ドコモ/auが「Galaxy S24」を4月11日に発売 国内版SIMフリーモデルも同時発表 翻訳や文字起こしの「Galaxy AI」搭載

» 2024年04月03日 10時00分 公開
[金子麟太郎ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 サムスン電子ジャパンは4月3日、新型スマートフォン「Galaxy S24シリーズ」から、「Galaxy S24」「Galaxy S24 Ultra」を国内で発表した。NTTドコモとau(KDDI/沖縄セルラー電話)が取り扱う他、SamsungオンラインショップがSIMフリーモデルを販売する。予約受付は同日始まり、各販路から11日に発売される。

 Galaxy S24の価格はドコモが一括14万5970円(税込み、以下同)、auが256GBで一括14万4800円、512GBで一括15万7800円、SamsungオンラインショップのSIMフリーモデルが256GBで一括12万4700円、512GBで一括13万9000円だ。

GalaxyS24 「Galaxy S24 Ultra」「Galaxy S24」

通話時の翻訳や文字起こしを可能にする「Galaxy AI」

 Galaxy S24は、Galaxy S24 Ultraに付属する「Sペン」がなく、ベーシックなハイエンドモデルという位置づけだ。特徴やスペックについてはSamsung Electronics(サムスン電子)が1月18日に発表済み。今回は国内向けモデルの詳細が発表された格好だが、ここからは改めておさらいしたい。最大の特徴は通話時の翻訳や文字起こしを可能にする「Galaxy AI」の搭載だ。

GalaxyS24 Galaxy S24 Ultra/Galaxy S24ともに「Galaxy AI」を搭載する

 通話アプリでは即時に双方向翻訳を行える。対応言語は日本語を含む13カ国語。メッセージングサービスでの翻訳も可能で、文字を入力すれば翻訳アプリをまたぐことなく翻訳できる。ボイスレコーダーでは録音データのテキスト化、翻訳、要約の作成が可能だが、Pixelシリーズのようなリアルタイムでの文字起こしではない点に注意したい。「Samsung Notes」では要約、タイトル、表紙が自動で作成される。

GalaxyS24 録音したデータを文字データに変換する様子
GalaxyS24 文字起こししたデータ。その横にある「要約」のタブに切り替えると、録音内容の要約結果が表示される

 検索機能は「かこって検索(Circle to Search)」という名称に進化した。どのアプリでも円で囲むだけで、知りたい内容を検索できる機能だ。ホームボタンの長押しで検索エンジンのGoogleが起動し、検索したい箇所を丸で囲えば自動検索が開始される。囲い方は正確でなくてもいいという。なお、こちらはGalaxy特有の機能ではなく、Google標準機能がGalaxy S24シリーズにいち早く実装されたのだという。

撮影/編集でもAIを活用

 Galaxy S24のアウトカメラは、約1000万画素で光学3倍ズームが可能なレンズ、約5000万画素で広角かつ光学2倍ズームが可能なレンズ、約1200万画素の超広角レンズで構成される。

 本製品でも、デジタルズームやナイトモードなどの処理にAIが活用されているが、新たにフレーム補間によるスローモーション動画を作成できる「Instant Slo-mo(インスタントスローモーション)」にも対応した。編集時には、余分な反射のみを削除でき、撮影した写真の角度を補正し、不足した部分はAIで生成できる。

【訂正:4月3日10時51分】初出時、「インスタントスノーモーション」と記載しておりましたが、正しくは「インスタントスローモーション」です。お詫びして訂正いたします

GalaxyS24 Galaxy S24のアウトカメラ

 これら一連のAIはGalaxy AIと銘打たれているが、同社独自開発のものではなく、Google Cloudの「Gemini Pro」や「Imagen 2」が各機能を下支えしている。これらはクラウドベースのAIとなるが、端末上で処理を行う「Gemini Nano」も活用し、AIによるユーザー体験だけでなく、セキュリティ面にも配慮したという。

Galaxy S24のスペック

 ディスプレイは、6.2型の有機ELを搭載。輝度は2600ニト、リフレッシュレートは1〜120Hzの可変式となっている。プロセッサは、Qualcommの「Snapdragon 8 Gen 3 for Galaxy」で、メモリは8GBとなっている。microSDスロットは搭載しない。OSはAndroid 14をプリインストールし、7世代のOSアップデートと7年間のセキュリティ更新の提供が保証されている。他メーカーを含むAndroid端末やWindows PCとファイルを共有できる「クイック共有」にも対応する。

 バッテリーの容量は4000mAhで、ワイヤレス充電とワイヤレス給電に対応する。SIMはnanoSIMとeSIMをサポートする。国内向けモデルはおサイフケータイ(モバイルFeliCa)にも対応する。

GalaxyS24 ドコモ向けモデルにはドコモ関連アプリがプリインストールされている
GalaxyS24 Galaxy S24の国内向けモデルは、おサイフケータイ(モバイルFeliCa)に対応する

 カラーはアンバーイエロー、コバルトバイオレット、オキニスブラックの3色。フレーム部にアーマーアルミニウムが使用され、マットな仕上げとなっている。耐久性については、IP68等級の防塵(じん)・防水性能を有している。大きさは約70.6(幅)×147(高さ)×7.6(厚さ)mmとなっている。重量は約168gだ。

GalaxyS24 Galaxy S24の側面。下部にUSB Type-Cポート、SIMスロットなどがある
GalaxyS24 ディスプレイに向かって右の側面には、電源キーと音量調整キーがある
GalaxyS24 左の側面にはアンテナラインがあるものの、物理ボタンやスピーカーはない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年