ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小学館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小学館」に関する情報が集まったページです。

トーハンとメディアドゥ、NFTの「デジタル付録」を書店で展開へ
トーハンとメディアドゥは4月12日、NFTを活用した「デジタル付録」のサービスを開始すると発表した。紙の書籍に限定版デジタル付録をNFTとして付与し、書店で販売することを想定する。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館と施策を検討中。(2021/4/12)

雑誌「幼稚園」5月号の付録にセルフレジ 東芝テックが協力 「音声は本物と同じ」
小学館の幼児向け学習誌「幼稚園」5月号の付録は「セルフレジ」。POSレジスターなどを手掛ける東芝テックが協力した。(2021/3/3)

2月27日は「ポケットモンスター赤・緑」25周年! 第3のバージョン「青」が赤や緑と違う点は?
小学館の雑誌企画で販売された「青」には、人気のあまり受付がパンクしたという伝説も。(2021/2/27)

「コロコロプライム」爆誕 漫画はデジタル、付録や“銀はがし”は現物が届く有料会員制サービス
小学館は「月刊コロコロコミック」読者向けの有料会員サービス「コロコロプライム」の申込受付を始めた。料金は4号分で3920円(税込)。(2021/2/19)

雑誌『DIME』でリングライトの付録が登場 Web会議での需要に商機
小学館は雑誌『DIME』の2月16日発売号で、「LEDリングライト30」を付録にし販売すると発表した。価格は1100円(税込)。同社によると、雑誌の付録としてリングライトを同梱するのは初めてだという。(2021/2/15)

子どもの名前が載った“オンリーワンな国語辞典”が数量限定で販売中 セイバンと小学館のコラボで実現
ちゃんと国語辞典として使えて、記念になる一冊です。(2020/12/27)

雑誌「幼稚園」の付録に電動「UFOキャッチャー」 セガとコラボ
小学館の雑誌「幼稚園」の2021年2・3月号の付録は電動アーム付きの「UFOキャッチャー」。12月26日ごろ発売で、価格は1280円(税込)。(2020/11/30)

「コロコロコミック」表紙デザイナー佐々木多利爾氏、「同一の児童向け雑紙の表紙を最も長く担当したデザイナー」としてギネス世界記録認定
小学館は、自社が発行するコミック雑誌「月刊コロコロコミック」の表紙デザイナー・佐々木多利爾(ささき・たりじ)氏が、同一の児童向け雑誌の表紙を最も長く担当したデザイナーとしてギネス世界記録に認定されたと発表した。(2020/11/24)

小学館子会社のネット書店に不正アクセス、1000件超のカード情報流出か
小学館パブリッシング・サービスのネット書店で不正アクセスが発生。1036件のクレジットカード情報が流出した可能性がある。(2020/11/16)

小学館『コロコロアニキ』次号をラストに紙からデジタルへ 「休刊ではないのでお間違えなく!」
次号はまだ紙媒体での発売です。(2020/11/14)

小学館『幼稚園』11月号はサクラクレパスとコラボ 本物そっくりの「クレパスならべゲーム」が付録に
30秒以内に並べないとバラバラになってしまう、懐かしの「パズルパーフェクション」方式。(2020/9/17)

DIMEの付録に「90倍スマホ顕微鏡」
小学館の生活情報誌「DIME」の2020年9・10月号に、スマホのカメラレンズに取り付けて使う「90倍スマホ顕微鏡」が特別付録として付属する。(2020/7/16)

小学館、学習漫画『少年少女日本の歴史』を8月末までネットで全巻無料公開
図書室の数少ない漫画として愛読した人も多いのでは。(2020/7/2)

小学館、学習まんが「日本の歴史」再び無料公開 休校明けも、学びを取り戻す一助に
「小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史」電子版が8月末まで無料公開。休校措置を受けて3〜4月に実施した無料公開が好評だったため、再び公開する。(2020/7/1)

小学館『幼稚園』がオタフクソースとコラボ 本物そっくりな「お好み焼きひっくりかえしゲーム」でヘラの扱いを極めよう
広島お好み焼きだ!(2020/6/18)

小学館が「学習まんが 少年少女日本の歴史」電子版全24巻を無料公開 KADOKAWAも「ビリギャル」「星のカービィ」「魔女の宅急便」など400タイトル
小学館は「小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史」全24巻の電子版を無料公開した。KADOKAWAも400タイトル以上の電子書籍を無料公開している。「ビリギャル」「星のカービィ」「魔女の宅急便」など。(2020/3/19)

小学館「少年少女日本の歴史」電子版を無料公開 臨時休校受け
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が全国の学校に休校を要請したことを受け、小学館が「小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史」電子版を無料公開。全24巻が対象。(2020/3/12)

小学館、学習まんが「日本の歴史」電子版を無料公開
小学館は、3月11日〜4月12日に「小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史」電子版を無料公開。新型コロナウィルス感染症拡大による休校要請を受け、小・中・高校生への自宅学習支援として実施する。(2020/3/11)

「週刊少年ジャンプ」「月刊コロコロコミック」など、ネットで無料公開 臨時休校受け
集英社と小学館が、漫画雑誌のバックナンバーを無料で公開。電子書籍ストアや漫画配信アプリで公開する。(2020/3/2)

ドラえもんが50周年記念に表紙ジャック! 小学館のあらゆるジャンル50誌にドラえもんが登場
幼児誌から少女コミック誌に、ファッション誌まで。(2020/2/16)

雑誌の付録にマスク 小学館の「DIME」が2020年4月号で
(2020/2/14)

小学館とJICAが「人身取引の実態を描いた漫画」を無料公開 だまされて売春宿に売られたタイ人少女の物語
現実に起きている問題です。(2020/2/5)

漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』、映画化を機に修正 予告なしの“修正版”切り替えにファン騒然
小学館「より多くの方にお読みいただくために一部修正」。(2020/1/29)

「作成数は44万件」──小学館の「図鑑NEOメーカー」がTwitterで話題 利用規約の“懸念”については「安心して」
小学館が1月1日に公開した、「図鑑NEOメーカー」がTwitterで話題になっている。ユーザーのアイデアで図鑑の表紙を作れるサービス。図鑑NEOメーカーの反響や利用規約の意図を、小学館に取材した。(2020/1/6)

「小学館の図鑑NEOメーカー」が年始にTwitterで流行 「UMA」「毒」「廃線」など尖った図鑑が大量発生
投稿は新しい図鑑のテーマを決める参考にするとのことです。(2020/1/6)

「ダンベル何キロ持てる?」原作漫画が全話無料公開 小学館「マンガワン祭り」が1日限定で開催
読みきれねえ。(2019/8/29)

小学館と集英社、漫画アプリの共通広告プラットフォームを提供
小学館と集英社、Fringe81が、漫画アプリ共通の広告プラットフォーム「MangaAdPlatform」の提供を8月に始める。(2019/7/10)

世界を学べる、タブレット付きの話す地球儀 タカラトミーが7月11日に発売
タカラトミーはタブレット付きの話す地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe」を7月11日に発売する。知りたい国の情報をペンでタッチすると、タブレットに表示される。カメラ機能もあり、撮影した画像を保存できる。(2019/6/11)

タブレット付きの“しゃべる地球儀” タカラトミーが発売
タカラトミーが、音声ガイダンス機能を備えるタブレット付き地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe」を7月11日に発売する。(2019/6/10)

『幼稚園』7月号、異例の緊急重版 付録の「セブンティーンアイス」自販機が大人気
小学館「創刊以来初の快挙」。(2019/6/6)

小学館、「BizLady」など2サイトについて「現在は無関係の第三者が運営」 
どちらも女性向けWebサイトで2017年に運営を終了しています。(2019/4/12)

ヤフー社員、小学館漫画アプリを不正に改変した容疑で書類送検 ヤフー「疑いが事実であれば大変遺憾」
(2019/4/12)

「ピッカピカの \社会人/ 一年生♪」 小学館『小学一年生』とコラボした「社会人一年生」を森永製菓が公開
あの有名CMを「社会人一年生」仕様にしたリメイク版動画も。(2019/4/1)

週末エンプラこぼれ話:
「セキュリティ意識が高すぎ」とネットで話題――3要素認証の「ATM型貯金箱」はなぜ生まれた? ちゃお編集部に聞く
1977年に創刊した、小学館の女児向け雑誌「ちゃお」。2018年12月に発売された「ちゃお2月号」にネット上がざわついたのをご存じだろうか。その理由は、ふろくの「ATM型貯金箱」。3要素認証を備えた“超強固”な貯金箱は、どのようにして生まれたのだろうか。(2019/2/8)

渡辺達生氏が撮影:
佐川急便の美女ドライバー写真集「佐川女子」登場 “男社会”のイメージ変える
小学館が、佐川急便の女性ドライバーの写真集「佐川女子」(税別1500円)を発売。佐川急便で多くの女性が活躍していることをアピールする狙い。グラビアカメラマンの渡辺達生氏が撮影を担当した。(2018/12/11)

マンガ海賊版対策の民間協議スタート 集英社、講談社、小学館、KADOKAWAが参加
集英社、講談社をはじめとした出版大手4社などが理事として参加する「アドバンスト・パブリッシング・ラボ」は、漫画の海賊版対策やネット流通について研究する勉強会を発足した。通信事業者とも連携して取り組みを進める。(2018/11/21)

米粒サイズの『ハヤテ』や『高木さん』だと? クボタ、小学館×キュウソとコラボして「お米の良さ」伝える動画を公開
お米食べろ!(2018/11/2)

漫画で「平成」を振り返る 小学館「少年少女日本の歴史」に20年ぶりの最新巻『平成の30年』発売
30年の歴史を学習漫画で学ぶ。(2018/10/6)

くまモンが伝記になったモン! 小学館の学習漫画「偉人伝シリーズ」に史上初のキャラクター主人公
熊本の復興を後押しする存在としてその奮闘ぶりが描かれます。(2018/7/29)

「コロコロ」7月号無償公開 豪雨被災の子どものために
西日本豪雨で被災した子どもたちのために、「月刊コロコロコミック」7月号を小学館がWebで無償公開した。同社は熊本地震の際も、コロコロを無償公開している。(2018/7/17)

小学館、『月刊コロコロコミック』7月号の漫画をネットで無料公開 平成30年7月豪雨を受けて
コロコロの漫画約300ページを読むことができます。(2018/7/15)

常見陽平のサラリーマン研究所:
君たちはどうサボるか? 中国の働き方から学ぶ「手抜き」
『ルポ 中国「潜入バイト」日記』(西谷格、小学館新書)を読んで、衝撃を受けた。中国でのテキトーな働きぶりが紹介されているわけだが、働きすぎの日本人も学ぶべきところがあるのではないだろうか。それは……。(2018/6/15)

「海賊版・違法サイト使わないで」 小学館、全雑誌に広告掲載
漫画などの海賊版を有料・無料で配信する違法サイトを利用しないよう小学館が読者に呼び掛ける「NO! 海賊版・違法サイト」キャンペーンを、小学館が全社をあげて始める。(2018/6/4)

楽天、出版取次の大阪屋栗田を買収
楽天は、出版取次3位の大阪屋栗田の第三者増資を引き受け、出資比率を51.0%に高めて子会社化すると発表した。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館、大日本印刷も第三者増資を引き受けて追加出資する。(2018/5/25)

「別冊」での連載は継続:
小学館、「コロコロ」3月号を販売中止に 「書店の混乱避ける」
小学館が、「コロコロコミック」3月号の販売を中止すると発表。読み切り作品にチンギス・ハーンに対する不適切な描写があり、批判が殺到していた。小学館は「書店の混乱を避けるため」と説明している。(2018/3/6)

『コロコロコミック』3月号が販売中止 小学館「書店での混乱を避けるため」
書店に対しても返品するよう申し出るとしている。(2018/3/6)

小学館がコンテンツをデータベース化する新会社 VOYAGE GROUPと共同出資
小学館とVOYAGE GROUPが、小学館の持つコンテンツとその権利を一元管理するデータベースを構築し、さまざまなフォーマットやビジネスで生かす新会社「C-POT」を設立した。(2018/2/13)

「新刊X」:
小学館、読者のレビューを帯文に 「読者発のヒット」目指す
小学館が発売前の新刊を読者に送付しレビューを募る企画「新刊X」を始める。(2018/1/16)

17年3月期の純利益は4025万円:
岩波書店、別館ビルを小学館に売却
岩波書店が別館ビル「岩波書店一ツ橋別館」を小学館に売却した。(2018/1/12)

女性向けメディア「MERY」11月21日から記事提供再開
2017年8月にDeNAと小学館による共同出資会社「株式会社MERY」の設立を発表し、運営体制を刷新した上での運営再開を目指していた。(2017/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。