ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年02月17日 16時28分 公開

タムロン、デジタル一眼レフ用超高倍率ズームレンズ発売日決定

タムロンは、デジタル一眼レフ用超高倍率ズームレンズ「AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO(Model A14)」の発売日と価格を決定した。

[ITmedia]

 タムロンは2月17日、発売日未定としていたデジタル一眼レフ用超高倍率ズームレンズ「AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO(Model A14)」の発売日および価格の決定を発表した。価格は6万9300円(税込み)。発売日は、ニコンAD-DおよびキヤノンAF用が3月17日。コニカミノルタAD-DおよびペンタックスAF用については近日発売予定としている。

photo AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO

 AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACROは昨年9月に発表されたデジタル一眼レフカメラ専用の高倍率ズームレンズで、35ミリフィルムカメラ換算で焦点距離28〜300ミリ相当の画角をカバーする。レンズ構成は13群15枚で、ズーム全域で最短撮影距離45センチのマクロ撮影も可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.