ニュース
» 2015年09月07日 11時00分 UPDATE

Dolby AtmosにDTS:X、4K/Ultra HDも対応 “プチぜいたく”なデノンAVアンプ「AVR-X4200W」

デノンは9月7日、発売時点でDolby AtmosやDTS:Xに対応するAVアンプ「AVR-X4200W」を発表した。価格は15万円(税別)。

[ITmedia]

 D&Mホールディングスは9月2日、デノンブランドのAVアンプ新製品「AVR-X4200W」を発表した。2014年11月に発表したフラグシップ機「AVR-X7200W」の設計手法をベースにしたアッパーミドルクラスモデル。価格はオープンで、実売想定価格は15万円(税別)。

 10月中旬の発売時点でDolby AtmosやHDCP2.2に対応する。DTS:Xは後日アップデートで対応する予定だ。

photo デノンブランドのAVアンプ新製品「AVR-X4200W」

 定格125ワットのパワーアンプを7つ搭載するが、最大9.2chの同時プロセッシングが可能。9.2ch分のプリ出力を持つ。Dolby Atmosでは標準で“5.1.2”ch構成までをサポートするが、2ch外部パワーアンプと接続して5.1.4や7.1.2構成にも対応する。ドルビーイネーブルドスピーカーはAVR-X7200W同様、天井までの距離を入力して視聴ポイントまでの距離を計算し、反射を含めた正確なディレイタイムを実現できる。サラウンドモードに合わせてスピーカーの出力アサインを柔軟に変更可能だ。

photo 計19パターンのトップスピーカーアサインができる
photo 正面

 全チャンネル同一構成のディスクリート・パワーアンプのほか、HDコンテンツに対応する最新バージョンのD.D.S.C(Dynamic Discrete Surround Circuit)を搭載。32bitフローティングポイントDSP「SHARCプロセッサー」4基を備え、Dolby AtmosとDTS:Xの再生、ビット拡張技術「AL24 Processing Plus」、音場補正技術「Audyssey MultEQ XT32」などの高負荷な処理を同時に行える。

photo 内部構成

 デジタル回路用の電源に使用するSMPS(スイッチングモードパワーサプライ)から発生するノイズに着目してオーディオ帯域外に追放する「Hi-Speed SMPS」、大出力時でも安定した電力供給ができる「大容量カスタムブロックコンデンサー」、音の厚みや奥行きの表現、解像度などを向上させた「32bit D/Aコンバーター」なども内蔵する。

 DLNA 1.5準拠のネットワークオーディオプレーヤー機能を備え、2.8MHzのDSD、192kHz/24bitのハイレゾ音源再生、WAV、FLAC、AIFF、ALACのギャップレス再生などに対応。Wi-FiとBluetoothを内蔵し、AirPlayやリモコンアプリ「Denon Remote App」を使えばスマホやタブレットで本機を操作できる。

 8入力/3出力のHDMI端子が最新の著作権保護技術「HDCP2.2」に対応し、4K/60p(4:4:4)のパススルーや4K(50/60p)へのアップスケーリングが可能になる。HDRや広色域表現を実現するBT.2020などもサポートする。モニターHDMI出力を2系統備え、2画面同時出力もできる(1系統はマルチゾーン用HDMI出力)。

photo 8入力/3出力のHDMI端子が最新の著作権保護技術「HDCP2.2」に対応
photo 背面のインタフェース

 消費電力は670ワット。本体サイズは434(幅)×167(奥行き)×389(高さ)ミリ、重量は12.6キロ。リモコン、単三乾電池2本、セットアップマイク、マイクスタンド、FM室内アンテナ、AMループアンテナ、ケーブルラベル、電源ケーブルが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.