ニュース
» 2015年03月16日 22時09分 UPDATE

武器はカイサツソード:実在の新幹線「E5系」がロボットに完全変形する新キャラクター、さっそくプラレールになる

ジェイアール東日本企画と小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社は共同で新しいキャラクターコンテンツ「新幹線変形ロボ シンカリオン」を展開する。実在の新幹線が変形してロボットになる。

[ITmedia]

 ジェイアール東日本企画と小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社は3月16日、新しいキャラクターコンテンツ「新幹線変形ロボ シンカリオン」を展開すると発表した。テレビや雑誌、交通メディアなどで長期的なキャラクター展開を行う。

ts_e5robo01.jpg 「新幹線変形ロボ シンカリオン」(c)プロジェクト シンカリオン/JR東日本

 2014年6月の「東京おもちゃショー2014」に全高約1.8メートルの模型が展示され、話題になった“実在の新幹線がロボットに完全変形する”キャラクターだが、デザインは大きく変更された。新たに加えられた設定は「正体不明の巨大な敵に立ち向かうため、日本の夢と技術が詰まった新幹線をベースに開発されたロボット」だ。

ts_e5robo02.jpg 武器は「カイサツソード」で、ウイングを合体させることで必殺武器「超カイサツソード」になる。また胸部ユニットからビームを放つ「グランクロス」が最大の必殺技

 7月にはタカラトミーから鉄道玩具「プラレール」の新シリーズとして、車両が変形する「プラレール『新幹線変形ロボ シンカリオン』を発売する。第1弾は「E5はやぶさ」で、今後は「E6こまち」「E7かがやき」など、ラインアップを順次拡大していく予定だ。価格は4000円(税別)。


 ほかにも小学館「てれびくん」での記事連載やテレビ東京系「おはスタ」出演、埼玉県の「鉄道博物館」で行われるイベントなど、さまざまな企画が進行しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.