ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スタンプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スタンプ」に関する情報が集まったページです。

ドコモ、ハワイでのdポイント提供を開始 スタンプラリーやダブルポイントキャンペーンも
NTTドコモはdポイント加盟店をハワイに拡大し、12月7日(ハワイ時間)にdポイントの提供を開始した。ためる場合は1ドルの支払いに対して1ポイント、つかう場合は1ポイント=1セントとなる。提供開始を記念し、ハワイのdポイント加盟店18社23店舗でdポイントがもれなく貰えるスタンプラリーを行う。(2018/12/7)

「年上の♂ってどう?」「俺マッサージうまいよ!」―― “やっかいなおっさんのLINE”を再現した「クソリプスタンプ」から下心がにじみ出る
こういうのに対応しなくてはならない人は大変だ……。(2018/12/6)

PR:「ガンダムNT」のキャラと写真が撮りたい人集まれー! 豪華ガンプラも当たるARスタンプラリーが今だけ開催中
特賞はガンプラクリアカラーバージョン。(2018/11/30)

産業用ネットワーク:
TSN対応のCC-Linkが登場へ、時分割で異種環境差を吸収しスマート工場化を加速
CC-Link協会は2018年11月21日、「CC-Link IE」の次世代を担うネットワーク規格として「CC-Link IE TSN」の仕様策定が完了したことを発表した。時分割により異なるネットワークプロトコルでも混在が可能な他、タイムスタンプを自動で付与するため、データ分析などスマート工場化を加速させる方針である。(2018/11/22)

抽選でギフト券が当たる「+メッセージみんなで使おう!キャンペーン」がスタート
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社共通メッセージサービス「+メッセージ」が、利用促進キャンペーンを開催する。Twitterで対象ツイートをリツイートすると、Amazonギフト券またはJCBギフトカード5万円分がプレゼントされる。第1弾は11月20日〜12月19日、第2弾は12月20日〜2019年1月17日まで実施し、期間限定スタンプも用意する。(2018/11/20)

光ID技術を活用した電子スタンプ CCCマーケとパナソニックが開発 メリットは?
CCCマーケティングとパナソニックが、電子スタンプサービス「光スタンプ」をパナソニックと共同開発。「スマホサイフ」アプリからカメラを立ち上げ、画面に光を映すとスタンプを取得できる。CCCマーケは「ウォレットレス社会」に向けた取り組みとしている。(2018/11/6)

LED光源から信号を送る:
スマホをスタンプカードにする「光スタンプ」 CCCマーケとパナソニックが開発
キャッシュレス決済の推進と並行して、従来紙に押していたスタンプカードにもスマホ化の流れが始まりつつある。LED光源からの光をスマホで読み取って電子的にスタンプを押す仕組みを、CCCマーケティングとパナソニックが開発した。(2018/11/5)

「ポイントカードの持ちすぎ」解消へ 紙のスタンプを電子化、CCCとパナソニック
CCCマーケティングとパナソニックが「電子スタンプ」を共同開発。商店街の店舗などのスタンプを電子化し、スマホアプリで記録・管理できるようにする。(2018/11/5)

シュールな面白さで10代に大人気! Twitterで話題の「フテネコ」新作LINEスタンプがカラーで登場
ロックでかわいいフテネコがLINEスタンプに……!(2018/10/20)

「そうはならんやろ…」 アニメ「ポプテピピック」のLINEスタンプ第2弾で私はもっと強くなれる!
蒼井翔太役の蒼井翔太さんも実写でいます。(2018/10/12)

全8駅約6.6キロ:
湘南モノレールが独鉄道と姉妹提携 五輪にらみ観光PRへ
 大船駅(神奈川県鎌倉市)から湘南江の島駅(同県藤沢市)までの約6.6キロを走り、レールに車両がぶらさがる「懸垂式」が特徴の「湘南モノレール」が、同じ懸垂式の「ヴッパータール空中鉄道」(ドイツ)と「姉妹懸垂式モノレール協定」を締結した。特製ヘッドマークを装着したラッピング車両を運行し、記念スタンプを設置するなど交流を深めており、将来的には観光振興につなげる構えだ。(2018/10/12)

LINE、ユーザーが自作した絵文字も販売可能に
ユーザーがLINEスタンプや着せ替え素材などを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」で、自作絵文字も販売できるようになる。(2018/10/11)

「うっうっ(涙)」「もう無理かも…」 “残念すぎるネコ”のLINEスタンプが人生のいろいろな場面で使えそう
見ているとジワジワくるネコさんたちです。(2018/10/11)

LINEから公式に“コラ機能” 『北斗の拳』など漫画のコマに好きなせりふを入れてスタンプできるように
これは煽り性能が高い新機能。(2018/9/13)

雪見だいふくから「クッキー&クリーム」登場 LINEスタンプ・うさまると雪見うさぎのコラボパッケージがかわいい
クリアファイルがもらえるキャンペーンも開催します。(2018/9/12)

「LINEモバイル」サービス開始2周年記念キャンペーン "月300円”の施策は延長
LINEモバイルは、9月5日にサービス開始2周年を記念したキャンペーンサイトを公開。月額基本利用料が6カ月間900円引きになる「スマホ代 月300円キャンペーン」の延長をはじめ、LINEモバイルオリジナルのスタンププレゼントや招待キャンペーンの常時開催などを行う。(2018/9/6)

「どうぶつタワーバトル」がアップデート 対戦中にスタンプ的なものが出せるように
さらに新動物も追加。(2018/9/3)

誰でも「初音ミク」のスタンプが制作・販売できるように LINEの権利者公認プロジェクト第2弾
初音ミクファンとクリエーターに朗報。(2018/9/1)

週末アキバ特価レポート:
未使用のPC-9821が当たる! TOEIスタンプラリー2018が始まる
東映無線各店で創立72周年を迎えた秋のスタンプラリーが始まった。税込み1万6980円の960GB SSDなど豊富な特価の他、スタンプラリーの景品としてPC-9821の未使用品も注目が集まっている。(2018/9/1)

初音ミクのLINEスタンプ、誰でも制作・販売可能に 「東方Project」に続き
初音ミクなどのバーチャルシンガーを用いたLINEスタンプを、一般ユーザーが制作・販売できるようになった。権利元とコラボした「LINE Creators Collaboration」の第2弾。(2018/8/31)

ブラックサンダーのLINEスタンプ登場 黒い雷神がしゃべってる!
使いやすさイナズマ級!(2018/8/22)

限定スタンプやオリジナルノベルティをプレゼントする月額サービス「Disney × LINE」提供開始
LINEが、Disneyとコラボして月額・年額会員サービス「Disney × LINE」を開始した。限定スタンプやLINE着せかえを受け取れるほか、ミッキーマウスと友だちになってクイズやゲームをして遊ぶこともできる。年額会員にはオリジナルノベルティの特典も提供する。(2018/8/17)

LINEとディズニー、限定スタンプやきせかえがもらえる月額サービス「Disney x LINE」開始
月額制の公式アカウントサービス「LINEファンアカウント」の第1弾。(2018/8/17)

「いいかげんにしなさーい!!」 上坂すみれさんの声で再生される「しかるねこ」のLINEスタンプが登場
何度も聞いちゃうやつ。(2018/8/9)

その場でプリントできる、スマホ専用ミニプリンタ キヤノンから
キヤノンは、9月6日にスマートフォンで撮影した画像をその場でプリントできる専用ミニフォトプリンタ「iNSPiC PV-123」を発売。アプリを使って画像の加工やテキスト挿入、フレームやスタンプの追加も可能で、各種SNSと連携した印刷も行える。(2018/8/2)

スタバと「SNOW」がコラボ 新商品のレシートで限定ARスタンプ
スターバックスが写真加工アプリ「SNOW」とコラボ。新商品のレシートに印字されたコードを読み取ると、SNOWで限定ARスタンプがもらえる。(2018/7/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(114):
追跡! Windowsに存在する2つの「メモ帳(notepad.exe)」の謎
Windowsの「メモ帳」は「%Windir%\System32\notepad.exe」と「%Windir%\notepad.exe」の2つの場所に存在します。なぜ、タイムスタンプ、日付、ファイルハッシュまでも同一の2つのコピーが存在するのでしょうか。一部では、古くから熱い議論が繰り広げられてきました。なぜ、同じファイルに対するリンクではなく、別のコピーとして存在するのか……。今回は、その謎に迫ります。(2018/7/17)

マウス、抽選会に参加できるスタンプラリーをアキバで開催 7月14日
マウスコンピューターは、秋葉原地区でスタンプラリーを開催すると発表した。(2018/7/11)

Instagramのストーリーにタップして回答できる「質問」スタンプ
Instagramのストーリーに画像や動画に関する質問を投げるためのスタンプが追加された。投稿者は質問に誰がどう答えたかを一覧表示できる。質問に個別に答えたり、質問を共有することもできる。(2018/7/11)

「草」「あつすぎワロタ」 LINE「いらすとや フルチャンスタンプ」が“NEO”になって復活、若者言葉40種
今回も100万回保存した。(2018/7/10)

「まずは119番や110番に連絡」「拡散は公式RTか引用RTで」 Twitter社に聞く救助要請ツイートのポイント
「むやみに緊急の救助要請を拡散せず、(救助要請ツイートの)タイムスタンプを確認する」「救助が完了した場合は当該ツイートを削除する」といった点も重要。(2018/7/9)

『週刊少年ジャンプ』、50周年記念企画で「東京メトロスタンプラリー2」開催 7月17日から8月31日まで
東京メトロの駅に各作品のキャラクターのポスターが掲出。限定デザインの24時間乗車券も販売されます。(2018/7/5)

「チョコ」「ジェシカ」など登場:
LINEに“動く”無料スタンプ120種追加 人気歌手とコラボの「BT21」も
「LINE」に動く無料スタンプが120種類追加される。公式キャラクターが80種類、韓国の人気歌手とコラボしたキャラクター「BT21」が40種類。動くスタンプを無料提供するのは同社初。(2018/6/22)

LINE、動く無料スタンプ追加 コニーやブラウンなど120種
LINEが、無料で使えるLINEスタンプ120種を追加した。全て動くアニメーションスタンプだ。(2018/6/22)

行動力の化身……! しゃべる「ボブネミミッミ」のLINEスタンプが登場、こだわりがしかと胸に響いたぜ
何気なく省かれたヘルシェイク矢野が、ボブネミファンをきずつけた。(2018/6/21)

3キャリア共通「+メッセージ」のiOSアプリ登場 iPhoneやiPadでも利用可能に
NTTドコモ、au、ソフトバンクの共通メッセージサービス「+メッセージ」のiOS版アプリが公開された。SMS(ショートメッセージ)と同じ要領で、スタンプ・画像や地図情報などを付加したリッチコミュニケーションが楽しめるようになった。(2018/6/21)

Snapchat、「Snap Kit」でサードパーティーにスタンプやアバターを提供
Snapchatがサードパーティー開発は向け「Snap Kit」を公開した。TinderなどにSnapchatアカウントでログインし、Snaphatのアバター「Bitmoji」を使える。ログインでアプリに提供するデータはユーザー名とBitmojiのみだ。(2018/6/15)

電子スタンプで決済 訪日外国人向け「Japan Travel Pay」実証実験
JTBビジネスイノベーターズとアイ・ティ・リアライズは、訪日外国人旅行者向けスマホ決済サービス「Japan Travel Pay」の実証実験を8月から開始。電子スタンプによるキャッシュレス決済を実現した「スタンペイ」を採用し、店舗で電子スタンプを押すだけで自国通貨で決済できる。(2018/6/14)

アプリも不要:
JTBグループら、訪日外国人向け「電子スタンプ決済」の実証実験を8月から開始
金融・決済事業を手掛けるJTBビジネスイノベーターズは6月13日、フィンテック企業のアイ・ティ・リアライズ(東京都渋谷区)と協業で訪日外国人向けスマートフォン決済サービス「Japan Travel Pay」の実証実験を8〜10月にかけて実施すると発表した。(2018/6/13)

Instagram、「ストーリー」のスタンプからも商品購入を可能に
Instagramが、投稿写真内の商品のタグからその商品を購入できる「Instagramショッピング」の機能を「ストーリー」でも使えるようにした。(2018/6/13)

「お父さん、仕事のメッセンジャーで絵文字使うのってどうなの?」 〜女子高生とネットマナー〜
「個人的には、年上の人にスタンプや絵文字は使うべきじゃないって思う」(2018/6/9)

「東方Project」の二次創作LINEスタンプ、販売開始
権利元から使用許諾を得たキャラクターのLINEスタンプを制作・販売できるサービス「LINE Creators Collaboration」で、第1弾のコラボ先である「東方Project」のスタンプ販売がスタートした。(2018/6/4)

「これがバーチャルYouTuberなんだよなぁ」 月ノ美兎、樋口楓、静凛ら「にじさんじ」一期生がLINEスタンプに
起立!気を付け!エルフの森を燃やせ!(2018/5/24)

「フォフォイのフォイさ」「テンション高マルフォイ」 ハリポタ初の実写LINEスタンプがマルフォイ使いを熟知しすぎている件
「スリザリンはダメ」もあるフォイ。(2018/5/22)

「それな」「わかりみ」「ぜんらたいき」 「いらすとや」公式のLINEスタンプ、ネットスラング満載の新作登場
以前のパリピ仕様から一転。(2018/5/17)

スタンプで称えよ! 「バーフバリ」LINEスタンプ降臨
バーフバリ! ジャイホー!(2018/5/16)

「LINEクリエイターズスタンプ」4周年 販売総額は530億円、売上上位のクリエイターは6億円超え
キャッシュバックキャンペーンも実施!(2018/5/8)

LINE自作スタンプ、販売総額530億円 上位10人は平均6億円 開始から4年間で
ユーザーがLINEのスタンプを制作・販売できる「LINE Creators Market」で、サービス開始から4年間の販売総額が530億円を超えた。(2018/5/8)

LINEスタンプで版権キャラの制作・販売可能に 第1弾は「東方Project」
LINEが、権利元から使用許諾を得たキャラクターのLINEスタンプを制作・販売できるサービス「LINE Creators Collaboration」を6月に開始する。第1弾のコラボ先は「東方Project」。(2018/5/1)

LINEスタンプで誰でも版権キャラの制作・販売が可能に 第一弾は「東方Project」
東方Project創作の波がきている。(2018/4/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。