調査リポート
» 2019年12月12日 15時34分 公開

メイン利用はAndroidが57.2%、メーカーはAppleが42.8%に MMDの調査から

MMD研究所は、12月12日に「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」の結果を発表した。メイン端末としての利用率は「Android」が57.2%、「iPhone」が42.8%で、メーカーは「Apple」が42.8%、「ソニーモバイル」が17.6%、「シャープ」が12.1%となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、12月12日に「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」の調査結果を発表した。対象は15歳〜69歳の男女9753人で、期間は11月14日〜11月18日。

 現在メインで利用している端末の利用率はAndroidが57.2%、iPhoneが42.8%。「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」のスマートフォン利用者のみを再集計して比べると、Androidは3.9ポイント増、iPhoneは3.9ポイント減となった。

MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」 MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」
MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」 MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」

 利用者の割合を性年代別に見ると、20代〜60代男性と30代〜60代女性はAndroidの利用率がiPhoneを上回り、10代男性と10代〜20代女性はiPhoneの利用率がAndroidを上回っている。

MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」 MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」

 メインで利用している端末のメーカーはAppleが42.8%、ソニーモバイルは18.4%、シャープは12.6%。2018年に実施された「2018年8月 モバイルデバイスシェア調査」と比較すると、ソニーモバイルが3.5ポイント、シャープが0.5ポイント、サムスン電子が3.4ポイント、Huaweiが1.4ポイント増えた一方、Appleは3.9ポイント、富士通は1.6ポイント減となった。

MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」 MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」

 次回機種変更をする際にiPhoneとAndroidどちらにする予定かを聞いたところ、iPhone利用者の89.2%が次もiPhoneを、Android利用者の79.8%がAndroidを購入する予定だと回答した。

MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」 MMD研究所の「2019年12月 iPhone・Androidシェア調査」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう