ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SO706i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SO706i」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、ソニー・エリクソン製「SO705i」「SO706i」のソフト更新を開始
NTTドコモは、ソニー・エリクソン製のiモード端末「SO705i」「SO706i」のソフトウェアアップデートを開始した。iモード利用時に画像ファイルを送信できない不具合を改善する。(2011/11/17)

ドコモ、「SO706i」のソフトウェア更新を開始――海外での不具合を改善
NTTドコモは5月21日、ソニー・エリクソン製「SO706i」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。(2009/5/22)

SO705iとSO706iの2in1機能などに不具合――ドコモ、ソフトウェアアップデートを開始
NTTドコモは、「SO705i」と「SO706i」に不具合があると告知。ソフトウェアアップデートで対応する。(2009/1/20)

「SO706i」発売、価格はバリュー分割1610円/月から
ドコモの夏モデル、「N706i」と「SO706i」が発売された。価格はバリューコースの分割払いで1610円/月から、ベーシックコース一括払いで2万6880円から。(2008/7/4)

スリム&着せ替え+海外対応「SO706i」、7月4日発売
ドコモのソニー・エリクソン製端末「SO706i」が7月4日に発売される。ワンセグ、FeliCa、HSDPA、3G+GSM国際ローミングなどの機能とともに、着せ替えパネル対応のスリムボディが特徴。(2008/6/26)

SO706i購入者向け、「デコレーションキット」プレゼントキャンペーン
ソニー・エリクソンは「SO706i」購入者向けプレゼントキャンペーンを実施。抽選で200人に「クリスタルデコレーションキット」が当たる。(2008/6/23)

写真で解説する「SO706i」
世界で使えるFOMAハイスピード対応きせかえケータイにワンセグが搭載され、前モデルより1.8ミリ薄くなったのが、ソニー・エリクソン製の「SO706i」。前モデルとの違いを写真で紹介する。(2008/6/12)

世界で使える“きせかえケータイ”がワンセグを搭載――「SO706i」
ソニー・エリクソン製の「SO706i」は、好評のHSDPAや3Gローミング、Style-Upパネルによる着せ替えスタイルを踏襲しながら、新たにワンセグとGSMローミングに対応したカジュアルモデル。前モデルより1.8ミリ薄くなったスリムボディも魅力だ。(2008/5/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。