ニュース
» 2019年09月05日 20時15分 公開

IFA2019:「Xperia 5」発表 21:9ディスプレイや3眼カメラをコンパクトボディーに凝縮

ソニーモバイルが、IFA2019に合わせて「Xperia 5」を発表。「Xperia 1」のDNAを受け継ぐ機能をコンパクトなボディーに凝縮させた。今秋以降、日本を含む国と地域で投入する。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが9月5日(現地時間)、ドイツのベルリンで開催される「IFA2019」に合わせ、スマートフォン「Xperia」シリーズの新モデル「Xperia 5」を発表。今秋以降、日本を含む国と地域で投入する。

Xperia 5 ソニーモバイルの新機種「Xperia 5」。デザインはXperia 1と共通している部分が多い

 Xperia 5は、21:9のディスプレイや3眼カメラなど、Xperia 1の要素をコンパクトなボディーに凝縮したフラグシップモデル。幅が約68mm、重量が約164gで、幅約72mm、重量約178gのXperia 1よりも細く軽くなった。カラーはBlue、Grey、Black、Redの4色で展開する。

 プロセッサはSnapdragon 855、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB(地域によって異なる)。バッテリーは3140mAhのものを内蔵している。指紋認証はXperia 1と同じく側面に備えている。IP68の防水、防塵(じん)機能もサポートする。

Xperia 5 左からBlack、Grey、Blue、Red

 ディスプレイは6.1型フルHD+(1080×2520ピクセル)の有機ELを搭載しており、アスペクト比は先述の通り、縦に長い21:9。映画とほぼ同じ比率であることから「シネマワイド」とうたっている。Xperia 1と同様、「ITU-R BT.2020」の色域と10ビット信号に対応し、映像制作者の意図通りの画質を目指した設定「クリエイターモード」も採用した。

 21:9のディスプレイを生かし、2つのアプリを1画面に表示させるマルチウィンドウも特長に打ち出している。動画を見ながらSNSでシェアをしたり、地図を見ながらメッセージを送ったり、ニュースを見ながらブラウザで検索したり、といった使い方ができる。Googleアシスタントを活用し、音声でマルチウィンドウの起動もできる。新機能として、アプリの操作中にSNSやメッセージなどの通知が来ると、そこからマルチウィンドウを起動して2画面操作ができるようになった。

Xperia 5Xperia 5 Black(左)、Grey(右)
Xperia 5Xperia 5 Blue(左)、Red(右)

 カメラはXperia 1と同じ、約1220万画素(52mm)の望遠レンズ、約1220万画素(26mm)の標準レンズ、約1220万画素(16mm)の超広角レンズという3つで構成される。Xperia 5では新たに撮影アドバイス機能を採用。撮影前に指の入り込みやフォーカスのズレ、撮影後に被写体が目を閉じていること、ぶれていることを知らせてくれる。被写体の瞳にピントを合わせ続ける「瞳AF」も引き続き搭載。21:9のアスペクト比や24fpsなど、映画と同等の品質で動画を撮影できる独自アプリ「シネマプロ」も利用できる。

 快適な環境でゲームをするための独自アプリ「ゲームエンハンサー」では、いくつかの新機能を追加。ボイスチェンジャー、オーディオミキサー、ゲーム中の通知オフ、カメラキーの無効化、高速連写でのスクリーンショットなどが可能になる。

 新たに搭載した「スマートコネクティビティ」では、ソニーのディープラーニング技術を用いて無線環境の変化を予測し、Wi-Fi環境から素早くLTE環境に切り替わるという。Wi-Fiの弱い電波をつかんだまま不安定な通信が続かないよう配慮した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう