ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソニーモバイルコミュニケーションズ」最新記事一覧

2012年2月「ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ」から社名変更

KDDIも「Xperia XZ」を販売 「Xperia Ear」の取り扱いも
KDDIが「Xperia XZ」を11月上旬に発売する。カメラやバッテリーを強化した、ソニーモバイルの最上位モデル。スマホの操作や情報取得もできるイヤフォン「Xperia Ear」も扱う。(2016/10/18)

下り最大350Mbps:
カメラ強化のフラグシップモデル「Xperia XZ」、ソフトバンクから発売
ソニーモバイルの最上位スマホ「Xperia XZ」が、ソフトバンクから発売される。海外では発表されなかった「ディープピンク」が追加。アウトカメラには3つのセンサーを搭載し、暗い場所でもピントを合わせやすく、自然な色味で撮影できるようになる。(2016/10/12)

パーソナルアシスタントになるイヤフォン「Xperia Ear」、11月18日に発売【更新】
ソニーモバイルが、スマートプロダクトの第1弾「Xperia Ear」を11月18日に発売する。ペアリングしたスマートフォンを音声で操作したり、情報を取得したりできる。連携できるのはAndroid 4.4以上のスマートフォンで、iOSには対応しない。(2016/10/6)

IFA 2016:
ソニーモバイルに聞く、「Xperia XZ」の狙いとスマートプロダクトの拡大
IFA 2016で「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」、スマートプロダクト発表したソニーモバイル。これらの製品が登場した背景はどのようなものか。IFA 2016会場で行われたラウンドテーブルで話を聞いた。(2016/9/7)

IFA 2016:
Xシリーズの最上位モデル「Xperia XZ」、小型の「Xperia X Compact」発表――カメラを強化
ソニーモバイルが、Xperiaの新モデル「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」を発表。XZはXシリーズの最高位に位置付けられ、5.2型ディスプレイを搭載。X Compactは4.6型ディスプレイを搭載。2機種ともカメラに新しいセンサー技術を取り入れている。(2016/9/1)

ソニーモバイル、Xperiaシリーズの「Android 7.0 Nougat」アップデート対応について案内
Googleが「Android 7.0 Nougat」のリリースを発表した翌日、ソニーモバイルがXperiaシリーズ(グローバルモデル)の対応について発表した。2015年6月発売の「Xperia Z3+」(日本の「Xperia Z4」相当)も対象だ。実際のアップデートのタイミングなどは各キャリアの判断による。(2016/8/24)

電力供給サービス:
守から攻へ、東電がスマートホーム用IoTサービスでソニーと提携
東京電力エナジーパートナーとソニーモバイルコミュニケーションズはスマートホーム分野において、IoTを活用したサービス開発と提供で業務提携する。(2016/8/24)

開発陣に聞く:
生活と体験がクロスする――ZからXに生まれ変わった「Xperia X Performance」開発秘話
ソニーモバイルのXperiaが、2016年夏モデルで「Xperia X Performance」にリニューアルした。Zシリーズの技術を継承しつつ、本体の持ちやすさや使い勝手にこだわった。Xperia X Performanceはどのようなコンセプトの元に開発されたのか?(2016/8/16)

セルフィー特化の“ウルトラ”スーパーミドルレンジスマホ「Xperia XA Ultra」
ソニーモバイルコミュニケーションズが、Xperiaシリーズのスーパーミドルレンジと位置付ける新しい6型スマートフォン「Xperia XA Ultra」を7月に一部地域で発売する。動画もサポートする手ブレ補正機能や1600万画素のフロントカメラなど、セルフィー(自分撮り)機能が充実している。(2016/5/18)

「Xperia Z5 Premium」に新色ピンク追加へ
鏡面ガラス仕上げの「Xperia Z5 Premium」に、「Xperia Z5」と同じピンクが新色として追加される。ソニーモバイルは「5月初旬から一部の国で提供する」としている。日本でも発売するかどうかはまだ不明だ。(2016/4/15)

医薬品をドローンで空輸、エアロセンスらが事業化向け合意
ZMPとソニーモバイルコミュニケーションズが設立したエアロセンスが、医薬品配送事業の実用化に向けて製薬会社のMSD、医薬品物流のアルフレッサと合意した。(2016/4/6)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
目指したのは“スマホ画面”に依存しないコミュニケーション――ソニーモバイル「Xperia Ear」に迫る
「MWC 2016」で発表されたソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Smart Products」。同社が考えるスマート家電の在り方、そして夏の商品化が決まっている「Xperia Ear」など新コンセプト商品群の展開に迫った。(2016/4/1)

Mobile World Congress 2016:
超狭額縁のスーパーミドルレンジスマホ――写真で解説する「Xperia XA」
ソニーモバイルコミュニケーションズがMWC 2016で発表した「Xperia X」シリーズの中で、中価格帯を狙った「スーパーミドルレンジモデル」が「Xperia XA」だ。日本での発売予定はないが、気になる人もいると思うのでご紹介する。(2016/2/26)

Mobile World Congress 2016:
「Xperia X Performance」は買いなのか?――Zシリーズと比較しながら考える
MWCで発表されたソニーモバイルのスマートフォンの中で、唯一日本での発売が決まっている「Xperia X Performance」。Xシリーズでの違いは? Zシリーズとの違いは? いろいろ比較をしながら、X Performanceの特徴を確認していきたい。(2016/2/25)

Mobile World Congress 2016:
快適な生活をサポートするスマートフォン――写真と動画で解説する「Xperia X」
ソニーモバイルコミュニケーションズの新たなビジョンを体現する「Xperia X」シリーズの中心を担うのが「Xperia X」だ。日本での発売予定はないが、シリーズの中核を担うこの機種を写真と動画でチェックしてみよう。(2016/2/24)

Mobile World Congress 2016:
日本発売予定の最上位機種――写真で解説する「Xperia X Performance」
ソニーモバイルコミュニケーションズが新たに送り出す「Xperia X」シリーズのうち、最上位モデルとなる「Xperia X Performance」は、日本でも発売予定だ。さっそく、写真で簡単にチェックしてみよう。(2016/2/23)

ソニー、「Xperia X」シリーズ3機種を発表 今夏発売
ソニーモバイルコミュニケーションズが、Androidスマートフォン「Xperia XA」「Xperia X」「Xperia X Performance」を発表。今年夏に各国で発売する。(2016/2/22)

Mobile World Congress 2016:
ソニーモバイル、「Xperia X」シリーズを発表 スペック別に3機種
ソニーモバイルコミュニケーションズは、「Xperia X」シリーズのスマートフォン3機種を発表した。スペック別に3機種をラインアップし、2016年夏以降に世界市場で発売する。日本市場では最上位モデルのみ発売する予定だ。(2016/2/22)

Mobile World Congress 2016:
ソニーモバイル、Samsung、LG Electronicsのライブ配信予定まとめ
スペインのバルセロナで開催のMWC 2016で予定されている発表イベントで、日本でもライブで視聴できることが分かっているLG Electronics、Samsung Electronics、ソニーモバイルの日程とURLをご紹介する。(2016/2/21)

スタミナ、発熱、ベンチマーク――「Xperia Z5/Z5 Premium」のパフォーマンスを比較する
ソニーモバイルの高性能スマホ「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Premium」のパフォーマンスはどちらが優れているのか? スタミナ、発熱、ベンチマークの観点から比較した。(2016/2/19)

ソニーモバイル、「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」を米国で発売へ
ソニーモバイルが米国で「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」を2月7日に発売する。Amazon.comなどのオンラインショップにて、SIMロックが解除された状態で提供する。「Xperia Z5 Premium」は少なくとも同時には発売されない。(2016/1/15)

開発陣に聞く:
「人の生活に寄り添う佇まい」――「Xperia Z5」で目指した新しいスマートフォンの形
Xperia Z5シリーズの中でも王道を行くモデルとして3キャリアから発売されている「Xperia Z5」。ソニーモバイルは「人に寄り添う佇まい」を目指したというが、どのような進化を遂げたのだろうか。開発陣に聞いた。(2015/12/26)

開発陣に聞く「Xperia Z5 Premium」:
目指したのは4Kではなく“最高画質”――ソニーモバイルが「Xperia Z5 Premium」で越えた壁
スマートフォンでは世界初となる4Kディスプレイが注目を集めている「Xperia Z5 Premium」。なぜこのタイミングでの搭載を決めたのか? 肉眼でどこまでフルHDとの違いを識別できるのか? 消費電力は大丈夫? ソニーモバイルの開発陣に疑問をぶつけた。(2015/12/15)

ふぉーんなハナシ:
毎日「身につけるもの」だから――「SmartWatch 3」に自分好みのベルトを付けてみよう
ソニーモバイルコミュニケーションズのAndroid Wear「SmartWatch 3」を使っていますが、標準のリストストラップがちょっと気に入らないのです。ですが、好きな時計用ベルトを付けられるオプションが登場したおかげで、世界が変わりましたっ!(2015/11/18)

グローバルモデルと同じ見た目――ソフトバンク、「Xperia Z5」を10月29日に発売
ソフトバンクは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z5」を10月29日に発売する。(2015/10/23)

ソニーモバイル、Marshmallowベースの“コンセプトOS”プロジェクト開始
ソニーモバイルが7月にスウェーデンで開始したユーザー参加型OS改善プロジェクト「Concept for Android」のAndroid 6.0版を欧州11カ国で開始した。同地域の「Xperia Z3」および「Xperia Z3 Compact」ユーザー1万人が参加可能だ。(2015/10/8)

ソニーモバイル、Xperiaシリーズの「Android 6.0」バージョンアップを案内
グローバルモデルでは、Xperia Z2以降でAndroid 6.0のバージョンアップが可能になる。(2015/10/7)

画面キャプチャも1080p:
「Xperia Z5 Premium」の4Kディスプレイについて、ソニーがあらためて説明
ソニーモバイルコミュニケーションズのディスプレイエンジニア、八木貴郎氏が、「Xperia Z5 Premium」の4KディスプレイについてのQ&Aをブログで紹介した。画面キャプチャはAndroid 5.1が4Kに対応しないため1080pであることなどを説明している。(2015/10/5)

「Xperia Z5」がドコモからも登場――進化したカメラや指紋センサーを搭載【画像追加】
ソニーモバイルのフラッグシップスマートフォン「Xperia Z5」が、「Xperia Z5 SO-01H」として、NTTドコモからも発売される。(2015/9/30)

ソニーモバイル、心拍センサー搭載の「SmartBand 2 SWR12」を10月17日発売
心拍センサーを搭載した新しいウェアラブルデバイス「SmartBand 2 SWR12」が日本で10月17日に発売される。価格は1万5000円前後。(2015/9/28)

石川温のスマホ業界新聞:
ソニーが4Kディスプレイ「Xperia Z5 Premium」を発表――「世界初」にこだわった意地とプライドは世間に通用するか
ドイツで開催された「IFA 2015」にあわせて発表されたソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Z5 Premium」。世界初の4Kディスプレイを搭載した同機は、果たしてユーザーの支持を得られるのだろうか。(2015/9/14)

IFA 2015:
“完成形”は“究極の集大成”に――「Xperia Z5」メディアラウンドテーブル
「Xperiaの完成形」と言われた「Xperia Z4(Z3+)」の発表から5カ月弱。新たなXperiaのフラッグシップ「Xperia Z5」シリーズが登場する。“完成形”の先に存在するXperia Z5は、ソニーモバイルコミュニケーションズにとってどのような存在なのか。同社の伊藤博史氏が記者陣に語った。(2015/9/8)

過去機種とスペックで比較――「Xperia Z5」シリーズはココが進化した
ソニーモバイルが発表した「Xperia Z5」シリーズは、過去機種から何が変わったのか? サイズ、新機能、性能などのスペックを過去機種と比較した。(2015/9/4)

“Z”は終わらない:
ソニーモバイル、「Xperia Z5」シリーズ3機種を発表 世界初「4K」液晶搭載のプレミアムモデルも
ソニーモバイルコミュニケーションズは、「Xperia Z5」シリーズのスマートフォン3機種を発表した。メインカメラに新型モジュールを採用し、最短0.03秒の高速オートフォーカスが特徴。2015年秋以降の発売を予定している。【画像追加】(2015/9/2)

次期Xperiaはカメラ機能を強化?――ソニーモバイルがTwitterで予告
IFA 2015に合わせて新製品の発表を予告しているソニー。どうやらここでXperiaの新製品も発表されるようだ。(2015/8/27)

開発陣に聞く「Xperia Z4」(後編):
WQHD液晶は時期尚早?/オムニバランスデザインは終わらない?――Xperiaの今後を聞く
ソニーモバイルのスマートフォン「Xperia Z4」の開発者インタビューの後編では、ディスプレイや今後のXperiaについて聞く。Xperia Zシリーズの象徴ともいえる「オムニバランスデザイン」は、今後も続くのだろうか?(2015/8/26)

ソニーモバイルとZMPの合弁会社が提供:
自立型ドローン×クラウドの新サービスが登場
ソニーモバイルコミュニケーションズ(ソニーモバイル)とZMPの合弁会社であるエアロセンスは、自律型の無人飛行機(UAV)とクラウドシステムを組み合わせて、モニタリングや測量、データ解析などを行う法人向けサービスを2016年前半より始める。(2015/8/25)

スマホのソニーモバイルがなぜドローン開発? 合弁会社「エアロセンス」が離陸
ソニーモバイルZMPによる合弁会社「エアロセンス」が始動。垂直離着陸(VTOL)型の開発も目指す同社の強みは、ソニーとZMPの技術を融合した「全自動」だ。(2015/8/24)

自律飛行:
「強みは自律」産業用ドローン新会社「エアロセンス」が描く未来
無人機を売るのではなく、無人機によるセンシングとクラウドによるデータ処理こそが価値を生む――。ZMPとソニーモバイルの設立した新会社「エアロセンス」は産業用無人機で一気通貫の「ソリューション」を提供する。(2015/8/24)

心拍センサー搭載で:
ソニー「SmartBand 2」はストレス度も分かる!?
ソニーモバイルコミュニケーションズは2015年8月、リストバンド型ウェアラブル端末「SmartBand 2」を世界60カ国で発売すると発表した。加速度センサーに加えて新たに心拍センサーを搭載。脈拍と心拍変動を計測することで興奮度やストレス度を測定できるという。(2015/8/24)

開発陣に聞く「Xperia Z4」(前編):
Xperia Z4が“一枚板の完成形”と呼べる理由/発熱は「基準値は満たしている」
ソニーモバイルが「完成形」と呼ぶほどの自信作となった「Xperia Z4」。光沢感の増したメタルフレームや、厚さ6.9ミリにまでそぎ落とされたボディは、どのようにして作られたのか? インタビューの前編では、デザインと機構設計について聞いた。(2015/8/24)

iOSにも対応:
ソニーモバイル、心拍センサーを内蔵した「SmartBand 2」を発表
ソニーモバイルのリストバンド型ウェアラブル製品「SmartBand 2」が、世界各国で9月から発売される。心拍センサーを内蔵しており、興奮度やストレスレベルを計測できる。iOSとも連携可能だ。(2015/8/21)

ソニー、欧州「EISAアワード」で6部門を受賞――「Xperia Z3+」ほか
ソニーとソニーモバイルコミュニケーションズの製品が、欧州の「EISA アワード」6部門を受賞した。(2015/8/17)

新興国市場向け:
1300万画素のインカメラで自撮り強化――ソニーモバイル、「Xperia C5 Ultra」「Xperia M5」を発表
ソニーモバイルコミュニケーションズが、「Xperia C5 Ultra」と「Xperia M5」を発表した。両機種ともに1300万画素のインカメラを搭載していることが特徴だ。一部の新興国で8月中旬に発売予定。(2015/8/3)

ソニーモバイルとZMP、空撮用ドローンで協業 新会社設立、産業用に展開へ
ソニーモバイルコミュニケーションズとZMPは、ドローンによる撮影と画像データ処理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・提供に向けて協業する。(2015/7/23)

ソニーモバイル、XperiaのグローバルモデルのAndroid 5.1アップデートを開始
ソニーモバイルコミュニケーションズが、予告していたXperiaのグローバルモデルのAndroid 5.1へのアップデートを開始した。まずは「Xperia Z3」および「Xperia Z2」シリーズで実施する。(2015/7/23)

VTOL:
ZMPが空へ、自律型無人VTOLで産業向けサービス提供
ZMPとソニーモバイルが提携、自律型無人航空機による画像撮影とクラウドによる画像の処理を組み合わせ、測量や監視など産業向けソリューションを提供する。(2015/7/22)

石川温のスマホ業界新聞:
ソニーが社内スタートアップの成果物を一般公開 ――個人的に期待したい「未来のXperia」
ソニーの新規事業創出プログラム「Seeds Acceleration Program」。ソニーの平井社長とソニーモバイルコミュニケーションズの十時社長が力を入れるこのスタートアッププログラムで、「未来のXperia」の誕生を期待せずにはいられない。(2015/7/17)

KDDI、「Xperia Z4 Tablet SOT31」を7月18日発売
10型以上で世界最薄、最軽量を実現したソニーモバイルのタブレット「Xperia Z4 Tablet SOT31」が、7月18日に発売される。(2015/7/15)

ソニーモバイルの十時CEO、「決してモバイル事業から撤退しない」──海外メディアインタビューで
ソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長兼CEOがArabian Business.comのインタビューで、IoT時代に向けて「現在のモバイル事業を売却したり撤退することは決してない」と語った。(2015/7/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。