ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NTTドコモ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
NTTドコモ - ITmedia Mobile
質問!DoCoMo→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でDoCoMo関連の質問をチェック

ふぉーんなハナシ:
発売記念? ドコモの「リカちゃん」ストラップを買ってみた
NTTドコモが電波(エリア)対策をアピールすべく販売しているオリジナルグッズ。第3弾として「リカちゃんストラップ」が出たので買ってみました。(2018/8/18)

携帯販売ランキング(8月6日〜8月12日):
auの「Xperia XZ2 Premium」が発売、総合ランキングに登場
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」の連続トップが19週に。NTTドコモ版に続いて発売されたau「Xperia XZ2 Premium SOV38」は8位に初登場。(2018/8/18)

ドコモオンラインショップが購入時の「2段階認証」を必須に 不正ログイン対策で
NTTドコモのWeb直販サイト「ドコモオンラインショップ」で、不正ログインによる端末の詐取が発生した。それに伴い、同サイトにおいて商品購入手続きをする場合、または申し込み履歴を確認する場合の「2段階認証」を必須とすることになった。(2018/8/17)

ドコモ、dアカウントユーザーに2段階認証呼び掛け 不正ログイン問題受け
「ドコモオンラインショップ」不正ログインによる「iPhone X」不正購入問題を受け、ドコモはdアカウントユーザーに対して、2段階認証を利用するよう改めて呼び掛けた。(2018/8/15)

ドコモのオンラインショップで不正購入 2段階認証の使用呼びかけ
パスワードの取り扱いについても「他サービスと使い回しをしないこと」「容易に推測できるパスワードを使わないこと」などを呼びかけ。(2018/8/15)

「iPhone X」不正購入被害1000件 「ドコモオンラインショップ」に不正ログイン、リスト型攻撃で
「知らないうちに自分のアカウントでiPhone Xを買われ、代金が請求されていた」――「ドコモオンラインショップ」がリスト型攻撃による不正ログインを受け、悪意のある第三者に「iPhone X」を不正購入される被害が1000件発生していた。(2018/8/13)

携帯販売ランキング(7月30日〜8月5日):
「Xperia XZ2 Premium SO-04K」は総合トップ10から姿を消す
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が18週連続トップ。auとNTTドコモの「Xperia XZ1」の好調続くが、「Xperia XZ2 Premium SO-04K」はトップ10外に。(2018/8/11)

docomo Wi-Fiサポーターのユニフォームをまとった「リカちゃん」ストラップが登場 ドコモ限定販売
ドコモの電波対策をアピールする「dショッピング」限定商品に第3弾が登場。「トミカ」「チョロQ」の次は「リカちゃん」だ。(2018/8/8)

「arrows Tab F-02K」がOSバージョンアップ Android 8.1に
NTTドコモの「arrows Tab F-02K」がAndroid 8.1にバージョンアップ。同OSの新機能が利用できるようになる他、F-02K独自の機能改善や不具合修正も合わせて行われる。(2018/8/7)

ドコモ、8型防水タブレット「dtab Compact」を8月10日発売 実質0円
NTTドコモは、8月10日に8インチサイズのコンパクトボディにデュアルカメラを搭載したタブレット「dtab Compact d-02K」を発売。防水・防塵性能をサポートし、キッチンなど水回りでも利用できる。(2018/8/6)

「dカード プリペイド」、セブン銀行ATMでチャージ可能に
NTTドコモと三井住友カードが提供する「dカード プリペイド」が、8月6日からセブン銀行ATMでチャージ可能となる。また、従来200円(税込)だった、ローソン店頭でのチャージ手数料を無料化する。(2018/8/6)

携帯販売ランキング(7月23日〜7月29日):
ドコモの「Xperia XZ2 Premium」発売、総合ランキングにいきなり登場
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が17週連続トップ。auとNTTドコモの「Xperia XZ1」は依然好調。(2018/8/5)

2018年度内に実施予定:
ドコモの「2年縛り」 契約更新月を“3カ月”に延長へ
NTTドコモが2018年度第1四半期決算を公表した。報道関係者向けの説明会で、ドコモの吉澤和弘社長が契約更新月を現行の“2カ月”から、24カ月目を含む“3カ月”にする方向で調整する。(2018/8/2)

KDDIの4年縛り見直しにも言及:
ドコモ吉澤社長、2年縛り見直しを明言 「18年度中に無料解約月を延長する」
NTTドコモの吉澤和弘社長が、18年度中に「2年縛り」の仕組みを見直すと明言。ただ、解約金の撤廃などは行わない。KDDIの「4年縛り」見直しにも言及した。(2018/8/2)

車載電子部品:
時速100kmで走行中に最大8Gbpsの5G通信に成功、AGCが車載アンテナを開発
AGCとNTTドコモ、エリクソン・ジャパンは2018年7月25日、時速100kmで走行中の車両と基地局の間で、最大通信速度8Gbpsでの第5世代移動通信(5G)の接続に成功したと発表した。AGCは車両ガラス設置型5Gアンテナ(オンガラスアンテナ)の設計と開発を、NTTドコモは5Gのエリア設計を、エリクソン・ジャパンは5Gの基地局と移動局の提供と運用を担当した。(2018/8/2)

ムスビーの中古スマホランキング 7月はSIMフリー「iPhone SE」が2位に浮上
ムスビーは、2018年7月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが4カ月連続で1位を獲得した一方、国内版SIMロックフリーのiPhone SEが2位に浮上した。Androidスマートフォン部門では「Xperia XZ2 Compact SO-05K」が初ランクインしている。(2018/8/2)

誰でも雑誌200誌以上が無料読み放題 「dマガジン 読みホ3DAYS」8月10日〜12日開催
NTTドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」において、8月10日から12日までの3日間、200誌以上の雑誌を無料読み放題とするキャンペーンが実施される。まだサービスを利用していないドコモユーザーも、ドコモ以外のユーザーも対象で、事前エントリーすると50円分のdポイントがプレゼントされる。(2018/7/31)

祝福しろ:
「ジョジョスマホ」にファン感涙のコンテンツが追加ッ! 早速遊んでみた
ドコモのジョジョスマホ「JOJO L-02K」がアップデート。「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の壁紙が追加される他、ジョジョエディターの「新たなコマを作る」機能が解禁される。カメラもLG独自のAI機能が追加される。(2018/7/31)

ドコモとJapanTaxiが資本・業務提携 タクシーの支払いに「d払い」導入
NTTドコモとJapanTaxiは、7月30日に資本・業務提携契約を締結。JapanTaxiのQRコード決済機能を搭載した広告タブレットへ「d払い」など新しい決済手段を導入するほか、両社の技術を組み合わせたサービスの開発検討を行う。(2018/7/31)

ドコモの「Galaxy Feel SC-04J」がOSバージョンアップ Android 8.0に
NTTドコモが「Galaxy Feel SC-04J」に対するOSバージョンアップを開始。「ピクチャー イン ピクチャー」機能やスマートなテキスト選択など、Android 8.0で追加された新機能を利用できるようになる。(2018/7/30)

JapanTaxiとドコモが資本業務提携 「配車アプリ」競争激化
配車アプリ「全国タクシー」を提供するJapanTaxiとNTTドコモが資本業務提携を結んだ。タクシー料金の支払いを「d払い」で行えるようにする他、両社で新サービスの開発を進める。(2018/7/30)

発熱したスマホは保冷剤で冷やすと壊れる? ドコモ、KDDI、ソフトバンクの回答
猛暑が続く中、気になるのはスマホの発熱対策。スマホが熱くなったらどうすればいいのか。保冷剤や冷却シートは使っても問題ないのか。(2018/7/30)

鉄道やバスからシェアサイクルに乗り換えしやすく 経路案内、都内10区で実験
シェアサイクルと公共交通機関を組み合わせた経路を検索できるサービス「mixway」の実証実験が都内で7月31日に始まる。「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所がドコモ・バイクシェアと実施。(2018/7/30)

台風12号の影響で通信障害が発生
台風12号の影響で、ドコモとauの携帯電話で通信障害が発生している。三重県や静岡県の一部地域が対象。3キャリアは災害用伝言板を提供している。(2018/7/30)

5Gコネクテッドカー実現へ:
オンガラスアンテナで5G通信、高速走行中に8Gbps達成
AGCとNTTドコモ、エリクソン・ジャパンは、新開発のオンガラスアンテナを装着した車両が時速100kmで走行している時に、5G(第5世代移動通信)システムを用いて、最大8Gビット/秒の高速通信が行えることを確認した。(2018/7/30)

携帯販売ランキング(7月16日〜7月22日):
「Xperia XZ1」が好調も、「iPhone 8」の牙城は崩せず
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が16週連続トップ。前回同様、auとNTTドコモの「Xperia XZ1」が「iPhone 8」に続いている。(2018/7/29)

資金運用サービス「THEO+ docomo」、dカードと連携した「おつり積立」機能を追加
NTTドコモの資産運用サービス「THEO+ docomo」が、7月26日に「おつり積立」機能を追加。dカード利用時に設定金額に対するおつり相当額を自動的に積み立て、運用可能になる。また、ドコモ口座での入出金にも対応する。(2018/7/26)

日本通信のデータ専用「b-mobile S 190PadSIM」にドコモ版登場 SMS対応SIMも用意
日本通信が、月額190円(税別)から使えるデータ通信専用SIM「b-mobile S 190PadSIM」にNTTドコモ回線を使うタイプを追加する。料金は少し上がるが、SMSの送受信に対応するSIMも用意する。(2018/7/25)

独自路線行くMVNO:
「mineo」がソフトバンク回線に対応 “トリプルキャリア”で目指すものとは
VNOのmineoが9月からソフトバンク回線の提供を始める。すでにauとNTTドコモの回線を提供しているため、3大キャリアの全ての回線が利用可能となった。現在はMVNO市場5位となる106万回線を獲得しているが、今後は2020年までに200万回線の獲得を目指すという。(2018/7/23)

ドコモの「Xperia XZ2 Premium SO-04K」が7月27日発売 税込で11万円程度
ドコモ向けの「Xperia XZ2 Premium」が7月27日に発売する。オンラインショップでの購入者のうち、先着1万人にはソニーストアで使える5000円の買い物券をセットする。(2018/7/23)

mineoがソフトバンク回線のサービスを開始 半年間月額0円のキャンペーンも
ケイ・オプティコムが、MVNOサービス「mineo」にて、ソフトバンク回線のサービスを9月4日に開始する。mineoは、既存のau回線とドコモ回線を加えた、3キャリアの回線を使ったMVNOサービスとなる。基本料金を割り引くキャンペーンも実施する。(2018/7/23)

「V20 PRO L-01J」がOSバージョンアップ Android 8.0に
NTTドコモの2017年春モデル「V20 PRO L-01J」がAndroid 8.0にバージョンアップする。同OSの新機能が使えるようになる他、端末固有の機能改善なども行われる。(2018/7/23)

「arrows NX F-01K」がOSバージョンアップ Android 8.1に
NTTドコモの2017年冬モデル「arrows NX F-01K」がAndroid 8.1にバージョンアップする。同OSの新機能が使えるようになる他、端末固有の機能改善や不具合修正なども行われる。(2018/7/23)

モバイル決済サービスの使い方:
「d払い」を実際に使ってみて分かった、メリットとデメリット
ドコモが提供している「d払い」は、バーコード/QRコードを読み取ってもらうことで買い物ができるサービス。dアカウントがあれば利用でき、ドコモ回線の契約がなくても利用できる。実際に使ってみて感じたメリットとデメリットをまとめた。(2018/7/23)

携帯販売ランキング(7月9日〜7月15日):
総合ランキング、今回も「Xperia XZ2」を抑え「XZ1」が好調
NTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が15週連続トップ。2017年11月発売の、NTTドコモとauの「Xperia XZ1」がこの5月発売の新モデル「Xperia XZ2」を上回る人気。(2018/7/22)

石川温のスマホ業界新聞:
公取委、アップルに対する独禁法違反の疑いを解消――NTTドコモはdocomo withでiPhoneを扱うようになるのか
公正取引委員会(公取委)がApple JapanとAppleに対する独禁法違反審査をしていたことを明らかにした。Appleが大手キャリアに対して「契約」でいろいろ「縛り」をかけていたことが明らかになったものの、契約内容の見直しなどもあり、従来と変わらない販売体制に落ち着きそうだ。(2018/7/20)

ファーウェイが発表したハイレゾ対応Bluetoothテクノロジー「HWA」とは?
LDACやaptX HDに続いて登場したハイレゾ対応コーデック、HWA。ファーウェイが発表し、既にNTTドコモの「P20 Pro」に導入されている。この技術の素性と内容を探る。(2018/7/19)

Mobile Weekly Top10:
ミドルレンジの「Xperia」は日本で出る?/原点回帰の「INFOBAR xv」
イギリスで「Xperia XA2 Plus」が発表されました。NTTドコモ向けの「Xperia X Compact」を例外として、ミドルレンジのXperiaは日本では展開されていませんが、今後もその戦略を貫くのでしょうか?(2018/7/16)

携帯販売ランキング(7月2日〜7月8日):
総合ランキング、ドコモの「Xperia XZ1」がさらに上昇
1位はNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」で14週目。10位にSIMロックフリーの「HUAWEI nova lite」が初のトップ10入り。(2018/7/15)

NTTドコモが豪雨被災者の「通信速度制限」を解除 7月いっぱい適用
NTTドコモが、平成30年7月豪雨の被災者支援の一環として、パケットパック(パケット定額)の容量超過者に対する速度制限を7月いっぱい解除する。(2018/7/13)

ドコモ、au、ソフトバンク 豪雨被災者のデータ通信に支援措置
容量追加や追加購入の無償化などを発表しています。(2018/7/13)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「ローミングサービス」「貼るSIM」「クラウドSIMスマホ」でより便利になる海外データ通信
以前は「高い」と言われていた海外でのデータ通信サービスも、だいぶ価格がこなれてきました。今回のモバイルデータ通信活用術では、ドコモの「パケットパック海外オプション」のキャンペーンや、H.I.S.モバイルの「変なSIM」、uCloudlinkの「クラウドSIMスマホ」をチェックしていきます。(2018/7/13)

インタビュー:
5G商用化は20年春、料金はLTEと同程度=ドコモ社長
ドコモの吉澤和弘社長は、2020年の商用化を目指している第5世代(5G)携帯電話サービスについて、同年春のサービス開始を予定していることを明らかにした。(2018/7/12)

ドコモ、5G化で値上げしない方針 100GBの料金、現行の10GBを参考に
NTTドコモが、5Gについて、データの通信量が増加しても通信料金は引き上げない方向で検討していることが分かった。5Gは現行規格よりも通信速度が早く、データ通信量も大幅に増加するが、利用者の利便性を考慮する。(2018/7/12)

楽天のMNO参入は「脅威」「エコシステムの競争に」 ドコモ吉澤社長インタビュー
「回線」から「会員」に軸足を移したNTTドコモ。dポイントのエコシステムを強化し、コード決済サービス「d払い」も始めた。直近の注目トピックについて、ドコモの吉澤和弘社長に話を聞いた。(2018/7/12)

「HUAWEI P20 Pro」、ドコモメールを自動受信できない不具合を改善
NTTドコモは、Huawei製のスマートフォン「HUAWEI P20 Pro HW-01K」のアップデートを実施。ドコモメールが自動受信できない場合がある不具合を解消する。(2018/7/10)

携帯各社、台風7号に伴う支援措置を実施
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社は、台風7号や梅雨前線などに伴う大雨の被害に対する支援措置を発表。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減などを行う。(2018/7/9)

Mobile Weekly Top10:
「XZ1」が「XZ2」超え/ソフトバンク傘下の「LINEモバイル」
最新の携帯販売ランキングで、ドコモの「Xperia XZ1」が最新の「Xperia XZ2」を上回る売れ行きを示したようです。お買い得度が増したからなのでしょうか。(2018/7/9)

3キャリア、西日本各地で通信障害 大雨の影響
台風7号や梅雨前線により、西日本各地で大雨の被害が拡大。これに伴い、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話がつながりにくい状況が発生している。原因は停電や伝送路の故障など。(2018/7/9)

VMwareのハイパーコンバージドインフラを採用:
NEC、NTTドコモの「ドコモ5Gオープンクラウド」向けにIaaS基盤を提供
NECは、NTTドコモの「ドコモ5Gオープンクラウド」向けにIaaS基盤を提供する。VMware製品を活用したハイパーコンバージドインフラを採用し、NEC Cloud IaaSの運用実績を活用することで、高い可用性と機密性を備えたIaaS基盤を短期間で構築し、提供する。(2018/7/9)

携帯販売ランキング(6月25日〜7月1日):
総合ランキング、ドコモの「Xperia XZ1」が急上昇 XZ2より好調
1位はNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」で13週目。9位のNTTドコモ「Xperia XZ1 SO-01K」は前回20位から一気にトップ10入り。(2018/7/8)

石野純也のMobile Eye:
「LINEモバイル」でソフトバンク回線を使うメリット、MVNO業界に与える影響は?
ソフトバンク傘下になったLINEモバイルが、ソフトバンク回線を使った通信サービスを開始。ドコモ回線を使ったサービスとは何が違うのか? MVNO業界にどのような影響を与えるのだろうか?(2018/7/7)

ソニー最後の“非mova”ブランド ドコモ初の6万5536色表示に対応した「DoCoMo by Sony SO503i」(懐かしのケータイ)
独特のデザインが印象的な「DoCoMo by Sony SO503i」。iモード端末では初めてのTFT液晶を搭載したことで注目を集めましたが、後にセキュリティがらみのバグにより全機種回収となる騒ぎもありました。(2018/7/7)

ドコモ、5G技術検証の場をクラウド経由で提供 パートナー企業とサービス創出
NTTドコモが、5Gを活用したサービスを開発しているパートナー企業向けに技術検証を行える「ドコモ5Gオープンクラウド」を7月下旬から提供。NTTテクノクロス、ソニー、トレンドマイクロなど6社が参加する。(2018/7/5)

ドコモ、富士山頂をLTEエリア化 下り最大988Mbpsの通信が可能に
ドコモが、富士山の山頂で3GとLTEの通信サービスを提供する。7月6日から富士山の山開き期間中。山小屋ではdocomo Wi-Fiを提供する。(2018/7/5)

ドコモほか、宮古島で訪日外国人向けキャッシュレス化トライアルを実施
NTTドコモらは、7月2日からキャッシュレス決済促進などを目的とした「宮古島訪日外国人送客およびキャッシュレス化トライアル」を実施。モバイル決済サービス「Anywhere」を用いたクレジットカード決済環境の整備など、訪日外国人向けの施策を展開する。(2018/7/2)

iPhone 6sが3カ月連続1位、AndroidはGalaxy S9が初ランクイン 2018年6月中古スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年6月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが3カ月連続で1位を獲得し、iPhone SE/iPhone 7もSIMフリー版、ドコモ版がともにランクイン。Androidスマートフォンに限定したランキングではNTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」が3カ月連続で1位となり、「Galaxy S9 SC-02K」が初のランクインを果たした。(2018/7/2)

dアニメストア、Amazon Prime Videoにチャンネル開設 月額432円
NTTドコモは7月2日、同社の定額制アニメ配信サービス「dアニメストア」のコンテンツを、Amazonの動画配信サービス「Amazon Prime Video」に提供することを発表した。(2018/7/2)

多様な割引キャンペーンも展開:
赤字続いても「ユーザー増やす」 強気のLINEモバイル、ソフトバンク回線を提供開始
LINEモバイルがソフトバンク回線の提供を開始。NTTドコモ回線は引き続き提供する。ソフトバンク回線利用者への割引キャンペーンなども充実させる。(2018/7/2)

「LINEモバイル」がソフトバンク回線を利用したサービス開始 マルチキャリア対応に
LINEモバイルがソフトバンク回線を利用するサービスを開始した。サービス内容はドコモ回線を利用するサービスとおおむね同様だが、一部異なる部分もある。(2018/7/2)

携帯販売ランキング(6月18日〜6月24日):
「HUAWEI P20 lite」好調、「Xperia XZ2 Compact」もキャリアランキングに登場
今回も新製品が発売された。NTTドコモの「Xperia XZ2 Compact」はキャリア別ランキングに登場。前回登場のHuawei「P20」シリーズ各機種は引き続き好調を維持。(2018/6/30)

地域・期間限定キャンペーン:
ドコモ「パケットパック海外オプション」にパックプランが登場 「1時間」「複数日」の利用がおトクに
NTTドコモの海外パケット定額サービス「パケットパック海外オプション」を手軽に利用できるキャンペーンを国・地域・期間限定で実施する。1時間だけ使えるプランや複数日プランを用意する。(2018/6/29)

「arrows先生」が徹底解説:
PR:洗えてキレイ! 撮れてキレイ! 誰でも使いやすいスマホ「arrows Be F-04K」
NTTドコモから5月25日に発売された「arrows Be F-04K」は、税込みでも3万円台半ばというリーズナブルな価格ながら「泡ハンドソープで洗える」「夜景もキレイなカメラ」といった特徴を持ったスマートフォン。その魅力を「arrows先生」が解説します。(2018/6/28)

事例インタビュー:クラウドのセキュリティ
NTTドコモの事例に学ぶ、AWSの機能と拡張性を生かすセキュリティの実装法
NTTドコモにおけるさまざまなビジネス開発を支えるクラウド基盤。基盤管理と、サービス開発の双方の視点からセキュリティの実装、運用について話を聞いた。(2018/7/2)

ドコモ、360度8KVRライブ映像を配信できるシステムを開発 5Gでの利用を想定
NTTドコモはヘッドマウントディスプレイを通し、スポーツや音楽イベントなどの360度8K映像をリアルタイムに視聴できるシステムを開発したと発表。同社の常設5G技術検証環境「ドコモ5GオープンラボTM Yotsuya」に展示を行う予定だ。(2018/6/26)

ドコモの「V30+」、アップデートで人工知能技術「ThinQ AI」に対応
LGエレクトロニクス・ジャパンは、6月26日にNTTドコモのスマートフォン「V30+ L-01K」のソフトウェアアップデートを実施。同社独自の人工知能技術「ThinQ AI」に対応し、「AIカメラ」と「Qレンズ」で被写体の分析や類似画像を検索が可能となる。(2018/6/26)

上肢に障がいのあるユーザーを補助 ドコモがiOS向けアプリ「シンプルフリック」を提供
NTTドコモは、6月26日にスマートフォンの操作を補助するiOS向けアプリ「シンプルフリック」を提供開始。上肢に障がいのあるユーザーの声を受けて開発し、操作画面上の任意の場所をフリックするだけでよく使うメニューを簡易に起動することができる。ダウンロードは無料。(2018/6/25)

石野純也のMobile Eye:
ドコモとKDDIの株主は「料金」「楽天」に関心 ソフトバンクは? 3社の株主総会を振り返る
ドコモ、KDDI、ソフトバンクグループが株主総会を開催。ドコモとKDDIの株主からは、料金施策や楽天参入への対抗策についての質問が目立った。一方、ソフトバンクグループからは通信事業に関する質問はほとんど出なかったが……。(2018/6/23)

ジョジョスマホのバージョンアップ決定ィィィ! 荒木飛呂彦原画展の描き下ろし画像が壁紙に
ドコモのジョジョスマホ「JOJO L-02K」のバージョンアップが決定。東京と大阪で開催される「荒木飛呂彦原画展」のキービジュアルが壁紙として追加される。他に、「JOJOエディター」や「スタンドカメラ」の機能追加も行われる。(2018/6/22)

auとドコモの段階制プラン、どちらがオトクか徹底比較
NTTドコモが5月から提供を始めた「ベーシックパック・ベーシックシェアパック」と、auの「auピタットプラン」という2社の段階制プランの料金を比較してみた。(2018/6/22)

PR:AIとトリプルカメラの実力は? ドコモの「HUAWEI P20 Pro」を1日中使い倒した結果
ファーウェイの最新スマートフォン「HUAWEI P20 Pro」が6月15日にNTTドコモから発売された。そんなP20 Pro最大の特徴は、Leicaと共同開発したトリプルカメラ。その実力を、江の島で朝から夜まで徹底検証した。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/6/22)

NTTドコモの「AQUOS ZETA SH-04H」「AQUOS EVER SH-02J」がAndroid 8.0に
NTTドコモの「AQUOS ZETA SH-04H」「AQUOS EVER SH-02J」がAndroid 8.0にバージョンアップ。「ピクチャー イン ピクチャー」など各種機能が利用可能となるほか、特定の条件下でGPSのアイコンが点灯したままになる不具合も解消される。(2018/6/21)

3キャリア共通「+メッセージ」のiOSアプリ登場 iPhoneやiPadでも利用可能に
NTTドコモ、au、ソフトバンクの共通メッセージサービス「+メッセージ」のiOS版アプリが公開された。SMS(ショートメッセージ)と同じ要領で、スタンプ・画像や地図情報などを付加したリッチコミュニケーションが楽しめるようになった。(2018/6/21)

トイレや会議室の空室状況をリアルタイムに確認できる「空いてるチェッカー」開始
NTCはオフィスのトイレや会議室のドアなどにセンサーデバイスをつけ、空室状況をリアルタイムに確認できる「空いてるチェッカー」を提供開始。NTTドコモを中心とするIoT推進プロジェクトのノウハウを軸に開発し、通信コストを大幅に削減してシンプルな料金体系を可能とした。(2018/6/20)

docomo with対象の「LG style L-03K」、6月22日発売 約4万円
NTTドコモは、6月22日にLGエレクトロニクス製のスマートフォン「LG style L-03K」を発売。利用料金から1500円を割り引く料金プラン「docomo with」の対象で、大容量バッテリーと優れたスペックを備えたモデルとなっている。(2018/6/20)

楽天のMNO参入でどう出る? ドコモダケはどこに? ドコモ株主総会 質疑応答
ドコモが6月19日、第27回定時株主総会を開催。ドコモの吉澤和弘社長が事業報告をするとともに、株主からの質問を受け付け、吉澤氏をはじめとする役員が答えた。楽天のMNO参入やポイント事業について多くの質問が集まった。(2018/6/19)

携帯各社、大阪北部地震に伴う被災地支援を開始
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3社は、災害救助法が適用された地域のユーザーに対する支援措置を実施。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減、災害復興を行う団体などへの電話機や充電器の無償貸し出しなどを行う。(2018/6/19)

ふぉーんなハナシ:
ドコモの「P20 Pro」を買ったらスマホケースが付いてきた件
NTTドコモの「HUAWEI P20 Pro」を購入しました。国内キャリア向け端末としては多めの付属品の中で、特に目を引いたのは「クリアケース」でした。(2018/6/15)

「Xperia XZ2 Compact SO-05K」が6月22日発売 8万円弱
国内ではNTTドコモのみが取り扱う「Xperia XZ2 Compact」の発売日が決定した。Xperiaのハイエンドコンパクトモデルとしては初めてフルHD超のディスプレイを搭載。HDR表示にも対応する。(2018/6/15)

キャラも人気の「my daiz」:
競合ひしめく「AIエージェント」にあえて挑戦、なぜ? ドコモに聞く
NTTドコモが5月末、AIを活用した音声対話サービス「my daiz」をリリースした。Apple、Amazon、Googleなどの競合がひしめくこの分野にあえて参入したのはなぜか。開発担当者に話を聞いた。(2018/6/15)

3GPPの「Release 15」:
5G NRの標準化が完了
NTTドコモや三菱電機、パナソニックなどを含む51社は2018年6月14日、3GPP Plenary会合において、5G(第5世代移動通信)の無線方式である「5G NR(New Radio)」の標準仕様の策定が、「3GPP Release 15」として完了したと発表した。(2018/6/14)

「5G」標準仕様決まる 商用展開に弾み
携帯電話の通信規格を定める国際団体「3GPP」の会合で、5Gの無線方式「5G NR」の標準仕様が策定されたと、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどが発表した。(2018/6/14)

センサーで農地管理を実践学習――農業校長協会、ベジタリア、NTTドコモが農業高等学校向けに“農業ICT”を開始
全国農業高等学校長協会、ベジタリア、NTTドコモは、農業高等学校に“農業ICT”と活用支援を提供する取り組みを開始する。農業ICTとして、クラウド型営農記録ツール「アグリノート」、農業用センサーシステム「パディウォッチ」「フィールドサーバ」を提供する。(2018/6/13)

トリプルカメラ搭載の「HUAWEI P20 Pro」、ドコモが6月15日に発売 MNPなら実質2万円台半ば
ドコモが「HUAWEI P20 Pro」を6月15日に発売する。ライカと共同開発したトリプルカメラを搭載している。価格は一括10万円台だが、MNPなら実質2万円台半ばまで割り引かれる。(2018/6/11)

Mobile Weekly Top10:
Motorolaの新スマホ登場/iOS 12で「iPhone 5s」が“現役6年目”に
モトローラ・モビリティ・ジャパンが1〜3万円台のエントリー・ミドルレンジスマートフォンを発表しました。いずれのモデルも国内大手キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク/Y!mobile)のいずれにも対応する意欲作です。(2018/6/11)

携帯販売ランキング(5月28日〜6月3日):
3キャリアから「Xperia XZ2」が発売、総合ランキングに登場したのは?
総合ランキングにXperiaシリーズ最新モデル「Xperia XZ2」が発売即ランクイン。auとNTTドコモバージョンが8位と10位に。(2018/6/10)

総務省、ドコモに行政指導 「ドコモ光セット割」で不適切な広告表示
総務省がNTTドコモに行政指導を行ったと発表。同社のサービス「ドコモ光セット割」で、不適切な広告表示があったという。(2018/6/8)

総務省が携帯キャリアに「公正競争促進」指導と要請を実施 ソフトバンクには「割引適正化」指導も
「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」で取りまとめられた報告書に基づいて、総務省が携帯キャリア3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)に対して行政指導と要請を行った。ソフトバンクに対しては別途、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」に基づく行政指導も行った。(2018/6/6)

ドコモのベーシックパックで「オトク」になる人は? 従来プランと徹底比較
ドコモの新料金プラン「ベーシックパック」と「ベーシックシェアパック」では誰がオトクになるのか。(2018/6/5)

ドコモとau、広角撮影可能な動画専用カメラを搭載した「AQUOS R2」を6月8日に発売
シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS R2」が、NTTドコモとau(KDDI・沖縄セルラー電話)から6月8日に発売される。約135度の広角動画専用カメラを搭載し、動画撮影中にAIが自動でおすすめの写真を撮影する機能も備えている。(2018/6/4)

AWS Summit Tokyo 2018:
音声から顧客情報まで「いまやクラウドに置けないデータはない」 ドコモが乗り越えた「茨の道」
NTTドコモは、顧客の行動を分析し、音声を通じて必要なサービスや情報を最適なタイミングで提供する「AIエージェント基盤」などをAWSで構築し、運用している。「大量の顧客情報を外部のクラウドに乗せるなんて、全く話にならなかった」。そんな同社は、どうそれを実現したのか。(2018/6/4)

携帯販売ランキング(5月21日〜5月27日):
各キャリアから新機種の登場続くも、総合ランキング入りはならず
総合ランキングトップはNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」が8連勝。前回に続いて各キャリアに5月発売の新モデルがランクインした。(2018/6/2)

AIを上手に使うなら「プッシュ通知」を味方に付けろ
最近、AIを活用して「プッシュ通知機能」を搭載した面白いサービスや機器が次々に登場している。その中からNTTドコモのAIエージェント「my daiz」とネインのスマートイヤフォン「Zeeny」を試用した。(2018/6/2)

セブン&アイ、異業種とビッグデータ共有 ANA、ドコモなど参加
セブン&アイ・ホールディングスが、ANAホールディングス、NTTドコモなどと、ビッグデータを共有し、活用する取り組みを始める。(2018/6/1)

ドコモのiPhone 6sが2カ月連続1位に 2018年5月中古スマホ売上ランキング 
ムスビーは、2018年5月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6sが2カ月連続で1位を獲得し、SIMフリーのiPhone SEやNTTドコモのiPhone 8が躍進。Androidスマートフォンに限定したランキングでは、NTTドコモの「AQUOS sense SH-01K」が2カ月連続で1位となった。(2018/6/1)

データサイエンティストが活躍する現場(1):
「データサイエンティストは経営幹部候補」? コニカミノルタジャパンとNTTドコモが語るキャリア
データサイエンティストが活躍する現場とはどのようなものなのか。2018年5月に開催された「SAS FORUM JAPAN 2018」で、データ分析関連人材の雇用や養成に積極的な企業のデータ関連部署担当者やデータサイエンティストが集まり、各社の事業におけるデータ分析の役割や、データ分析スペシャリストのキャリアについて、学生に向けて4セッション、約4時間にわたって説明した。本記事では、これらのセッションのうち、コニカミノルタジャパンとNTTドコモの講演をリポートする。(2018/5/30)

国内3キャリアが「Xperia XZ2」を5月31日に発売 税込実売価格は9万円台半ば〜10万円台前半
NTTドコモ、au(KDDIと沖縄セルラー電話)とソフトバンクが、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ2」を発売する。販売価格はキャリアによって異なり、税込で9万円台半ば〜10万円台前半となる見通しだ。(2018/5/28)

PR:最先端スマホ「HUAWEI P20 Pro」がドコモから登場! Leica3眼カメラの実力を徹底チェック
ファーウェイが満を持して投入する「HUAWEI P20 Pro」が、ドコモから発売される。何といっても、背面にLeicaと共同開発した3つのカメラを搭載しているのが大きな特徴。このカメラは何がすごいのか? 早速その実力をチェックしていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/5/28)

携帯販売ランキング(5月14日〜5月20日):
「Galaxy S9/S9+」と「HUAWEI Mate 10 Pro」が発売、ランキング順位は?
総合ランキングトップは相変わらずNTTドコモ「iPhone 8(64GB)」で7週連続。各キャリアに5月発売の新モデルがランクイン。(2018/5/26)

ドコモ、来年にも5Gプレサービス 一般向け体験の場を提供
一般向けに5Gのサービスを体験できる場を設けることで、本格的な実用化を円滑に進める狙いがある。(2018/5/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。