ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コミュニケーション」最新記事一覧

共生のためのベストアンサーは?
「Slack」はオフィス電話を終わらせるか――次世代コラボツールの影響を見る
ビジネスメッセージングでは、従来の電話中心のリアルタイムコミュニケーションに対抗するアプローチが台頭している。Webベースメッセージングが新たなコラボレーション方法を提供する。(2017/4/27)

キャリアニュース:
マネジメント経験者の76%が「部下の育成に自信がある」と回答
転職求人サイト「ミドルの転職」が「人材育成」についてのアンケート調査結果を発表した。「部下の育成に自信がある」と全体の76%が回答。部下を育成する上で気をつけていることは「コミュニケーションを多く取る」が最も多かった。(2017/4/25)

組み込み開発ニュース:
壁や床がタブレット端末になる、ソニーの家庭用プロジェクター
ソニーモバイルコミュニケーションズは、床や壁に投影した表示をタブレット端末のようにタッチ入力で操作できるようにするプロジェクター「Xperia Touch」を発売する。床や壁に投影された表示は、タブレット端末と同じように操作可能。最大10点のマルチタッチに対応しており、複数人で同時に操作することもできる。(2017/4/21)

家族同士のコミュニケーションを活発に――「Xperia Touch」が広げる世界
コンセプトモデル披露から約1年2カ月。「Xperia」ブランドのスマートプロジェクターの日本投入が決まった。その狙いとは?(2017/4/20)

LINEの法人向けカスタマーサポートサービス:
「LINE カスタマーコネクト」の正式販売が開始
LINEは、同社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」において、法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」の正式販売を開始した。(2017/4/13)

FAニュース:
施工現場での作業者の行動を見える化する動態管理サービスを提供
日立製作所は、施工現場での作業者の行動を見える化するシステムを開発し、これを利用した動態管理サービスを2017年6月より提供する。滞在エリア、滞在率、作業者同士のコミュニケーション状況などを集計し、時系列に沿って見える化する。(2017/4/13)

矢野経済研究所 コミュニケーションロボット市場調査:
「五輪」と「介護」が拡大するコミュニケーションロボット需要
会話に身ぶり手ぶりを交え「実用に耐える」コミュニケーションロボットの国内市場は、2020年に90億円に迫る勢い。案内や接客に続き、介護施設での需要が成長を呼ぶきっかけに。矢野経済研究所調べ。(2017/4/12)

ロボット開発ニュース:
コミュニケーションロボット市場は2020年に87億円へ、介護需要と東京五輪で拡大
矢野経済研究所が、国内コミュニケーションロボット市場の調査結果を発表。介護用途や、東京オリンピック・パラリンピックに向けた観光案内、多言語対応用途などでロボットの導入が進み、2020年度の国内市場規模を87億4000万円になると予測する。(2017/4/11)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
おいしいビールのこだわりとは
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2017/4/7)

接客・営業職、7割強がプライベートなSNSアカウントを「顧客に聞かれて教えたことがある」
ワークスモバイルジャパンが、「接客・営業職におけるプライベートSNSアカウントの業務利用実態調査」の結果を発表。ビジネスシーンでも、「LINE」などのプライベートなSNSアカウントがコミュニケーションに利用されている実態が改めて明らかになった。(2017/4/5)

多機能ペット見守りカメラ「Pawbo+」 コミュニケーション、おやつ、レーザーねこじゃらしなど 日本エイサーから
日本エイサーがペット用の多機能見守りカメラ「Pawbo+」(パウボプラス)を取り扱う。(2017/4/4)

BIGLOBEスマホにTCL製「Alcatel PIXI 4」が登場 月額1320円(税別)から
ビッグローブは、高速モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM」とセットで提供する「BIGLOBEスマホ」の新端末にTCLコミュニケーション製「Alcatel PIXI 4」を追加。「アシストパック」を申し込むとBIGLOBE SIMの月額利用料金を含め24カ月間、月額1320円(税別)で利用可能だ。(2017/4/3)

「日経コミュニケーション」休刊 32年の歴史に幕
「日経情報ストラテジー」も休刊する。(2017/3/31)

IP電話、モバイル、音声チャットでは気にならない
置き去りにされたビジネスの“音質”問題――音声通話はもはや主役ではない?
音声コミュニケーションは、音質が重要な要件の1つだった。しかし、コンシューマー市場の変化によってその要件が変わりつつある。(2017/3/30)

日本企業が求めるワークフローとファイル共有:
PR:製造現場におけるデータ活用の在り方が変わる! 働き方改革のススメ
製造業においても業務効率化を背景に、現場作業や社外とのコミュニケーションなどに、モバイル端末とクラウドサービスを活用しようという機運が高まっている。しかし、セキュリティの観点から図面や設計資料を持ち出すべきではないという声も聞こえてくる。双方の要求を満たし、製造現場における働き方改革を実現する手段はあるのだろうか。(2017/3/28)

「Google Talk」終了へ──Googleが「ハングアウト」などコミュニケーションまわりを整理
Googleが“春の大掃除”でコミュニケーションツール関連を整理する。2005年スタートの「Google Talk」がついに終了する他、Android版ハングアウトのSMS機能削除、Gmail Labsの8つのサービス終了などだ。(2017/3/25)

JAXA、Office 365を活用した職員のコミュニケーション基盤を構築
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、職員向けのコミュニケーション基盤「JAXA Sphere」を構築。場所に依存しない柔軟な働き方で業務や研究開発の効率化、スピード向上を支援する。(2017/3/24)

動く、しゃべる、並列化する:
攻殻機動隊の「タチコマ」再現したロボット、発売
Cerevo(セレボ)が、アニメ「攻殻機動隊」に登場するキャラクター「タチコマ」を再現したコミュニケーションロボットを発表。ユーザーとの対話ができるほか、クラウドを活用して「並列化」を実現したという。(2017/3/23)

情報化施工:
ビーコンで必要情報をプッシュ配信、施工現場の情報共有を効率化
清水建設と国際航業は、建設現場で利用する情報共有システムを開発した。ビーコンを利用し、作業者の位置情報に応じて必要な情報をスマートフォンなどにプッシュ配信するのが特徴だ。作業関係者間のコミュニケーション効率の向上に役立てる。(2017/3/23)

保育園向けコミュニケーションサービス「kidsly」、リリース1年で500園に導入
リクルートマーケティングパートナーズが提供する保育園と保護者のコミュニケーションサービス「kidsly」が、リリースから1年を突破。導入決定園数は500園を超えている。(2017/3/15)

異なるコラボレーションアプローチ
「Slack」が変えたのは仕事だけじゃない、UC市場“破壊”の可能性も
「Slack」をはじめとするメッセージングプラットフォームによって、ユニファイドコミュニケーション市場が危うくなっている。本稿は、メッセージングプラットフォームが急拡大した理由について紹介する。(2017/3/10)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
神田の居酒屋にロボットが来た日――“飲みニケーションロボット”の作り方
東京・神田の居酒屋「くろきん」に卓上型コミュニケーションロボット「Sota」が登場。飲み会を盛り上げる仕掛けとして、同店の来店者増に一役買っているという。居酒屋にロボット、このプロジェクトはどのようにして始まったのか。その裏側に迫った。(2017/3/7)

情報化施工:
働き方改革を促すデジタル野帳「eYACHO」に意思疎通の新機能
MetaMoJiが建設業界向けのデジタル野帳アプリ「eYACHO」の新バージョンを発表。メンバーがリアルタイムに同時書き込み可能な共有ノートを作成できるなど「個のツール」から「チームのコミュニケーションツール」へと進化した。(2017/3/3)

運用に必要な人材の提供も:
AIを活用してコミュニケーションデータを分析するDMP、トランスコスモスが提供開始
トランスコスモスは、AIを活用して広告やチャットなどのコミュニケーションデータを分析するDMPサービス「transcosmos decode」の提供を開始した。(2017/2/23)

キャリアニュース:
企業の45%がパワハラを把握――原因はコミュニケーションの少なさ
人事担当者向け中途採用支援サイト「エン人事のミカタ」が「パワハラ」についてのアンケート調査結果を発表。45%の企業がパワハラを「把握している」と回答した。同調査では、パワハラが起きる部署の特徴や、有効な対策についても尋ねた。(2017/2/23)

外出先でもビデオ会議に集中するには
いつかは来る、もう体験済み? スマホで会社のビデオ会議に参加する際のTips
モバイル向けのビデオ会議システムがあれば、遠隔地から会議に参加するハードルが下がるかもしれない。スマートフォンでビデオ会議に参加するとき、コミュニケーションを円滑にするには幾つかのコツがある。(2017/2/21)

機動力を高めるツール活用術:
PR:多様化する「社内コミュニケーションツール」 企業が抱える導入の課題点とは?
企業の生産性を高める上で欠かせない「社内コミュニケーションツール」――。メールを始め、グループウェアやファイル共有、社内SNS、ビジネスチャットなどさまざまなツールを導入したのの、うまく活用できていないケースも見られるようだ。ツールを有効活用するためにはどうすればいいのか。(2017/2/20)

451 Researchの調査
クラウドの普及で、企業内コミュニケーションの形にも変化の兆し
デジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みが広まりつつある。一部の企業にとって、その中心にあるのは企業向けコラボレーションだ。(2017/2/17)

トヨタの小型ロボット「KIROBO mini」発売延期に
トヨタのコミュニケーションロボット「KIROBO mini」の発売時期が4月ごろに延期。(2017/2/13)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「Seiji's BAR」で社員を"お・も・て・な・し"――コミュニケーションが企業変革の鍵
会社を変革するためには、会社の戦略を社員に広く周知徹底することが必要。そのためには、経営陣と社員のコミュニケーションが重要になる。コミュニケーションにより、いかに会社を変革できるのか。その手法を紹介する。(2017/2/13)

最短20分後のトリガーメッセージ配信が可能:
「xross data」にメールとLINEへのメッセージ配信機能
セランは2017年2月9日、クラウド型マーケティングオートメーションツール「xross data(クロスデータ)」に「LINE@」アカウントとメールでのメッセージ配信に対応したコミュニケーション機能を追加した。(2017/2/10)

人工知能ニュース:
ロボットによる地域情報の発信や接客案内の実証実験を開始
大日本印刷は、AIの活用によって人とロボットとの円滑なコミュニケーションを支援する「知能コミュニケーションプラットフォーム」の実証実験を開始した。(2017/2/9)

提供:東日本電信電話株式会社
“脱電子メール”で生産性向上、実現の裏側には何がある?
今までコミュニケーションの主力プラットフォームだった電子メールの時代の終わりが近づいている。脱メールで生産性向上を果たした2つの企業の事例を紹介する。(2017/2/8)

Pepperが受け付け、ロボットアームがiPhoneの画面に保護フィルムを貼ってくれる時代
コミュニケーションが得意な人型ロボット「Pepper」と産業用ロボットアーム「duAro」を組み合わせて、店舗や事務所などでのロボット活用の可能性を摸索する取り組みがスタート。(2017/2/7)

会話に込められた感情をAIが読み取って表示 コミュニケーション補助アプリをMITが開発
腕時計型端末が読み取った心拍数などのデータと、会話の言葉を組み合わせてAIが分析。(2017/2/6)

LINEとつながる新サービス:
ビジネス用チャット「LINE WORKS」 何が違う?
LINEとワークスモバイルが、ビジネスチャット「LINE WORKS」を提供開始する。LINEと相互接続し、社内コミュニケーションと顧客対応の両方で使用可能だ。(2017/2/3)

LINEとつながるビジネスチャット「LINE WORKS」は何がすごいのか
LINEとワークスモバイルジャパンが、LINEユーザーともセキュアな形でコミュニケーションが取れるビジネスチャットアプリ「LINE WORKS」を発表した。ビジネスチャットアプリの中でも圧倒的な競争力を持つことになる。(2017/2/3)

ベスパのメーカーが荷物運搬ロボットを開発 自律走行とコミュニケーション機能で外出をサポート
約18キロの荷物を積み、最高時速約35キロで走ります。(2017/2/1)

協働ロボット:
共に働く相棒をレンタル、オリックスが協働ロボットのショールーム開設
計測器レンタルなどを展開するオリックス・レンテックは、協働ロボットやコミュニケーションロボットに特化したショールーム「Tokyo Robot Lab.」を開設。最新型の協働ロボットをマルチベンダーで展示し、ロボット購入に負担を感じている製造業などにレンタルでの活用を訴求する。5年後に売上高150億円を目指す。(2017/2/1)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第3回:
漫画「おべんじょ物語」に学ぶ、問題解決のためのコミュニケーションデザイン
駅の女子トイレに掲示されたある漫画がじわじわと話題になっている。制約の多い施策がリアルとネットで結び付き、課題解決の一助となるには何が必要なのか。制作チームに話を聞いた。(2017/2/6)

開発陣に聞く:
“秘書”が耳に住んでいる感覚――「Xperia Ear」が単なるヘッドセットじゃない理由
スマートフォンではない「Xperia」が存在することをご存じだろうか。「Xperia Ear」は、声と耳を使ってコミュニケーションをするスマートプロダクト。その開発意図を、ソニーモバイルに聞いた。(2017/1/27)

SIM通:
VRヘッドセットが付属!VR映像やYouTubeも楽しめる「IDOL4」
TCLコミュニケーションが発売したSIMフリースマートフォン「IDOL4」。標準でVRヘッドセットが付いて、ゲームや360度映像などのVRコンテンツが楽しめる。今回はこのIDOL4をチェックしてみたいと思います。(2017/1/26)

離れて暮らす家族と音声メッセージでコミュニケーション ぬいぐるみ型ロボット「ここくま」が1月25日に発売
既読機能によって確認・見守れる機能も付いています。(2017/1/20)

テレパシー、動物コミュニケーション──時代を先取りしたGoogle Glass開発者が語る、ウェアラブルデバイスの未来
ウェアラブルEXPOの基調講演に「Google Glass」開発に携わった、米ジョージア工科大学のサド・ スターナー教授が登壇。ウェアラブルの未来を語った。(2017/1/20)

中途半端に規制をすると“シャドーIT”がはびこる――ビジネスチャットが企業に必要な理由
LINEのように、スマートデバイス上で手軽かつリアルタイムにコミュニケーションが取れるチャットがビジネスシーンでも求められている。しかし、LINEをそのまま使うのは情報セキュリティ上のリスクになる。この問題を解決するには、ビジネスチャットの導入が必要だ。(2017/1/20)

業界のトレンドを読む
2017年のUCは「AI」と「メッセージング」に注目せよ
2017年はどのようなトレンドが企業に影響を与えるのか。ユニファイドコミュニケーション(UC)業界のアナリストらによると、AI(人工知能)やメッセージング、クラウドインフラなどに注目する必要がありそうだ。(2017/1/18)

図研プリサイト/東洋ビジネスエンジニアリング EM-Bridge:
「設計」と「製造」の連携強化を実現し、製品力・収益力の向上を可能にするコミュニケーション基盤
図研プリサイトと東洋ビジネスエンジニアリングは、製造業のバリューチェーンにおける設計と製造をつなぐモノづくりコミュニケーション基盤「EM-Bridge」の販売を、2017年2月1日から開始すると発表した。(2017/1/11)

ロボット開発ニュース:
パナソニックが卵型の卓上ロボットを開発、卵の殻を開閉してコミュニケーション
パナソニックは、人とのコミュニケーション機能を持った卓上パートナーロボットを開発した。卵の殻を開いたり閉じたり、子どものような声を使ったりして、現実に存在する生き物のような雰囲気を実現したという。自然言語生成技術を利用した会話も可能だ。(2017/1/5)

学校と保護者の“不”を解決する――連絡サービス「うさぎノート」の狙いを聞く
学校から保護者への連絡サービス「うさぎノート」。プリントを作る先生の負担を減らし、保護者に直接お知らせが届く便利なサービスとして広がりを見せている。一方通行のシンプルなサービだが、先生と保護者、家族のコミュニケーションを活性化させるきっかけにもなっている。(2016/12/22)

「140文字」じゃなく「14文字」でコミュニケーションしていた僕たち
ポケベル。Twitterの10分の1、たった「14文字」であの頃何を伝えあっていたのでしょうか。(2016/12/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。