ニュース
» 2014年11月04日 18時34分 UPDATE

Bluetoothも搭載:デノン、ミニマルデザインのネットワークオーディオシステム「CEOL N9」

デノンは、ネットワークCDレシーバーの新製品「RCD-N9」およびスピーカーシステム「SC-N9」を11月下旬に発売する。ミニマルなデザインが特徴の「CEOLシリーズ」最新作。

[ITmedia]

 デノンは11月4日、ネットワークCDレシーバーの新製品「RCD-N9」およびスピーカーシステム「SC-N9」を発表した。ミニマルなデザインが特徴の「CEOLシリーズ」最新作。オープンプライスで11月下旬に発売する。

ts_denon01.jpg 「RCD-N9」と「SC-N9」のホワイトモデル

 「RCD-N9」は、CDやFM/AMラジオからネットワークオーディオやインターネットラジオまで、幅広い音楽ソースを楽しめるオールインワンのネットワークCDレシーバー。新たにBluetoothを内蔵し、スマートフォンやPCから楽曲のワイヤレス再生が可能になった。NFCにも対応しているため、ペアリングや接続はワンタッチだ。

ts_denon02.jpg ブラックモデル

 ネットワークオーディオ機能では、対応ファイルフォーマットを拡充。WAVやFLACに加え、新たにハイレゾのAIFF(192kHz/24bit)、Apple Lossless(96kHz/24bit)の再生が可能になった。いずれもギャップレス再生をサポート。また内蔵のWi-FiがIEEE 802.11nに対応しており、従来より安定したストリーム伝送が行える。

ts_denon03.jpg 「RCD-N9」の背面端子

 一方の「SC-N9」は、2センチ径のドーム型ツイーターと12センチのペーパーコーンウーファーを搭載した2Wayバスレフ型。スピーカーユニットの刷新と木製キャビネットの高剛性化により、「より透明感のあるサウンドを実現した」(同社)。また「RCD-N9」には出力信号の特性をSC-N9に最適化するフィルターが搭載されており、セットで使用することでSC-N9のパフォーマンスを最大限に引き出せるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.