ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ユニファイドコミュニケーション」最新記事一覧

特選プレミアムコンテンツガイド
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
働く場所を自由に選べるワークスタイル変革を実現する方法として「サービスとしてのユニファイドコミュニケーション」(UCaaS)が注目されている。UCaaS製品は、どのような観点で選べばいいのだろうか。(2016/12/2)

各社のUCアプリがiOSデバイスとの連係を強化
iPhoneの「電話」から通話アプリ発信が可能に、iOS 10のAPI「CallKit」とは
長らくiOSデバイスとユニファイドコミュニケーションのアプリケーションが連係されていなかった。Appleが「iOS 10」で解放した新API「CallKit」でその状況はどのように変わるのだろう。(2016/11/10)

急成長するチームメッセージング市場
人気のSlackに挑む「Cisco Spark」、単なるチャレンジャーで終わらない7つの理由
「Slack」対抗といわれるCiscoの「Cisco Spark」は、まだ多くの企業で使われていないが、これからのユニファイドコミュニケーション市場に大きな影響を及ぼす可能性がある。(2016/10/13)

ホワイトペーパー:
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
大企業を対象とするユニファイドコミュニケーション市場では、CiscoとMicrosoftがシェアの大半を占めている。この2社が提供するサービスの違いを紹介する。(2016/9/21)

チャットツールは成熟期に突入した
チャットツール「Slack」の快進撃が止まらない、UC市場も侵食か
チームチャットアプリケーションの機能が豊富になるのに伴い、企業での利用が広がり始めている。同時に、本格的なユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォームとの境界線も曖昧になりつつある。(2016/9/14)

成熟市場にも変化
ユニファイドコミュニケーションツールを通話機能重視でランキング、“リーダー”を維持した4社?
Gartnerによるユニファイドコミュニケーション(UC)の2016年のマジッククアドラントは、通話機能が重視されたことでベンダーの配置に変化が現れた。(2016/9/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?
大企業を対象とするユニファイドコミュニケーション市場では、CiscoとMicrosoftがシェアの大半を占めている。この2社が提供するサービスの違いを紹介する。(2016/8/12)

ガートナーが予測
ユニファイドコミュニケーションで社内の“壁”を撤廃、今後は仮想秘書が付く時代に?
スマートフォンやクラウドを背景に着実な広がりを見せるユニファイドコミュニケーション。今後、日本での普及はどうなるのか、ガートナーに今後の展望を聞いた。(2016/7/14)

Microsoft、買収で「Office 365」を強化
「LinkedIn+Skype」がビジネスの新標準ツールになると予想する人々
アナリストたちは、Microsoftが「LinkedIn」に「Skype for Business」のユニファイドコミュニケーション(UC)機能を組み込むものと予想している。実現すればユーザー間のコミュニケーションが広がりそうだ。(2016/6/30)

ユニファイドコミュニケーションの一部の機能から導入
「UC機能を卓上電話で利用」、パナソニック新製品は中小企業のコミュニケーションを変えるか
中堅・中小企業では、従来型の電話を使ってユニファイドコミュニケーションを導入する流れがきているようだ。パナソニック新製品の機能とは。(2016/6/8)

「メモ取り」だけじゃない
いまだに知られていない「オンラインホワイトボード」の効果、オフライン会議との違いは?
メモ取りにプレゼンテーションにラフスケッチと、オンライン会議においてもホワイトボードは重要だ。ユニファイドコミュニケーションにおけるオンラインホワイトボードの役割について、専門家が説明する。(2016/5/19)

ホワイトペーパー:
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
Microsoftは2015年4月、企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。変更の意図とは。また、今後実現しようとしていることとは。(2016/5/11)

従業員の勤務時間は長くなるが……
社長は、なぜ「リアルタイムコラボツール」を使いたがるのか?
従業員が働く場所を自由に選べる職場環境がトレンドとなり、リアルタイムコラボレーションツール、特にサービスとしてのユニファイドコミュニケーション(UCaaS)は企業にとって必須のツールとなりつつある。(2016/4/28)

特選プレミアムコンテンツガイド
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
Microsoftは2015年4月、企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。変更の意図とは。また、今後実現しようとしていることとは。(2016/4/15)

バッテリー、ネットワーク、便利なアプリ
ノートPCだけでは危うい、テレワーク“三種の神器”とは?
企業のモバイル活用は果てしない可能性を秘めている。その力を十分活用するには、従業員が適切なモバイルユニファイドコミュニケーションツールに常時アクセスできることが条件だ。では、実現のための必須条件とは?(2016/4/4)

戦いの場はクラウドに移行
「Cisco vs. Microsoft」、あなたの企業に向いているユニファイドコミュニケーションの選び方
2015年12月にクラウドでのコラボレーション機能を強化する計画を発表したCiscoとMicrosoft。両社の製品は重複する機能も多いが企業はどのような観点で製品を選べばいいのだろうか。(2016/3/10)

主要9ベンダーの製品を比較
「サービスとしてのユニファイドコミュニケーション」主要製品を調査して分かった選択のポイントとは
次世代のUCとして注目されている「サービスとしてのUC」(UCaaS)。本稿では、事業規模やサポート、サードパーティー製アプリとの統合などの4つを基準に、製品を調査した。(2016/3/1)

「for Business」の威力を知る
あなたの知らない「Skype」の進化、有料のサーバ版は何が違う?
音声通話にインスタントメッセージなど連絡手段を統合した「ユニファイドコミュニケーション」の利用がビジネスで増えていえる。移行が容易で充実したサポートで注目のツールを確実に導入できるTipsをまとめてみた。(2016/2/7)

コミュニケーションツールの統合で生まれる新しい価値
ワークスタイル変革を推進する「ユニファイドコミュニケーション」の真価とは?
電話やFax、メールにチャット。多様化するツールにオフィスは大混乱。複雑化するビジネスコミュニケーションの悩みを「アオイ・ミライX」が解決に導きます!(2016/1/29)

導入に当たる3つの注意点も解説
UCで職場はどう変わるのか? 円滑導入の秘訣を探る
ワークスタイル変革の基盤にもなり得る「ユニファイドコミュニケーション(UC)」だが、導入効果が見えにくいともいわれる。UC導入で業務効率の向上を実現した事例を紹介する。(2015/9/29)

アイ・ティ・アールが予測
次世代技術で変わる働き方、ユニファイドコミュニケーションの新しい形とは
今後も成長が期待されるユニファイドコミュニケーション市場。同市場の課題や今後登場するであろう技術についてアイ・ティ・アール シニア・アナリストの舘野真人氏に聞いた。(2015/7/27)

ガートナーが予測
PHSが意外に人気? ユニファイドコミュニケーションの普及が進まない理由とは
多くのベンダーがコミュニケーションを促進するためさまざまな製品を提供しているUC市場。だが、意外に普及が進んでいない。ガートナーにその理由と今後の展望を聞いた。(2015/6/29)

楽天の新オフィス「クリムゾンハウス」がなんかすごそう ユニファイド・コミュニケーションを強化しイノベイティブな発想を促進ってどういうことなの
つよそう。(2015/6/22)

IDC Japanが予測
4年後の国内UC市場はどうなる?――キーワードは“ファイル同期”
国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場は、年々拡大している。拡大の裏には、何が起きているのか。市場の現状や注目すべき分野についてIDC Japanの眞鍋 敬氏に聞いた。(2015/6/11)

音声や動画を自動的に優先制御
“使いものになるユニファイドコミュニケーション”、実現の鍵はSDNにあり
リアルタイムのコミュニケーションにSDNを使うことで、ユニファイドコミュニケーションにおけるパフォーマンスの問題を解決できるかもしれないといわれてきた。そして、この見込みは現実のものになりつつある。(2015/6/2)

NEWS
「Skype for Business」始動 日本マイクロソフトが発表
ユニファイドコミュニケーション基盤製品「Microsoft Lync」。全世界3億人が使用するコミュニケーションツール「Skype」と統合し、「Skype for Business」として再始動する。(2015/4/21)

できる「ユニファイドコミュニケーション」【第2回】
現場が喜んで使うUC製品の条件は? 主要2社に聞く
一口に「ユニファイドコミュニケーション(UC)」といっても、提供されるサービスによって性質は異なる。今回は2大UCベンダーに自社製品の目指す方向性と導入の成否を分けるポイントを聞いた。(2015/2/25)

できる「ユニファイドコミュニケーション」【第1回】
“残念”と言われないユニファイドコミュニケーション導入の進め方
「ユニファイドコミュニケーション(UC)が現実味を帯びつつある。だが、システムを導入しただけで十分に使いこなせていない企業も多い。成功と失敗を分ける鍵はどこにあるのか。(2015/1/15)

ユニファイドコミュニケーション(UC)をめぐる戦いの行方
CiscoとMicrosoft、UCの共通課題は“スマホ対応のカイゼン”
米Cisco Systemsと米Microsoftはモバイル市場のシェアを巡って争っている。だが、どちらのモバイルユニファイドコミュニケーション(UC)プラットフォームにも改善の余地はある。(2014/12/12)

もうPBXなんていらない!?
Microsoftウオッチャーが注目する急成長製品「Lync」の真価
米Microsoftの「Lync」はユニファイドコミュニケーションに大きな変化をもたらす可能性がある。だが、企業は本当に旧来のPBX(構内電話交換機)システムと決別できるのだろうか。(2014/9/16)

激化するUC市場のシェア争い
Windows、Officeだけではない Microsoftが勝ち続ける分野とは?
米Infonetics Researchの最近のリポートによると、2014年第1四半期のユニファイドコミュニケーション(UC)市場では米Microsoftが最大の売上高を記録。米Ciscoが小差で続いた。(2014/7/31)

ホワイトペーパー:
失敗しないビデオ会議導入のための8つのアプローチ
さまざまなコミュニケーション手法を統合し、ビジネスプロセスに連携することで多くの効果を生むユニファイドコミュニケーション(UC)。本コンテンツではUCの中でも特にビデオ会議に着目し、ビデオ会議でエンドユーザーの支持を獲得する8つのアプローチを紹介する。(2014/7/22)

2013年のUC市場は3.9%増、2014年以降も成長は続く――IDC Japan
IDC Japanによると、2013年の国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場の規模は前年比3.9%増の2052億円となった。(2014/6/4)

NEWS
2018年の国内ユニファイドコミュニケーション市場規模は2370億円、IDC Japanが予測
IDC Japanが国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場について2013年の分析と2014〜2018年の市場予測を発表した。(2014/6/4)

日立システムズがオススメする Microsoft Lync
ユニファイドコミュニケーションを成功に導く3つのポイント
ビジネスの成功を左右するといっても過言ではないコミュニケーション。その仕組みを効率よく構築・運用するのが「ユニファイドコミュニケーション(UC)」。だが、導入の仕方を間違えると、真価を発揮できない……。(2014/6/3)

「Lync」「Jabber」の“いいとこ取り”が最適解
「MicrosoftはCiscoの競合ではなかった」説、UC市場で浮上
「Microsoft Lync」と「Cisco Jabber」。ユニファイドコミュニケーション市場の有力製品であるこの2製品は、二者択一ではなく相補的な関係にあるという見方がある。(2014/5/15)

ユニファイドコミュニケーションの未来は?
徹底入門:アンテナを張っておきたいモバイル通信の新規格
本稿では、モバイル通信の規格と、モバイルコラボレーションにインパクトを与えそうなユニファイドコミュニケーションの新しい規格の概要を説明する。(2014/3/18)

導入事例:
東芝、グループのコミュニケーション基盤をクラウドで構築
東芝グループではユニファイドコミュニケーション基盤を「Microsoft Lync」とKDDIのクラウド基盤サービスで構築した。(2014/1/27)

2014年のUC/コラボレーション市場
「誰とつながっているか」情報も活用 社内コラボツールはどこへ向かう?
社内コミュニケーションを円滑にするユニファイドコミュニケーションツールの今後の機能で欠かせないのは、ソーシャルツールとの統合だ。2014年の動向を占う。(2014/1/15)

ホワイトペーパー:
デスクトップ仮想化とUCの連携基盤に求められる技術要素とは
デスクトップ仮想化とユニファイドコミュニケーション(UC)ソリューションの連携利用により、エンドユーザーのコンピューティング環境とコミュニケーション環境を提供する真の仮想ワークスペースを構築することができる。(2014/1/7)

KDDIとCisco、ユニファイドコミュニケーションサービスを展開
2社は中堅企業を対象に、クラウドベースのユニファイドコミュニケーションサービスを提供する。(2013/9/9)

UCのクラウド化はこれで進むか?
レガシーユーザーも飛びつく「ばら売りクラウドUC」の納得度
ユニファイドコミュニケーション(UC)のクラウドサービス「UCaaS」。多くのユーザー企業がUCインフラのクラウド移行にためらう中、UCaaSは普及するのだろうか? 鍵は機能の“ばら売り”にある。(2013/9/3)

各サービスの中心となるか
Googleウォッチャーが目を離さない「ハングアウト」動向
Googleがユニファイドコミュニケーションツールである「ハングアウト」の機能を拡張し、Googleの各サービスを統合しようとしている。同社の動きは他のコミュニケーションツールにどう影響を与えるのか。(2013/8/13)

Cisco、侵入検知ソフトなどの脆弱性に対処
Unified Communications Managerの脆弱性については、フランスのセキュリティ企業が6月に実施したデモで、サーバを完全に制御できることを実証したという。(2013/7/19)

BYODで変わるコミュニケーション
次に来る「スマートフォンIP電話」、その先進事例は
業務でスマートフォンやタブレットを使うことが一般化すると音声通話の形も変わるかもしれない。ユニファイドコミュニケーションの先進的な事例を紹介する。(2013/5/30)

Google、統合メッセージング機能「ハングアウト」を発表 iOSアプリも提供
「Babble」あるいは「Babel」という名称で発表されるとうわさされていたGoogleの統合メッセージングサービスは「ハングアウト」という名称になり、Android、iOS、Chrome版のアプリも公開された。(2013/5/16)

ロールベースでアクセス制御ができるコラボレーションスイート
日本アバイアは、企業向けユニファイドコミュニケーションツール「Avaya Aura Suite Licensing」を2013年3月4日から提供開始する。従来の同社ユニファイドコミュニケーションツールと違い、ライセンス体系はユーザーライセンスを採用、導入のしやすい価格設定で提供するとしている。(2013/2/12)

ユニファイドコミュニケーションの波が来た――アバイアが製品体系を刷新
2012年にビデオ会議メーカーのRadvisionを買収したAvayaが、ユニファイドコミュニケーション製品の新たな提供体系を発表した。(2013/2/8)

進化を遂げる、デル×日本マイクロソフトのUCソリューション
見えないコストも削減する、ユニファイドコミュニケーション最前線
多くの企業が事業継続性の重要性を認識し、スマートデバイスやクラウドなど新たな企業ITのトレンドが生まれている。それらの要件に応えるべく進化したユニファイドコミュニケーションが、本格的な普及段階にある。(2012/11/30)

NEC、法人向け統合コミュニケーションツール「UNIVERGE 3C」発売
電話やビデオ会議、プレゼンス管理、インスタントメッセージといった各種コミュニケーション機能を包括的に提供するプラットフォームをNECが発売した。(2012/11/6)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。