ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows Server 2008 R2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Windows Server 2008 R2 − @IT
Windows Server 2008 R2の真価 − @IT
質問!Windows系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows系OS関連の質問をチェック

山市良のうぃんどうず日記(124):
これは戦いだ! Windows 10のWindows Updateにはやられる前にや……
今回のネタは、Windows Updateによる更新プログラムのインストールで、仕事や帰宅の邪魔をされたくない、余暇の楽しみを邪魔されたくないという、Windows 10ユーザー向けの1つの“提案”です。少し手間が掛かりますが、今後、発生するかもしれない更新トラブルの多くを避けながら快適なPC生活を過ごすことができるかもしれません。(2018/4/17)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
収束しない現代的CPUの脆弱性と、苦境を脱せないQualcomm
2018年3月のエレクトロニクス/組み込み業界は話題豊富だった。「現代的CPU」の脆弱性は収束の気配を見せず、Qualcommは大統領令で買収の危機を乗り切ったように見えるが、実はまだ苦境から脱していない。(2018/4/9)

直ちにアップデートを:
Windows 7とServer 2008の臨時アップデート公開 Meltdownの対策パッチで生まれた脆弱性に対処
Windows 7とWindows Server 2008 R2で2018年1月以降にリリースされた更新プログラムをインストールしていた場合は、直ちに今回の更新プログラムをインストールする必要がある。(2018/4/2)

Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(3):
サーバの役割別に見るWindows Server 2016への移行方法
前回は、Windows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了を見据え、Windows Server 2016へ移行することのメリットを説明した。今回は、既存の環境からWindows Server 2016へ移行するためのステップについて、サーバの役割別に解説する。(2018/4/2)

2年を切った! 移行までのタイムリミット:
PR:Windows Server 2008 R2のサポート終了で対応を急がなければならない3つの理由
「2020年1月14日」のWindows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了まで、残り2年を切った。それまでに新たな環境へ移行を完了しなければ、多くのリスクを抱えることになるため、今から対応を進めることが重要となる。では、なぜ移行を急がなければならないのか、その理由とは。(2018/3/28)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(20):
Windows 10/Office 365 ProPlusの企業向け更新管理まとめ(2018年春版)−中編−
前回は、Windows 10とOffice 365 ProPlusの最新サポートポリシーを再確認し、「Semi-Annual Channel(半期チャネル)」と改称された更新チャネルの選択方法を説明しました。今回と次回は、企業で利用可能なWindows 10とOffice 365 ProPlusの更新管理の選択肢について説明します。(2018/3/26)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(105):
ディスク署名/識別子の重複実話(とSysprepが重要な理由)
「マシンSIDの重複神話」をご存じでしょうか。この神話についてはすぐ説明しますが、仮想マシンのコピーからクローンを次々に作成する場合に、知っておくべき事実です。これになぞらえて、今回はOSのインストール先ディスクに書き込まれるディスク署名が、競合(重複)によって書き換わってしまったときのトラブルの話を紹介します。(2018/3/13)

山市良のうぃんどうず日記(120):
WindowsとOfficeのサポートポリシーがまたまた変更?――次期Office「Office 2019」のサポートは……
かつて、Microsoftは新たな製品や戦略を発表する際にはプレスリリースを出していましたが、数年前からはブログで重要な情報がアナウンスされるようになりました。それも、広報のように一本化されたものではなく、チームごとにあるたくさんのブログの1つであることも珍しくありません。2018年2月初め、そうしたブログの1つでWindowsとOfficeの次期バージョンやサポートポリシーに関する重要なアナウンスが行われました。(2018/2/20)

Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(1):
サポートが終了するサーバOSを使い続けるリスクを考える
Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了日まで後2年を切った。今後、さまざまなところでサポート終了に関するトピックを目にする機会が増えるだろう。そもそも、サーバOSのサポートが終了する影響とは、どのようなものなのだろうか。本連載では、Windows Server 2008/2008 R2を新しいサーバOSへ切り替える必要性やメリットなどを解説する。(2018/2/16)

山市良のうぃんどうず日記(117:緊急特別編):
緊急パッチだけではプロセッサ脆弱性対策は不十分――Spectre&Meltdown対策状況を再チェック
2018年早々、プロセッサに影響する脆弱性が公表されました。そして、Microsoftは1月の定例日(1月10日)を待たずにこの脆弱性を軽減する緊急のセキュリティパッチを含む更新プログラムの提供を開始しました。この緊急パッチをインストールしたことで安心してはいませんか。今回の問題は、OSのパッチだけでは不十分です。(2018/1/17)

山市良のうぃんどうず日記(116):
年の初めに再確認、2018年にサポートが終了するMicrosoft製品は?
Microsoftは同社の製品およびサービスについて、明確なサポートポリシー(ただし、途中で変更あり)に基づき、更新プログラムを含むサポートを提供しています。2018年は主に10年前にリリースされた製品がサポート終了を迎えます。どのような製品があるのか、年の初めに再確認し、使用していないかどうかを調べておきましょう。(2018/1/11)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(46):
プロセッサの脆弱性問題、Azureは対策済み、オンプレミスの対応策は?――Windows関連のまとめ
2018年の年明け早々、「Meltdown」や「Spectre」と呼ばれるプロセッサの脆弱性問題が公表され、IT業界全体でゼロデイ攻撃のリスクが高まっています。Microsoft AzureおよびMicrosoftのその他のクラウドサービスは、2018年1月4日時点で既に対策が完了しているとのことです。(2018/1/10)

Tech TIPS:
Windows 10の日本語入力システム(MS-IME)で異体字を入力可能にする
Windows Vista以降、日本語文字コードセットがJIS90からJIS2004に変更されている。そこで、Windows 8.1/10の日本語入力システム(MS-IME)でJIS90の字形を表示させる方法を紹介する。(2018/1/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(100:年末特別編):
無駄(かもしれない)知識クイズで振り返る、Windows都市伝説2017
本連載では、Windowsの不思議な挙動や、誤解されている、あるいは既に古くなった知識を取り上げてきました。中には、深すぎて無駄に思えるものもあったでしょう。ですが、頭の片隅に置いておけば、いつか必ず役に立つ(あるいは自慢になる)はずです。2017年に取り上げたトピックをクイズ形式で振り返ってみましょう。(2017/12/26)

Tech TIPS:
Windowsのファイアウォールで「ping」コマンドへの応答を許可する
pingを使うと、相手のコンピュータが稼働しているかどうかを確認できる。Windows OSではデフォルトではpingへ応答しないようになっているが、これを許可する方法を解説。(2017/12/21)

山市良のうぃんどうず日記(114):
いつか役に立つかもしれない……勝手にMicrosoftのサポート情報を更新してみた(無保証)
最近、「Windows Update」が連続して問題になりました。このようなとき、セルフでトラブルシューティングするのに役立つのが「KB(Knowledge Base)」や「サポート技術情報」と呼ばれる、Microsoftが公開している膨大なサポート情報です。しかし、このサポート情報も何だかおかしなことになっています。(2017/12/12)

山市良のうぃんどうず日記(113:緊急特別編):
今度はWindows 7のWindows Updateでトラブル──でも、解決策はあります!
2017年12月4日ごろから、Windows 7で「Windows Update」を実行できないというトラブルに遭遇しているユーザーが少なからずいるようです。Microsoftによる公式なアナウンスや回避策は今のところないようですが、取り急ぎ、問題を解消できる可能性がある方法を紹介します。(2017/12/6)

ジャストシステム、新変換エンジンを採用した医療機関向け日本語入力システム「ATOK Medical 2」
ジャストシステムは、医療機関専用をうたう日本語入力システム「ATOK Medical 2 for Windows」を発表した。(2017/11/20)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(40):
Marketplace内のWindows仮想マシンイメージのSMB v1が「既定で無効」に
Azure Marketplaceで利用可能なWindows Serverイメージで「SMB v1」が既定で無効化される措置が行われました。SMB v1の無効化は、2017年8月以降にMarketplaceのイメージを使用して作成されたWindows Server仮想マシンに適用されます。(2017/9/1)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(38):
続報、Windows 10のデスクトップ環境をDaaSのVDIで利用可能に――ライセンスの明確化
Microsoft製品およびサービスの使用権の説明資料である「製品条項(PT)」の2017年8月1日の改訂版に、「Windows 10マルチホスティング」の権利が追加されました。この権利が明文化されたことで、Microsoft Azureおよび認定クラウド上でWindows 10 Enterpriseを正式に実行できるようになりました。(2017/8/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(88):
増殖するOperatingSystemSKU(その2)――Windows Serverのインストールオプションの識別あれこれ
Windows VistaおよびWindows Server 2008以降では、SKU(Stock Keeping Unit)という番号で「エディション」を識別できることをご存じでしょうか。Windows Serverの場合は、インストールオプションでSKUが区別されることもあります。前回は、クライアントOSのSKU番号の謎解きでしたが、今回はWindows ServerのSKU番号の謎解きです。(2017/8/1)

山市良のうぃんどうず日記(101):
Windows 10 Fall Creators Update、「ペイント」の行方よりも、あの「電卓」を返して!
MicrosoftがWindows 10 Fall Creators Updateから削除予定の機能のリストを公開したことで、“ペイント(Mspaint.exe)がなくなっちゃうの?”と、多くのWindows 10ユーザーがざわついているようですが、そんなに大騒ぎすることではないようですよ。(2017/7/31)

Tech TIPS:
Windows OSのバージョン番号やビルド番号を確認する方法
サポートを依頼する(依頼される)場合、Windows OSのバージョンやビルド番号などを確認しなければならないことがある。特にWindows 10では、大型アップデートでバージョンやビルド番号が変わってくる。そこでWindows OSで、バージョン番号を確認する方法などを紹介する。(2018/5/7)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azure Web Appsの中を「コンソール」や「シェル」でのぞいてみる
AzureのWeb Appsはどのような仕組みで動いているのか、オンプレミスのWindows OSと何が違うのか、などをちょっと探訪してみよう。(2017/7/27)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(87):
増殖するOperatingSystemSKU(その1)――WMIクエリの謎解き
Windowsのエディションは「SKU」という番号で識別できることをご存じでしょうか。Windows Serverの場合は、インストールオプションでSKUが区別されることもあります。このSKUに関連して、今回はDirectAccessのセットアップで登場するWMIクエリの謎を解きます。(2017/7/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(35):
Azure仮想マシンのための新たなディスクサービスが続々登場
Azure仮想マシンのディスク(VHD)は、汎用またはBLOBストレージのストレージアカウントに作成するのがこれまでの方法でした。2017年前半までに、より柔軟で管理が容易なAzure仮想マシン専用のディスクサービスが次々に正式版として利用可能になっています。いずれも相互に関連するので、サービスが利用可能になった順番で説明します。(2017/6/28)

Tech TIPS:
Azure SQL DatabaseにSQL Server Management Studio(SSMS)で接続して管理する
SQL Serverの標準的なGUI管理ツールであるSQL Server Management Studio(SSMS)は、Azure SQL Databaseへの接続や管理にも利用できる。その手順と注意点は?(2017/6/12)

Tech TIPS:
Azure Web Apps用にSSL証明書を作成・登録する手順と注意点
Azure Web AppsでHTTPS対応のセキュアなWebサイトを構築するには、SSL証明書の登録が必須だ。WindowsのIISや一般的なレンタルサーバとも異なるその登録手順と注意点を説明する。(2017/5/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(83):
信じてはいけない? Windows 7/8.1の更新ファイルのダウンロードサイズ
Windows 7/8.1やWindows Serverに対する毎月の更新プログラムの提供方法は、2016年10月から大きく変わりました。その影響により、Windows Updateの実行中に示されるダウンロード合計サイズと実際のサイズにズレが生じ、今後もそのズレ幅は拡大していくことになります。(2017/5/23)

FAニュース:
Windows 10対応のファクトリコンピュータ、製造装置に組み込み
NECは、ファクトリコンピュータ「FC-PM」シリーズ2機種について、Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB対応モデルを発売した。24時間連続稼働で、高いセキュリティが求められるシステムや機器に適している。(2017/5/22)

Tech Basics/Keyword:
Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)
Microsoft Azureで提供されるサービスは多岐にわたり、進化も激しいため、その全体像を把握するのは簡単ではない。ここでは、Microsoft Azureを理解するための第一歩として、概要をコンパクトにまとめてみよう。(2017/5/19)

セキュリティパッチ適用詳説:
今すぐできるWannaCry対策
猛威を振るうランサムウェア「WannaCry」。必ずしも管理が行き届いていない企業内システムで、Windowsに対策パッチを急いで適用する方法は? 脆弱性の見つかったSMBv1を無効化する方法を追記。(2017/5/23)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(30):
“Microsoft Loves Linux”はどうなっている?――Linux on Azureのいま(2017年4月版)
Microsoft Azureは、Windowsはもちろん、Linuxも広範囲にサポートしています。Azureが提供するIaaS/PaaS向けの機能の多くは、Windows/Linuxベースの仮想マシンやサービスの両方で利用可能です。2016年後半からこれまでに一般提供された機能と注目のプレビュー機能をまとめました。(2017/4/24)

Tech TIPS:
OSインストール用のISOイメージに含まれるWindows OSのバージョン/エディション/ビルド番号などの情報を調べる
Windows OSインストール用のイメージはISOファイルとして提供されている。インストールする前に、ISOファイルに含まれているWindows OSのバージョンやエディション、ビルド番号などを知る方法を解説する。(2017/4/19)

NEC FC-PMシリーズ:
24時間連続稼働が可能な産業用コンピュータのWindows 10対応モデル
NECは、24時間連続稼働が要求される設備監視や医療機関での利用に適したファクトリコンピュータ「FC-PMシリーズ」のWindows 10対応モデル2機種を発表した。(2017/4/18)

Tech TIPS:
暗号化ファイルシステムEFSを読み出すために証明書をエクスポート/インポートする
暗号化ファイルシステムEFSで暗号化したファイルを他のPCで読み出すためには、暗号化に使用した証明書と秘密鍵の情報も必要となる。それらの情報をエクスポート/インポートする方法を紹介する。(2017/3/16)

Tech TIPS:
Windows 10でUSBメモリに書き込んだファイルが読めない場合の原因と対策(FATのEFS暗号化編)
Windows 10でUSBメモリに書き込んだファイルが、持ち出し先のPCで読み出せない!? それは、知らないうちにUSBメモリ内のファイルが暗号化されたせいかもしれない。(2017/3/10)

ブラウザで操作できるWebアプリ型を追加:
イースト、Windows対応データベース検索ツール「SkyLink Ver.12 for Web」をリリース
イーストがデータベース検索ツールの最新版「SkyLink Ver.12 for Web」をリリース。Webブラウザがあれば機能を利用できるWebアプリケーション型を採用した。(2017/3/2)

超入門BitLocker:
BitLockerとは
BitLockerの概要を知るための超入門連載(全5回)。今回は、BitLockerとは何か? どんな種類があるのか? 他の機能との違いは? 仕組みは? 使える環境は? といった概要を説明する。(2017/2/28)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】
Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する
最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。(2017/2/1)

山市良のうぃんどうず日記(83):
再チェック! ファイル共有プロトコル「SMB」のためのセキュリティ対策
2017年1月、SMBの脆弱性に関するニュースが取り上げられました。そのニュースは、米国のセキュリティ機関の情報を日本語化して伝えているだけのようですが、何だか裏がありそうで、なさそうで……。(2017/1/30)

Tech TIPS:
Windowsのdelコマンドを使って、特定のファイル名やパターンに一致するファイルをまとめて削除する
コマンドプロンプト上でファイルを削除するにはdelコマンドを使う。サブフォルダ以下にある特定の名前のファイルを全て削除するには/Sオプションが利用できる。(2017/1/23)

Microsoftの月例セキュリティ情報は4件のみ、うち1件が「緊急」
Flash Playerの更新プログラムが「緊急」、OfficeおよびEdge、LSASSの更新プログラムは「重要」に指定している。(2017/1/11)

Tech TIPS:
Windows OSでサポートされている最大CPU数/コア数/スレッド数(論理プロセッサ数)は?
Windows OSでは、アーキテクチャやエディションなどにより、利用可能なCPUの数やコア数、スレッド数(論理プロセッサ数)などに制限がある。Windows OSごとの制限をまとめておく。(2016/12/21)

管理やインフラのコスト削減では期待されるDaaS
VDIを上回るメリットがない? 期待のDaaSが想定外に普及しないワケ
DaaSを利用すれば、企業はVDIの複雑さや高いコストを回避できる。だが一部のIT部門は、DaaSの利便性やクラウドのセキュリティに懸念を抱き、導入をためらっている。(2016/12/16)

Microsoft、12件の月例セキュリティ情報を公開 IEやEdgeに「緊急」の脆弱性
最大深刻度は12件のうち6件を同社の4段階評価で最も高い「緊急」、残る6件は上から2番目の「重要」に指定している。(2016/12/14)

Tech TIPS:
Windowsにインストールされている電子証明書を確認する(GUI編)
Windowsのシステムのあちこちで使われている電子証明書。インストール済みの証明書をWindows標準のGUIツールで簡単に確認するには?(2016/11/24)

Microsoft、14件の月例セキュリティ情報を公開 「緊急」は6件
14件のうち6件が「緊急」の分類。Googleに情報を公開された脆弱性も含め、攻撃の発生が確認された複数の脆弱性にも対処している。(2016/11/9)

Tech TIPS:
Windows 10起動時のパスワード入力を不要にして、自動サインインさせる
起動時にパスワードを入力することなく、自動的にWindows 10にサインイン(ログオン)してすぐに利用できるようにしたいことがある。Windows 10で自動サインインを設定する方法を紹介しよう。(2016/11/7)

山市良のうぃんどうず日記(76):
企業ユーザーは要注意? Windows 7/8.1の「更新プログラム」の提供方法が変わりました
ご存じの方も多いと思いますが、Windows 7/8.1向けの更新プログラムの提供方法(サービスモデル)が変更されました。新しいサービスモデルは、更新管理を“さらにシンプルに”するそうですが、なんだか複雑な感じがします。(2016/10/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。