ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京メトロ」最新記事一覧

FAニュース:
ボーイングや三菱重工も協力する東大生産技術研究所、新拠点で再スタート
東京大学 生産技術研究所は移転した附属千葉研究所を関係者や記者向けに公開した。航空機向けの加工技術の開発をはじめ、市街地を模した道路や線路でのモビリティの実験などを加速させる。(2017/5/16)

引退した「銀座線01系」、東大に譲渡 研究用車両として活用
東京メトロが、引退した「銀座線01系車両」を東京大学に譲渡。同大学柏キャンパスの実験所に3月24日に搬送したという。(2017/5/15)

ラグビーW杯日本大会、経済効果は4000億円 旅行業界など高まる期待
4年に1度のラグビーの祭典で、アジア初開催となる2019年ワールドカップ日本大会の組み合わせ抽選会は10日、京都迎賓館で行われた。(2017/5/11)

「通い方改革」:
全席指定の通勤電車が浮き彫りにする東西格差
鉄道各社が通勤・通学客向けに全席指定座席の導入を進めている。(2017/5/9)

座って通勤……指定席列車に“東西格差”
鉄道各社が通勤・通学客向けに全席指定座席の導入を進めているが、その裏には関西経済の寂しい事情も。(2017/5/9)

社会的影響を考慮:
東京メトロ、ミサイル発射時の停止基準を「Jアラート」に
東京メトロが、北朝鮮がミサイル実験を行った際の運行停止ルールを変更。Jアラートに一本化した。(2017/5/2)

常に完璧を目指す:
それでも東急沿線に暮らしたい人は多い
東急沿線の中でも田園都市線の混雑は厳しい。それでも、多くの人がこの沿線に暮らす。その理由は……?(2017/5/2)

北朝鮮ミサイル発射での一時運転見合わせ対応に賛否両論 鉄道各社に緊急時の対応を聞いた
ネットでは「慎重な対応」「過剰反応」と賛否両論。(2017/5/1)

スピードが出ても剥がれません:
鉄道車両のラッピングはどのようにして貼っているの?
鉄道車両のデザインが、昔と違って複雑になってきた。キャラクターが描かれたり、グラデーションが施されていたり。車両にマーキングフィルムが貼られているわけだが、どのようにして貼っているのか。また走行しているときに、剥がれたりしないのか。(2017/5/1)

ニコニコ超会議2017:
超鉄道ブース「東京メトロ公開解体買い付けショー」に鉄ちゃん大歓喜! 「京急旅行ゲーム」クリアでつり革プレゼントも
まさかの1発クリアでブースの係員さんを絶句させてしまう筆者。(2017/4/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
値下げで増収? ある第三セクターの緊急対策
経営努力をしても減らない赤字を自治体の補助でなんとかクリアする。多くの地方鉄道事業者の実情だ。できることなら運賃を値上げしたいはず。ところが、富山県の鉄道事業者が一部区間で運賃を値下げした。その特殊な事情とは……。(2017/4/28)

採用事例:
東武26年ぶりの新特急、東芝の駆動システム搭載で環境負荷軽減
東武鉄道が26年ぶりに導入する新型特急車両500系「Revaty」に、全閉式PMSMとVVVFインバータを組み合わせた東芝製駆動システムが採用された。(2017/4/27)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
UQ WiMAX 2+の「3年縛り」プラン登場へ 気を付けるべきは「7GB制限」
UQコミュニケーションズが予告していた、WiMAX 2+サービス用「LTEオプション」の無料提供対象拡大。その詳細がついに発表されました。既存ユーザーも含めて「3年縛り」を受け入れることが条件となりましたが、気を付けるべきポイントは契約期間以外にもあります。(2017/4/23)

車両の低騒音化と低消費電力化:
東芝、東武新型特急500系に新駆動システムを納入
東芝は、全閉式永久磁石同期電動機(全閉PMSM)とVVVFインバーター装置を組み合わせた駆動システムを東武鉄道に納入した。この駆動システムは、東武鉄道が26年ぶりに導入する新型特急車両500系「Revaty」(リバティ)に採用される。(2017/4/21)

座席が天井から下りてくる 「多扉電車」京阪5000系引退へ 50年の歴史に幕
ラッシュ時は5扉、閑散時には3扉――運行時間帯によってドア数を変更できる京阪電鉄5000系の引退の時が近づいている。(2017/4/19)

50年の歴史に幕:
「京阪5000系」ホームドア導入で引退へ
京阪電鉄5000系の引退のときが近づいている。ラッシュ時は5扉、閑散時には3扉と、運行時間帯によってドア数を変更できるが、安全対策用のホームドアを導入するには扉の数が異なる車両をなくす必要がある。(2017/4/19)

TechFactory通信 編集後記:
歌う電車と次世代パワー半導体
ファソラシドレミファソー。(2017/4/1)

組み込み開発ニュース:
坂村健氏が東洋大の情報連携学部で実践する「IoS」時代の教育
東洋大学は2017年4月に開校する情報連携学部のプレス内覧会を開催。赤羽台キャンパスに新設した「INIAD Hub1」を公開した。同学部の学部長に就任する坂村健氏は「INIAD Hub1は、世界最先端のIoTビルであり、学生とともに成長していく」と語った。(2017/3/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なにわ筋線に阪急電鉄参加、各社への波紋
“なにわ筋線”構想に新たな展開だ。阪急電鉄が参入を表明し、直通運転を見込んで十三から北梅田へ新線を建設したいという。その構想の先には、宿願の新大阪駅延伸がある。一方、中之島線を持て余す京阪電鉄にも商機が見えた。(2017/3/31)

勤続42年・退職前の職員を温かく送り出すサプライズ―― 東京メトロの動画に涙
仕事を終えての点検中に、急に灯りが消え……?(2017/3/30)

弱点を克服し、利用者に恩恵:
東武鉄道は「つながり」を大切にしている会社だ、と思える事例
「つながり」の力はビジネスでも、実社会で生きる上でも大事だとよくいわれる。その意味では、東武鉄道ほど「つながり」を大切にする鉄道会社は、なかなかないのではないだろうか。このつながりが、東武の弱点を克服するだけではなく、多くの利用者にも恩恵をもたらしている。(2017/3/27)

平日の座席指定料金は510円:
確実に座れます 首都圏で「着席列車」続々
西武鉄道が25日のダイヤ改正で、通勤車両を使った追加料金制の「着席列車」の運行を始める。利便性向上だけでなく、少子高齢化による定期券収入の減少を見越し、新たな収益源を確保する狙いだ。(2017/3/24)

「座って通勤」首都圏の私鉄、収益増へ「着席列車」続々
西武鉄道は3月25日から運行、東武は4月のダイヤ改正で導入する。(2017/3/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
伊豆戦争が再び? 東急VS.西武の争いはそれほど悪くない
東急グループの伊豆急行で新たな観光列車が誕生する。かつて伊豆や下田などをめぐって、東急グループと西武グループが争っていたが、今度の戦いはちょっと様子が違う。両社の沿線の人々にとって楽しみが増えて、両社の沿線の価値を上げる効果が大きい。(2017/3/24)

4扉車両に統一:
東京メトロ日比谷線の新型「13000系」、3月25日から運行
東京メトロは29年ぶりとなる日比谷線の新型車両「13000系」を3月25日から運行する。(2017/3/15)

東京メトロ、全車両に監視カメラ設置へ つり革の盗難やいたずら、迷惑行為やテロへの対策として
2018年度より順次導入。(2017/3/14)

ドア上部に:
東京メトロ、全車両に監視カメラ設置へ
東京メトロは監視カメラを全車両に設置する。(2017/3/14)

東京メトロ、全車両に防犯カメラ設置へ
車内での迷惑行為がたびたび発生し、設置が必要と判断した。(2017/3/14)

グループ全体でレジャーを提供:
西武鉄道の強みは何か
西武新宿から、あるいは池袋から埼玉県へ路線を伸ばしていく西武鉄道。沿線には遊園地や球場などがあるが、どのような強みがあるのか。(2017/3/13)

地下鉄博物館所蔵の「地下鉄車両1001号車」が国の重要文化財指定へ 日本初の地下鉄車両
にじみ出る、昭和レトロ感。(2017/3/12)

モバイルワークの七つ道具:
PR:アキバ取材の達人が認める最新LTEモバイルルーター「Aterm MR05LN」
デュアルSIMが挿せるLTEモバイルルーター「Aterm MR05LN」を、PC USERでアキバ連載を担当する古田雄介が実際に使い、その使い勝手を試す。アキバ取材から記事が生まれるまでを追った。(2017/3/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
事実上の廃線復活 可部線延伸から学ぶこと
新幹線開業などの大きな目玉がないせいか、今週末のJRグループダイヤ改正は大きく報じられない。しかし、鉄道ファンや交通問題に関心のある人には注目の案件がある。広島県の可部線が延伸する。たった1.6キロメートルとはいえ、事実上の廃線復活だ。JR発足30周年の年に、JRとしては初の事例ができた。(2017/3/3)

「おじ松さん」がとうとう現実に 「バイプレイヤーズ」×「おそ松さん」コラボで違和感が仕事してない
ポジション配分が完璧すぎます。(2017/3/2)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
「下り440Mbpsほぼ全国化」+「規制ルール変更」のWiMAX 2+に死角なし?
UQコミュニケーションズの「WiMAX 2+」が、下り最大440Mbpsエリアをほぼ全国に拡大し、合わせて直近3日間の通信量にもとづく通信速度規制のルールも変更しました。スペック的にはより万全になったように見えるWiMAX 2+。本当に死角はないのでしょうか?(2017/3/2)

自動運転技術:
本田技術研究所の新拠点、目指すのは創業時のような「柔軟で機敏な組織」
本田技術研究所はロボティクス分野を担当する研究開発組織として「R&DセンターX」を新設した。赤坂に設けた新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」を活動の場とし、社外と連携しながら人工知能技術を始めとする研究開発に取り組む。(2017/3/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤ライナー」の価格はもったいない
西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道が直通の有料座席指定列車を走らせる。新型車両まで用意した。そこて再び鉄道会社の「通勤ライナー」という施策が注目されている。良いアイデアだけど、惜しい。もう一工夫ほしい。(2017/2/24)

東京メトロの1日乗車券がPASMOで利用できるように 都営地下鉄全線を共通で使えるタイプも
乗り越し分の精算がラクラク。(2017/2/23)

PASMOで初の東京メトロ乗り放題「1日乗車券」発売
ICカード乗車券「PASMO」で東京メトロ全線が1日乗り放題になる「東京メトロPASMO1日乗車券」発売。(2017/2/23)

趣味も結婚も諦めたくないみんなー! オタク層に特化した結婚相談サービス「とら婚」誕生
オタク診断テストなどガチ勢も安心の「入会者フィルタリング」などを実施。(2017/2/23)

何か魔力が宿ったな!? 人間に襲いかかってきそうな“柵”がエスカレーターで大暴れ
柵「暴れたんねぇな……暴れたんねぇよ!」(2017/2/21)

強みは2つ:
小田急電鉄の強みから、何を学べるのか
東京山手線から放射状に各地へ向かっていく私鉄各社。どれも同じように見えるかもしれないが、それぞれの会社には異なる戦略があり、それに各社の強みをかけあわせ、鉄道事業を行っている。ビジネスパーソンは、私鉄各社から何を学ぶことができるのか。(2017/2/20)

パナソニックの展示会:
2020年、空港はテクノロジーでどう変わるのか
パナソニックは、東京五輪が開催される2020年とその先の社会に向けて開発する独自技術やソリューションを展示するプライベート展示会「Wonder Japan 2020」を開催した。(2017/2/14)

日比谷線・築地駅付近で発煙 大幅乱れのダイヤ、運転再開は11時30分予定
【追記】初期消火は完了しています。(2017/2/13)

平均年齢17歳! バンコク拠点の「BNK48」、第1期メンバー29人が初お披露目
4月にはインターネットオープンスタジオをオープンし、ライブチャットなどのコンテンツ展開も。(2017/2/13)

PR:新宿駅を「たまひよ」の巨大ぬいぐるみがモフっとジャック! 7つのポーズでお出迎え中
パーしか出せない「ひよちゃん」との勝利確定じゃんけんイベントも。(2017/2/9)

借りて住みたい街は?:
買って住みたい街、1位は「船橋」
買って住みたい街はどこですか? 住宅情報サイト「HOME’S」(運営:ネクスト)に掲載された物件のうち、問い合わせの多かった首都圏の駅名を集計したところ……。(2017/2/7)

往時の写真を掲載:
東京メトロ、銀座線01系の「引退記念乗車券」発売
東京メトロが、「銀座線01系」の引退を記念した乗車券を発売する。6枚1組で、最終運行日の3月1日のみ使用可能。日本橋駅の特設ブースで販売する。(2017/2/3)

東京メトロ、引退する「銀座線01系」記念乗車券を発売
東京メトロが3月に引退する「銀座線01系」を記念した「さよなら銀座線01系記念乗車券」を発売。6枚1セットで1000円(税込)。(2017/2/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
電車が遅れたらカネを返せ、はアリか?
ちょっと前の話になるけれど、参議院議員が「電車の遅延度に応じて料金を割り引く制度を提案する」とツイートして失笑された。遅延へのいらだちはごもっとも。しかし、失笑された理由は「目先のカネで解決しよう」という浅ましさだ。(2017/2/3)

IPA/SEC所長対談:
IoTは本物か?:坂村健×SEC所長松本隆明(後編)
情報処理推進機構 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)所長の松本隆明氏が、ソフトウェア分野のキーパーソンと対談する「所長対談」。前編に続き、30年以上前からIoT時代の到来を予見してユビキタス・コンピューティングを提唱してきた東京大学の坂村健氏に、IoTの今後の方向性や可能性について聞いた。(2017/2/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。