ニュース
» 2013年07月18日 15時25分 UPDATE

4K/8Kパネルディスカッションも:「CEATEC JAPAN 2013」の概要発表、基調講演に東芝とシャープ

CEATEC JAPAN実施協議会が「CEATEC JAPAN 2013」の開催概要を発表した。基調講演には、東芝の佐々木則夫副会長、シャープの奥田隆司会長、オービックビジネスコンサルタントの和田成史社長が登壇する

[ITmedia]

 CEATEC JAPAN実施協議会は7月18日、「CEATEC JAPAN 2013」の開催概要を発表した。今年のテーマは「Smart Innovation - 明日の暮らしと社会を創る技術力」。10月1日(火)から5日(土)まで、千葉県の幕張メッセで開催する。

ts_1ceatec001.jpgts_1ceatec002.jpg 昨年の「CEATEC JAPAN 2012」の様子

 基調講演には、東芝の佐々木則夫副会長、シャープの奥田隆司会長、オービックビジネスコンサルタントの和田成史社長が登壇。また4K/8Kや次世代スマートフォンOSをテーマにしたパネルディスカッション、米Intelのゲストスピーチなども予定している。

 一方の展示会場は、最先端の電子部品・デバイスを紹介する「キーテクノロジステージ」と、明日の暮らしと社会を"体験提案"する「ライフ&ソサエティステージ」という2つの展示構成となる。このうちライフ&ソサエティステージでは、4K/8Kテレビをはじめとする次世代映像技術やスマートハウス、HEMS、スマート家電などを集める予定だ。

 また特別展示「Lifestyle Innovation」では、エコーネットコンソーシアムの協力による「スマートハウス&ホームアプライアンス」、自動車メーカー協力の「スマートモビリティ」、コンティニュア・ヘルス・アライアンスの体験展示「スマートヘルスケア」などを予定している。

 CEATEC JAPAN実施協議会では、7月19日から来場者向けの事前登録およびキーノートスピーチの聴講予約の受付を開始する。事前登録を行うと、入場料が無料になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.