ニュース
» 2019年02月25日 16時45分 公開

MWC19 Barcelona:ソニーモバイルが新フラグシップ「Xperia 1」発表 21:9の4K有機ELや3眼カメラを搭載

ソニーモバイルが、MWC19 Barcelonaの開催に合わせて、新フラグシップスマートフォン「Xperia 1」を発表。4K解像度の有機ELディスプレイや、広角+超広角+望遠レンズのトリプルカメラを搭載する。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが2月25日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催された「MWC19 Barcelona」にて、スマートフォンXperiaの最新フラグシップモデル「Xperia 1(ワン)」を発表した。Xperia 1は、2019年初夏以降、日本を含む国や地域で発売される。

Xperia 1 シリーズ名も一新したフラグシップモデル「Xperia 1」

 Xperia 1は、スマートフォンとしては世界初(ソニーモバイル調べ)となる、4K解像度(1644×3840ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載したモデル。6.5型のディスプレイはアスペクト比が21:9という縦長の「CinemaWide(シネマワイド)」にすることで、本体幅を72mmに抑えることに成功。重さは約180g、厚さは8.2mm。本体カラーはブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色で、背面にはガラス素材を採用している。OSはAndroid 9 Pieをプリインストールしている。

Xperia 1Xperia 1 ブラック(写真=左)とホワイト(写真=右)
Xperia 1Xperia 1 グレー(写真=左)とパープル(写真=右)
Xperia 1 コーナーはそがれており持ちやすそうだ

 ディスプレイは「HDR」表示の対応に加え、ソニーのテレビ「BRAVIA」で培った高画質化技術をスマホに最適化した「X1 for mobile」により、SDR映像コンテンツをHDR相当の画質で表示可能にする「HDRリマスター」機能も新たに搭載した。新たな色設定「クリエイターモード」では、深い黒と自然な色調を表現するという。UHD(Ultra HD)の放送規格「ITU-R BT.2020」の色域と10ビット信号に対応した画像処理により、映像制作者の意図を忠実に再現することも特徴としている。また、立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しており、映画やゲームの没入感が増すことが期待される。

 Xperia 1のフル画面でコンテンツを楽しめるよう、21:9のアスペクト比に最適化された映像配信サービスやゲームを提供。映像配信サービスでは「Netflix」、ゲームでは「FORTNITE」「ASPHALT9」などが21:9で楽しめる。

Xperia 1
Xperia 1 21:9で楽しめるコンテンツもある

 2つのアプリを1画面に表示する「マルチウィンドウ」は、21:9のアスペクト比に最適化。動画を視聴しながらSNSやメッセージ送信などができるのはもちろん、ゲームをプレイしながら攻略サイトを見たり、パフォーマンスや通知の最適化をしたりできる「ゲームエンハンサー」も用意した。

Xperia 1 縦長になった分、マルチウィンドウの視認性も上がる

 背面には、広角+超広角+望遠レンズから構成される、有効約1200万画素のカメラを3つ搭載。35mmフィルム換算の焦点距離とF値は、広角レンズが26mm/F1.6、超広角レンズが16mm/F2.4、望遠レンズが52mm/F2.4。光学2倍相当のズームや背景ボカシ、超広角撮影ができる。個々の画素が2つのダイオードを持つ「デュアルフォトダイオード」、高精度をうたうフォーカス、画像圧縮前にノイズ低減処理を行う画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」によって、暗所での画質も向上したという。

Xperia 1 背面にトリプルカメラを搭載

 瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳AF」にも対応しており、同社はスマートフォンでは世界初の機能だとしている。AFとAE(自動露出)にも追従する10コマ/秒の連写機能も備え、動く被写体でもピントや明るさを合わせて撮影できるようになった。21:9のアスペクト比で24fpsの4K HDR動画が撮影できる「Cinema Pro」も用意した。インカメラは800万画素。

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 855を採用。メインメモリは6GBで、最大512GBのmicroSDを利用可能。通信速度は下り最大1.6Gbps(理論値)をサポートする。

 ディスプレイは強化ガラスの「Corning Gorilla Glass 6」に対応する他、IP65/IP68の防水・防塵(じん)性能もサポートする。指紋センサーは、直近のフラグシップ機「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Premium」「Xperia XZ3」では背面に搭載していたが、右側面に移動した。バッテリー容量は3300mAhで、充電時の負荷を抑えてバッテリーを長持ちさせる「いたわり充電」にも対応する。

Xperia 1 本体サイズ

 製品名は、ここ数年はフラグシップモデルを「XZ」シリーズ、4Kディスプレイや複眼カメラを搭載したモデルを「XZ Premium」シリーズとして展開していたが、今回でシリーズ名を一新。順当に行けば、新モデルの名前は「Xperia XZ4」かと思われたが、全く違う製品名となった。また、これまでPremiumにしかなかった4Kディスプレイや複眼カメラは、正統進化したフラグシップモデルへ集約させた。

 なお、ソニーモバイルはミッドレンジスマートフォン「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」「Xperia L3」も発表した。

【更新:2019年2月25日18時39分 スペックの詳細や画像を追加しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう