ニュース
» 2015年06月24日 14時18分 UPDATE

ソニーモバイル、スマホ連携でしゃべって動くBluetoothスピーカー「BSP60」を7月11日に発売

ソニーモバイルは、スマホ連携で操作できるBluetoothスピーカー「BSP60」を7月11日に発売する。価格は3万8000円(税別)。

[ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、スマートフォンと連携して音楽の再生や電話の発信などができる球形のBluetoothスピーカー「BSP60」を7月11日に発売する。価格はオープンで、実売想定価格は3万8000円(税別)。販路は全国の家電量販店や直営店のソニーストア、「ソニーストアオンライン」など。また、「Xperia Z4」の関連アクセサリーとして、KDDIの「au +1 collection SELECT」や「Xperia Store」でも販売する予定だ。

photo Bluetoothスピーカー「BSP60」

 BSP60は、スマホのボイスコントロールアプリを使って操作でき、スマホ内の音楽再生、天気やスケジュールなどの読み上げ、電話の発信、内蔵マイクによるハンズフリー通話などが可能。LEDライトの点灯やディスプレイ表示に加えて、音楽再生時は本体上部のスピーカーカバーが開閉したり、本体が前後に動いたり回転したりする。

 対応機種はAndroid 4.4以上およびBluetoothプロファイルA2DP、AVRCP、HFPに対応するもの。利用するには「Smart Bluetooth Speaker」アプリと「ボイスコントロール」アプリをインストールする必要がある。

photo プライベートシーンだけでなくオフィスでも利用できる

 直径約100ミリで重量は約349グラム。1.6型モノクロディスプレイ(128×100ピクセル)やMicro USB端子を備える。実用最大出力は2.5ワット。連続音楽再生時間は約5時間で、待機状態だと約15時間利用可能。NFCに対応するのでワンタッチでペアリングできる。カラーはブラック1色。

 7月4日に銀座の「ソニーショールーム」でBSP60の体験イベントを実施するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.