ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソフトウェア品質」最新記事一覧

特選ブックレットガイド:
組み込みソフトウェアの「品質」、その正体を見破るには
組み込みソフトウェアにおける「品質」とは、一体、何だろうか。多用されている言葉であるがその実態はようとしてしれない。ここでは「IoT時代の組み込み系ソフトウェアの品質」をテーマに開発現場の目線で見ていく。まずはこの品質の正体を見破ることから始めたい。(2017/10/10)

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(2):
組み込みソフトウェア品質の「特異性」と付き合い方
ソフトウェアが無形のモノである以上、その「品質」も推して知るべし。把握も容易ではない。まずは「ソフトウェアとは何者か」を考察した上で、組み込みソフトウェア品質についての歩みを進めたい。(2017/9/19)

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(1):
組み込みソフトウェアの「品質」とは何か――品質の始まりからその実態まで
組み込みソフトウェアにおける「品質」とは、一体、何者であろうか。多用されている言葉であるがその実態はようとしてしれない。この連載では「IoT時代の組み込み系ソフトウェアの品質」をテーマに開発現場の目線で見ていく。まずはこの品質の正体を見破ることから始めたい。(2017/8/23)

現場の「便利」に磨きを掛けるセブン&アイ
大切なことは、現地・現物、そして現場。(2017/8/22)

SCSKとベリサーブが提供する、ソースコード診断サービスの狙い:
PR:「ものづくり」においてもソフトウェアが重要な今、ソースコードに「品質」プラス「セキュリティ」で企業の価値向上に
10年以上にわたって脆弱性診断サービスを提供してきたSCSKと、そのグループ会社で、製造業を中心にソースコードの品質検査サービスを実施してきたベリサーブ。両社はFortify SCAといった診断ツールを活用してソースコードの脆弱性検査サービスを提供し、ソフトウェアがもたらす価値をさらに高めようとしている。(2017/8/17)

特選ブックレットガイド:
組み込みソフトの品質確保、取り組み多彩ながら「スキル低下」など課題も多く
TechFactoryは2017年5月、製造業における「IoT時代の組み込みソフトウェア品質」に関する調査を実施した。品質向上を狙ったさまざまな施策が行われているものの、「現場に施策が追い付いていない」などの現状も明らかとなった。(2017/7/11)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(11):
ソフトウェアテストの未来(後編)――テストが開く明日への扉
AIが一般化してもソフトウェアテストを取り巻く環境は厳しいままなのだろうか?ソフトウェアテストの過去をひもときながら、その未来を予想する。完全自動のテスト、あるいはテストのいらないプログラミングは実現するのだろうか。(2017/5/29)

ゴールドマン・サックス、マネーフォワードのサービス開発の在り方とは:
「ソフトウェア品質向上の”変”2016初夏〜FinTech、IoTを見据えた”テスト自動化の勘所”」セミナーリポート(前編)
ITサービスをリリース・改善するスピードが、ビジネス差別化の要件となっている今、サービス開発の在り方にも変革が求められている。では具体的に、どのような変革が必要なのか? @IT編集部が6月に主催したセミナー「ソフトウェア品質向上の”変”2016初夏」からそのポイントを紹介する。(2016/8/18)

約3割が「ソフトウェアレビューの方針やガイドラインがない」:
@IT読者調査に見る、ソフトウェアレビューの“現実”
ソフトウェア開発の「スピードと品質」がビジネスの差別化を支える要点となっていながら、スピードや納期を重視するあまり、品質担保の取り組みが手薄になりがちな傾向もあるようだ。@IT読者調査から、ソフトウェアレビューの現状を紹介する。(2016/6/8)

いま求められるソフトウェア静的解析・動的解析 第1回:
組み込みソフトウェア開発者に贈る「静的解析・動的解析」の必要性
組み込みソフトウェア開発における「静的解析」「動的解析」を、“なんとなく”行っていないでしょうか。開発効率の向上や品質改善に欠かせないこれらを活用するため、まずはその必要性について解説します。(2016/5/20)

PR:高品質と開発スピードの "二兎を得る" ソフトウェアテストへの新アプローチ
ソフトウェア開発における理想は「速度を落とさず高品質な開発」だが、その実現は困難だ。有効な施策は「早期バグの検出と効率的なテスト実施」「客観的な定量分析」であり、これらの実現を容易にするのがテクマトリックスの「C++test」と「Parasoft DTP」だ。(2016/4/20)

山浦恒央の“くみこみ”な話(83):
統計の食わず嫌いを直そう(その11)、5分で残存バグ数を予測する方法
「回帰分析」は統計分析の有力な手法であり、Excelさえあれば5分で統計的に根拠のある数字を出せます。今回はExcelのツールを使って簡単に残存バグ数を予測する方法を解説します。(2016/3/24)

明日から使えるシステム開発プロジェクトの進め方 再入門(5):
システム開発における「第4コーナー」テスト工程で注意すべきポイント
本連載では、システムを外部に発注する事業会社の側に立ってプロジェクトをコントロールし、パフォーマンスを最大化するための支援活動をしてきた筆者が、これまでの経験を基に、プロジェクト推進の勘所を解説していく。今回は、製造工程の後に控えるテスト工程で注意すべきポイントや6つの品質特性、品質分析について解説する。(2016/2/16)

ソフトウェア品質向上の“変”2015秋(後編):
ゴールドマン・サックスが実践する「品質向上」の取り組みと役立つツール
2015年10月23日に開催された@IT主催セミナーより、後編ではゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングスの伊藤博志氏による特別講演の他、品質向上に役立つ考え方やツールを紹介した各講演を紹介する。(2015/12/8)

ソフトウェア品質向上の“変”2015秋(前編):
JAXA、サイバーエージェントが考える「品質向上」と役立つツール
2015年10月に開催された@IT主催セミナーより、前編となる今回は、JAXA主任研究員の植田泰士氏やサイバーエージェントのチーフクリエイティブディレクターの佐藤洋介氏による品質向上への取り組みに関する講演、品質向上に役立つ考え方やツールを紹介した各講演をお伝えする。(2015/12/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10初の大型アップデートでつまづいたMicrosoft
期待されたWindows 10初の大型アップデート「Windows 10 November Update」だが、公開後の対応を巡って混乱が生じることとなった。(2015/11/26)

製造マネジメントニュース:
障害報告が劇的に減少、図研はいかにしてソフトウェア品質を改善したのか
電子機器設計用ツールの大手ベンダーである図研は2015年10月16〜17日にプライベートイベント「ZUKEN Innovation World 2015」を開催。同イベントに登壇した図研 常務取締役 EDA事業部長務める仮屋和浩氏が、同社のソフトウェア開発環境や、品質向上に向けた体制変更などの取り組みについて紹介した。(2015/11/19)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ITシステムと制御システムが融合するIoTクラウドのいま
欧米では「インダストリアル・インターネット」や「インダストリー4.0」に代表される産業システム向けのIoT基盤が注目を集めている。これを主導するGEの動きやIoTクラウドにおける課題をみていこう。(2015/8/18)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
モバイルヘルスと個人情報保護の両立の最前線とは
「EU個人データ保護規則」制定化への動きは、欧州各国のモバイルヘルス(携帯機器活用医療)推進施策にも大きく影響する。グローバルな医薬品・医療機器企業の欧州拠点が集中するアイルランドではどのようなことが起きているのだろうか。(2015/7/28)

山浦恒央の“くみこみ”な話(71):
「悪いバグ」のケーススタディ
ゲームのバグには「良いバグ」もあり、仕様となったり名物になったりすることもあります。ただ「悪いバグ」があることも事実で、筆者の研究室ではこれを分類することにしました。「悪いバグ」のケーススタディです。(2015/3/10)

@ITセミナー「ソフトウェア品質向上の"変" 2015 江戸」直前インタビュー:
Yahoo!ショッピング 平田源鐘氏に聞く「eコマース革命」を支える高速PDCAサイクルの仕組み
@ITは2015年2月4日にセミナー「ソフトウェア品質向上の"変" 2015 江戸 〜今、変革のとき〜」を開催する。その事例講演に登壇予定のヤフー ショッピングカンパニー プロダクション本部 本部長/テクニカルディレクター 平田源鐘氏に「eコマース革命」の内部で、何が起こっていたのかを聞いた。(2015/1/27)

クラウドで試せる「無料トライアル」を紹介
アプリケーション開発の品質向上とスピードアップの鍵はソースコード解析にあり
アプリケーション開発で品質向上を図るには、より早い段階での「品質とセキュリティのテスト」が重要だ。開発の節目でソースコードレベルのチェックを行い、適切な修正を施すことで、手戻りをなくすことができる。(2014/10/17)

IT用語解説系マンガ:食べ超(51):
コーディング規約はユートピアの夢を見るか
スペースタブ戦争は平和である。規約なしの自由は屈従である。可読性への無知は力である。(2014/6/11)

テスト自動化のROIを計算してみよう(1):
テスト自動化の3つの目的とROIの必要性、定義
テスト自動化の導入理由や効果測定をROIという観点で説明できるように、テスト自動化のROIの概念から実際の計算式までを解説する連載です。(2014/6/4)

設計開発ツール:
図研の電気CAD「CR-5000」、コンチネンタルからA-SPICEレベル2の認証を受領
図研の電気CAD「CR-5000 Board Designer」が、ドイツの大手ティア1サプライヤContinental(コンチネンタル)からAutomotive SPICE(A-SPICE)のレベル2の認証を受領した。(2014/2/27)

DevOps時代、テスト自動化はどうあるべきか?:
ビジネス目標を見据えたテスト設計が肝!「DevOps時代のテスト自動化カンファレンス 冬の陣」開催
DevOpsの実践で肝となるソフトウェアテストの自動化。しかし@ITの読者調査でも50%以上が「テスト環境に課題あり」と回答した。これにどう対応すれは良いのだろうか? カンファレンス登壇者の言葉にヒントを探る。(2014/1/30)

PR:IBM流「DevOps」でシステム開発はどう進化するのか?
今やソフトウェア開発の世界において、グローバルでの企業競争を勝ち抜くためには、スピード、コスト、クオリティなどあらゆる面で他社を凌駕しなければならない――。そうした中で注目を集めているのが、開発担当者と運用担当者が連携し、アプリケーションのリリースサイクルの短期化を目指す「DevOps」だ。今後企業が運用開発現場をあるべき姿に変貌させるべく、日本IBMが長年にわたり培った知見をお伝えしていく。(2013/10/2)

製造現場で役立つ「画像処理技術」入門(4):
画像処理製品の導入ポイント
製造現場における画像処理技術とは何か? その特徴や導入時のポイントなどをきちんと理解し、生産性向上に役立てていきましょう。連載第4回のテーマは「画像処理製品の導入」についてです。カメラと画像処理ソフトウェアを例に、生産現場で失敗しないための製品選定のポイントを解説します。(2013/9/20)

Embedded Technology 2013:
変革が迫られる組み込み業界の覚悟を示す!――ET 2013開催概要
国内最大級の組み込み関連イベント「組込み総合技術展 Embedded Technology 2013」の開催概要が発表された。今回の開催テーマは、“Be Connected with ET”。ネットワークやクラウドサービスとつながることで大きな進化を遂げつつある組み込み技術をET 2013を通じて国内外にアピールする。(2013/8/29)

ホワイトペーパー:
ビッグデータがテレビを変える〜Computer Weekly日本語版 8月7日号
番組作りや視聴者サービスにビッグデータを活用している英公共テレビ局Channel 4。特集では同社の取り組みを詳しく解説。英航空会社British AirwaysのITアーキテクチャ統括責任者へのインタビューや、自治体のBYOD導入事例も紹介する。(2013/8/26)

新技術用センターオブエクセレンスの勧め
ITの急速な進化によるソフトウェア品質低下と解決策のリスク
ソフトウェア分析会社である仏Castのビル・カーティス氏に、ますます厳しくなる業務部門の要求と、アジャイルソフトウェア開発の影響について話を聞いた。(2013/8/14)

ビジネスに直結したソフトウェア開発を推進――性能や品質の向上に取り組むリクルートテクノロジーズ
「リクナビ」や「SUUMO」「カーセンサー」など、日本最大級の情報サービスを展開するリクルート。そのサービスに不可欠なITソリューション。ビジネスに直結するソフトウェア開発をいかに推進しているのか。(2013/8/5)

「障害発生時の対策が甘かった」――KDDI田中社長がLTE通信障害を謝罪
4月27日の通信障害を受けて、田中社長を中心に対策を立ててきた矢先に、auの4G LTEで5月29日と30日に再び通信障害が発生した。直近で3件もの通信障害がなぜ起きたのか。また、今後はどのように対策していくのか。KDDIの田中社長が説明した。(2013/6/10)

スマートデバイス向けソフトウェアの品質向上支援サービスが登場
シーイーシーは、スマートデバイスに特化したソフトウェアテスト品質向上支援サービスを発表、今後のデバイス多様化をにらみ、エンタープライズシステム向けの検証への拡大も目指す。(2013/5/8)

エンタープライズの世界にも「DevOps」は浸透するのか
開発と運用の連携性を高める「DevOps」。ネットサービスを中心に浸透してきたが、伝統的なエンタープライズシステムの領域にも広がるのか。その普及を狙う日本IBMに聞いた。(2013/4/11)

UXデザインのススメ(1):
もし新人女子営業が『UXデザイン入門』を読んだら
「優れたUX」を実現する勘どころを漫画にしました。アーキテクトとデザイナー、新人女子営業の3人がお天気アプリの社内コンペで競います。(2013/3/26)

ホワイトペーパー:
ビジネスを成功に導く、ソフトウェア品質のための6つの戦略
品質管理の自動化は、チームが製品品質向上、コスト削減、デリバリーの短期化を図るための方法の1つだ。品質管理の自動化の利点、その導入の発展、および将来におけるその拡大の機会について検討する。(2013/2/8)

状態遷移表による設計手法(6):
状態遷移表を使用したテスト手法【前編】
状態遷移表による設計手法について解説。今回は「状態遷移表を使用したテスト手法」の【前編】として、ホワイトボックステストとブラックボックステストについて詳しく解説する。(2012/12/20)

ホワイトペーパーレビュー
要件定義のポイントが分かる3つのホワイトペーパー
ERPなどのアプリケーション開発を成功させる上で重要になる要件定義。複数の部門が関与するだけにその作成は簡単ではない。要件定義を成功させるポイントが分かる3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/8/15)

富士重工業 EyeSight 開発担当者インタビュー:
開発中止の危機を乗り越えヒット商品に、「EyeSight」成功の原動力とは
富士重工業のステレオカメラを用いた運転支援システム「EyeSight」の販売が好調だ。同社の主力車種「レガシィ」では、新車販売時の装着率が90%にも達するという。ヒット商品に成長したEyeSightだが、今ある成功の陰には開発陣の20年以上にわたる苦闘があった。基礎研究の段階から開発に携わってきた樋渡穣氏に、EyeSight開発の道のりについて聞いた。(2012/8/7)

ISO26262 Polarion インタビュー:
中小企業でも導入できるALMツールが機能安全対応の鍵
自動車業界を中心に、ISO 26262などの機能安全規格に準拠できるようなソフトウェア品質の確保を目的に導入が進んでいるのがALM(Application Lifecycle Management)ツールである。Polarion Softwareは、低コストで導入できるWebブラウザベースのALMツールで海外市場を席巻している新興ベンダーだ。2012年6月から国内市場に参入する同社社長兼CEOのMichael Carey氏に、ツールの特徴などについて聞いた。(2012/6/7)

Android搭載製品の評価・検証:
富士ソフトとOESF、台湾IIIとともにAndroidテスト検証ビジネスを展開
富士ソフト、Institute for Information Industry、Open Embedded Software Foundationは、日台間でのAndroid搭載製品の評価・検証に関する協業を発表。テストツールの開発とライセンス販売を行うビジネスモデルを策定し、台湾のOEM・ODMベンダーを対象にソフトウェアの評価・検証サポートを実施する。(2012/5/17)

ソフトウェア投資のROI改善を考える
「攻めの投資」へと進化するソフトウェア開発の現場
ソフトウェア開発の現場では長らく「コスト削減」が重要なテーマだった。しかし昨今、「競争力強化」「開発生産性の向上」といったテーマの重要度が増している。その解決のためのヒントとなるコンテンツを集めた。(2012/5/9)

PTCが製品開発顧客検証QAセンターを開設:
日本の顧客と密接に交流して、ソフトウェア品質を高める
PTCジャパンは製品開発顧客検証QAセンターを設置。米PTCのグローバル開発チームの人員を日本国内に配置して、顧客との交流をより密にしつつ、製品導入をサポートする。顧客からもデータ提供を受け、ソフトウェア品質も高めていく。(2012/3/22)

@IT MONOistゼミナール・レポート:
あなたは「バグ」をどう数えていますか? 組み込みソフトウェアの品質管理を考える
あなたの現場では、ソフトウェアの品質管理の考え方をきちんと生かし切れていますか? @IT MONOist編集部では組み込みソフトウェアの品質管理をテーマにしたゼミナール「組み込みソフトウェア開発で問われる品質力」を開催。組織における品質管理の考え方や、実際の開発現場におけるツールの活用・導入に関する事例などが披露された。(2012/3/19)

FindBugsおよびJenkinsとの統合・連携も可能に:
解析速度が最大10倍に向上!! 「Coverity 5.5」を発表、コベリティ
静的解析/ソースコード解析ツールを開発・販売するコベリティは、デベロップメントテストプラットフォーム「Coverity 5.5」を発表。ソフトウェアコードの品質リスクを早期かつ確実に軽減させるという。(2011/10/4)

品質向上と短期市場投入に貢献:
ルネサスがAndroid用ソフトウェアのテストに「Wind River FAST」を採用
ウインドリバーは、ルネサス エレクトロニクスがAndroidスマートフォン/コンシューマ製品向けARM Cortex-A9搭載SoCプラットフォームのテスト用に、「Wind River FAST for Android」を採用したことを発表した。(2011/7/13)

ホワイトペーパー:
ソフトウェア品質の課題と対策とは?
「ソフトウェアの品質」について、業務アプリケーション開発に携る@IT読者を対象に実施したアンケート結果のレポート(提供:グレープシティ)。(2011/1/26)

最新版「Coverity 5.3」の出荷も発表:
Androidカーネルから359件のバグが検出、コベリティ
コベリティは、Androidカーネルの解析結果を含む「2010年度オープンソース品質評価レポート」と、「Coverity 5.3」の出荷開始を発表した。(2010/11/17)

山浦恒央の“くみこみ”な話(24):
人類初のソフトウェア・メトリクスをめぐる熱い論争
人類初の「ソフトウェア・メトリクス」をめぐって、“信奉派”と“懐疑派”が正面からぶつかり、熱い論争が繰り広げられた(2010/10/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。