連載
» 2009年07月13日 13時00分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:ジェイソンがよみがえる!――「13日の金曜日−FRIDAY THE 13TH−」

スラッシャー映画のさきがけとなった「13日の金曜日」がお約束満載、(なぜか)エロ度もアップして復活。

[本山由樹子,ITmedia]

13日の金曜日−FRIDAY THE 13TH−(Blu-ray Disc)

photo

 1980年代スラッシャー映画の代表“13金”のリメイク版「13日の金曜日−FRIDAY THE 13TH−」がスペシャル・コレクターズ・エディションとしてパラマウント ジャパンよりBlu-ray Disc化される。特典は「新生ジェイソン」、「13日の金曜日」の変遷、削除シーンを収録。BD−LIVEにも対応している。

 リメイクだが、物語は完全オリジナル。30年前のジェイソン誕生の概略(キャンプ場のクリスタル・レイクで溺死しかけた息子ジェイソンの恨みを晴らすため、母親が殺人鬼と化して若者たちを次々と血祭りに)が冒頭で紹介された後、舞台は現代のクリスタル・レイクへ。若い男女5人がこの地にやってくるが、母親の遺志を受け継いだジェイソンにより4人は惨殺され、女性1人が行方不明になる。6週間後、行方不明となった女性の兄は、クリスタル・レイク付近を捜索。同じ頃、同じ別荘地にいた若い男女6人がジェイソンに狙われていた……。

 本作を手掛けたのはマイケル・ベイ監督(「トランスフォーマー」)が主催するホラー専門プロダクション、プラチナム・デューンズ。「悪魔のいけにえ」「ヒッチャー」など1970〜80年代の古典ホラーのリメイクを多く手掛けてきたことで知られている。監督は「悪魔のいけにえ」をリメイクした「テキサス・チェーンソー」のマーカス・ニスペル。撮影にダニエル・パール、音楽にスティーヴ・ジャブロンスキーと「テキサス・チェーンソー」組が再集結している。

 ジェイソンが木陰などから獲物を狙い、彼目線でカメラがうごめくという演出はオリジナルのまま。悪ふざけやドラッグに走るなど、ジェイソンに狙われても仕方がないと思わせる若者たちのおバカぶり、自業自得ぶりも昔のままである。マイケル・ベイの趣味なのか、エロ度はやたらとアップしている。

 グレードアップしているのはジェイソンの身体能力。音もなく移動し、気がつけば屋根にも上り、アーチェリーの達人でもある。ジェイソンは最初ボロ袋をかぶった姿で登場し、途中からホッケーマスクへ。実はホッケーマスクが出てくるのはシリーズ3作目からで、2作目ではボロ袋をかぶっている。往年のファンには思わずニヤリのネタだろう。

 ラストももちろん続編をにおわせて終了。なぜかマンネリも許せるし、楽しいと思えるところが“13金”の魅力のようだ。なお、1980年のオリジナル版「13日の金曜日」もワーナー・ホーム・ビデオより8月26日にBlu-ray Disc化されるので、見比べてみてはいかがだろうか。

13日の金曜日−FRIDAY THE 13TH−(Blu-ray Disc)
発売日 2009年8月28日
価格 4935円
発売元 パラマウント ジャパン
販売元 パラマウント ジャパン
スタッフ 監督:マーカス・ニスペル/製作:マイケル・ベイ
出演 ジャレッド・パダレッキ、ダニエル・パナベイカー
上映時間 97分(本編)
製作年度 2009年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語 (2)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語 (3)ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
特典 新生ジェイソン/「13 日の金曜日」の変遷/削除シーン/BD−LIVE(英語のみ)

関連キーワード

Blu-ray | 映画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう