ニュース
» 2013年10月31日 18時18分 UPDATE

Olasonicから卵形のBluetoothスピーカー「TW-BT5」が登場

“Olasonic”ブランドから初のBluetoothスピーカーが登場。同社の顔ともいえる卵形スピーカーを採用したポータブルタイプだ。

[ITmedia]

 東和電子は10月31日、“Olasonic”ブランドの新製品として、Bluetoothスピーカー「TW-BT5」を発表した。カラーはブリリアントホワイト。12月中旬にオープンプライスで発売する予定だ。店頭では9980円前後になる見込み。

ts_twbt04.jpgts_twbt05.jpg 「TW-BT5」

 同社の顔ともいえる卵形スピーカーを採用したポータブルタイプのワイヤレススピーカー。2010年春の製品第1号「TW-S7」以来培ってきた小型スピーカー技術にBluetoothやNFCといった最新トレンドを取り込んだ。

 Bluetoothは、ver.2.1+EDR。NFC対応のスマートフォンや音楽プレーヤーと組み合わせれば、タッチするだけでペアリングやワイヤレス接続が行える。最大5台までのペアリング情報を保持しているため、再接続も容易だ。

 卵形のスピーカーも進化。基本サイズは既存モデル「TW-S5」と共通で、50ミリ径のポリプロピレン振動板を持つフルレンジスピーカーを搭載。ただし、振動板のサイズを上回る55ミリ径の大型マグネットで駆動力をアップしたほか、スピーカー前面のディフューザーも大型化してボーカルを含む中域が広がるように調整した。背面のパッシブラジエーターも53ミリ径と拡大し、「サイズを超えた重低音再生を実現する」(同社)。

ts_twbt01.jpgts_twbt02.jpgts_twbt03.jpg ディフューザーやパッシブラジエーターを大型化。背面にはLch用スピーカー出力を装備

 アンプには独自のSCDS(Super Charged Drive System)を搭載。キャパシターを活用し、必要な時に大電流を取り出すことで最大出力10ワット(ダイナミックパワー)を実現している。内蔵リチウムイオン充電池では、約6時間の連続駆動が可能だ。このほか、Bluetooth接続が切れて10分が経過すると自動的に電源を切るオートパワーオフ機能も備えた。

 なお、TW-BT5自体はモノラル構成だが、背面に用意されている「Lch用スピーカー出力」に、後で発売する予定のLch用スピーカーを接続するとステレオ構成にグレードアップできるという。「まずは場所をとらず、可搬性の高いワイヤレススピーカーを提供する。追加用のLchスピーカーについては、5000円前後で今後発売する予定」としている。

 本体サイズは、87(幅)×152(高さ)×87(奥行き)ミリ。重量は480グラム。ACアダプター、および充電用USBケーブルが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.