ニュース
» 2015年11月10日 15時27分 UPDATE

「ジェームズ ダイソン アワード2015」国際最優秀賞が決定――わずか数分でプリント基板を作る3Dプリンタ

「ジェームズ ダイソン アワード 2015」の大賞に当たる「国際最優秀賞」が決定した。プリント基板(PCB)を3Dプリントする機器「Valtera V-One」(ヴォルテラ ヴィーワン)だ。

[ITmedia]

 ダイソンは11月10日、同社が提携している登録慈善教育団体、ジェームズ ダイソン財団が主催する国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2015」の大賞に当たる「国際最優秀賞」を発表した。今年はプリント基板(PCB)を3Dプリントする機器「Valtera V-One」(ヴォルテラ ヴィーワン)が選ばれた。

ts_jda01.jpg 「Valtera V-One」(ヴォルテラ ヴィーワン)

 電子部品を固定して配線するプリント基板は、さまざまな電子機器に使用されているが、一方でエンジニアや研究者たちはそのプロトタイプ(試作機)をいかに低コスト・短期間で製作するかに悩んでいるという。プリント基板の場合、細かい修正であっても設計を変更するたびに製作プロセスをゼロからやり直さなければならず、その都度、外部の製作所に回路図を送ることになる。

 この問題に取り組んだのがカナダのウォータールー大学で電子機械工学を専攻する4人の学生たち。彼らが開発したノートPCサイズの3Dプリンタ「Valtera V-One」は、ソフトウェアで設計した回路図を元に、わずか数分でプリント基板のプロトタイプを作成できる。導電性と絶縁性のインクを使い分け、2層基板を描出。さらにディスペンサーから抽出したペースト状のハンダと550ワットのヒーターで加熱する“リフロー機能”により、基板上に部品を自由に追加できる。

ts_jda02.jpg
ts_jda03.jpg

 受賞した学生チームには、今後の開発資金として3万ポンド(約570万円)が授与される。ジェームズ・ダイソン氏は、「Valtera V-Oneにより、とくに学生や小規模の事業者にとって電子機器のプロトタイプ製作が格段に容易で手軽なものになるはず。同時にこの発明が多くの新進エンジニアたちにインスピレーションを与えてくれることを期待している」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.