ニュース
» 2015年06月26日 20時35分 UPDATE

ラディウス、「NePLAYER」アップデートでAirDropやDLNA対応NASなどと連携可能に

ラディウスがスマートフォン向けのハイレゾ再生対応アプリ「NePLAYER」をアップデート。AirDropやDLNA対応NASなどと連携する。

[ITmedia]

 ラディウスは6月26日、iOS向けのハイレゾ音源再生アプリ「NePLAYER」をアップデートした。更新後のバージョンはVer.2.0.0。アプリの価格は1800円(税込)。

 更新後は「AirDrop」での音楽データ保存のほか、DLNA対応ネットワークプレーヤーとの接続に対応。iOS端末に保存したハイレゾ音源をDLNA対応機器にダウンコンバートなしでワイヤレス送信できる。

photo AirDropに対応

 DLNA対応NASに保存したハイレゾ音源をiOS端末に転送して再生することも可能で、DAC搭載ヘッドフォンアンプを使えばハイレゾ音源を楽しめる。また、DLNA対応NASに保存したハイレゾ音源をネットワークプレーヤーなどの機器で再生する際のリモコンにもなる。

photo 「NePLAYER」接続相関図

 対応機種は、iOS 7.0以降のiPhone 5/5c/5s/6/6 Plus、iPod touch(第5世代)、iPad mini/2/3、iPad Air/2。対応フォーマットはDSD、ALAC、FLAC、WAV、MP3、AAC、HE-AAC。ネットワークはUPnPに対応する。

 動作確認済みのネットワークプレーヤーはマランツの「NA6005」とデノンの「RCD-N9」。動作確認済みNASは、バッファローの「LS421D」「DELA(N1Z/N1A)」、アイ・オー・データ機器の「RockDisk for Audio」「LAN DISK Aシリーズ(HDL2-A2.0RT、HDL2-A4.0RT、HDL2-A6.0RT、HDL-A2.0RT、HDL-A3.0RT)」「RECBOX DRシリーズ(HVL-DR2.0、HVL-DR3.0、HVL-DR4.0)」となっている。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.