ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「YouTuber」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「YouTuber」に関する情報が集まったページです。

名前の通り丸くてモフモフ HIKAKINさんの愛猫「まるお」と「もふこ」がかわいすぎる
成長が楽しみです。(2018/12/9)

PR:冬休みにゲームを遊び尽くすなら超コスパゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」に注目!
冬休みは最新ゲームタイトルをとことん楽しみたい! でもゲーミングPCは高価だし……そんな人にオススメなのが「G-Tune」。幅広いラインアップやBTOメニューで自分にぴったりの製品を選べるだけでなく、ゲーマーのニーズを追求したデザインや抜群のコストパフォーマンスが見どころだ。性能と価格のバランスがいい鉄板構成を紹介する。(2018/12/7)

2018年の新語に「ばえる(映える)」「モヤる」「わかりみ」「尊い」 三省堂、辞書のプロが選ぶベスト10
「寄せる」や「VTuber」「マイクロプラスチック」などもランクイン。(2018/12/6)

今年の新語大賞は「映える」 読み方は「はえる」ではなく……
三省堂が「今年の新語 2018」を発表した。大賞に選ばれたのは「映(ば)える」。(2018/12/6)

平成最後の顔! Twitterで2018年最も使われたアカウント&ハッシュタグが「おっさんずラブ」「新しい地図」に染まる
強い。(2018/12/5)

女性の方が満足度高めの傾向:
平成最後の今年、あなたの「人生満足度」は? 大坂なおみ、スーパーボランティア、ユーチューバーなどが貢献
2018年の満足度は? プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険はこのほど、人生の満足度に関する調査結果を発表。今年1年を振り返り「満足している」と感じている人は4割いた。(2018/12/4)

「ネット流行語大賞 2018」結果発表! グランプリは「バーチャルYouTuber/VTuber」、次点に「平成最後の○○」「大迫半端ないって」
納得の結果に。(2018/12/3)

DJI、スタビライザー搭載ハンドヘルドカメラ「DJI Osmo Pocket」発表会を開催
わずか12センチのジンバル付き4Kカメラの発表会レポート。(2018/11/30)

NHK総合で「NHKバーチャルのど自慢」が2019年1月2日に放送 13組17人のVTuberが出演
どんな番組になるのか楽しみです。(2018/11/28)

メルカリの“急上昇ワード”、1位は「アルミ玉」 なぜ伸びた?
フリマアプリ「メルカリ」内で、前年と比べて検索数が急上昇したワードの1位は「アルミ玉」だった。(2018/11/28)

ホーホホッホホー → プチョヘンザッ! 「田舎でよく聞く鳥の鳴き声をEDMにした動画」に高揚感煽られる人続出
「デーデポッポポー」派も。(2018/11/27)

ママさん設計者も参戦!:
VRに燃えろ、キャラに萌えろ――VTuberって何だ?「VTuberハッカソン長野・塩尻大会」
最近、自分の周辺で「ハッカソン」という言葉を見聞きすることが多くなりました。でもまだまだ「ハッカソンってなに?どういうことをするの?」と質問されることのほうが多く、その内容が当たり前に知られているわけではありません。(2018/11/27)

VTuber事務所に声優がデビューを巡り抗議漫画 事務所は「事実と異なる」「法的措置を慎重に検討」
VTuberデビューが相次ぐ中で、大きな注目を集めています。(2018/11/25)

平成最後の「ネット流行語大賞」一般投票スタート! 2018年もっともネットで盛り上がった言葉はどれ?
「平成最後の〇〇」や「漫画村」、さらには「クッパ姫」などもノミネート。(2018/11/23)

人気VTuberの輝夜月、初の地上波テレビ冠番組が決定 破壊力&ユーモア抜群の話術生かしたトークバラエティ
タイトルは「輝夜 月のTALKIN' on the Moon」。(2018/11/22)

「NHKバーチャルのど自慢」1月放送 人気VTuberが歌を競う ゲストにキズナアイと小林幸子さん
NHK総合テレビで2019年1月2日に「NHKバーチャルのど自慢」が放送される。(2018/11/21)

宮崎県小林市、町作りの教材に「シムシティ」を導入 市長自らYouTuberになって取り組みをアピール
行政と市民が合同で、シムシティを通じて町作りを考える施策の一環。(2018/11/21)

サントリー「BOSS」、別府温泉のお湯が当たるキャンペーン 市長も“湯Tuber”として“湯情”出演
ここ数年、別府と市長のハジけ具合がすごい。(2018/11/21)

Amazon「お急ぎ便」不要ならポイント付与、サイバーマンデーでも 12月7日から
Amazon.co.jpは、恒例の年末大型セール「サイバーマンデー」を、12月7日午後6時にスタートする。期間中は、プライム会員が商品を購入した際、配達を急がない「通常配送」を選べばポイントが付与されるキャンペーンを実施する。(2018/11/21)

“Amazon史上最大のおせち” 平成最後の年越しに登場 一段で30人前39万円の特大お重があけおめとともにやってくる
圧巻の一段重84品目。もちろん配送料無料だってよ。(2018/11/20)

Masuoさんら起用:
Amazon「サイバーマンデー」、ライブコマース初導入 YouTuberと組みセール品宣伝
アマゾンジャパンが「サイバーマンデーセール」の詳細を発表。今年は12月7日午後6時〜11日午前1時59分に開催する。インフルエンサーを活用したマーケティング手法「ライブコマース」を初導入し、配信者のファン層の取り込みも図る。(2018/11/20)

「Google Play Musicは縮小する」 有料の“広告なしYouTube”日本でもスタート 音楽配信は統合へ
YouTubeの有料サービス「YouTube Premium」が始まった。国内向けのオリジナルコンテンツを強化する他、音楽再生特化のアプリもリリースする。(2018/11/14)

キズナアイらVTuberたちの歌合戦イベント、大みそかにVR空間で開催 YuNi、おめがシスターズなど
その名も「Count0(カウントゼロ)」。(2018/11/14)

人気VTuberが運営企業を告発、「視聴者を数字や金としか見てない」 企業側が謝罪
人気VTuber「アズマリム」が、運営企業のCyberVについて「センパイ(視聴者)を数字や金としか見ていない」などと告発し、ファンの間で波紋を呼んだ。CyberVは13日、「本人の意向を尊重できていなかった」として謝罪し、アズマリムの活動はこれまで通り続けると明らかにした。(2018/11/14)

キズナアイらが大みそかに「VR歌合戦」 人気VTuberが共演、Viveや劇場で視聴可能
大みそかに、キズナアイなどバーチャルキャラクターが歌うライブイベントがVRプラットフォーム「VR SPARC」で開催される。劇場でのライブビューイングも実施。(2018/11/13)

VTuber・アズマ リムのツイートについてCyberVが謝罪 「本人の意向を尊重できていなかった」
アズマ リム本人も動画を投稿。(2018/11/12)

自ら美少女に!? バーチャルYouTuber業界に100億円投資を決めたオタク社長にオタクが話を聞いてきた
VTuber事業に100億円規模を投資すると宣言し、新会社を設立した荒木さん(グリー取締役/WFLE代表取締役社長)に凸撃。(2018/11/10)

【木村祥朗×堀井直樹×なる×ZUN】「BLACK BIRD」爆誕祭 なぜゲーム開発者はシューティングを作りたがるのか、「原点にして究極」と語るその魅力
「moon」「Million Onion Hotel」などを手掛けてきた木村祥朗さん(Onion Games)の最新作がなぜシューティングなのか。「BLACK BIRD」開発のきっかけや、シューティングというジャンルの魅力について語ってもらいました。(2018/11/9)

VTuber「富士葵」のデビューシングル、オリコン10位にランクイン
バーチャルYouTuber「富士葵」のデビューシングル「はじまりの音」が、オリコンデイリーシングルランキングの10位に入った。(2018/11/8)

伝説のバーチャルアイドル「伊達杏子」の娘がサポーター募集開始 「伊達あやのYouTuberになりたい!」
お母さんの「伊達杏子」も「YouTubeに出たいな」と発言。(2018/11/8)

1年でもっとも盛り上がった言葉を決める「ネット流行語・アニメ流行語」のノミネートワード募集がスタート
今年はねとらぼも企画に参加!(2018/11/7)

20世紀のバーチャルアイドル「伊達杏子」がお母さんになっていた!? 娘の「伊達あやの」がVTuberデビューへ
バーチャルの世界にも「2世」が。(2018/11/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪勢が東京に“殴り込み” 過熱する高級食パン戦争
大阪でスタートした高級食パン専門店が東京に進出してきている。一方、東京でも高級食パン専門店が次々とオープンしている。過熱する高級食パン戦争の行方は?(2018/11/6)

全国の女子校生の皆さんお待たせ! ボヤッキーがVTuberデビュー、突然のイケメンにネットざわつく
俺の知ってるあいつどこいった案件。(2018/11/5)

これは思わず捨てたくなる とあるお祭りのポイ捨て防止策が天才的
票は社長やYouTuberなどに割れましたが、「はたらきたくない」もけっこうな人気を集めました。(2018/11/5)

グリー、中国「ビリビリ動画」と協業 スマホゲーム・VTuber事業で「巨大市場」狙う
グリーが「ビリビリ動画」などを運営するBiliBiliと業務提携。VTuber事業、スマホゲーム事業で協業する。(2018/10/30)

マシーナリーともコラム:
ツインスティック商品化実現おめでとう! 今こそバーチャルユーチューバー勢は全員「バーチャロン」をやるべきです。やれ。
これから毎日バーチャロン対戦しようぜ?(2018/10/28)

実はハイテク? 若者に人気の動画アプリ「TikTok」は何がすごいのか
若者を中心に人気の口パク動画アプリ「TikTok」は他の動画アプリと何が違うのか。(2018/10/27)

「過去一番のヒット」 サイバー藤田社長、任天堂と開発したスマホゲーム「ドラガリアロスト」に期待
サイバーエージェントが2018年度通期決算を発表した。任天堂と共同開発したスマートフォンゲーム「ドラガリアロスト」は、同社史上「過去一番のヒット」としており、ゲーム事業は引き続き期待が持てるという。(2018/10/25)

初の専門アナウンサー事務所設立:
元大手民放エースアナ 甲子園を捨てeスポーツ実況に懸けた理由
大手民放のアナウンサーが「自分抜きで盛り上がるのは許せない」と初のeスポーツ実況専門の事務所を設立。今後は後進育成や「選手の生き様を語る」実況を目指す。(2018/10/24)

スマホ1台でお手軽VTuber、グリーも参入 配信者にはポイント還元も 「REALITY Avatar」提供開始
グリー子会社のWright Flyer Live Entertainmentが、スマートフォン1つでバーチャルYouTuberのキャラクター制作からライブ配信までを行えるアプリ「REALITY Avatar」の提供を始めた。対応デバイスはiPhone X、iPhone Xs、iPhone Xs Maxのみ。(2018/10/22)

バーチャルYouTuberに「彼氏に着せたい服」を妄想させたら、雑誌の人気ナンバーワン企画になった
(2018/10/19)

「どこからいらしたの?」 黒柳徹子さんのアンドロイド、自律対話できるように
「あなたどこからいらしたの?」「北海道です」「あら素敵」――黒柳徹子さんをモデルにした等身大アンドロイド「totto」(トット)に音声対話システムを導入。自律的にインタビューが行えるように。(2018/10/17)

スマホでVTuberキャラ作れる「カスタムキャスト」、100万ダウンロード突破
バーチャルYouTuberのキャラクターを作ってライブ配信できるスマートフォンアプリ「カスタムキャスト」が、配信開始から11日間で100万ダウンロードを突破。(2018/10/16)

期待の大型新人現る バーチャルYouTuber・姫鶴紗雪ちゃんがデビュー配信で圧倒的後輩力を見せつける
Tiv先生がデザインした新人VTuberです。(2018/10/11)

エンジン全開! 本田翼、YouTubeチャンネル「ほんだのばいく」の登録者数が100万人突破
本当にスゴイな。(2018/10/10)

ゲーマー日日新聞(出張版):
eスポーツ界を揺るがした「ソウルの歓喜」とは 「リーグ・オブ・レジェンド」世界大会で何が起こったのか真剣に解説する
突如トレンド入りした「#DFMWIN」とは何だったのか。(2018/10/9)

いま「3D」VTuberが急速に増えている理由と、それでも失われない「2D」の魅力
要はどっちも好き。(2018/10/7)

ゲーム愛にあふれすぎ! 本田翼、YouTuberデビューの理由明かす “お金のうわさ”もキッパリ否定
配信用のゲーム機は自腹で購入したとのこと。(2018/10/6)

遅刻ですと? 「デオキシス」EXレイドの一部始終
10月2日、私はEXレイドのドタキャンとは別のトラブルで焦っていました。それは……招待状を送ったK氏の遅刻! 果たしてデオキシスは獲れたのでしょうか?(2018/10/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。