世界を変える5G
ニュース
» 2020年09月17日 16時00分 公開

小型の5Gフラグシップモデル「Xperia 5 II」登場 120Hz駆動のディスプレイ搭載

ソニーモバイルが小型のフラグシップスマートフォン「Xperia 5 II」を発表。日本を含む国と地域で2020年秋以降に発売する。Xperia 1 IIとほぼ同じカメラを搭載し、ディスプレイのリフレッシュレートを120Hzに向上させた。3.5mmイヤフォンジャックやフロントステレオスピーカーを備える。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが9月17日、Xperiaスマートフォンの新機種「Xperia 5 II」を発表。日本を含む国と地域で2020年秋以降に発売する。価格は米国が約950ドル(約10万円)、欧州が890ユーロ(約11万円)。

Xperia 5 II 「Xperia 5 II」

 Xperia 5 IIは、コンパクトなボディーにソニーの技術を凝縮させたフラグシップスマートフォン。2019年に発売した「Xperia 5」の後継機となる。「Xperia 1 II」に引き続き、モバイル通信は5Gに対応している。

Xperia 5 II 幅68mmのボディー6.1型有機ELを搭載
Xperia 5 IIXperia 5 II ピンクとブルー
Xperia 5 IIXperia 5 II グレーとブラック

 ディスプレイは、アスペクト比が21:9の6.1型フルHD+有機ELを搭載している。Xperia 5 IIでは駆動速度が従来の60Hzから120Hzにアップし、ページをスクロールした際や動きの多いコンテンツをより滑らかに表示可能になる。さらに、黒画像を挿入することで駆動速度を240Hzに高めることもできる。Xperia 5比で最大4倍のタッチスキャンを行い、タッチレスポンスの速度が35%向上したという。

Xperia 5 II 額縁を狭め、ノッチのないディスプレイを採用

 縦長の画面を生かしたマルチウィンドウにも対応しており、上下の画面をそれぞれ左右にスワイプして、表示するアプリを切り替えられる。

 プロセッサはSnapdragon 865を採用。メモリ+ストレージ容量の構成は8GB+128GBまたは8GB+256GBとなる。

 アウトカメラはXperia 1 IIと同じく、1200万画素の標準カメラ、望遠カメラ、超広角カメラの3つで構成される。1 IIとの違いは、暗所でも高速なAFを可能にするiToFセンサーを搭載していないこと。一眼レフカメラのレンズでよく使われる焦点距離を採用し、標準カメラが24mm、望遠カメラが70mm、超広角カメラが16mm。インカメラは800万画素。

Xperia 5 II トリプルカメラを背面に搭載

 ZEISS(ツァイス)のレンズを採用しており、レンズ内の反射を抑えるT*(ティースター)コーティングを施している。1つの画素に2つのフォトダイオードを割り当てて一方をAFに利用するデュアルPDセンサーも従来機から継承している。センサーサイズはXperia 5の1/2.6型よりも大きな1/1.7型となった。

 ソニーのデジタル一眼カメラ「α」で培った技術を生かした撮影が可能な「Photography Pro」をプリインストール。側面に搭載したシャッターキーや専用UI(ユーザーインタフェース)と合わせ、αの使い勝手を目指した。Photography Proでは、人や動物の瞳にピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」、1秒あたり60回のAF/AE演算によって被写体を追従しながら最高20コマ/秒の高速連写が可能になる。

 より自由な補正が可能になるRAW撮影にも引き続き対応している。

Xperia 5 II 「α」の機能やUIを取り入れた「Photography Pro」

 映画のような表現で動画を撮影できるアプリ「Cinematography Pro」を搭載。Xperia 5 IIでは、4K HDR対応の120コマ/秒のスローモーション動画を撮影できるようになった。これはソニーモバイルによると、スマートフォンでは世界初だという。

 音響面では、フロントステレオスピーカーを搭載している。Xperia 5では片方のスピーカーを底面に備えていたため、左右の音圧と位相が非対象だったが、Xperia 5 IIではどちらも前面に備えるため、バランスの良いステレオサウンドを実現した。スピーカーの口径はXperia 5より大きくXperia 1 IIと同等になったが、信号処理をチューニングすることで、I IIよりも音質が改善されているという。

Xperia 5 II 正面にステレオスピーカーを搭載

 3.5mmイヤフォンジャックも備えており、圧縮音源やストリーミング音源をハイレゾ相当の音質にアップスケールする「DSEE Ultimate」にも対応する。

 ゲームを快適に利用するための専用モード「Game Enhancer」も用意。リフレッシュレート、タッチレスポンス、タッチトラッキングを調整できる他、ゲームのプレビュー画面を見ながら微調整もできる。システムに直接電力を供給することで、充電しながらゲームをしても発熱を抑え、パフォーマンスの低下やバッテリーの劣化を抑える「HSパワーコントロール」も用意した。熱が全体に拡散するようグラファイトシートを採用したことも改善点だ。

Xperia 5 II ゲームに特化した設定ができる「Game Enhancer」
Xperia 5 II グラファイトシートを使って熱を拡散する

 容量4000mAhのバッテリーを内蔵しており、30分で50%まで充電が可能(21W以上のUSB PD対応の急速充電器で充電した場合)。Xperia 5の3140mAhから大きく容量を増やしながら、厚さはXperia 5 IIの方が0.2mm薄くなっている。これはサイドキーやフレームの薄型化、プリント基板を2階建て構造にするといった工夫で実現した。

Xperia 5 II Xperia 5よりバッテリー容量が増えながらも薄型化を実現させた

 バッテリーの負荷を抑えることで、2年使ってもバッテリーが劣化しにくくする「いたわり充電」では、これまで通り、満充電までの時間帯を自動化または手動で設定できる。また、満充電の状態が続くとバッテリー劣化につながるため、Xperia 5 IIでは充電の上限を常時80%か90%に設定することも可能になった。なお、ワイヤレス充電(Qi)には対応していない。

 ディスプレイ面と背面にはCorning Gorilla Glass 6を採用。側面には、Google アシスタントを長押しで呼び出せるキーを新設した。指紋センサーは電源キーと一体型となっている。またIP68の防水・防塵(じん)もサポートする。

Xperia 5 II シャッターキーの隣にGoogle アシスタントキーを搭載。スリープ状態でもGoogle アシスタントを呼び出せる

 本体サイズは68(幅)×158(高さ)×8.0(奥行き)mm、重量は163g。カラーはピンク、ブルー、グレー、ブラックの4色で展開する。

 5Gは6GHz帯未満のSub-6に対応しておりミリ波はサポートしない。日本の3キャリアが運用しているn77、n78、n79はサポートしており、国や地域、キャリアによって対応バンドは変更される場合がある。

Xperia 5 II Xperia 5 IIの主なスペック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう