ニュース
» 2015年02月13日 18時26分 UPDATE

センシングで家族をつなげる――三菱電機のスマートホームコンセプト

三菱電機が次世代の住環境を提案する「三菱電機スマートホーム」コンセプトを発表した。センシングにより得た「ココロとカラダ」の状態変化を家族で共有し、日々の生活サポートとコミュニケーション機会創出に役立てる。

[ITmedia]

 三菱電機は2月13日、次世代の住環境を提案する「三菱電機スマートホーム」コンセプトを発表した。センシングにより得た「ココロとカラダ」の状態変化を家族で共有し、日々の生活サポートとコミュニケーション機会創出を実現するという。

ts_smart02.jpg エントランスのイメージ

 例えばエントランスでは、玄関に近づく家族をカメラで認証すると解錠する。その後、家族がドアのハンドルに触れると体温や脈拍などの生体情報を取得し、体調センシングを実行。玄関の壁面には家族の健康状態や予定などが表示できるという。

 キッチンでは、家族の体調と冷蔵庫の中にある食材を元に推奨メニュー(献立)を提案し、冷蔵庫の扉に表示する。作り方はキッチンの調理台に投影され、調理のポイントや進行に合わせた時間の調整などもアシスト。調理エリアが左右にスライドするIHクッキングヒーターで調理分担も容易になる。そして家電は非接触給電エリアの搭載により、コンセントフリーになるという。

ts_smart01.jpg キッチンのイメージ

 三菱電機によると、具体的な製品化の計画などは未定。今後もスマートハウス事業および家電製品群への展開を目指し、研究開発を進めるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.