ニュース
» 2015年09月30日 20時14分 UPDATE

スーパーツィーターを搭載して超ワイドレンジ――新生テクニクス初となるヘッドフォン「EAH-T700」が登場

パナソニックは、新生テクニクスブランド初となるヘッドフォン「EAH-T700」を発表した。2Wayドライバー構成により、10万Hzまで対応できる超広帯域再生が特徴だ。

[ITmedia]

 パナソニックは9月30日、新生テクニクスブランド初となるヘッドフォン「EAH-T700」を発表した。2Wayドライバー構成により、10万Hzまで対応できる超広帯域再生が特徴だ。価格は9万円で、2016年1月22日に発売する。

ts_ottava09.jpg 「EAH-T700」

 ドライバーは、MLF(Multi Layer Film)振動板を採用した50ミリ径フルレンジと、アルミ振動板の14ミリ径スーパーツィーターを搭載。ツィーターに角度をつけて実装することにより、自然な定位を実現したという。再生周波数特性は3〜10万Hz。

ts_ottava11.jpg 14ミリのツーパーツィーターに角度をつけて実装することで自然な定位になるという

 ハウジングは主要パーツにアルミを使用し、表面をダブルアルマイト処理やスピン加工を施した。ハンガー部にはアルミ鍛造品を用いて剛性を確保。テクニクスロゴはレーザー刻印の上に色入れを施すなど、細部までこだわったという。

 ヘッドバンドは人間工学を元に設計されており、長さが調節できるだけではなく、ハウジング部を前後にスライドさせる「HSアジャスト機構」を設けた。頭の形状に対して最もフィットする位置に調整できるという。

ts_ottava10.jpg 「HSアジャスト機構」

 イヤーパッドは低反発クッションおよび人工皮革のプロテインレザーを使用。ケーブルは着脱式で、4N-OFCを使用した1.2メートルと3メートルのコードが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.