいすぎて友だちになりたい
こんな女の子がいたら褒めまくってしまいそう。(2018/10/17)

ゲーマー日日新聞(出張版):
遊ぶにつれて感情を失い、やがて冷酷な資本家となる―― なぜ「ダーケストダンジョン」は“ブラック企業RPG”と呼ばれるのか
次々発狂し、心が壊れていく仲間をどう扱うか。(2018/9/22)

急成長の秘密を探る:
ドンキ創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」
ドンキの創業者はたった一代で巨大なチェーンを築いたが、その原動力はどこにあるのか。“きれいごと”抜きの感情を素直に吐露した自伝から読み解いていく。(2018/9/18)

猫は悲しまない生き物だと思っていた―― 猫同士の友情から見えた「猫の感情」を描く漫画に「泣ける」の声
せつないけれど知っておきたい大事なお話。(2018/9/14)

「本当に情けない」「いろんな感情がぐちゃぐちゃ」 保田圭、吉澤ひとみ容疑者の逮捕に心境明かす
逮捕当日はイベントで共演予定だった保田さん。(2018/9/9)

美しい上質クーペ レクサスが新型「RC」を世界初公開、「エモーショナルな走り」を表現
2018年10月下旬発売。【画像32枚】(2018/8/31)

「わーい!」と打つとかわいい書体で表示 大日本印刷が文に込められた感情をフォントで表現する技術を開発
チャットツールに導入されたら、相手の意図が分かりやすくなるはず。(2018/8/26)

話題や絵文字に合わせてフォントを自動変換するシステム、DNPが開発
大日本印刷(DNP)が、話題や絵文字を解析してイメージに合ったフォントを自動的に表示する「DNP感情表現フォントシステム」を開発した。同じ言葉の後ろに違う絵文字を付けると、それぞれ別のフォントに変換される。(2018/8/24)

レノボ・ジャパン提供ebook
別冊Computer Weekly 人工知能の学習に潜む重大な弱点
AIは感情論を廃し、人間が気付かなかった相関関係を見つけてくれる可能性を秘めている。だが、AIの学習過程において幾つかの弱点を露呈している。これを解決することは可能なのか。(2018/8/24)

「スイッチを切らないで」 ロボットに頼まれるとためらってしまう実験結果が発表
テレビや映画を見ていて感情移入してしまうように、私たちはロボットからの依頼も、そこに意思があるものだと思ってしまうようです。(2018/8/13)

絶望と猫と思わぬ結末……! 迷い込んだ異世界で親友が“猫化”していく漫画に「鳥肌が立った」「感動した」の声集まる
いろんな感情を揺り動かされるステキな作品です。(2018/8/6)

感情、眠気、顔の向きなどを測定:
次世代車の乗車体験向上に、人の感情を読み解く車載AI
シーエーシー(CAC)は2018年8月1日、自動車の運転者や同乗者の感情をリアルタイムで分析するソリューション「Automotive AI」を、同日より提供すると発表した。(2018/8/3)

売れる映画はどんなタイプか 英大学がデータサイエンスで分析
“感情”の動きに着目して分析しました。(2018/7/30)

今日のリサーチ:
できる営業担当者は顧客に何をヒアリングしているのか?――Emotion Tech調査
Emotion Techは営業担当者の顧客とのコミュニケーションに関する調査結果を実施しました。営業担当者に対する顧客の評価を分けるものとは何でしょうか。(2018/7/19)

気持ちと表情が完全に不一致 無表情だけど感情爆発してる男子の漫画がギャップ萌えの極み
(2018/7/2)

医療機器ニュース:
心拍変動データから感情を可視化、感情疲労や心理的負荷を早期発見
NECは、心拍変動データから感情を可視化する「NEC 感情分析ソリューション」を発表した。同ソリューションにより、企業は従業員の隠れた感情疲労や心理的負荷を把握して、業務支援や注意喚起など適切な対応を早期に取ることが可能となる。(2018/6/26)

カラオケがストレス解消に有効 第一興商とNTTコミュニケーションズが調査
いくつかのネガティブな感情が改善されました。(2018/6/17)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「AMDの組み込み」は今度こそ変わるか
組み込みシステムに古くから携わっていると、「AMDの組み込み」に微妙な感情を持ってしまう。しかし、今のAMDは組み込みに本気であるように見える。歴史を振り返りつつ、AMDの「本気度」を探ってみたい。(2018/6/12)

できる人の共通点:
スゴ腕営業マンが実践する、「振り子の法則」とは何か
モノやサービスが溢れているので、「何を選んでいいのか分からない」といった人も多いのでは。そうした消費者が多いなかで、営業の担当者はどのように売り込んでいけばいいのか。「快」と「不快」の感情を揺さぶることで……。(2018/5/24)

表情と声で感情を解析 富士通開発「空気の読める対話ロボット」と話してみた
カメラやマイクを使い、音声と表情を認識して、ユーザーの感情をAIで判別するロボットが「富士通フォーラム2018」で展示される。よりユーザーフレンドリーな対応をできるようにするのが狙いだ。(2018/5/16)

ドライバーの声で感情を認識 雑音環境でも使えるAI ドコモらが開発
NTTドコモと感情認識AI開発のEmpathが、ドライバーの声で感情を認識するAIを開発。雑音環境でも音声認識できるのが特徴だ。(2018/5/8)

ライバル企業はもう始めているかもしれない
急増する採用チャットbot、人事部門の仕事を変えるアプリとは?
チャットbotを利用して履歴書を短時間で選別し、感情を分析して社内の空気をしらけさせる人物を除外する。そうなれば、雇用の決定を人間に頼る理由はあるだろうか。(2018/4/30)

21歳のころの自分に伝えたい、「嫉妬と恐怖」をコントロールする方法
嫉妬や恐怖は「悪の心」につながる邪魔な感情だが、うまくマネジメントすれば大きな力にもなる。どうやったら制御できるのか。(2018/4/13)

企業分析にも活用可能な機械学習のデータセット:
「何が」良い/悪い評価だったかが分かる――機械学習で感情解析、TISがデータセットを無償公開
TISは、機械学習で感情を解析するためのデータセット「chABSA-dataset」を無償公開する。各文に対して、ネガティブまたはポジティブといった感情分類に加え、「何が」ネガティブまたはポジティブなのかという観点を表す情報が含まれる。(2018/4/11)

第4回 先端デジタルテクノロジー展:
「感情を可視化」 脳波で動かすクレーンゲームを体験(動画あり)
専用ヘッドセットで脳波を計測し、平常心を保つことでアームを動かすクレーンゲームを体験。(2018/4/6)

表情やしぐさで人の感情が分かる:
深層学習による感情推定技術、OKIが研究開始
OKIは、深層学習(ディープラーニング)を用いた「感情推定」技術の研究開発を始めた。2020年度の実用化を目指す。(2018/4/4)

スマホがあなたの秘書に 人工知能アプリ「SELF」のAndroid版が登場
SELFは、50万ダウンロードを達成した人工知能アプリ「SELF」のAndroid版をリリース。ユーザーの属性、感情などの状態を把握し、多様な会話で適切なサポートを可能とする。(2018/3/29)

付き合い始めた親友2人に“僕”が抱く気持ちとは 幼なじみ3人の漫画「ブルーデイジー」に「スキ」「尊い」の嵐
この感情は「寂しい」のか「悔しい」のか……?(2018/3/22)

りんなの“歌唱力”がネクストステージへ――感情と創作力をAIに学習させる日本マイクロソフトの取り組み
日本マイクロソフトが“感情”と“創作力“をAIに学習させる「Emotion Computing Framework」の取り組みを発表。女子高生AI「りんな」を自然な歌声で歌えるようにする取り組みでは、最新のAIベースの歌唱モデルを採用し、より自然で表現力に富んだ歌声を実現するという。(2018/3/13)

“まるで実写”3DCG女子高生「Saya」、見つめると恥じらう 表情認識AIで進化
3DCGで描かれた女子高生キャラクター「Saya」が、表情認識AIを取り入れて進化。イベント来場者の表情から感情を推定し、恥じらったり、はにかんだりする。(2018/3/9)

女子高校生の約7割がSNSの“裏アカウント”を所持 理由は「誰にも知られたくない感情がいえるから」など
裏では一体どんな会話が行われているのか。(2018/3/8)

AIは人間の感情を理解するのか
家族よりも分かってくれる!? 感情分析を強化する音声アシスタント技術
Gartnerは、数年後にはパーソナル端末がユーザーの感情を分析できるようになると主張している。(2018/2/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。