ニュース
» 2013年04月25日 22時17分 UPDATE

東急不動産、スマホで応答できるインターフォンをマンションに導入

日本初、スマートフォンと連携して応答や解錠が手元から行えるデジタルインターフォンを導入したマンションが登場する。HEMSシステムとも連携する高機能インターフォンだ。

[ITmedia]
Photo ブランズ文京茗荷谷

 東急不動産は、東京都文京区に建設中のマンション「ブランズ文京茗荷谷」に、スマートフォンで通話できるデジタルインターフォン「スマートインターホン」を導入する。日本で初という。

 ファミリーネット・ジャパンがサムスンSNSと開発を進めてきたもの。iOS/Android搭載のスマートフォンのほかに、HEMS機器の「me-eco」とも連携。マンション管理組合からのお知らせメッセージなども確認できる。

Photo 「スマートインターホン」概要

 マンション内ネットワークに接続している無線LAN環境のある部屋内なら、「スマートアプリ」を利用して、どこでも手元のスマートフォンで応答やオートロックの解錠ができるようになる。またインターフォン本体やスマートアプリで「留守モード」に設定すると、留守中に玄関ドアが開けられた場合に警報音を鳴らし、警備会社に通話するセキュリティ機能も備えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.