ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感情」最新記事一覧

凸版印刷、人に共感するチャットbot「BotFriends」開発 大分県と実証実験へ
凸版印刷が、会話のキーワードやタイミングから利用者の感情を推測し、人に共感した回答ができるAIチャットbot「BotFriends」を開発。大分県の健康推進事業の問い合わせ窓口として、実証実験を行う。(2017/12/4)

AWS、AI採用の音声/テキスト変換、感情抽出、翻訳サービスを発表
AWSが、音声をテキストに変換する「Amazon Transcribe」、テキストのキーフレーズや感情を抽出する「Amazon Comprehend」、ニューラル機械翻訳「Amazon Translate」の提供を開始した。(2017/11/30)

Baidu、体で感情表現するロボットスマートスピーカー「Raven R」
Baiduが、2月に買収した中国のAIアシスタント企業Raven Techとスウェーデンteenage engineeringが共同開発するスマートスピーカー「Raven H」を12月に約1700元で発売する。数カ月後に発売予定の「Raven R」は関節付きのロボット型で、音楽に合わせて踊ったり、ジェスチャー付きで話す。(2017/11/17)

Gartner Insights Pickup(39):
“感情AI”が人とマシンのやりとりをパーソナライズする
AIのおかげで、スマート冷蔵庫があなたの気分を察して、感情に合った食べ物を勧めてくれるようになる。(2017/11/17)

App Town ライフスタイル:
会話をテキスト化する「UDトーク」、話者の感情認識が可能に
スワローインキュベートは、会話/スピーチをリアルタイムにテキスト化し、聴覚障害者や外国人との会話の見える化を行うアプリ「UDトーク」に感情認識SDKを提供。感情を可視化し、相互理解をより深める。(2017/10/24)

ドライバーの感情、AIが読み取り 「TOYOTA Concept-愛i」が東京モーターショーに
人工知能(AI)搭載のコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」が、第45回東京モーターショー2017に登場。四輪モデル、小型モビリティ、パーソナルモビリティの3車種。(2017/10/16)

体調が非接触で分かる:
顔の表情や生体情報から、感情や眠気を推定
パナソニックは、人間の表情や生体情報から、感情や体調を瞬時に推定できる技術などを「CEATEC JAPAN 2017」で紹介した。(2017/10/3)

「エンターテインメントとは、エモーションを体験すること」 「アナベル 死霊人形の誕生」サンドバーグ監督流の心のえぐり方
ホラーマスターに怖いホラー映画の作り方を聞いてみました。(2017/10/2)

週刊「調査のチカラ」:
「エモい」で読み解く若者の消費トレンド
次世代の消費者心理をつかむには、AI(人工知能)よりもAE(アナログ&エモーション)が有効かもしれません。(2017/9/30)

何これ → たーのしー! → 助けて → ありがとう → 返してよ! ニコニコ「けもフレ」1話公開日から激動を振り返る
静寂、賑わい、悲哀、歓喜、旺盛、怒り。あらゆる感情が駆け巡った8カ月間。(2017/9/28)

Google、「Cloud Natural Language API」に自動カテゴリ分けとエンティティ感情分析機能
Googleの本語対応の自然言語API「Cloud Natural Language API」に、テキストを70以上のカテゴリに自動分類する機能と、特定エンティティ(固有名詞)についての感情分析機能が追加された。(2017/9/20)

「失恋に近い感情で」 高畑充希が心機一転のヘアカット、 “カホコロス”に陥るファン続出
カホコぉぉぉ!(2017/9/13)

IBM Watson活用「感情を分析して光るドレス」ランウェイを歩く 東京ガールズコレクションで
東京ガールズコレクションに、IBM Watsonを活用した「コグニティブ・ドレス」が登場。8秒ごとに色を変え、きらきらと光りながらランウェイを歩く。(2017/9/5)

AI活用で観客の表情から感情を分析、ライブの“盛り上がり”を定量化する新技術、実証開始
エイベックス・グループ・ホールディングスと日本マイクロソフトが「Microsoft Cognitive Services」を活用した来場者分析システムを開発した。顔検知や感情認識などのAI機能を活用し、来場者の表情からライブの“盛り上がり”や、演奏されている楽曲との関連性を分析、数値化する。(2017/9/4)

ルネサス 感情エンジン対応R-Car:
「感情を持ったクルマ」を実現する車載SoC
ルネサス エレクトロニクスは2017年7月19日、cocoro SBが保有する人工感性知能「感情エンジン」に対応した車載情報システム向けSoC(System on Chip)「R-Car」の開発キットを開発した。(2017/8/31)

Over the AI ―― AIの向こう側に(14):
開き直る人工知能 〜 「完璧さ」を捨てた故に進歩した稀有な技術
音声認識技術に対して、長らく憎悪にも近い感情を抱いていた筆者ですが、最近の音声認識技術の進歩には目を見張るものがあります。当初は、とても使いものにはならなかったこの技術は、なぜそこまでの発展を遂げられたのか――。そこには、「音声なんぞ完璧に聞き取れるわけない!」という、ある種の“開き直り”があったのではないでしょうか。(2017/8/29)

【連載】電通デジタルが考えるB2Bマーケティングにおける広告アプローチ 第4回:
最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、米国における取り組み事例を通じて、B2Bマーケティングの別の側面を見つめてみたいと思います。(2017/8/22)

「なんともいえないこの表情」 竹内涼真の強すぎる愛に感情がどこかへ行ってしまったワンちゃん
ツンデレなのかな。(2017/8/16)

自動運転技術:
バイクに感情を持たせたら、高速走行中はランナーズハイだった?
法人向けイベント「ソフトバンクワールド 2017」(2017年7月20〜21日、東京都港区)の講演に、ソフトバンクのグループ会社であるcocoro SBの取締役である大浦清氏が登壇。クルマやバイクに感情を持たせる試みの最新動向を紹介した。(2017/7/25)

クルマが感情をくみ取り応答:
ルネサス、感情エンジン対応R-Car開発キット
ルネサス エレクトロニクスは2017年7月19日、cocoro SBが保有する人工感性知能「感情エンジン」に対応した車載情報システム向けSoC(System on Chip)「R-Car」の開発キットを開発した。(2017/7/20)

「おかえりなさい!」「こんなに早く」 声優の悠木碧、今秋ソロアーティスト活動再開
悠木さん「皆と感情を共有できるような、そんな歌を歌っていけたら」。(2017/7/14)

すごいシュール空間だ 人間がきぐるみで羊になりきる劇「ひつじ」に笑いや恐怖などさまざまな感情が沸き起こる
画像の感想「シュールだな……」動画を見た感想「もっとシュールだな……」(2017/7/13)

Dev Basics/Keyword:
Emotion API
Emotion APIは、画像ファイルや動画ファイルを渡すだけで、そこに映っている人がどんな感情を持っているかを簡単に判定してくれる。(2017/7/13)

価格を抑えて他社と差別化:
タカラトミー、“親友になれる”AIロボ「COZMO」発売
タカラトミーが、AI(人工知能)を搭載した玩具ロボット「COZMO(コズモ)」を9月23日に発売する。感情が豊かで、ゲームでユーザーに負けると悔しがるなどの反応を見せるという。(2017/7/11)

感情豊かな“小さい相棒” スマホで動くAIロボット「COZMO」日本上陸
米Ankiが開発した、感情豊かなAIロボット「COZMO」が日本上陸。タカラトミーが9月23日に発売する。(2017/7/11)

【連載】ニューロマーケティングで「1つ上」のCRM 最終回:
そのとき顧客の感情が動いた――Yahoo! JAPAN、花王グループカスタマーマーケティング、京都市役所の事例
脳科学の知見を応用して顧客の本音を探る「ニューロマーケティング」。今回はYahoo! JAPAN、花王、京都市役所における活用事例を紹介する。(2017/7/10)

ゴリラスピナー すさまじいブレイクダンスで独特な水遊びを楽しむゴリラ
映画「フラッシュダンス」を見終えたときと同じ感情だわ。(2017/7/1)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
感情を表現できるDACとは? 麻倉シアター大改革(後編)
(2017/6/30)

よりぬきAIの遺電子さん:
近未来SFマンガ「AIの遺電子」出張掲載 第19話「エモーショナルマシン」
週刊少年チャンピオンで連載中の“近未来版ブラック・ジャック”こと「AIの遺電子」がITmedia NEWSに登場。今回は第19話「エモーショナルマシン」を紹介します。(2017/6/15)

はじめてのAI:
アダルト画像が含まれているか判定できるAPIを使って、家族の入浴写真を分析してみた
画像から年齢や性別を認識する「Face API」と感情を認識する「Emotion API」を使えるようになった筆者。今回は、これまでで1番多くの情報を得ることができる「Computer Vision API」を学びます。(2017/6/13)

眼電位から眠気を推定する技術も:
たった60秒で精神状態を見透かす映像処理技術
東芝情報システムは「運輸・交通システムEXPO 2017」で、顔や頸部の微妙な振動から感情を読み取る技術や、眼球の動きから眠気を検知する技術など、飛行機やバス、電車などの事故や事件を未然に防ぐための技術を出展した。(2017/5/30)

インターネットを守る翼竜:
「カードキャプターさくら」の新シリーズと知世ちゃんの感情について
新鋭・にゃるらの連載。第3回はCCさくら!!(2017/5/14)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(6):
「あなたにはスキルがない」と言われたら――感情コントロール「ステップ5 感情を活かす」
悔しさや怒りの感情が持つエネルギーは、かなり強力。そのエネルギーを、物事を前に進める原動力に変えられたら良いと思いませんか?(2017/5/12)

激しいロックと童謡のキメラ感 岡崎体育の新曲「感情のピクセル」MVがある意味深い
これは深い。(2017/5/11)

Facebookは若者の負の感情を分析し広告展開に利用している? リーク情報をもとに豪新聞が報じる
Facebookは誤解だとして一部否定しています。(2017/5/1)

IBM Watson Summit 2017:
気持ちが丸見え? ツイートから感情を分析して光るドレス IBM Watson活用で
IBM Watsonの感情分析APIを分かりやすく伝えるユニークな展示。ハッシュタグに寄せられたツイートの感情を分析して、ドレスの色が変わる。(2017/4/28)

自動運転技術:
人の感情を理解するAIをモビリティやロボットに、ホンダと京都大学が共同研究
ホンダの研究子会社であるホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンは京都大学と人工知能(AI)技術の共同研究を開始した。(2017/4/28)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(5):
私の理想が私をイラッとさせる――感情コントロール「ステップ4 感情を切り替える」
感情が生じるスイッチが自分の中にあるのなら、スイッチが切り替わると感じ方そのものが変わってくるかもしれません。(2017/4/28)

「VOICEROID2 結月ゆかり/琴葉茜・葵」発売 怒り・喜びなど“感情表現”細かく
1画面で複数キャラを会話させる「マルチボイス」機能、喜びや怒りを細かく表現する機能などを追加する。(2017/4/25)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(4):
トイレにこもって3分間――感情コントロール「ステップ3 感情を鎮める」
突発的に起こるマイナス感情。自分なりの「鎮め方」を幾つか持っておくと便利です。(2017/4/21)

はじめてのAI:
人工知能を使ってどんなことができるの? 「東京サマーランド」も導入した監視カメラ画像解析サービスを見てきた
これまでに勉強した「顔認識API」と「感情認識API」を使って実際にサービスを提供している企業におじゃましてきました。(2017/4/18)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(3):
マイナス感情を「例外処理」する――感情コントロール「ステップ2 感情を受け入れる」
仕事をしていれば、嫌な気分になることは多かれ少なかれあります。明かりのスイッチをON/OFFするように、感情を切り替えることはできますか?(2017/4/14)

ねとらぼレビュー:
二元論を抜けた先にあるエモーション 「左門くんはサモナー」は間違いなく名作である
週刊少年ジャンプで連載中「左門くんはサモナー」(沼駿)はおもしろいですよ!!(2017/4/8)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(2):
昨日は何回イラっとした?――感情コントロール「ステップ1 感情のバグに気付く」
感情をコントロールして心穏やかに働きたい? それなら「感情に敏感になる」ことから始めてみませんか。(2017/4/7)

はじめてのAI:
感情を読み取る人工知能「Emotion API」を20分で学んでみる
前回、画像から年齢や性別を認識する「Face API」を30分で使えるようになった筆者。次は感情を認識する「Emotion API」に挑戦します。(2017/4/4)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(1):
ポジティブシンキングはもう古い。感情を抑えつけずにコントロールする5ステップ
ネガティブな感情を抱いてしまったとき、あなたはどのように対処していますか?(2017/3/31)

看板から香りが……:
店舗はこのように変化する、かもしれない
最新のデジタル技術を応用して、店舗のおもてなしを強化する提案が増えている。個別対応や感情に寄り添ったサービスにつながる技術とは……。(2017/3/13)

AIで感情を分析:
博報堂と日本マイクロソフトが協業、顔認識で広告を出し分けるデジタルサイネージシステムを開発
博報堂と博報堂アイ・スタジオ、日本マイクロソフトは連携し、顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出しわけるアウトドアメディア&ターゲティング広告配信システム「Face Targeting AD」を開発したと発表した。(2017/3/10)

博報堂など開発:
見る人の顔の表情をAIが分析 感情に合わせて広告配信
博報堂など3社が、AI(人工知能)の顔認証技術を用いて受け手の感情を分析し、結果に応じて広告を出しわけるシステムを開発。(2017/3/9)

会話に込められた感情をAIが読み取って表示 コミュニケーション補助アプリをMITが開発
腕時計型端末が読み取った心拍数などのデータと、会話の言葉を組み合わせてAIが分析。(2017/2/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。