ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京メトロ」最新記事一覧

鉄道会社“悩みのタネ”:
ベンチの向きを90度変えるだけ 酔客のホーム転落事故は防げるのか
酒に酔った乗客の線路転落を防ぐため、ホームで線路に向かって平行に設置されているのが一般的なベンチの向きを90度回転させる工夫が関西を中心に広がっている。(2017/9/20)

利便性に優れ割安:
東京23区、新築マンション主戦場は「城東、城北」
新築マンション価格が高騰する中、東京23区内で人気が高まっている地域がある。利便性に優れながら割安な価格で物件が購入できるという「城東、城北エリア」だ。(2017/9/20)

ベンチの向きを90度変えるだけ! 鉄道会社“悩みのタネ”……酔客のホーム転落事故は防げるのか
酒に酔った乗客の線路転落を防ぐため、線路に平行に設置されていたベンチを90度回転させる工夫が、関西を中心に広がっている。本当にベンチの向きを変えるだけで転落事故が防げるのだろうか。(2017/9/20)

炎上する車両……相次ぐ電車トラブル “想定外”で身を守る方法は
乗客を乗せたまま屋根から炎を上げる車両、高さ5メートルの高架上で立ち往生したモノレール……。電車をめぐるトラブルが相次いでいる。乗っている時にトラブルが発生したら、どのように身を守ればよいのだろうか?(2017/9/19)

駅に無断で「ママげんき?」と人探しの貼り紙 「撤去するのを躊躇した」――東京メトロの対応に称賛の声
「ママげんき? まってる 電話してね」と子どもが書いたと思しき貼り紙が。(2017/9/16)

「電車を遅延させると、高額な損害賠償金」ってホント? 鉄道会社に聞いてみた
うわさではよく聞きますが……。(2017/9/5)

首都圏が先行:
鉄道会社、アプリ開発にチカラを入れている
関西の鉄道各社が、相次いでスマートフォン向けアプリを導入している。列車の運休や遅延などの情報を伝えるもので、乗客の利便性を高めるとともに、イライラを少しでも減らすのが狙いだ。(2017/8/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京都政「時差Biz」は「都民ファースト」ではない
東京都が実施した「時差Biz」キャンペーンを覚えているだろうか。通年キャンペーンだと思ったら、7月11日から2週間のキャンペーンだった。「満員電車を解消するために、2週間の早朝通勤を試してみませんか」という話だ。このキャンペーンで、都民は満員電車から解放されただろうか。(2017/8/25)

真説・人工知能に関する12の誤解(5):
「人工知能ってどこでダウンロードできるんですか?」→無理です
「人工知能をダウンロードして使ってみたい」 こんな相談を受けることがありますが、そんなことはできません。こうした勘違いをしてしまうのは、人工知能の根幹技術である「機械学習」について、よく理解していないからではないかと考えています。(2017/8/24)

関東だけ「ICカードのチャージ残高不足」で入場できないのはなぜか? 駅改札に見る“東西差”の理由
関西は入れるのに!(2017/8/6)

19年度開業へ:
渋谷駅隣接の新施設、名前は「渋谷スクランブルスクエア」
東京・渋谷駅に隣接する一帯に2019年度開業を目指して建設中の高層ビル一体型施設の名前が「渋谷スクランブルスクエア」に決まった。(2017/8/2)

斬新、面白い――本当にこれは写真なの? 次世代の“360度自撮り”にハマる人たち
「これは一体何の写真?」 一見イラストのようにも見える不思議な“球形”が映る写真。360度写真の波がじわりと押し寄せている。(2017/7/29)

列車内に「クラシック音楽」が流れて乗客を癒す車両トラブル発生 東京メトロに原因を聞いた
そんな機能あったんだ。(2017/7/26)

「しんかい2000」機械遺産に認定 歴史的意義のある機械
潜水調査船「しんかい2000」、国産初の地下鉄車両などが「機械遺産」に。(2017/7/25)

朝方に運転する特急ロマンスカーの愛称が「モーニングウェイ号」に
夕夜間の特急ロマンスカー「ホームウェイ号」と対に。(2017/7/21)

「東大前」でサイヤ人が「偏差値…1307…!?」 各駅の特色生かした東京メトロ×ジャンプのポスターが話題に
ジャンプの名作のコマを使って、各駅の特色に合わせたポスターが139種類掲示。出来が秀逸だとネットで注目を集めています。(2017/7/20)

「京急電鉄カラオケルーム」:
京急車内をリアルに再現 「鉄道カラオケ」ルーム登場
運転手や車掌になりきってアナウンスを読み上げる「鉄道カラオケ」が好評。JOYSOUNDと京急電鉄がコラボし、よりリアルに体感できる「京急電鉄カラオケルーム」を7月20日にオープンする。こだわりのルームに行ってきた。(2017/7/19)

世田谷区の人気タウン:
勢いがあるのはどっち? 三軒茶屋VS. 下北沢
三軒茶屋駅と下北沢駅は双方とも同じ世田谷区にある。両駅とも個性的なスポットとして人気があるが、街の勢いはどちらにあるのだろうか。比較してみた。(2017/7/17)

夕夜間と対に:
小田急、朝の通勤時間帯ロマンスカー愛称を決定
小田急電鉄は朝の通勤時間帯に運転する特急ロマンスカーの愛称を決めた。(2017/7/14)

振替輸送で改札にタッチすると「とてつもない金額」が引かれる? 看板の真意をJRに聞いた
振替輸送のときは有人改札を使って。(2017/7/7)

情報化施工:
土木検査の研修にARを活用、東京メトロが実践導入
東京メトロは土木構造物の検査業務の研修に、iPadで利用するAR(拡張現実)アプリケーションを導入した。理解度の向上や、時間の制約にとらわれず安全に教育が行えるなどのメリットがあるという。(2017/7/6)

Amazonが六本木に実店舗 期間限定、「プライム」の特典体験
「Amazonプライム」の特典を体験できる実店舗「Amazonプライム ポップアップストア」が期間限定で六本木に。米Amazon.comが実店舗展開を加速する中、日本でも実店舗によるプロモーションを展開する。(2017/7/5)

地下鉄で東京を冒険! 「週刊少年ジャンプ展」を記念したスタンプラリーが東京メトロでスタート
オリジナルグッズに24時間券の販売も展開されます。(2017/7/3)

2駅を比較:
穴場だと思う街はどっち? 北千住VS. 赤羽
北千住駅と赤羽駅。どちらの街も「物価が安い」「商店街が充実している」といったイメージがあるが、利便性がいいのはどちらか。(2017/7/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急の“時差Biz特急” 多摩田園都市通過の本気度
東急電鉄が田園都市線の早朝に特急を新設・増発する。その名も「時差Bizライナー」。小池都知事が提唱する“時差Biz”に対応した列車だ。都議会選挙期間中の発表はあざといけれど、ダイヤを見ると神奈川県民向けサービスになっている点が面白い。(2017/6/30)

東京メトロ、ホームドア設置計画を発表 2025年度までに全線全駅に導入
利用者が多い駅は、2024年度までに行う予定。(2017/6/29)

東京メトロアプリがバージョンアップ 「Tokyo Subway Navigation for Tourists」と連携
6月30日に「東京メトロアプリ」がバージョンアップする。忘れ物について案内する「お忘れ物」や、マンガでアプリの便利な使い方を紹介する「みんなのメトロアプリ」などが追加される。また、東京の地下鉄のルート検索ができる無料公式アプリ「Tokyo Subway Navigation for Tourists」との連携機能も追加される。(2017/6/29)

池袋に本のあるカフェ「本と珈琲 梟書茶房」が6月30日オープン 紹介文のみの“シークレットブック”販売
新たな本と出会う喫茶店。(2017/6/29)

東京メトロが「時差Biz」臨時列車を7月に運行 東西線と半蔵門線で
東京都が提唱する「時差Biz」期間に合わせて、東京メトロが早朝時間帯の東西線・半蔵門線に臨時列車を設定した。7月の平日のうち8日間運行する予定だ。(2017/6/28)

東京の地下鉄が全線乗り放題の「Tokyo Subway Ticket」、7月から羽田空港でもANA利用者に販売
地下鉄沿線の施設で割引を受けられる、「ちかとく」サービスにも対応。(2017/6/22)

東京の東側を比較:
「新小岩」と「清澄白河」の街に、西側住民が嫉妬する日
東京の姿が、大きく転換しようとしている。都心回帰現象と連動して、東側が注目されているのだ。とはいっても、もちろん、新宿や渋谷、中目黒といった存在にまで成長していないが、この勢いが続けば、ひょっとしたらひょっとするかもしれない。(2017/6/19)

IoTで早期発見:
忘れ物、スマホに通知 東京メトロが実証実験
東京メトロとMAMORIOが、忘れ物の位置情報を持ち主に通知するサービスの実証実験を行うと発表。(2017/6/15)

東京メトロ、初の外貨両替機を導入 訪日外国人のニーズに対応
東京メトロの明治神宮前駅(千代田線)で、外貨自動両替機が使えるように。(2017/6/15)

東京メトロ、忘れ物通知実験スタート 「MAMORIO」活用
忘れ物タグ「MAMORIO」を付けた忘れ物を持ち主に知らせるサービスの実証実験をメトロが始める。(2017/6/15)

東京メトロ、「お忘れ物自動通知サービス」実証実験開始 専用タグ付きの持ち物が駅に届くと持ち主に通知
飯田橋駅構内のお忘れ物総合取扱所と、銀座・池袋・新木場の各駅で6月19日から実施。(2017/6/14)

一見地味な街(駅)対決:
東京23区の隅っこに住むならどっち? 成増VS. 千歳烏山
東京23区に住みたいという人は多い。しかし、一般に東京23区は家賃が高く、中心に向かえば向かうほどどんどん家賃が上がっていく。不動産を購入する場合ももちろん高くなる。しかし、さまざまな観点から23区にこだわる人もいる。(2017/6/12)

PR:ここまで芸術的に人物を撮れる! HUAWEI P10/P10 Plusで一歩進んだカメラライフを
ライカ品質のカメラが好評だったファーウェイの「HUAWEI P9」の後継モデルが登場。6月6日に発表された「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」は、人物をよりキレイに撮影できるようになった。その実力を徹底チェックする。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/6/12)

PR:エンタメ向けタブレットの決定版「MediaPad M3 Lite 10」 大画面にクアッドスピーカー内蔵の魅力
エンターテインメントからビジネスまで、デジタルライフを豊かに彩るラグジュアリーな大画面タブレット。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/6/9)

山手線の新型車両に防犯カメラ設置へ
山手線の新型車両「E235系」全車に防犯カメラ設置へ。(2017/6/6)

JR東日本、車内防犯カメラを山手線E235系車両へ設置 2018年春から
痴漢冤罪など車内トラブルの頻発が要因か。(2017/6/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
電車の色にはこんな意味がある
普段、何気なく乗っている電車の色。実はそこにはさまざまな理由や鉄道事業者の思いがある。路線案内という機能だったり、ブランドだったり。色を統一した会社も、自由な色使いができる会社も、それなりの理由があるのだ。(2017/6/2)

“痛勤”地獄から逃れたい 企業があの手この手
首都圏の通勤ラッシュ解消のために、鉄道各社はもちろん、都心に位置する会社も知恵を絞っている。(2017/5/31)

FAニュース:
ボーイングや三菱重工も協力する東大生産技術研究所、新拠点で再スタート
東京大学 生産技術研究所は移転した附属千葉研究所を関係者や記者向けに公開した。航空機向けの加工技術の開発をはじめ、市街地を模した道路や線路でのモビリティの実験などを加速させる。(2017/5/16)

引退した「銀座線01系」、東大に譲渡 研究用車両として活用
東京メトロが、引退した「銀座線01系車両」を東京大学に譲渡。同大学柏キャンパスの実験所に3月24日に搬送したという。(2017/5/15)

ラグビーW杯日本大会、経済効果は4000億円 旅行業界など高まる期待
4年に1度のラグビーの祭典で、アジア初開催となる2019年ワールドカップ日本大会の組み合わせ抽選会は10日、京都迎賓館で行われた。(2017/5/11)

「通い方改革」:
全席指定の通勤電車が浮き彫りにする東西格差
鉄道各社が通勤・通学客向けに全席指定座席の導入を進めている。(2017/5/9)

座って通勤……指定席列車に“東西格差”
鉄道各社が通勤・通学客向けに全席指定座席の導入を進めているが、その裏には関西経済の寂しい事情も。(2017/5/9)

社会的影響を考慮:
東京メトロ、ミサイル発射時の停止基準を「Jアラート」に
東京メトロが、北朝鮮がミサイル実験を行った際の運行停止ルールを変更。Jアラートに一本化した。(2017/5/2)

常に完璧を目指す:
それでも東急沿線に暮らしたい人は多い
東急沿線の中でも田園都市線の混雑は厳しい。それでも、多くの人がこの沿線に暮らす。その理由は……?(2017/5/2)

北朝鮮ミサイル発射での一時運転見合わせ対応に賛否両論 鉄道各社に緊急時の対応を聞いた
ネットでは「慎重な対応」「過剰反応」と賛否両論。(2017/5/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。