レビュー
» 2018年09月01日 09時53分 公開

IFA 2018:有機EL採用でどう変わった? 写真で解説する「Xperia XZ3」の進化ポイント (1/2)

Xperiaシリーズの最新モデル「Xperia XZ3」が発表された。シリーズ初の有機ELを採用し、本体の前面と背面に3D曲面ガラスを用いた。実機の写真とともに、従来機から何が変わったのかを見ていく。

[山口健太,ITmedia]

 8月30日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催中の「IFA 2018」においてソニーモバイルコミュニケーションズがXperiaシリーズの最新モデル「Xperia XZ3」を発表した。

Xperia XZ3 新モデル「Xperia XZ3」

 Xperiaシリーズとして初めてディスプレイに有機ELを採用し、本体の前面と背面に3D曲面ガラスを用いたことで、手に取ったときの印象はXZ2から大きく変わっている。本記事では実機の写真をもとに、進化点を解説していく。

有機ELと3D曲面ガラスが印象が大きく変化

 Xperia XZ3の最も大きな特徴が、ディスプレイに採用した有機ELだ。ソニーの「ブラビア」シリーズの有機ELテレビで培った技術をスマートフォンのサイズに凝縮。画作りについてもブラビアをベースにチューニングを施したという。

 有機ELになったことで鮮やかさやコントラストも向上しており、動画だけでなく通常のAndroidの画面も黒い部分がしっかりと黒く描画されていることが見て取れる。

Xperia XZ3 X-Reality for mobileによる高画質処理機能を搭載。オン(右)とオフ(左)では鮮やかさがはっきり異なる。

 有機ELの中でも曲げやすい「プラスチックOLED」(POLED)を採用し、画面端は丸みを帯びた形状になっている。本体の背面だけでなく前面にも3D曲面ガラスを採用したことで、外観から受ける印象はXZ2とも異なるものになっている。最厚部の厚さは11.1mmから9.9mmへと薄くなり、手に取ると数字以上に薄い印象だ。

Xperia XZ3 本体の前面と背面に3D曲面ガラスを採用

 Xperia XZ3のサイズは73(幅)×158(高さ)×9.9(奥行き)mmで、XZ2よりも長辺方向に5mm長くなっており、さらに縦長になった。画面サイズは5.7型から6.0型へと大型化しているが、画面端が曲がっているため、正面から見る限り大きな変化は感じない。本体の横幅は72mmから73mmへと1mmの増加にとどまっている。

Xperia XZ3 XZ2(左)とXZ3の(右)の本体サイズ比較

 本体のカラーはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色を展開する。Xperia XZ3のデザインは「Inclusion of Light」をテーマに、幾層にも色を重ねることで光があふれてくるイメージを表現したという。

Xperia XZ3 本体のカラーバリエーションはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色
Xperia XZ3 複数の層を重ねることで内包された光を表現

 本体のインタフェースはXperia XZ2から大きく変わっていない。XZ2で廃止された3.5mmのイヤフォンジャックは今回も搭載していない。

Xperia XZ3 本体背面にはリアカメラと指紋センサーを搭載
Xperia XZ3
Xperia XZ3 本体右側面に音量、電源、カメラの各キーを搭載。本体左側面にボタン類はない
Xperia XZ3
Xperia XZ3 本体上部にはSIMスロット、本体下部にUSB Type-Cポートを搭載
Xperia XZ3 SIMカードスロットは素手で開ける
Xperia XZ3
Xperia XZ3 分解モデルも報道関係者向けに公開された
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう