ニュース
» 2014年07月31日 16時42分 UPDATE

日本の有機EL技術再編:有機EL分野で新会社「JOLED」設立――ソニーとパナソニックの研究開発を統合

ソニーは7月31日、有機ELディスプレイパネル事業の新会社「JOLED」を設立すると発表した。出資比率は産業革新機構が75%、JDI15%、ソニー5%、パナソニック5%。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 産業革新機構(INCJ)、ジャパンディスプレイ(JDI)、ソニーおよびパナソニックは2014年7月31日、有機ELディスプレイパネルの量産開発加速と早期事業化を目的として、JOLED(ジェイオーレッド)を設立すると発表した。JOLEDは2015年1月に発足予定で、ソニーおよびパナソニックが有する有機ELディスプレイパネルの研究開発機能を統合する。

hm_sony01.jpg ソニープレスリリース一部抜粋

 JOLEDの議決権は、INCJが75%、JDIが15%、ソニー及びパナソニックがそれぞれ5%ずつ保有する予定。さらにINCJ及びJDIからの追加出資を含めた支援を予定しているという。

 JOLEDは、ソニー、パナソニックが持つ有機EL成膜技術、酸化物半導体技術、フレキシブルディスプレイ技術等の世界最高水準にある有機ELディスプレイパネル技術とリソースを結集し、JDIが培ってきたディスプレイ技術と融合することで、有機ELディスプレイ分野におけるリーディングカンパニーとなることを目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.