ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コミュニケーション」最新記事一覧

コカ・コーラ初のコミュニケーションロボ「CoRoBo」 USJに登場
コカ・コーラのコミュニケーションロボット「CoRoBo」がUSJに期間限定で登場。(2016/9/26)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(21):
職人はコミュニケーションをとるのが上手?――エンジニアが生涯「職人」として働く4つのポイント
もしあなたが、生涯「職人エンジニア」として働きたいなら、他の「職人」の特徴を取り入れてみるといいかもしれません。仕事の不満や悩みを解消するヒントをお届けする本連載。今回のテーマは「『職人エンジニア』として働くためのキャリアデザイン」です。(2016/9/21)

スマートデバイス固有の機能を活用する
“1つ上”のモバイルアプリ開発でわが社も「Uber」のようになれる?
高度なビジネスアプリを構築するため、IT部門は位置データ、統合されたコミュニケーション、特殊なセンサーなど、スマートバイスの最新機能を取り入れる必要がある。(2016/9/21)

「拡張少女系トライナリー」主役は現役JCのたけだまりこ「みなさんも拡張してください」
「実在しているかのようなキャラクターとコミュニケーションをとり、助け合って物語を進めていくことを突き詰めたい」(土屋暁)(2016/9/18)

R25スマホ情報局:
利用率9割だけど…LINE利用しない人、その理由とは?
今やコミュニケーションツールとして欠かせない存在となりつつある「LINE」。利用していない人がかなりの少数派になっている現在、それでも使っていない人の理由は?(2016/9/15)

チャットツールは成熟期に突入した
チャットツール「Slack」の快進撃が止まらない、UC市場も侵食か
チームチャットアプリケーションの機能が豊富になるのに伴い、企業での利用が広がり始めている。同時に、本格的なユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォームとの境界線も曖昧になりつつある。(2016/9/14)

女子ヘルプデスク今昔物語 第11話:
「敬語なんて必要ない!」な新人にパニック寸前?
何となく消化不良の中始まった、コミュニケーション研修の二日目。ビジネスパーソンとして基本のコミュニケーションを教えていたら、新人からの意外な質問で大慌て。一体これはどうすれば……?(2016/9/9)

全米オープンテニスで活用:
Twitter、「Periscope」と動画広告を利用した新コミュニケーション手法を発表
Twitterは、実況アプリ「Periscope」と同社の広告プログラム「Twitter Amplify」を利用した広告手法を発表した。テニス全米オープンで採用され、広告主と利用者との会話をより促進するという。(2016/9/5)

Weekly Memo:
「ワークスタイル改革」なしに企業の成長はない? 企業がこぞって取り組む理由
富士通と日本マイクロソフトが「グローバルコミュニケーション基盤」の普及促進に向けて連携強化を図った。その内容には、企業におけるデジタルトランスフォーメーションの進め方のヒントがあった。(2016/9/5)

成熟市場にも変化
ユニファイドコミュニケーションツールを通話機能重視でランキング、“リーダー”を維持した4社?
Gartnerによるユニファイドコミュニケーション(UC)の2016年のマジッククアドラントは、通話機能が重視されたことでベンダーの配置に変化が現れた。(2016/9/5)

Gmailで最近見かける「赤いアイコン」の正体:
PR:「盗聴」のリスクにさらされるメール、SSL/TLSを用いた暗号化で守る方法とは?
最近Gmailで見慣れない赤いアイコンが表示されているのを目にして、「これは何だろう」と疑問を抱いた人もいるのではないだろうか。これはメールが盗聴(盗み見)のリスクにさらされていることを示す印だ。コミュニケーション手段として不可欠なメールだが、その内容を保護するにはどんな方法が最適だろうか。(2016/9/5)

富士通グループ16万人への導入ノウハウを活用:
富士通とマイクロソフト、「グローバルコミュニケーション基盤」の導入促進で連携強化
富士通と日本マイクロソフトが、従業員/オフィスのワークスタイル変革を実現するグローバルコミュニケーション基盤の導入促進に向けて連携を強化する。(2016/9/2)

トレンドキーワードを知る:
コンテンツマーケティング――顧客のニーズに最適なコンテンツを提供し、見込み客を呼び込む
顧客のニーズに最適な一貫性のあるコンテンツを提供し続けることにより、ロイヤルカスタマーを育てていくマーケティング手法。ターゲットを明確にし、関心の高い情報とコミュニケーションで顧客を呼び込む。(2016/9/2)

社員16万人に「Office 365」を導入する富士通、その狙いは?
富士通がOffice 365ベースの社内情報共有クラウドを全従業員16万人に導入する。社内実践で得た知見を基に、コミュニケーション基盤の拡販を図りたい考えだ。マイクロソフトとの協業も強化するという。(2016/9/2)

約40の生産者団体が出店:
ぐるなび、「うめきた」で青空市場 TPPにらみ「稼ぐ農業」を都会で
ぐるなびが、農産物などを生産者に直接販売してもらう取り組みを強化している。青空市場を開催し、生産者と消費者に“食”を通したコミュニケーションの場を創出。食材のおいしい食べ方などの情報発信を目指す。(2016/9/2)

ICカードに宿る少女とおしゃべり カプコン、「Suica」乗車履歴と連携するゲーム「めがみめぐり」システム公開
カプコンが、交通系ICカードと連携するニンテンドー3DS向けゲーム「めがみめぐり」のシステム詳細を発表。ICカードに宿った少女「ツクモ」とのコミュニケーションが楽しめる。(2016/9/1)

Google+は「Google for Work」のコアに──Googleが3つの更新を発表
Googleが、ソーシャルサービス「Google+」のデフォルトを「新しいGoogle+」にシフトし、「コレクション」および「コミュニティ」をGoogle Appsユーザーの組織内コミュニケーションの場にすると発表した。(2016/8/31)

PR:海外旅行の強い味方に――電話で通訳してもらえる「J-TALK Travel」を活用しよう
海外旅行で不安に感じる「言葉の問題」を解決してくれるサービスが「J-TALK Travel」。アプリから電話をかけてオペレーターに通訳してもらえるので、会話に自信がないときでも安心。荷物の盗難や紛失など、いざというときのコミュニケーション手段にもなる。(2016/8/31)

クラウド経由でロボットを賢く NTT東日本「ロボコネクト」始動
コミュニケーションロボットに会話機能などを追加できるクラウドサービス「ロボコネクト」をNTT東日本が発表。介護施設などでの活用を見込む。(2016/8/30)

情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題(2016年):前編
社内コミュニケーションツール利用状況、比較で分かる大企業と中堅・中小企業の違い
キーマンズネットは、ITによる情報共有とナレッジマネジメントの課題に関するアンケート調査を実施。企業規模によって、情報共有ツールの使い分けの傾向が見えてきた。(2016/8/30)

自動運転技術:
カワサキがライダーと会話する二輪を開発、AIでアドバイスからセッティングまで
川崎重工は、人工知能(AI)や情報通信技術を活用してライダーと意思疎通が可能な次世代の二輪を開発する。コミュニケーションを重ねることでライダーの個性を車両に反映させ、カワサキらしい運転の楽しさを進化させていく。(2016/8/26)

女子ヘルプデスク今昔物語 第10話:
新入社員の“コミュ力”、どう鍛えればいい?
「いいコミュニケーションってどんなもの?」を教える研修の時間がやってきた。個人的にコミュニケーションに正解はないと思っているんだけど、それでも教えなきゃいけない……。一体どう教えればいいんだろう?(2016/8/26)

視点:
デジタルによる「対話」の革新
デジタルの進化は人間のコミュニケーションのあり方を変えた。これまでの購買情報を基盤としたユーザー接点は飛躍的に拡大。IoT等により、常にユーザーに寄り添う企業の存在を可能にした。(2016/8/25)

電力供給サービス:
守から攻へ、東電がスマートホーム用IoTサービスでソニーと提携
東京電力エナジーパートナーとソニーモバイルコミュニケーションズはスマートホーム分野において、IoTを活用したサービス開発と提供で業務提携する。(2016/8/24)

セルフサービスBIの「光と闇」(後編):
機能ばかり見ていると、セルフBIの導入は必ず失敗する
さまざまなツールがある中で、どのようにしてBIツールを選べばよいのか。ガートナーの堀内氏は、ツールだけで考えるのではなく、データ活用の体制と業務部門のコミュニケーションがそのカギを握ると話す。(2016/8/24)

世界108カ国で利用できる4G対応モバイルWi-Fiルーター「Jetfi」提供開始
MAYA SYSTEMとグローバル フューチャー コミュニケーションは、モバイルWi-Fiルーター「jetfi」の提供を開始した。世界108カ国で4G通信が可能で、1日500MBまで利用できる。(2016/8/23)

PR:自社内・国内外拠点との情報共有がここまで楽になる! その新手法とは?
情報共有とは何か? 要は連絡を密にすることで、連絡相手との齟齬(そご)を無くす作業と言える。だが、やりとりの過程では誤解や無駄が生じることもある。情報共有で重視されるコミュニケーショントラブルの回避。この自社内や拠点間での情報共有、ファイル共有をスムーズに流れることを目指しているのが、ダイレクトクラウドが提供する「DirectCloud-BOX」である。(2016/8/23)

「LINE」アプリ上で自社のユーザー獲得やプッシュメッセージ配信を実現:
「LINE」と企業のWebサービスを連係する「Official Web App」、一部機能を提供開始
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」を企業のWebサービスと連係させてユーザーのシームレスなサービス利用を実現する「Official Web App」を、今秋の本格ローンチに先駆け一部提供開始した。(2016/8/22)

国内代理店として初:
CyberZが「Snapchat」広告の取り扱いを開始
サイバーエージェント子会社のCyberZは、米国向けにコミュニケーションプラットフォーム「Snapchat」の広告取り扱いを開始したと発表した。(2016/8/22)

“伝える”授業でスマートグラス活用:
小学生が若手技術者と製品開発――その狙いと可能性
スマートグラスという最先端の情報機器を使って小学生が製品開発を体験。「誰に、どのように伝えれば関心や理解を得られるか」というコミュニケーションのあり方について学ぶと同時に、サポート側の若手社員にもコミュニケーションスキルの向上効果をもたらしている。(2016/8/9)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
食べ放題!飲み放題!世界一のコミュニケーションスペースを目指すオフィス
無料、無料、無料! 飲食物がすべてタダのオフィスで食べ尽くす? “個展”も開催するほど有名アートが溢れる渋谷系オフィスを内山信二が潜入レポート!(2016/8/6)

ジョーシス:
人付き合いは“全方位OK”の情シス女子 システムと現場の橋渡し役になりたい! 松本華奈さん
情シスとして働く女子の仕事やライフスタイルに迫る、情シス女子シリーズ。今回登場するのは、ファッションのECサイトを運営するベンチャー企業で情シスとして働く松本華奈さん。コミュニケーションを心から楽しみ、ストレスはキックボクシングですっきり発散するという彼女の情シスライフは?(2016/8/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーこそ「小説」を読もう!!
経営者やリーダーの職についている人は読書をする機会も多いだろうが、先日『アクションリーディング』を上梓した赤羽雄二さんは、リーダーこそ「小説を読んだほうがよい」と提案する。また、コミュニケーションに関する本についても勧めている。その理由はどこにあるのだろうか?(2016/7/28)

アピールの誤解――土下座で交際してくれることはありません
2017年の就活もピークを過ぎましたが、まだ内定がなく活動中の学生もいることでしょう。最終面接に限らず意欲のアピールは重要ですが、意欲のカラ回りで内定は取れません。戦略的コミュニケーションでは目的達成こそ重要なのです。(2016/7/25)

機能統合の流れから一変
「ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービス「Allo」と「Duo」とは
新しいコミュニケーションアプリケーションとして「Allo」と「Duo」を発表したGoogle。これをきっかけに、コミュニケーションサービスを消費者向けと企業向けに分ける可能性がある。(2016/7/21)

ChatOpsで進化するIT部門のコミュニケーション【最終回】
LINE、Facebook、MSが注目する未来型コミュニケーション「ChatOps」の仕組み
ITベンダーが続々と発表しているボットフレームワークに焦点を当て、その活用方法を紹介する。また、チャットとChatOpsとの関係を簡単なサンプルコードを示しながら解説する。(2016/7/20)

イベント参加で通信料が無料になる格安SIM「AIRSIMモバイル」開始――初期費用無料キャンペーンも
エア・コミュニケーションは、7月19日にMVNOサービス「AIRSIMモバイル」を提供開始。提携イベント参加で翌月の通信料が無料になり、先着2000人を対象とした初期費用無料キャンペーンも行う。(2016/7/19)

受付嬢からヒューマノイドまで! アニメ・映画の未来を体感できる「暮らしとロボット展」が新宿高島屋で開催
将棋代指しロボット「新電王手さん」やコミュニケーションロボット「テレノイド」が登場します。(2016/7/14)

ガートナーが予測
ユニファイドコミュニケーションで社内の“壁”を撤廃、今後は仮想秘書が付く時代に?
スマートフォンやクラウドを背景に着実な広がりを見せるユニファイドコミュニケーション。今後、日本での普及はどうなるのか、ガートナーに今後の展望を聞いた。(2016/7/14)

ニートを戦力に 採用活発化 「コミュニケーションが苦手なだけで……」
東京中小企業家同友会は人手不足対策の一環として、ニートの戦力化の検討に乗り出した。(2016/7/11)

リクルートの「kidsly」がリリース3カ月で導入100園を突破
リクルートマーケティングパートナーズが提供する保育園と保護者のコミュニケーションサービス「kidsly」が、リリース3カ月で導入100園を突破した。(2016/7/8)

好調企業のオフィス改革:
なぜ楽天は二子玉川に移転したのか?
ITmedia ビジネスオンライン主催のセミナーイベント「好業績企業に学ぶ 企業コミュニケーション戦略」が大阪市内で開催。楽天や乃村工藝社がオフィス改革の成功事例などを紹介した。(2016/7/7)

PR:ぎこちない遠隔会議にサヨナラ! アイデアが次々飛び出す“自然な会話”を実現 今までにない形のビデオ会議ツール「Centro」
ビジネス現場でビデオ会議の活用が進みつつある。だが、ちょっとした雑談やブレストなど、気軽なコミュニケーションには不向き。そんな使いづらさを解消するのが、ポリコムのビデオ会議システム「Polycom RealPresence Centro」だ。(2016/7/5)

無償設計ツールで「つながる」「学ぶ」:
PR:モノづくりの世界を広げるコミュニケーションプラットフォーム
ソリッドワークスは3次元CADツール「SOLIDWORKS」のトライアルや学習、利用者同士のコミュニケーションなど、あらゆる情報を集約したサイト「MySolidWorks」の日本語版を2016年に公開した。ソリッドワークスはこのサイトだけでなく、ビジュアライゼーションツールや子供のための設計ツールなど、コミュニケーションとモノづくりを盛り上げるプラットフォームとなるような製品、サービスを提供し続けている。(2016/7/1)

Microsoft、買収で「Office 365」を強化
「LinkedIn+Skype」がビジネスの新標準ツールになると予想する人々
アナリストたちは、Microsoftが「LinkedIn」に「Skype for Business」のユニファイドコミュニケーション(UC)機能を組み込むものと予想している。実現すればユーザー間のコミュニケーションが広がりそうだ。(2016/6/30)

シード・プランニング ロボット市場予測:
介護や見守りで普及が見込まれるコミュニケーション&テレプレゼンスロボット
シード・プランニングは、「コミュニケーション&テレプレゼンスロボット」に関する調査を実施し、結果レポートの概要を発表した。(2016/6/29)

日立が社員の「幸福感」高めるAI開発 時間の使い方などアドバイス
首からぶら下げて使用する名札型の端末、ウエアラブルセンサーを通じて各社員の行動データを収集し、職場での円滑なコミュニケーションや時間の使い方などをアドバイス。(2016/6/28)

「もう、メールには戻れない」 イシンホーム、コミュニケーション改革の成果は
どうしたら社内外の関係者2000人と効率よくコミュニケーションできるか――。そんな課題から“脱メール”に踏み切ったイシンホーム。現場スタッフに「もう、元には戻れない」といわせた導入効果とは。(2016/6/28)

「Slack」だけではないChatOpsツール
「チャット×ボット」とは? 新たなIT運用が生まれる“やっぱりな理由”
チャットをコミュニケーション手段や日常業務の管理に使う企業が増えている。実際、どのように活用しているのか紹介する。(2016/6/22)

プロジェクト成功確率向上の近道とは?(3):
残業も減らせる!? 上級エンジニアになるためのDesign Doc超入門
ITシステム開発の問題点の一つであるコミュニケーションの失敗。本連載では、これを防ぐ方法としてお勧めしたい3つのドキュメントを紹介していく。今回は、「技術視点」のドキュメントとして、2000年代以降注目されている「Design Doc」について解説します。(2016/6/21)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。