ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コミュニケーション」最新記事一覧

PR:「ノートPC内蔵マイクじゃ限界が……」 画面越しでもリアルな会話、スピーカーフォンで留学生を手厚くサポート
海外留学支援で最も大事なことは、海外拠点や留学生との密なコミュニケーション。PC越しでも臨場感ある対話を実現するために――年間数百人の学生をサポートするICC国際交流委員会にヤマハのスピーカーフォン「FLX UC 500」を試してもらった。(2016/5/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
本音は言ってもいい?
あなたはどれくらい本音で話しているか? 本音で良好な人間関係を築けるコミュニケーション方法とは。(2016/5/26)

PR:飲まずにできる「飲みニケーション」!? 上司や同僚との距離をぐっと縮める“秘策”とは
部下や上司、同僚との距離を縮めるには“飲みニケーション”がベスト!――と思っていませんか? しかし今では、お酒を交えなくてもカジュアルなコミュニケーションができる手段が登場しています。創業50年の老舗企業・東邦レオが試してみた“秘策”とは!?(2016/5/30)

ディルバート(450):
「コミュ力を高めたいんですが……」
コミュニケーション力の上達講座を受けようとボスに掛け合うディルバート。しかし、ボスの様子が何だか変ですよ?(2016/5/26)

アプリ上での適切なコミュニケーションで離脱防止:
マイクロアド、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供開始
マイクロアドは、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供を開始したことを発表した。(2016/5/25)

NTTドコモなど4社が共同で開発した「ここくま」:
半導体商社が“くまのぬいぐるみ”開発を行う理由
2016年3月、NTTドコモなど4社がコミュニケーションパートナー「ここくま」を発表した。ここくまとは、離れて暮らす家族と連絡が取れる“くまのぬいぐるみ”の形をしたロボットだ。4社のうち、開発マネジメントを担当したのが半導体商社のバイテックグローバルエレクトロニクスである。なぜ、同社がくまのぬいぐるみロボットの開発に携わったのか、鈴木裕二氏と西晃彦氏に話を聞いた。(2016/5/20)

hashivaのブログ:
仕事のチャットでイラッとしない、コミュニケーションのコツ
仕事でチャットを使うシーンが増えていますが、相手のトークにイラっとしたことはありませんか? 今回は、そんな事態を防ぐためのコミュニケーションのコツを紹介します。(2016/5/19)

新入生の98%が「LINE」利用 東京工科大調査 女子の「iPhone率」は7割超に
今年の新入生の98%はLINEを利用している――東京工科大学が行ったコミュニケーションツールの利用状況調査でそんな結果が。(2016/5/18)

Googleが小規模グループでの話題共有サービス「Spaces」をリリース アプリを閉じずに検索やYouTubeが使用・共有可能
TwitterやSkype、LINEに次ぐ新たなコミュニケーションサービスとなれるでしょうか。(2016/5/17)

“ちょっとした共同作業”を支援:
Office 365に加わる新コミュニケーションツール「GigJam」、招待型プレビュー版がリリース
マイクロソフトは、2016年に「Office 365」に加わるコラボレーションツール「GigJam」のInvitation Previewをリリースした。(2016/5/17)

ひといくNow!人材育成の今とこれから:
チームリーダーとして“最初に”すること
あなたがチームのリーダーになったら、まず、何をするでしょうか。ビジョンの策定? 部下とのコミュニケーション? いえいえ、その前にやっておくべきことがあります。(2016/5/11)

リクルート、あすみ福祉会の運営する茶々保育園グループ12園に「kidsly」を提供
リクルートマーケティングパートナーズは、保育園と保護者のコミュニケーションをサポートする「kidsly」を、あすみ福祉会の運営する茶々保育園グループ12園に提供。社会福祉法人としては全国で初となる。(2016/5/10)

仕事の「あるある」、食い違いを解消するこんなコツ:
PR:コミュニケーション上手は生まれつきではない、学習可能な「スキル」
リクルートスタッフィングが開催した「エンジニア・クリエイターのコミュニケーション能力の向上を図るセミナー」では、グローバルナレッジネットワークの人材教育コンサルタント、田中淳子氏が、コミュニケーション力を高める具体的なコツを伝授。学習可能なスキルであると説明し、できるところから実践してみてほしいと呼び掛けた。(2016/5/10)

コミュニケーションの「もやっ」「イラッ」はなぜ生まれる?:
PR:察する力を培って、無駄に費やしていたエネルギーを本業に
ITスタッフィングを運営するリクルートスタッフィングでは、ITエンジニアやクリエイターとして働く派遣社員がスキルアップし、付加価値を高められるようサポートする取り組みを始めた。その第一弾として開催された「エンジニア・クリエイターのコミュニケーション能力の向上を図るセミナー」の模様を紹介する。(2016/5/9)

ニコニコ超会議2016:
ロボット5台が大喜利に挑戦、人工知能の“ボケ”で笑いはとれるか?
ニコニコ超会議のNTTブースで、コミュニケーションロボットの「Sota」が大喜利に挑戦するという展示がある。5台あるうちの1台はNTTドコモの人工知能が搭載されており、リアルタイムで“ボケ”を生成する。人工知能のボケで会場の笑いは取れるのだろうか。(2016/4/29)

会話で感情推定するロボット「Tapia」、DMMが先行販売
DMM.comがMJIの感情認識機能を持ったコミュニケーションロボット「Tapia」(タピア)を2016年6月中旬より販売開始する。価格は9万9800円(税別)。(2016/4/28)

従業員の勤務時間は長くなるが……
社長は、なぜ「リアルタイムコラボツール」を使いたがるのか?
従業員が働く場所を自由に選べる職場環境がトレンドとなり、リアルタイムコラボレーションツール、特にサービスとしてのユニファイドコミュニケーション(UCaaS)は企業にとって必須のツールとなりつつある。(2016/4/28)

セールスフォースと連携してIoTを実現するロボット、DMMら3社が展開
DMM.comとPwCコンサルティング、MJIがコミュニケーションロボット「タピア」を用いた、マーケティング支援で協業する。Salesforceとの連携を用意することで“ロボットによるIoT”を実現する。(2016/4/27)

Tech Basics/Keyword:
Unicode絵文字(Emoji)
人物や顔、感情、物など、さまざまな事象や物事を簡潔な絵柄で表現する絵文字は、カジュアルなコミュニケーションには欠かせない。日本の携帯電話から始まった絵文字は今では世界中で使われている。(2016/4/27)

光源から装置、トータルソリューションの提供へ:
新しい光の市場を創造するウシオが見据える今後
産業用の光源をはじめ光の応用製品を扱うウシオ電機。エキシマランプは90%、UVランプは75%と高い世界シェアを獲得する同社だが(同社調べ)、映像機器/ライフサイエンス分野への展開も進めている。その理由を、同社コーポレートコミュニケーション課で課長を務める山田宏一氏に聞いた。(2016/4/27)

ロボットが住宅ローンの商品説明、3銀行が実験開始
岩手銀行、福井銀行、京都銀行の3行が、受付にコミュニケーションロボットを設置する実験を開始する。住宅ローンや教育ローンといった商品を紹介する会話を顧客と行い、対話精度の向上や活用シーンの具体化を目指す。(2016/4/26)

「声」でコミュニケーション:
アイドルとファンの“距離”をウェアラブルが縮める?――「でんぱとーく大実験」研究発表会
アイドルとファンとの新たな“コミュニケーション”を模索すべく、でんぱ組.incと113人のファンたちが大規模な実証実験に挑戦。その結果やいかに。(2016/4/12)

Facebook、スマホで読み取ってすぐに会話を始められる「Messengerコード」提供へ
Facebookが、コミュニケーションのプラットフォームと位置付ける「Facebookメッセンジャー」の新機能として、スマホのカメラで読み取るとメッセンジャーでの会話を開始できる画像「Messengerコード」を全ユーザーに提供すると発表した。(2016/4/8)

【連載】オウンドメディアで企業のブランド価値を高める 第5回:
カスタマージャーニーを描くということ――デジタルにおいて常に中心は「人」だ
デジタルシフトが急速に進む昨今において、さまざまなテクノロジーを活用したツールが登場している。しかし、「ユーザー」中心という本質の理解なしにコミュニケーションの設計はできない。(2016/4/5)

「既読」マークをつけない方法も 意外と知らないLINEの小技5選
既読スルーに誤爆? コミュニケーションのトラブルを防ぎ、便利さを生かすためのさまざまなLINEの小技を知っておきましょう。(2016/4/6)

バッテリー、ネットワーク、便利なアプリ
ノートPCだけでは危うい、テレワーク“三種の神器”とは?
企業のモバイル活用は果てしない可能性を秘めている。その力を十分活用するには、従業員が適切なモバイルユニファイドコミュニケーションツールに常時アクセスできることが条件だ。では、実現のための必須条件とは?(2016/4/4)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
目指したのは“スマホ画面”に依存しないコミュニケーション――ソニーモバイル「Xperia Ear」に迫る
「MWC 2016」で発表されたソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Smart Products」。同社が考えるスマート家電の在り方、そして夏の商品化が決まっている「Xperia Ear」など新コンセプト商品群の展開に迫った。(2016/4/1)

抱きしめるだけで「大好き」が伝わる KDDIがクマのぬいぐるみ型コミュニケーションツールを開発
胸のディスプレイに相互の気持ちがスタンプで表示される。(2016/3/29)

抱きしめるとスタンプを送信 IoTぬいぐるみ「Comi Kuma」、KDDIが開発
抱きしめたり頭をなでたりするとアクションに応じたスタンプを送信するぬいぐるみ型コミュニケーションツール「Comi Kuma」をKDDIが開発した。(2016/3/29)

PepperとLINEを接続したコミュニケーションサービス、DACらが提供
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)とワン・トゥー・テン・ドライブ(1→10drive)が、PepperとLINEを接続した法人向けコミュニケーションサービスの提供を開始した。(2016/3/22)

集客および来店顧客との継続的コミュニケーションを実現:
PepperとLINEをつないだ次世代コミュニケーションサービス、DACと1→10driveが提供
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムとワン・トゥー・テン・ドライブは、LINE ビジネスコネクトを活用し、人型ロボット「Pepper 」をLINEとつないだ新たなコミュニケーションサービスを共同で提供開始したと発表した。(2016/3/22)

話題のITベンダーに学ぶIT製品選定のポイント【Sansan編】
「社内メールはほぼゼロ」――Sansanのちょっと不思議なコミュニケーション環境とは
Sansanは「働き方の革新」を実現するために、5種類のWeb会議アプリを使っている。どのように使い分けているのだろうか。(2016/3/22)

Web接客の「KARTE 」が過去最大のアップデート:
プレイド、サイト外での接客を実現する「KARTE TALK」を提供開始
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」の新機能として、サイト内だけでなくサイト外の顧客とのコミュニケーションを可能にする「KARTE TALK」の提供を開始した。(2016/3/17)

割引ではなく、生活を豊かにする“健康”を提案 KDDIがau長期利用者向け感謝イベントを開催
KDDIが、auの長期利用者を対象とした「感謝イベント」を開催。そこでは、トレーナーと一緒に皇居ランを楽しんだり、デジタル機器を活用した健康診断を受けたりできた。長期利用者とのコミュニケーションを増やしていくという狙いがあるという。(2016/3/15)

保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス「kidsly」、リクルートが提供
リクルートは、保育園と保護者をつなぐコミュニケーションサービス「kidsly」を提供開始。スマートデバイスでの手軽な情報共有を可能とする。(2016/3/15)

一流のビジネスマンを育てる「文章力」:
コミュニケーション能力を鍛える鍵は「文章力向上」
企業活動におけるコミュニケーションでは、効果的な表現を考える力が求められる。新人研修を行う人事担当者や、コミュケーション能力を高めたいとするビジネスマンに向けて、文章力の向上と大切さを示していきたい。(2016/3/14)

東大、医学部入試に面接復活 コミュニケーション能力を評価
東京大学が、医学部進学が多い「理科3類」の入試に面接を導入すると発表した。コミュニケーション能力や医療への適性を評価するという。(2016/3/10)

先進企業のオフィスはここまで違う コミュニケーションが変わるオフィス空間とは?
 ITmedia ビジネスオンライン編集部主催のイベント「強い企業はここが違う! 今こそオフィス改革&働き方変革」が2月19日に開催された。基調講演と特別講演では、クックパッドとチームラボが自社のオフィス改革の取り組みについて紹介した。(2016/3/10)

これから重要度を増す音響技術、補聴支援スピーカー「コミューン」のアプローチ
ユニバーサル・サウンドデザインから補聴支援スピーカー「comuoon」(コミューン)の新製品が登場した。独自の技術で高齢者や難聴に悩む人たちの音声コミュニケーションをサポートする。(2016/3/3)

キタムラが「LUMIX DMC-CM10」を販売――「写真ホーダイSIM」とのセットも
キタムラは、パナソニックのコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM10」を販売開始。単体のほかキタムラオリジナルのデータ通信専用SIMカード「写真ホーダイSIM」のセットも提供する。(2016/3/2)

グローバル化する日系企業のマーケティング活動を支援:
電通がLinkedInと協業、B2Bコミュニケーション上の課題解決に向けビジネス開発を推進
電通はLinkedInとの協業で合意。世界で4億人以上が登録するビジネス特化型のSNS「LinkedIn」が保有するユーザーデータを活用した新しいビジネスを開発していくという。(2016/3/1)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
がん・脳梗塞・心筋梗塞‐突然の病から自分を守る、医師が教える予防術と新たな治療法
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2016/3/1)

主要9ベンダーの製品を比較
「サービスとしてのユニファイドコミュニケーション」主要製品を調査して分かった選択のポイントとは
次世代のUCとして注目されている「サービスとしてのUC」(UCaaS)。本稿では、事業規模やサポート、サードパーティー製アプリとの統合などの4つを基準に、製品を調査した。(2016/3/1)

テレビ会議とWeb会議の連係で生まれるシナジー
“真のワークスタイル変革”を実現する、コミュニケーション環境とは
多くの企業で使われているテレビ会議とWeb会議。両方を連係することで柔軟なコミュニケーションを実現できるが、画質やネットワークの安定性に課題がある場合も少なくない。それら課題の解決方法を紹介する。(2016/3/1)

「文通ブーム」が帰ってきた! プライバシー重視、連絡先は「仲介業者」が管理
見知らぬ人と手紙を通じてコミュニケーションを楽しむ文通が今再び注目されている。便箋に手書きし、投函したあとに返事を待つというアナログな手順の新鮮さが見直されているようだ。(2016/2/29)

Mobile World Congress 2016:
超狭額縁のスーパーミドルレンジスマホ――写真で解説する「Xperia XA」
ソニーモバイルコミュニケーションズがMWC 2016で発表した「Xperia X」シリーズの中で、中価格帯を狙った「スーパーミドルレンジモデル」が「Xperia XA」だ。日本での発売予定はないが、気になる人もいると思うのでご紹介する。(2016/2/26)

Mobile World Congress 2016:
Xperiaは「インテリジェンス」を持つコミュニケーションツールへ――Xperia“第3章”の幕開け
Xperiaの「究極の集大成」こと「Xperia Z5」シリーズの発表から約5カ月。コミュケーションの道具として、スマホ・タブレットの枠を超えたXperiaの“第3章”が始まる。そのキーワードは「インテリジェンス」だ。(2016/2/26)

風通しの良い職場は、作れる
離職率の高い流通小売業界を、人気業界に変える新しい仕組みとは?
流通小売業界の人手不足は深刻だ。人材の獲得と定着のための打開策を「仕事への誇り・働きがいの向上」「より良いコミュニケーション」「働きやすい環境づくり」という3つの観点から紹介する。(2016/2/25)

Mobile World Congress 2016:
「Xperia Ear」は単なるイヤフォンではなかった――“スマートプロダクト”4製品をチェック
ソニーが考えるスマートフォンの次のコミュニケーションとは? MWC 2016のソニーブースでXperiaブランドの「スマートプロダクト」4製品を見てきた。(2016/2/24)

リクルート、マンション居住者・管理会社向けアプリを2016年夏に提供
リクルート住まいカンパニーは、マンションの居住者と管理会社の良好なコミュニケーションをサポートするアプリサービスを2016年夏に正式リリースする。(2016/2/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。