レビュー
» 2018年09月01日 09時53分 公開

有機EL採用でどう変わった? 写真で解説する「Xperia XZ3」の進化ポイントIFA 2018(2/2 ページ)

[山口健太,ITmedia]
前のページへ 1|2       

有機ELや画面端を生かした新機能を搭載

 Xperia XZ3の新機能は、有機ELや曲面ディスプレイを生かしたものになっている。画面端を利用した「サイドセンス」は、画面の左端または右端をダブルタップすることでメニューを表示する機能だ。大画面化により、ホームボタンや通知バーに指が届きにくいという課題を解決すべく、開発の初期段階から取り組んできた機能だという。

Xperia XZ3 画面端をダブルタップする「サイドセンス」機能
Xperia XZ3 ダブルタップした位置にメニューが表示される

 メニューの中には、AIが日々の使用状況や時間や場所などから予測し、ユーザーが「次に使いたいアプリ」を出してくれるという。常に表示したいアプリがある場合は、固定設定もできるようになっている。

Xperia XZ3 表示するアプリはAIが予測する

 サイドセンスでは、ダブルタップによるメニュー表示以外にも、画面端を縦方向にスライドすることでバックキーを押したことになる機能や、カメラアプリで画面端のダブルタップでシャッターを切る動作にも対応している。

Xperia XZ3 サイドセンスによるその他の操作

 有機ELの特徴を生かした機能として「Always on display」に対応した。画面をオフにした待受け時にも画面上に情報を表示できる機能で、設定により時計やキャラクターやロゴなどのステッカー、写真を表示できる。

Xperia XZ3 有機EL搭載により「Always on display」に対応
Xperia XZ3 画面オフ状態でも「ステッカー」や写真を表示できる

 インカメラは1320万画素になり、XZ2よりも強化された。自撮り用の新機能として、海外向けミッドレンジ機「Xperia XA2 Plus」のポートレートセルフィーモードをXZ3にも搭載。ボケや美肌といった効果に加え、目の大きさや顔の輪郭を補正する機能を備えており、補正の強さをスライダーで調整できる。

Xperia XZ3 XZ3のインカメラは1320万画素に強化
Xperia XZ3 「ポートレートセルフィーモード」を搭載

 カメラを起動する新たな操作法としては、「スマートカメラ起動」に対応した。本体を置いた状態から横向きに持ち上げると、カメラアプリが起動する。従来通りカメラキーの長押しによる起動にも対応しており、それに加えて本体の動きからユーザーがやりたいことを推測する機能として開発したという。

Xperia XZ3 「スマートカメラ起動」では3種類のアクションを選択できる
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう