ニュース
» 2015年09月03日 19時47分 UPDATE

世界初! NHKとシャープがHDR対応の85V型8Kディスプレイを開発

NHKは、世界初となるHDR(ハイダイナミックレンジ)対応の85V型8K液晶ディスプレイ試作機を発表した。シャープとの共同開発。

[ITmedia]

 日本放送協会(NHK)は9月3日、世界で初めてHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した85V型の8K液晶ディスプレイを発表した。シャープとの共同開発。9月11日からオランダのアムステルダムで開催される欧州最大の放送機器展示会「IBC2015」で公開する。

ts_nhk8k01.jpg HDR対応8K液晶ディスプレイの外観

ts_nhk8k02.jpg HDR映像のイメージ

 HDRは、テレビ画面で表現できる映像の明暗の幅(=ダイナミックレンジ)を拡大する技術だ。NHKでは、従来のテレビジョン方式と互換性のあるHDR方式をBBC(英国放送協会)と連携して開発したという。ディスプレイの最大輝度は1000カンデラ/平方メートル以上。コントラスト比は10万:1以上。またUltra HD(4K/8K)の世界標準であるITU-R勧告BT.2020の色域包含率は77%となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.