レビュー
» 2008年07月29日 13時00分 UPDATE

BD-ROMドライブも搭載可:デルのミニPC「Studio Hybrid」を動画でチェック

Energy Star 4.0に準拠したエコ設計で、カラバリも豊富なデルのミニPC「Studio Hybrid」を早速動画で眺めてみた。

[ITmedia]

本体の容積が約2.3リットルの超小型ボディを採用

ht_0807sh00.jpg 横置きにした「Studio Hybrid」。ボディカラーはジェードグリーンだ

 7月29日に発表されたデルの「Studio Hybrid」は、同社のコンシューマー向けPCのミドルレンジに位置するStudioシリーズ初のデスクトップPCだ。とはいえ、CPUやチップセット、メモリやHDD、光学ドライブに至るまで、すべてノートPC向けのアーキテクチャやパーツが採用され、ACアダプタで駆動するなど“エコ設計”が徹底されている。

 付属のスタンドを利用することで縦置き/横置きが可能だなだけでなく、簡単に取り外せるボディカバーを変更することで、さまざまな設置場所に対応できるのも特徴だ。ボディカラーはサファイアブルー/スレートグレー/トパーズオレンジ/ジェードグリーン/クォーツピンク/ルビーレッドの6色に加え、竹を使ったナチュラルバンブーの計7つが用意され、ボディカバーだけ後日購入することも可能だ(各色2000円前後/ナチュラルバンブーのみ1万円前後)。

 標準でHDMI端子を備え、BTOメニューでBD-ROMドライブ(BD-ROMの読み出しが2倍速、DVD+R DLの書き込みが2.4倍速、DVD±Rの書き込みが8倍速のDVDスーパーマルチドライブ機能付き)とCore 2 DuoのCPUを選べば、超小型のBlu-ray Disc再生機能付きPCに仕上げることもできる。グラフィックス機能はチップセット内蔵のIntel GMA X3100だが、上記オプションを選択することでBroadcom製のアクセラレータが追加され、CPUに高い負荷をかけずにBru-rayタイトルを再生可能になる。

 こちらの記事でお伝えしたように、アーキテクチャ面で新味はなく、価格も最小構成で7万円前後とAtom搭載のNettopに比べるとやや高めだが、シンプルなテレビサイドPCとして注目に値する製品が登場したといっていいだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう