ニュース
» 2015年10月05日 15時31分 UPDATE

ケーブルは本体に収納:羽毛布団も優しく掃除――さらにキレイに使いやすく進化した「レイコップRS2」

吸引口が拡張し、紫外線ランプの出力やたたき機能がさらにパワーアップしたふとんクリーナー「レイコップRS2」。ふとんの素材別に最適な掃除をする3つのモードを採用した。

[村上万純,ITmedia]

 レイコップ・ジャパンは10月5日、ふとんクリーナーの新モデル「レイコップRS2」を発表した。希望小売価格は3万7000円(税別)。同日より全国の家電量販店やレイコップ公式オンラインストアで予約を開始し、29日に発売する。

photo ふとんクリーナー「レイコップRS2」を持つレイコップ・ジャパン代表取締役社長 リ・ソンジン氏

 2013年10月に発売したスタンダードモデル「レイコップRS」の後継モデルで、ふとんの素材に合わせて最適な掃除をする「ふとんケアコントロール」機能を新たに搭載。敷き布団モード、掛け布団モード、羽毛布団モードの3種を用意し、寝具に合わせたブラシの回転、たたき、吸引をする。

photo 素材に合わせて最適な掃除をするふとんケアコントロール機能を搭載した
photo RS2の新機能

 底面の吸引口とブラシの幅は140ミリから200ミリに拡張し、紫外線(UV-C)ランプの出力は8ワットから11ワットに増加。たたき機能も毎分4000回から、毎分4600〜5000回にパワーアップしている。ケーブルは本体に収納するリール式になり、標準で付属する収納台と合わせて使い勝手を向上させた。レイコップRPに搭載した温風機能は非対応だ。

photo 底面の吸引口とブラシの幅は140ミリから200ミリに拡張し、紫外線ランプとたたき機能もパワーアップさせた
photo ケーブルは本体に収納できる

 新たに圧力センサーを搭載し、フィルターのハウスダストの量を感知してアラームでフィルター洗浄の時期を知らせる。ダストボックスは水中で丸洗いでき、ハウスダストの飛散を防ぐ。0.3マイクロメートルの粒子を99.9%集じんするというHEPAフィルターも引き続き採用した。

 清潔性も考慮し、底面のほか、HEPAフィルター、スタンド、ケーブルも抗菌仕様となった。水洗い可能なブラシを固定する底面パーツは素手で簡単に取り外せるようになり、メンテナンス性も向上している。

photo コンパクトになったスタンドは抗菌仕様

 本体サイズは383.1(幅)×434.8(奥行き)×166.4(高さ)ミリ、重量は約2.4キロ。カラーは、ホワイト、ピンク、ブルー、グリーン(公式オンラインストア限定)の4色を用意する。

photo カラーはホワイト、ピンク、ブルー、グリーン(公式オンラインストア限定)の4色を用意

レイコップで目指す「清潔で快適な睡眠環境」

 同日開催された発表会では、レイコップ・ジャパン代表取締役社長 リ・ソンジン氏が登壇。「睡眠は、健康的で活力のある生活を送る中で最も重要な要素の1つだ」と話し、「医師の信念とテクノロジーを融合させ、『清潔で快適な睡眠環境』を提供し、すべての大切な人々の健康な暮らしを実現する」という新しいブランド理念を発表した。これまではふとんクリーナーとしての価値を前面に押し出してきたが、これからは快適な睡眠環境を構築するための一手段としてレイコップを位置付ける。

photo 新しいブランド理念を発表した

 また、15年9月に韓国 レイコップ・コリアに新社屋を設立し、工場もリニューアルした。RS2については、レイコップ・ジャパン主導でマーケティング、商品開発・販売までを一貫して行い、レイコップ・コリアではジャパンとの協力体制・連携のもとに製造における研究・設計・量産を行っていくという。

photo 発表会では同社の研究施設R&Dセンターの研究内容も発表した。スライドは紫外線ランプのダニへの効果
photo 温風もダニに対して有効な対策になると指摘する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.