ニュース
» 2013年11月05日 19時03分 UPDATE

スマホの画面をテレビに映し出せるサウンドバー、パイオニアから

パイオニアは、無線LANやMiracastに対応した“ネットワーク対応サウンドバー”「SBX-N700」および「SBX-N500」を11月下旬に発売する。

[ITmedia]

 パイオニアは11月5日、無線LANやMiracastに対応した“ネットワーク対応サウンドバー”「SBX-N700」および「SBX-N500」を発表した。ネットワーク機能を省いたエントリー機「SBX-300」と合わせ、計3機種を11月下旬に発売する。価格はすべてオープン。

ts_paisound01.jpgts_paisound02.jpg 「SBX-N700」(左)と「SBX-N500」(右)。サウンドバー部分仕様はほぼ共通で、SBX-N700にはワイヤレスのサブウーファーが付属する

 10月の「オーディオ&ホームシアター展2013」で参考展示したもの(→関連記事)。Miracast対応のスマートフォンに保存した写真や映像、あるいはYouTube動画などをHDMI接続したテレビの画面に表示する機能を持つ。無線LAN環境のない場合でも、Wi-Fi Directにより、スマートフォンと直接ワイヤレス接続できる。

 またDLNA 1.5にも対応しているため、ホームネットワーク内にあるPCなどから音楽や動画の再生が可能。このほかBluetoothも搭載しており、スマホなどに保存した楽曲をサウンドバーで再生できる。さらに「Bluetoothトランスミッター機能」により、サウンドバーで再生中の音をBluetooth対応ヘッドフォン(SCMS-T対応機種のみ)などに転送することも可能だ。

 テレビ付属のリモコンでサウンドバーの基本的な操作が行えるほか、スマートフォン用のリモコンアプリ「Pioneer ControlApp」にも対応した。

ts_paisound03.jpg 「SBX-300」

 エントリー機の「SBX-300」は、ネットワーク機能を省いたシンプルなサウンドバー。Bluetoothに対応し、スマートフォンなどに保存した楽曲をワイヤレス再生できる。テレビとは光デジタルケーブルで接続するタイプだ。

 サウンドバー部分のスピーカー構成は3機種共通で、66ミリ径のフルレンジスピーカー2基と77ミリ径のサブウーファー2基を内蔵する。また「SBX-N700」には、ワイヤレス接続のサブウーファーも付属する。

型番 SBX-300 SBX-N500 SBX-N700
Bluetooth
Bluetoothトランスミッター機能 なし
無線LAN なし ○(Wi-Fi Direct対応)
Miracast なし
YouTube Send to TV なし
DLNA 1.5 なし
トータル出力 130ワット 140ワット 140ワット+150ワット(ワイヤレスサブウーファー)
入力端子 光デジタル×2、同軸デジタル×1、3.5ミリステレオミニ×1 光デジタル×2、3.5ミリステレオミニ×1、USB×1
出力端子 なし HDMI(ARC対応)
実売想定価格 2万4800円 3万9800円 4万9800円
発売日 11月下旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.