AI推しのフラグシップスマホ「Galaxy S24 Ultra」が4月11日に日本上陸 ドコモ版、au版に加えてSIMフリー版も同時発売

» 2024年04月03日 10時00分 公開
[井上翔ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 サムスン電子ジャパンは4月11日、Androidスマートフォン「Galaxy S24 Ultra」を日本市場で発売する。NTTドコモ、au(KDDI/沖縄セルラー電話)の他、自社販売のSIMフリー版も用意される。いずれも4月3日から販売予約を受け付けており、Samsungオンラインショップ(直販サイト)におけるSIMフリー版の販売価格(税込み)は256GBモデルが18万9700円、512GBモデルが20万4100円、1TBモデルが23万3000円となる。

【追記:10時20分】NTTドコモおよびauのオンラインストアにおける販売価格の情報を追加した上で、キャンペーンについて追記を行いました

Galaxy S24 Ultra Galaxy S24 Ultraが4月11日、日本で発売される。為替レートを考慮に入れると、SIMフリーモデルは海外よりも価格が抑えられている印象だ

Galaxy S24 Ultraの概要

 Galaxy S24 Ultraは、1月にグローバル発表された「Galaxy S24シリーズ」のフラグシップモデルで、歴代のGalaxy Sシリーズでは初めて、ボディーフレームにチタニウム(チタン)素材を採用している。

日本向けのカスタマイズ要素

 従来と同じく、他の国/地域向けのモデルにはないカスタマイズ要素として「おサイフケータイ」(モバイルFeliCa)への対応と、画面表示に使う日本語フォントの差し替えが行われている。NTTドコモ向けモデル(Galaxy S24 Ultra SC-52E)については、背面にNTTドコモロゴの印字も入る。

おサイフケータイ対応 日本向けモデルには、SIMフリー版も含めておサイフケータイが搭載されている。それに伴い、ボディーには「モバイル非接触IC通信マーク」が印字されている
ドコモ向けモデル ドコモ向けモデルには、キャリアロゴも印字される(光の加減の都合で写っていないが、モバイル非接触IC通信マークもある)

プロセッサ/メモリ/ストレージ/OS

 プロセッサ(SoC)は、Samsung Electronics(サムスン電子)向けにカスタマイズされた、Qualcomm製の「Snapdragon 8 Gen 3 for Galaxy」となる。特にゲームを遊ぶ際により安定してパフォーマンスを発揮できるように、放熱機構のサイズは従来モデル(Galaxy S23 Ultra、以下同)の約2倍とした。SoCに内蔵されたNPU(ニューラルプロセッサ:推論演算に特化した演算回路)も従来モデル比で最大41%のパフォーマンス向上を果たしており、オンデバイスAIを活用するアプリの高速化を期待できる。

 メモリは12GBで、ストレージは全販路で256GB、512GB、1TBの3種類から選べる。ただし、512GBモデルと1TBモデルはオンライン限定販売で、ボディーカラーはチタニウムブラックのみとなる。microSDメモリーカードには対応していないが、USB 3.2 Gen 2 Type-C端子を介してUSBストレージは接続できる。

 OSはAndroid 14をプリインストールしている。サステナビリティー(持続可能性)に配慮する観点から、7世代のOSアップデートと7年間のセキュリティ更新の提供を保証した他、本体の各種部材のリサイクル素材利用率の向上も図っている。

ベイパーチャンバー より効率的に本体を冷却すべく、特にベイパーチャンバー(液体が封入された金属放熱器)を大型化した

 ディスプレイは6.8型のDynamic AMOLED+(有機EL)を搭載している。解像度はWQHD+(1440×3088ピクセル)で、指紋センサーと環境光センサーが埋め込まれている他、インカメラ周辺部にパンチホール(穴)が開けられている。リフレッシュレートは1〜120Hzの可変式で、最大輝度は2600ニト(ビジョンブースター利用時)に引き上げることで屋外での視認性をさらに高めている。画面ガラスは、Corning製の「Gorilla Armor」を採用している。

 本機は「Sペン」によるペン入力に対応しており、Google検索の新機能「かこって検索」も利用可能だ。

正面 先代に引き続き6.8型のDynamic AMOLED+ディスプレイを採用しているが、最大輝度を1750ニトから2600ニトに引き上げることで屋外での視認性を一層向上した
Sペン Sペンは先代から大きな仕様変更はない。充電式で、本体左側のペンホルダーに収納すると充電される仕組みも変わりない

 アウトカメラは超広角(約1200万画素)/広角(メイン:約2億画素)/5倍望遠(約5000万画素)/3倍望遠(約1000万画素)というクアッド(四眼)構成となっている。これらのカメラとSoC内のNPUやIPU(イメージプロセッサ)を駆使して、2倍ズームや5〜10倍ズームについては光学ズームと同等の画質を確保している。

 同社独自のギャラリーアプリには「生成AI編集」機能が追加された。この機能を使うと、写真(画像)の角度補正時にできる“空白”を生成AIで補完したり、人物や物体を好きな位置に移動したり大きさを変えたりできる。ただし、この機能はクラウドベースのAIを利用するため、ネットワーク接続と「Samsungアカウント(旧Galaxyアカウント)」でのログインが必要となる(※1)。

(※1)Galaxyの他の独自AI機能についても、基本的にはSamsungアカウントにログインしないと利用できない

 インカメラはシングル(単眼)構成で、約1000万画素センサー(F2.2/デュアルピクセル対応/AF対応/画角80度)を搭載している。

アウトカメラ アウトカメラはクアッド構成となる。LEDライトの上にあるのは、レーザー式のAFセンサーだ
インカメラ インカメラはディスプレイの上部中央にある
カメラアプリ 標準のカメラアプリのUI(ユーザーインタフェース)は、ここ最近のGalaxy Sシリーズと大きく変わりない

 外部ポートはUSB 3.2 Gen 2 Type-C端子を備えている。USB PD(Power Delivery)規格の急速充電(最大45W)と、DisplayPort Alternate Modeによる映像出力にも対応している。Qi(チー)規格のワイヤレス充電も可能で、別機器に給電する機能も備える。バッテリーの容量は5000mAh(定格値)だ。

 SIMカードはnanoSIMとeSIMのデュアル構成で、5G NR規格の通信ではSub-6(6GHz以下の帯域)とミリ波(28GHz帯)に対応する。その他、Wi-Fi 6EとBluetooth 5.3も利用可能だ。

本体上部 本体上部はマイクのみ備える
本体下部 本体下部はSペンホルダー、スピーカー、USB 3.2 Gen 2 Type-C端子、マイクとnanoSIMスロットを備える。3.5mmイヤフォンマイク端子は備えない
左側面 左側面には何もない
右側面 右側面にはミリ波通信用のアンテナ、電源ボタンとボリュームボタンを備える

 日本向けモデルのボディーカラーはチタニウムグレー、チタニウムバイオレット、チタニウムブラックの3種類となる。グローバルでは標準カラーとして用意されているチタニウムイエローは、日本では採用されなかった。販路別の取り扱いカラーは以下の通りとなる。

  • NTTドコモ
    • 256GBモデル(店頭販売あり):チタニウムグレー、チタニウムバイオレット
    • 512GBモデル/1TBモデル(オンライン限定):チタニウムブラック
  • au
    • 256GBモデル(店頭販売あり):チタニウムグレー、チタニウムブラック
    • 512GBモデル/1TBモデル(オンライン限定):チタニウムブラック
  • SIMフリー(オンライン限定)
    • 256GBモデル:全色
    • 512GBモデル/1TBモデル:チタニウムブラック

 ボディーの寸法は約79(幅)×162.3(高さ)×8.6(奥行き)mmで、重量は約233gとなる。IP68等級の防塵(じん)/防水性能も確保している。

日本向けモデルの販売価格

 日本向けモデルのオンラインストア価格(税込み)は以下の通りとなる。

  • ドコモ向けモデル(Galaxy S24 Ultra SC-52E)
    • 256GBモデル:21万8460円
    • 512GBモデル:23万2804円
    • 1TBモデル:26万1580円
  • au向けモデル(Galaxy S24 Ultra SCG26)
    • 256GBモデル:22万4800円
    • 512GBモデル:23万7800円
    • 1TBモデル:25万9800円
  • SIMフリーモデル
    • 256GBモデル:18万9700円
    • 512GBモデル:20万4100円
    • 1TBモデル:23万3000円

 なお、ドコモ向けモデルは「いつでもカエドキプログラム+」、au向けモデルは「スマホトクするプログラム」の対象となっている。両プログラムの利用条件となる残価設定型の24回払いにおける、24回目の支払い額(残価)設定は以下の通りとなる。

  • ドコモ向けモデル
    • 256GBモデル:9万9000円
    • 512GBモデル:10万1640円
    • 1TBモデル:10万5600円
  • au向けモデル
    • 256GBモデル:9万9000円
    • 512GBモデル:10万2000円
    • 1TBモデル:10万9000円

発売記念キャンペーン

 発売を記念して、販路別にキャンペーンが行われる。

NTTドコモ

 ドコモでは、Galaxy S24 Ultraを発売日前日(4月10日)までに予約した上で購入し、プリインストールされている「Samsung Members」アプリからエントリーすると、もれなく「dポイント(期間・用途限定)」がモデルによって1万〜2万ポイント贈呈される。購入/エントリー期限は5月7日となる。

 また、4月11日から5月7日の期間にGalaxy S24 Ultraと対象の純正アクセサリー(Galaxy Watch/Galaxy Buds/ケース)を同時購入すると、もれなくdポイント(期間・用途限定)が8000ポイント贈呈される。

au

 auでは、Galaxy S24 Ultraを発売日前日(4月10日)までに予約した上で購入し、プリインストールされている「Samsung Members」アプリからエントリーすると、もれなく「au PAY ギフトカード」がモデルによって1万〜2万円(不課税)贈呈される。購入/エントリー期限は5月7日となる。

 また、4月11日から5月7日の期間にGalaxy S24 Ultraと対象のGalaxy Watchを同時購入すると、もれなくau PAY ギフトカードが8000円(不課税)贈呈される。

 さらに、機種変更で購入するユーザーを対象として、本体購入時に「auマネ活プラン」と「故障紛失サポート ワイド with Cloud」を契約(または継続)すると、本体代金からその場で1万6500円(税込み)を割り引く。この割引は「5G機種変更おトク割」と併用できるので、最大で2万2000円(税込み)引きで購入できる計算となる。

SIMフリーモデル

 Samsungオンラインストアでは、Galaxy S24 Ultraを発売日前日(4月10日)までに予約する際に、対象のタブレット端末やアクセサリー(Galaxy Watch/Galaxy Buds/ケースなど)を同時にカートに入れると、合計金額から最大で2万8000円(税込み)を割り引く。

 加えて、購入時に「Samsung下取りサービス」でGalaxyスマートフォンの下取りを申し込むと、下取り金額を最大2万円増額するキャンペーンも実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年