ニュース
» 2013年08月21日 23時31分 UPDATE

東芝、レグザ「Z7」および「J7」をハイブリッドキャスト対応へ

東芝は、“REGZA”(レグザ)の「Z7シリーズ」および「J7シリーズ」のファームウェアアップデートを実施し、NHKが9月2日にサービスを開始するハイブリッドキャストに対応すると発表した。

[ITmedia]

 東芝は8月21日、“REGZA”(レグザ)の「Z7シリーズ」および「J7シリーズ」のファームウェアアップデートを実施し、NHKが9月2日にサービスを開始するハイブリッドキャストに対応すると発表した。4Kテレビの“レグザ”「Z8Xシリーズ」を合わせ、3シリーズ全10機種がハイブリッドキャスト対応となる。

ts_z7.jpgts_j7.jpg 「Z7シリーズ」(左)と「J7シリーズ」(右)

 ファームウェアアップデートは、放送波あるいはインターネット経由で行う。放送波アップデートのスケジュールは、BSデジタル放送で8月26日から、地上デジタル放送は8月30日から。またインターネット経由のバージョンアップも8月30日にスタートする。初期設定の「データ放送設定」メニューに「ハイブリッドキャスト」という項目が追加され、これをオンすると利用可能になる。

ts_regza03.jpgts_regza04.jpg リモコンのフタの中にある「設定」ボタンを押し、「データ放送設定」から「ハイブリッドキャスト」をオンにすると、「ハイブリッドキャストが利用できるようになりました」と表示される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.